販売員の仕事内容を徹底解説!必要資格や制服・服装の決まりなどはある?接客以外の業務内容とやりがいについてもご紹介します

お店で商品を購入する際に、私達をサポートしてくれる販売員は身近な存在です。

かわいい制服やおしゃれな服装の彼女たちを見て、「私も着てみたいな」と憧れたことはありませんか?

しかし、いざ自分が販売員に興味を持った時、さまざまな疑問が浮かんでくるでしょう。

販売員の接客以外の業務って何?資格は必要?お給料はいくら?など。

そんな数々の疑問を解消できるように、販売員の仕事内容を徹底解説します。

実は意外と幅広い仕事内容

接客業務

business, model, woman

販売員の仕事は、店舗でお客様をご案内し商品やサービスを販売すること。

また、お客様からご要望があれば商品やサービスについて説明、および提案を行います。

主な業務は接客とレジ打ちですが、実はそれ以外にもさまざまな業務を担っています。

接客以外の業務って?

shelf, store, shop

接客以外では、例えば以下のような業務が挙げられます。

店舗清掃・商品の展示と整理・値札付け・商品のギフト包装・入荷の検品・在庫管理など。

こういった業務内容を見ると、実は販売員が意外と幅広いタスクを行っていることが分かりますね。

1日の流れ

そんな販売員の1日は、例えばこのような流れで進みます。

店舗清掃→朝礼→商品整理→商品補充→ストック整理→夕礼

これらの業務の間に接客・レジを行っていると思ってください。

販売員になるには?

雇用形態を選ぶ

アルバイト、パート、派遣社員、契約社員、正社員と働き方も多岐にわたります。

販売員の雇用形態は企業によって異なるので、自分にとって働きやすいスタイルを選びましょう。

仕事先を絞る

urban, downtown, montreal

一口に販売員といっても、仕事先は多方面にわたります。

  • アパレル・インテリア・雑貨などの小売店
  • 百貨店・家電量販店・チェーンの書店といった大型店舗
  • ドラッグストア・ホームセンター・スーパーマーケットetc.

このように多くの仕事先があり、形態もさまざま。

店舗の規模や商品・サービスのジャンルなど、ある程度絞り込んで求人を探す必要があります。

ブランドや商品から選ぶ

仕事を探す際、給料やエリアなどの条件はもちろん大切ですが、それ以上に大切なことがあります。それは、「モチベーション」

もし好きな商品やサービスや憧れのブランドがあるならば、その求人に応募してみてもよいでしょう。仕事へのやる気が高まります

そして、販売の醍醐味は何といっても「勧めた商品をお客様が購入すること」。

まず自分がファンであることで、その商品の魅力をお客様にアピールしやすいといえます。

必要な資格はあるの?

特別な資格やスキルを求められることはないでしょう。企業によっては学歴を求めるところもありますが、学歴不問の求人も多く見られます。

また、未経験者OKの求人も少なくありません。その場合は社内研修を受けることや、現場で先輩スタッフから指導を受けることができるでしょう。

たとえ未経験者であっても比較的容易に仕事を見つけることが可能です。

気になるお給料

時給と月収

money

アルバイトの場合は首都圏で時給1,000円前後が相場。

派遣の場合はアルバイトよりも金額が上り、時給1,200円前後になるようです。月収にすると約17~21万程度。

たとえ正社員であっても販売員の給料は高くない、というのが実情です。

一人暮らしの場合は「これだけでは食べていけない」と、ダブルワークをする人もいるのだとか。

働き先によって時給が変化、インセンティブもアリ

販売員の働き先によって時給は変化します。例えば携帯ショップや百貨店の販売員は他の職場と比べ比較的高時給です。

また、アパレル系企業などではインセンティブ制度を導入している場合があり、売り上げに応じて毎月のお給料にボーナスがつくことも。

求人を見る際はそういったところも、くまなくチェックしましょう。

制服・服装の決まりはあるの?

