今の職場に思う所があって、できるならすぐにでも転職したい。そんなとき、あなたなら真っ先に誰に相談をしますか?

同じ会社の同期や頼れる先輩、学生時代からの友人など、きっと色々な選択肢があることでしょう。

今回の記事では、転職を家族に相談することのメリットやデメリットについてご紹介します。

話を持ちかけるタイミングや伝え方のポイント、反対された時の対処法などについても触れますので、ぜひ参考にしてください。

転職を家族に相談するメリット

女性、相談

転職の悩みを両親やきょうだいに相談することのメリットはたいへん大きいものです。

何しろ相手は肉親なので、遠慮も気兼ねも必要ありません。思ったまま、感じたままを素直に打ち明けて良いのです。

ただし、もちろんこれは人によります。家族よりも友達や同僚の方が話しやすいし聞いてもらえる、という方もいるでしょう。

この点を踏まえた上で、家族に相談することのどのような所が有益なのか、これから具体的にご紹介していきます。

転職で意識することは

女性、街中

相談の前に、まずは転職を考えるにあたって意識しておくべき基本的なことを2点だけ確認しておきましょう。

この2点を具体的に意識していなかったり、軽率な行動を取っていたりすると、相談相手に呆れられてしまうかもしれません。

転職という重要なことを相談するのですから、押さえるべき所はきちんと押さえて、その上で対話にのぞむことにしましょう。

働きながら転職活動しよう

指をさす女性

転職活動は働きながらするのが一番。退職してからとなると、次が見つかるまで貯蓄を取り崩しながら生活することになります。

転職活動にかかる期間は平均して3ヶ月~6ヶ月。理想や条件によっては1年以上かかってしまうことさえあります。

日に日に減っていく通帳残高。内定はなかなか貰えない。心の焦りが悪い結果を招いてそのまま悪循環に陥ってしまうことも。

そんなことにならないためにも、転職活動は今の仕事を続けながら空いた時間を使って行うようにしましょう。

お金に余裕を持たせよう

お金

転職を考える機会は人によって様々です。中には、退職してから転職を考えざるをえないという方もいらっしゃることでしょう。

その場合、たいていは貯蓄を取り崩して生活しながら転職活動を進めることになりますので、節約の意識が肝心になってきます。

これまで通りのペースでお金を使っていては、転職活動どころか、生活そのものが立ち行かなくなってしまいかねません。

節約と計画的な行動を心がけて、使えるお金に余裕を持たせておきましょう

家族に転職相談をするタイミングは

机、男女の手

家族に転職相談をするタイミングは、転職応援サイトへの登録よりも少し手前、転職活動を始める前がおすすめです。

今の職場にどういった不満があり、将来的にどのような働き方をしたいのか、包み隠さず身内に話すのです。

家族からは考え直せとしつこく言われるかもしれません。そのたびに自分自身と向き合い、どうしたいかをよく考えましょう。

家族に相談して、それでもなお転職したいという意思が揺らがない。転職応援サイトへの登録はそれからでも遅くはありません。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

家族に転職相談する時の伝え方

男女、ソファ

気の置けない家族相手に何か話をするとき、ついつい、口調が乱暴になったり説明が雑になったりしてはいないでしょうか。

ものは言いよう、伝えよう。たとえ転職に関するシリアスな相談でも、話し方や態度に軽薄な所があっては真剣さを疑われます。

会社のプレゼンのようにとまでは言いませんが、現状と理想の将来について、順序立てて冷静に説明する姿勢は必要でしょう。

ここでは、その際に重要となる説明のポイントを2つご紹介します。

なぜ転職をしたいのか説明しよう

女性、飲み物

仕事そのものや人間関係への不満、より理想的な会社との出会いなど、転職を志す理由は人それぞれです。

転職について家族に相談する時は、自分がなぜ転職したいと考えているのか、理由を丁寧に説明しましょう。

そうしながら自分の中の思いや感情を整理することができます。自分を客観視する姿勢は転職活動中も大切になるでしょう。

また、何となく、などという適当な説明は間違ってもしてはいけません。真剣さを疑われて、応援して貰えなくなるからです。

今後のビジョンを伝えよう

ステップアップ

 

