「それでは自己PRをお願いします」

採用担当者からそのように言われた時、あなたならどのようにアピールをするでしょうか?

多くの人がスキルや経験、または前職での輝かしい実績を思い浮かぶかもしれません。

ではそのようなアピールポイントが1つも思い付かない人は一体どうすれば良いのでしょうか。

こちらではそんな「自己PRがない時の対処法」について解説していきたいと思います。

自己PRがない時の対処法とは

面接

転職面接とはいわゆる企業と転職者のマッチングの場だといえます。

転職者は採用することでどのようなメリットが得られるかを企業にアピールするのです。

自己PRでは相手企業にいかに自分の魅力を伝えられるかがポイントになります。

しかし「アピールできる要素がない」と考えている人には自己PRは難題に感じることでしょう。

そのような人は自己PRできるものが‟見つけられない”だけなのかもしれません。

また、応募者のスキルや経験だけなら履歴書からでも情報は得られます。

つまり採用担当者があなたの自己PRを聞くのには別の‟意図”があるのです。

自己PRが見つけられない原因を探り採用担当者の意図を知ることが対処法になります。

自己PRが見つけられない原因を知ろう

自分自身のことなのになぜ自己PRできるものを見つけられないのでしょうか?

まずはその原因となる主な理由を2つご紹介しましょう。

未経験の職種だと実務経験がない

悩める女子

これまでと異なる分野への転職を考えている人は自己PRで苦戦しがちです。

それは未経験の職種だと実務経験がないことによる不安が大きいからだといえます。

仕事をする上でどんなスキルが必要か何が戦力になるのか「わからない」ことが原因なのです。

それらが理解できていないと相手企業に対して効果的なアピールは不可能になります。

自己PRを見つけるには、まず自分の「わからない」ことを解消しておく必要があるでしょう。

採用担当者が知りたいことを理解していない

二人の面接官

自己PRをするように言われたからと履歴書通りの経歴や資格を話す人がいます。

しかし、それでは採用担当者の目に「魅力的な応募者」としては映らないでしょう。

なぜなら採用担当者の手元にはすでに応募者のさまざまなデータが揃っているからです。

ではなぜ応募者の口からわざわざ「自己PR」を聞きたがるのでしょうか?

それは履歴書のデータだけでは‟わからない”ことを知るためなのです。

このように面接時の「自己PR」には採用担当者の意図が含まれています。

そのため履歴書通りや意図とは異なる的外れな回答では良い結果に結びつきません。

採用担当者の知りたいことを理解すらしていないと判断されてしまうことでしょう。

自己PRで採用担当者が知りたいことは

採用担当者は自己PRから応募者の‟何”について知りたいのでしょうか?

面接時に重要視される採用担当者の「知りたいこと」を以下で解説します。

課題に対する行動力

アイデア、プラン、行動

採用担当者が応募者について知りたいものに「課題に対する行動力」があります。

これは問題解決力ともいわれ社会人には最も必要な能力とされています。

つまり自己PRのエピソードから不測の事態が起きた時、どのように行動し解決するかを知りたいです。

課題に対する行動力は業務の遂行にも大きく影響するため採用担当者は注目しています。

人柄や価値観

富士山を見る女性の後ろ姿

自己PRのエピソードには応募者の「人柄や価値観」が現れやすいといえます。

その人が人生においてどのようなことに‟価値”を見いだす人なのか。

また物事の捉え方や普段からの考え方などまさに応募者の‟人となり”がわかるのです。

これによって自社との方向性にズレがないか、入社後も上手くやっていけるかを判断します。

つまり採用担当者は自己PRでマッチングの度合いを判断するといっても過言ではありません。

分析しアピールできる力

会議をするビジネスマン

採用担当者は面接時の自己PRで「分析しアピールできる力」に注目します。

まず課題に対して原因を突き止めアプローチするには論理的に考える「分析力」が必須です。

そして自分の分析した結果を他の人に伝えるには「アピールできる力」も必要になります。

これら2つの力は分野や職種に関わらず多くの企業で重要視されるポイントです。

まさしく社会人にとって‟必須スキル”といえますが履歴書のデータだけでは測れません。

このことからも応募者の口から「自己PR」を語らせる重要性が理解できることでしょう。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


自己PRがない人の強みの見つけ方は?