制服を用意しているブランドも

costume, dirndl, tradition

ジャンルによっては制服を用意しているブランドがあります。例えば和・洋菓子店、宝石店、携帯ショップなど。

制服着用によりブランドイメージを高め、売り上げを伸ばす目的です。そして、制服を着ることで販売員の気持ちを引き締める効果もあります。

アパレルショップは自社ブランドを着用

アパレル系は、制服の代わりに自社ブランドの洋服を着用します。メリットは、社販で好きなブランドの新作を安く買えること。

しかし、ブランドアピールのためにうまく着こなさなければなりませんし、コーディネートの工夫が必要です。

制服はないが、大まかな規定がある場合も

仕事先によっては白シャツに黒パンツ、黒革靴など、ざっくりとした規定がある場合も。

例えば派遣スタッフなどは、この規定が適用されることもあるでしょう。

とはいえおおよその仕事先は制服か、自社ブランド服のどちらかに分かれます。

やりがいとつらさ

やりがい1 お客様から直接「ありがとう」が聞ける

販売員は直接お客様と関わる仕事です。

商品説明したものをお客様が購入し直接「ありがとう」と言ってもらうことは、大きなモチベーションにつながります。

また、常連のお客様との信頼関係ができると指名で購入の相談を受けることも。

そういったお客様との信頼関係が作れること、直接感謝の言葉を聞けることは何ものにも代え難い喜びの1つです。

やりがい2 努力が数字に反映される

sales

販売職には売り上げ目標があり、売れた数・人数・リピート率などさまざまな観点からデータ化されます。

自分の努力の結果が数字に表れることで達成感を味わえるでしょう。

売り上げ目標に貢献できたことで自信がつき、「もっとがんばろう」という気持ちが湧いてきます。

やりがい3 センスがよくなる

主にアパレル・インテリア系は、販売員にセンスが求められる仕事先です。

販売員もブランドイメージの一種。お客様から見て、常におしゃれに印象をよくする必要があります。

一緒に働くスタッフの美意識の高さや、常に見られている緊張感。これらのことが刺激になり、センスが磨かれることは間違いないです。

つらさ1 体力的にツライ!

販売員は常にお客様対応をするのでとにかく立ちっぱなし歩きっぱなし

さらに商品整理や補充で重い荷物を運ぶこともあり、足腰がつらく感じることも。また、足のむくみも気になりますね。

こういった体力的なつらさは大きなデメリットです。

つらさ2 クレーム対応がストレス

arrows, inside, pressure

接客業につくということは、必然的にクレームの矢面に立つこと。それが自身の起こしたミスでなくても丁寧な対応をせねばなりません。

時には理不尽なことを言われ、非常なストレスとなることもあるでしょう。

いちいち感情的になっていてはキリがありませんので、サラッと流せるスキルが必須です。

つらさ3 残業が多く、休日・祭日休みは取りにくい

販売業は残業が多い業界の1つ。店舗スタッフの人数にもよりますが仕事量が多く、中にはサービス残業が横行している企業も。

長時間労働になることを覚悟しておいた方がよいでしょう。

また、休日・祭日は書き入れ時休みが取りにくいのもつらいところ。

一般企業で働いている友人や恋人と、スケジュールを合わせにくくなる可能性があります。

販売員に向いている人、向いていない人

向いている人1 コミュニケーション能力が高い

woman, people, coffee

販売員は接客がメインですのでコミュニケーション能力は必須!お客様の要望に応え、ふさわしい商品を提案しなければなりません。

また、人が好き常に笑顔でいることのできる人も向いています。

向いている人2 小さなことで落ち込まない

次々とお客様が入れ代わり立ち代わり来店し、対応しなくてはいけない販売員。

少々不手際があったとしてもいちいち落ち込んでいられません。

クレームで理不尽なことを言われたとしても、気持ちを切り替えて次のお客様には笑顔で接客。小さなことで落ち込まない人が適しています。

向いている人3 体力がある

販売員は常に立ちっぱなし、歩きっぱなし。時には搬入された重い荷物も運ばなければならないため、体力は絶対に必要です。

また仕事量や残業が多いことからも、体力に自信がある人の方が向いているといえるでしょう。

向いていない人1 人見知り

販売員は人見知りには向いていません。常に目を見て、笑顔で話すスキルが必要です。さらに、声の大きさも必須。

もじもじして小さい声の店員さんに、お客様は話しかけにくいですよね。

販売員は常にハキハキと元気よく、受け答えできる必要があるでしょう。

向いていない人2 マルチタスクができない

販売員の仕事は接客にとどまりません。掃除、商品整理・補充、ラッピング・・・といった幅広い接客以外の業務内容を行います。

そして、その業務中にお客様から質問されることもしばしば。

その度にイライラしてしまう、または反対に一つの作業に集中し過ぎてお客様を無視してしまう。

そんなマルチタスクができない人は販売員には向いていません。

向いていない人3 身だしなみがきちんとしていない

販売員は常に人から見られる仕事です。

いくら店舗がオシャレですてきな商品が陳列されていたとしても、そこで働いている販売員がだらしなく不潔な格好をしていたらイメージが台無しです。

販売員は常に清潔で身だしなみを整えていなければなりません。それができない人は向いてないといえるでしょう。

まとめ

今回は販売員の業務内容・制服ルール・お給料などを解説しました。

やはり醍醐味はお客様と直接関わること、そして自分の勧めた商品が売れた時の喜びです。

マルチタスクができる必要がありますが、接客が好きな人には向いているといえるでしょう。

そして、なんといっても未経験でも仕事を見つけやすいことがポイントですね!

少しでも販売員に興味がある方の参考になりましたら幸いです。