転職について家族に相談する時は、現状への不満ばかり並べるのではなく、将来のヴィジョンについても話しましょう。

家族は転職によって身内の生活がどのように変化するかをとても気にしますし、不安に感じるものです。

収入は減ってしまわないか、暮らしに悪影響がないか、また引っ越す必要はあるのか等々。確かに気になる点は数多くあります。

転職を相談する時は、それらの不安に対して、将来のヴィジョンを詳しく説明することできちんと応えなければなりません。

転職を家族に相談するメリット

女性、笑顔

転職を家族に相談することの主なメリットを以下に4つ挙げたいと思います。

家族の形は何しろ様々なので、これはウチではありえない、と感じられる点もあるかもしれません。

それでも、得られる可能性の高いメリットばかりですので、ぜひチェックしてみてください。

悩みや不安を相談できる

悩みや不安を、遠慮することも気兼ねすることもなく、素直に打ち明けられることは大きなメリットの1つです。

相手が会社の同僚や学校時代の友人だと、やはり結局は他人なので、ありのままを伝えるのがはばかられることも多いもの。

相手によっては、相談を受けたことで弱みを握ったような気になって、悪い方へ態度が急変したりすることも考えられます。

しかし、転職相談の相手が肉親ならその点の憂いはありません。こちらがどんな弱さを見せても受け止めて貰えることでしょう。

アドバイスをもらえる

転職に関する親身で適切なアドバイスを貰える可能性があることもメリットの1つです。

お父さんもお母さんも、先に社会に出て働いているきょうだいがいればそのきょうだいも、みんな社会人としての先輩です。

中には、転職について深く考えたり、実際に行動に移したりした家族もいることでしょう。

こちらから転職について話を振ることで、家族の思いがけないエピソードや、ためになる話が聞けるかもしれません。

それら具体的なアドバイスを、しかもまったくの無償で得られることは大きな利点でしょう。

家計の支え合いができる

次が見つかる前に退職することになってしまった。そんな時も、家族に相談すれば経済的な援助を得られる可能性があります。

転職活動中は貯蓄を取り崩しながら生活するほかないのが基本ですが、頼れる家族がいれば話は別です。

どうしても苦しい時はその旨をきちんと説明し、お願いすることで、一緒に家計の支え合いをすることができるでしょう。

ただし、身内だからといって借りっぱなしや御礼も何もなしは厳禁です。

その点もきちんと話し合って、転職が成功したら返せるものは返すようにしましょう。

家族のバックアップ

転職について家族に相談することで、大きなバックアップが得られる場合もあります。

たとえば興味のある業界で身内がすでに働いているとき。あるいは気になる会社に身内がすでに勤めているとき。

そうした場合、彼らによる転職の後押しを期待できます。

働いていると、世間は狭いと感じることも多々あります。気になる仕事や企業があれば、積極的に家族に話してみましょう。

同じ仕事をしている知り合いがいるとか、その企業は取引先の1つだとか、思いがけない話が聞けるかもしれません。

そこから転職活動が進展することも大いに考えられます。

転職を家族に相談するデメリット

女性、落胆

転職について家族に相談することには、メリットばかりでなくデメリットもあります。

これらのデメリットを恐れるあまりに転職のことを言い出せない、退職のことを打ち明けられないという方もいることでしょう。

ここでは、そんな転職を家族に相談するデメリットの主なものを2点挙げますので、ぜひチェックしてみてください。

反対される可能性がある

今の仕事を辞めて新しい仕事に就きたいと思っている。そう家族に話したとき、真っ向から反対される可能性がまずあります。

家族にしてみれば、身内の生活が不安定になることや将来への影響を案じて反対する、ということが恐らくほとんどでしょう。

それでも、実際に反対されるとショックは大きいもの。どうして反対するの、とつい怒りたくなるかもしれません。

そんな時はぐっと堪えることが大切です。現状の何が不満か、将来どうしたいかを丁寧に説明して、家族を味方にしましょう。

心配をかける可能性がある

今の仕事を辞めるつもり。そう打ち明けられた家族の心の中を想像してみて下さい。渦巻く不安が感じられないでしょうか。

会社で不当な扱いを受けて傷付いてしまったの?転職活動中の生活は大丈夫?等々、不安や疑問の種は尽きません。

家族に転職のことを相談するとき、このように心配をかける可能性があることも1つのデメリットです。

ただ、心配かけたくないから転職した後で話そう、とは考えないで下さい。退職や転職は、自分にも家族にも大事なことです。