一見、自己PRがないように見える人でも何かしらの「強み」を持っています。

以下では自分の「強み」を見つける3つの方法についてご紹介しましょう。

自己分析をしよう

メモを取る女性

自分にPRできる要素がないと考えている人は自分の‟強み”を知らない人がほとんどです。

何が強みなのかを知らない人はまず自分への理解を深める必要があるでしょう。

自分について知りたいなら「自己分析」を行うのが一番です。

「分析」と聞くと特別な道具やスキルが必要な難しいイメージがあるでしょう。

しかし、紙に書き出すだけで手軽に自己分析ができる方法もあります。

その方法なら特別な道具もいらないので自己分析が初めての人にもおすすめです。

仕事以外の経験を考えてみよう

テニスグッズ

自己PRが思いつかない人は仕事以外の経験を無意識に除外していることがあります。

「転職面接だから仕事に関わる内容じゃないとダメかも」

「アルバイトは社員じゃないからPRできないハズ…」

などなど、さまざまな理由から自ら限定してしまうのです。

しかしサークルでの活動であったり海外へ留学した経験も自己アピールになります。

自己PRで重要なのは目的をもって行動したことや努力した成果だと覚えておきましょう。

第三者に自分の強みを聞いてみよう

電話で話す女性

自分の強み探しで行き詰ったときは周囲の人に「聞いてみる」のも良いでしょう。

第三者の客観的な視点は自分1人では思いつかないことにも気付かせてくれます。

家族や友人など身近な人ならあなたの自覚していない強みをすでに‟発見”しているかもしれません。

また専門家である転職エージェントに相談するのもおすすめです。

転職エージェントはさまざまな企業に精通し「企業目線」も持ちあわせています。

希望する企業に最も効果的なあなたの「強み」を教えてくれるでしょう。

 

無料転職相談をして希望する企業に転職しよう

 

強みが見つからない時は自分の弱みから探してみよう

ルーペを持つ手

上記で紹介した3つの方法でも自分の強みが見つからないことがあるかもしれません。

その時は自分の強みを探す‟場所”を変えてみましょう。

なぜなら無意識のうちに「強み=長所」に限定してしまっている可能性があるからです。

しかし、自分が思っている長所が必ずしも「強み」であるとは限りません。

例えば一般的に短所と思われがちな心配性もリスクへの警戒心が強いからだといえます。

ITエンジニアや工場の検査員など注意力が必要な仕事では逆に「長所」と受け取られるでしょう。

このように先入観から除外している「弱み」こそが場合によっては「強み」にもなるのです。

自分の強みをアピールする方法をチェック

自分の強みをアピールしたつもりが採用担当者から「自慢話」と思われることもあります。

そこで効果的なアピール方法について3つのポイントをご紹介しましょう。

成功体験だけでなく失敗談も利用しよう

落ち込む女性

アピールに気を取られ成功体験ばかり話すと聞き手には自慢話に聞こえてしまいます。

採用担当者に「性格に難あり」とマイナスに判断されかねないため注意が必要です。

適切にアピールするには自分の失敗談も利用して話すようにします。

失敗した経験はマイナスのイメージがあるため、できれば話したくないというのが本音でしょう。

しかし、完璧な人よりも時には失敗する人にこそ親近感や共感は芽生えます。

また採用担当者が最も注目するのは応募者が「失敗から何を学んだか」です。

マイナスもプラスの「強み」へと変える人こそ企業の求める人材だと覚えておきましょう。

自分の個性を考えよう

○と×の札を持つ女性

転職面接で効果的なアピールをするには自分の「個性」にも注目してください。

自分の長所はもちろん短所も面接時に伝えられるようにしましょう。

このときイメージダウンを避けて自分の長所だけをアピールしてはいけません。

先でも説明したように職種や仕事内容によっては長所と短所が‟逆転”することもあるからです。

また「個性」のアピールは採用担当者があなたの人物像を把握する手助けにもなります。

具体的なエピソードを含めて伝えよう

文字の書かれた黒板

自己PRではできるだけ具体的なエピソードを含めて伝えることが大切です。

「いつ」「どこで」「誰が」など採用担当者のイメージに役立つ情報を盛り込みます。

もし、これらの情報が不足してしまえばテンプレートのようにありきたりな自己PRになるでしょう。

そうなれば採用担当者にもあなたの‟志望度”が伝わりにくくなります。

自己PRでは「自分らしさ」を出すことが転職面接を突破するカギになるのです。

自己PRの例文をチェック

たとえスキルや経験が不足していても自己PRのアピールポイントはあります。

こちらでは切り口を変えた具体的な自己PRの例文をいくつかご紹介します。

あなたらしい自己PR文を作るときの参考にしてみてください。

志望度や意欲をアピールする例文

ノートPCと女性の手

この度は長年温めてきたプログラミングへの想いから御社を志望いたしました。

高校時代、授業をきっかけに興味を持ちこれまで独学で勉強してきました。

あくまでも趣味ではありますが「Java」や「C」言語を使ったソフトも自作しています。

両親の意向もあり大学を卒業後は○○に就職し営業職で頑張ってきました。

私はもともと人付き合いの方はあまり得意ではありません。

しかし、お客様とのやり取りを通して営業の楽しさを知り自身も成長できたと思います。

自社サービスを提供する御社でなら営業で培ったノウハウや経験を活かせると考えました。

エンジニアとしての経験はありませんが採用されましたらセールスエンジニアとして貢献したいと思います。

性格や姿勢をアピールする例文

三人の女性

私は以前、○○○工場で働いていたことがあります。

あるとき製品のチェックを怠り破損した製品が後工程に流れてしまいました。

その際、作業者にとって数ある中の1つでもお客様には「唯一」の製品だと教えられました。

接客業になってからも常にお客様を意識し、相手にとって何が一番かを考えた対応を心掛けています。

そのためどのような相手でも根気強く対話を重ね求めるものを理解する自信が私にはあります。

顧客対応を大切にする御社で自分の持ち味を活かしたいと考えたのが志望動機です。

採用されましたら粘り強さと向上心を忘れずに御社に貢献していきたいと考えています。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


自己PRのNG例は

自己PRがない人はアピールポイントが不明瞭になりやすいというNGがあります。

まずは以下のNG例を見てみましょう。

NG例

禁止する標識

私は高校の時、○○の部活でキャプテンをしていました。

大会上位を狙ったチームの練習量はとても多く辛かったです。

不満や意見の衝突が日増しに増えチームもバラバラになりそうでした。

そこでキャプテンの私は皆の相談役を引き受けチームに貢献しました。

NGを回避するポイント

NG例はアピールポイントが不明瞭なため、まるで思い出話しのような印象です。

これでは採用担当者も何を伝えたいのかがわかりません。

NGを回避するポイントとして、まずは自分の経験から得た「強み」をハッキリさせます。

次に入社後それを活かした「貢献できること」を考えましょう。

最後は将来的にどのようになりたいか「目標」を示すように文章を組み立ててください。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

提案する女性エージェント

新しい職場環境で上手くやっていけるのか?

志望企業ではどのような人材を求めているのか?

このように未経験からの転職ではわからないことが多く転職者の不安も尽きません。

そんな時は転職エージェントにあなたの悩みを相談してみましょう。

あなたの「わからないこと」にも的確にアドバイスして悩みの解消を手助けします。

まとめ

女性,転職,挑戦

これまで「自己PRがない」と思っていた人でもそれぞれが素敵な企業へと転職しています。

そのためには自分を深く理解すること、そして志望企業について詳しく調べることが大切です。

上記のポイントを参考にあなたらしい自己PRを完成させましょう。

そしてぜひ素敵な企業へと転職してください。

あなたの新しい一歩を心から応援しています。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!