家族に相談する時は、彼らの不安や疑問をすっかり解消できるくらい詳しく話すように心掛けましょう。

転職を反対された時の対処法

女性、相談

転職について家族に相談したけれど、思った通り反対された。そんな時の対処法にはどのようなものがあるでしょうか。

それ以上の相談を諦める、というのは悪い手です。理想的なのは、彼らの反対意見を受け止め、自分の考えに反映させること。

退職も転職もとても重要なことなので、家族が生活への影響を心配し、反対するのは自然な反応です。

それらの反対を素直に聞いて、それでも自分はこう思うから転職したい、と冷静に返せるようにしましょう。

反対する相手を味方に変えるのは大変ですが、そのことが自分の現状や将来について改めて考えるきっかけにもなるはずです。

反対された時は絶対に感情的になったりせず、その意見を受け止めて、こちらの考えを深める材料にしてください。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

転職を家族に相談する時の注意点

女性、バインダー

転職について家族に相談したい。大いに結構ですが、身内だからといって何も気にせずダラダラと話して良い訳ではありません。

何しろ話題は転職という重大事項。うかつな話し方をすれば、この子は大丈夫だろうか、と余計な不安を与えてしまいます。

ここでは、転職を家族に相談する時の注意点について3点ご紹介します。

相談するにあたっての基本的な姿勢と捉えて、ぜひ参考にしてみてください。

言葉足らずにならないようにする

転職について家族に相談する時のポイントの1つは、言葉足らずにならないようにすること。省かず飛ばさず詳しく話しましょう。

相談された家族は、そもそもなぜ転職を考えたのかなど、あれこれ詳しいことを知りたいと考えます。

身内の身に起きたことなので当然気になりますし、また背景を詳しく知らなければ的確なアドバイスなどできないからです。

相談する側には、相手から尋ねられたことに対して、何度でも誠実に応える姿勢が必要です。

触れられたくない部分が話題に上ることもあるでしょう。そんな時にも、できる範囲でいいので言葉を尽くしてください。

どんな時でも冷静でいよう

転職について家族に相談する時は、決して感情的にならないよう心掛けましょう。

家族に向かって話をする時の頭は、他人に対して話すときの頭とはまるっきり違ってしまっています。

不満や不安など、ネガティブな方の強い感情がどんどん溢れてくる。一刻も早く分かち合って安らぎたいので、当たり前です。

ただ、相談するときはその点を踏まえて、努めて冷静でいるようにしなければいけません。

感情的になって話をしてみても、建設的な意見はまず得られない。そうわきまえて相談にのぞんでください。

報告ではなく相談をしよう

身内からの打ち明け話が、たとえば仕事を辞めたことの事後報告だったとしたら、家族としてはどんな思いを抱くでしょうか。

どうして辞める前に相談してくれなかったのか、と情けないような気持ちになる方は、きっと少なくはないでしょう。

現状にどんな不満があっても、焦って転職先を決める前に、どうかまずは家族に相談してみてください。

反対されるに決まっているから事後報告でいい、などという考えはおすすめしません。

また話をする時は、反対する家族を味方に変えられるくらいしっかりとした意見を持って相談しましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性、エージェント

家族には転職について話しづらい、話せない、という方もいらっしゃることでしょう。

そんな時は転職エージェントに相談するのが最善策です。

転職エージェントは転職のプロ。様々な業界や仕事に深く精通していますし、求人の依頼を介して企業の実情にも通じています。

何より、エージェントたちは求職者に対して、とても親身になって接してくれます。

ある意味では家族よりも遥かに頼りになる転職エージェント。ぜひ登録を検討してみてください。

まとめ

女性、笑顔

いかがだったでしょうか。

今回の記事では、転職について家族に相談するメリットやデメリット、伝えるタイミングや伝え方についてご紹介しました。

退職や転職について誰かに相談することはとても重要。相手が家族であれば、きっと素直な気持ちで多くを打ち明けられます。

もしもそれが難しい場合は転職エージェントに相談しましょう。複数のエージェントに登相談して意見を得るのも1つの手です。

1人で悩んだりせず、周囲に相談して、ぜひ理想通りの転職を成功させてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら