転職面接で失敗談について問われたとしてもしっかり練習していれば心配することはありません。

上手に答えることで面接官に能力をアピールできる絶好のチャンスになります。

「上手に」答えるために転職エージェントを利用しながら面接官の質問意図を踏まえた回答を準備してください。

Contents

転職面接で失敗談を聞かれた時の答え方

転職,面接,失敗談,答え方
転職面接失敗談をアピールポイントとして語る時、基本の構成は次の3ステップです。

  • 失敗したできごとはどのようなものか?(きっかけ、原因)
  • どうやって乗り越えたか?(過程)
  • 失敗を通じて成長できたことは何か?(結果)

「失敗の概要・原因」は5W1Hを基本に紹介すると冷静な分析力のアピールになります。

「乗り越える過程」は原因の分析結果に基づいて展開することで説得力が増します。

特に乗り越えるのが難しいと思った点やオリジナリティが感じられる内容だと良いです。

「成長できたこと」はスキルや考え方など、レベルアップを実感できたトピックについて取り上げることが大事です。

転職面接で失敗談を聞く意図は?

面接で面接官が失敗談について質問する場合、探りたいことは2つです。

1つは失敗を取り返せる対応力があるか、もう1つが強い精神力で失敗から学ぶ姿勢があるかどうかです。

失敗した後の対応力を知りたい

失敗後,対応力
失敗談に関する質問の裏には苦境に立たされた中での対応力を見極めたい意図があります。

失敗によって起きた問題解決のためどのような対応をしたのか、対策を実行していく力があるのか知りたいのです。

もちろん、事前予測で失敗を未然に防ぐ慎重さは仕事を進める中で大事なスキルです。

しかし人間が行うことである以上、100%はあり得ません。

まったく予期していなかった落とし穴は必ずあります。

大切なことは失敗した後の取り返し方です。

面接官は失敗後に冷静な対応ができたのか、問題解決に欠かせない柔軟性の有無について興味があります。

失敗から学ぶ姿勢があるか知りたい

失敗,学ぶ姿勢
失敗から学ぶ姿勢があるかどうかも失敗談から面接官が見極めたいことです。

面接官は伸びしろがある人・自分で成長できる人・成長意欲がある人と共に仕事をしたいと考えています。

そのため、応募者が失敗したことを糧にどのような成長を得たのかについても聞きたいトピックです。

特に詳細を知りたいポイントが「なぜその失敗が起きたのか」に関する応募者の分析です。

分析力は人が成長する上で欠かせない重要なスキルなので失敗談に絡めてアピールできるとよいでしょう。

また、時間がかかる成長過程に向き合う耐性、精神力も強いアピールポイントとして挙げられます。

失敗談の状況別パターンを知ろう

面接で紹介できる失敗談にはいくつかのパターンがあります。

特にエピソードとして注目したいのがつい繰り返してしまう失敗・意識次第で防げる失敗・挑戦した結果の失敗です。

同じ失敗を繰り返している

同じ失敗,繰り返し
誰しも失敗することはありますが、得意なことがそれぞれ違うようにミスしやすいポイントもそれぞれです。

どんなに意識していても初回の成功体験まで同じミスを繰り返してしまうことは決して少なくありません。

また、つい繰り返してしまいがちな失敗はイージーなケアレスミスが多い傾向です。

そのため、面接で失敗談として紹介しやすいエピソードが多く見つかります。

意識すれば防げる失敗

失敗談の種類の中で「意識すれば防げる失敗」も面接で取り上げるエピソードとして検討したいパターンです。

面接で取り上げる失敗談はその後に続く対応策・克服の過程がメインとなります。

そのため対応・対策方法がある失敗談やがんばれば乗り越えられる失敗談であることが重要です。

意識すれば防げる失敗はほんの少しの努力で乗り越えられるため、面接で取り上げる失敗談として最適なのです。

挑戦した結果の失敗

挑戦,結果,失敗
面接で取り上げる失敗談は挑戦の結果、失敗を重ねてしまった話でも問題ありません。

面接官が知りたいのはあくまでも失敗した後のアプローチやその結果としての成長です。

そのため、取り組んだ結果は必ずしも成功でなくても大丈夫です。

失敗談をアピールポイントにする回答方法は?

面接で自分の失敗談を話す場合、失敗した話だけで終わってしまっては意味がありません。

失敗から何を学びどう成長したのか、同じ失敗を繰り返さないためにどのようなポイントに注目しているのか。

失敗が自分にとってどのようなプラスになっているのか、必ずアピールしましょう。

失敗から学び成長できたことを話そう

失敗,学び,成長
面接官は失敗談から応募者が失敗を成長の糧にできる力があるかどうかを見ています。

そのため、失敗をきっかけにどのような成長をしたのかについては必ずエピソードに盛り込みましょう。

失敗談をアピール材料にできるポイントとして下記が挙げられます。

  • 仕事の効率的な手順を考える力
  • どのような仕事なのか分析する力
  • 事前準備力
  • 予測力
  • 時間を意識する姿勢
  • クライアントファーストで業務に取り組める姿勢
  • 仕事に対する誠実さ など

成長をアピールできる材料は必ず見つかるはずです。

まずはこれまでの失敗談を詳細に思い出し5W1Hで失敗の詳細を分析してみましょう。

同じ失敗をしないように対策していることを話そう

同じ失敗,対策
失敗談を話す時、同じミスを繰り返さないための対応策・気を付けていることは必ず盛り込みましょう。

面接官が知りたいのは同じミスを繰り返さないためにどのような施策に取り組み、どのように成長したのかです。

まずは自己分析を深め、自分がよく注意されることをピックアップしてみてください。

初心や新鮮な気持ちを忘れないために工夫していること・実践していることをアピールするのがおすすめです。

面接に使える失敗談の回答例をチェック

面接に使える失敗談のポイントを元に回答例を見ていきましょう。

アプローチの仕方は対策の仕方と成長したことのアピールです。

同じ失敗を繰り返さない対策をアピールする回答例

同じ失敗,繰り返さない,対策,アピール,回答例
「私の失敗談は前職で担当していた文書作成の仕事で文法の間違いをクライアントに指摘されてしまったことです。

特に二重敬語のクセがあり自分でも気を付けてはいましたが、直接のご指摘で危機感が1段階上がった感覚を覚えました。

そこで、クセになってしまった文法のミスを正すために3つ、具体的な対策を実践しました。

1つ目が文書作成を行うルーティンに見直しの工程を複数回追加したことです。

2つ目が文書作成ソフトの校閲機能で二重敬語の指摘をデフォルトの状態にしたことです。

3つ目が敬語スキルの向上です。

どのように改善するかを考えた時、体系的に敬語を学んだ機会がないことに改めて思い至りました。

そこで敬語の使い方に関する書籍を10冊読み込み半年後にブログで発進できるレベルまでまとめました。

この失敗を通じて業務のルーティンを分析しチェックの重要性に改めて気づくことができました。

また、ヒューマンエラーを100%防ぎきることはできないと割り切れたのも収穫の1つです。

自分を追い込みすぎずWordの機能について理解を深めるきっかけにもなりました。

敬語について改めて学ぶチャンスと捉え社会人として必要なマナーをゼロから学べたのも良かったです。

成長できたことをアピールする回答例

成長,アピール,回答例
前職で携わっていた営業でお客様からクレームをいただく失敗をしてしまったことがあります。

原因は料金システムの伝え方がまずくお客様との間に認識の相違が生まれてしまったことです。

金銭に関することだったのでクライアントの温度感も高く、ご納得いただくために2週間かかってしまいました。

この失敗からお客様の気持ちに寄り添う難しさを改めて痛感いたしました。

また、たった1つの失敗のフォローに多くの時間を要し、多くの人に影響を与えてしまうことも再確認できました。

問題に粘り強く対応する力を得たことと仕事への姿勢を見直すきっかけになったことは不幸中の幸いと考えています。

失敗談を聞かれた時のNG回答例

失敗談,聞かれた時,NG,回答例
面接で問われた際の失敗談は上手に答えればアピールポイントになりますが、伝え方次第でそうならないこともあります。

特に避けたいのが失敗したことしか伝わらない話と面接官がメリットを感じられない話です。

失敗したことしか伝わらない失敗談の回答例

「私は学生時代に自宅近くのケーキショップでアルバイトをしていました。

お客様からの注文はいちごのミルフィーユでしたが、間違ってショートケーキを提供してしまいました。

お客様から帰宅後に電話で指摘を受け、すぐに謝罪しました。」

面接で失敗談をアピールポイントにするために必要な構成の一部しか盛り込まれていない例文です。

面接官が失敗談を聞く意図はあくまでも失敗の後にどのような行動をしたかです。

上記は失敗談について質問する意図が汲み取れていない印象を与える可能性があります。

業務とつながるイメージができない失敗談の回答例

業務,つながらない,失敗談,回答例
「大学時代にゼミで小論文とプレゼンの課題が出た時の失敗です。

自分が書いた小論文をゼミで配布し次回のゼミでプレゼンするという内容でした。

しかし、他の講義で出された課題とのスケジュール調整が十分ではなく規定文字数をクリアできませんでした。

幸い内容は充実しプレゼンも成功したので単位を落とすことはありませんでした。

このことから課題が未完了でもしっかりしたレジュメを作成する大切さを学びました。」

上記の例文では「未完了でも良い場合がある」という結論に達しています。

しかし、現場での実務ではそれが認められないことも珍しくありません。

そのため、企業の方針や業務内容によっては同じ方向性を向いてくれる人材なのか疑問が残ります。

面接官は応募者を採用することで企業が得られるメリットをアピールしてほしいと考えています。

企業のメリットと関連性が薄い失敗談・アピールポイントは面接官の心に響きにくいです。

転職面接で失敗談を聞かれた時の注意点

転職の際の面接で絶対に避けたい失敗談が取り返しのつかない失敗についてです。

また、失敗したことがないという答えもNGという認識で問題ありません。

取り返しのつかない失敗談はNG

取り返しのつかない,失敗談,NG
面接で例示を避けたい失敗談として取り返しのつかない失敗談は避けましょう。

面接官が失敗談を聞きたい時、そこからどう盛り返したのかが伝わる話が求められています。

つまり、失敗によるマイナスを取り返すことができた失敗談であることが前提です。

取り返しのつかない失敗談のチョイスは回答例の選び方として不適切となるため、選択肢から除外しましょう。

例えば、誰かにけがをさせてしまったなど賠償責任が生じるような失敗談はNGです。

また、遅刻・欠勤に関する失敗談はスキル以前に社会人としてのそもそもの姿勢を疑われる可能性があります。

「失敗したことがありません」もNG

取り返しのつかない,失敗談,NG
面接で失敗談を求められた時、失敗したことがないという答えも避けた方が良いでしょう。

面接官は失敗を取り返すためにどのようなアプローチを行うのか判断したくて質問しています。

つまり、業務中起こり得る問題やトラブル解決力、PDCAの運用スキルを知りたいのです。

失敗したことがないという答えは問題が起こった時の対応力に疑問を持たれてしまうかもしれません。

それにほとんどの人は何かしらの失敗を経験しているものです。

そのため、失敗したことがないという答えは面接で話す他のエピソードのリアリティが薄まってしまうリスクもあります。

失敗談が思いつかない時は?

失敗談,思いつかない
面接でエピソードとして話せる失敗談を思いつかない時は、「失敗」を「目標」に置き換えてみてください。

目標は仕事に関することをはじめ趣味・資格取得・学生時代の勉強・部活動・習いごとなど何でも構いません。

面接官の質問意図はアプローチの仕方やどのような成長を果たしたのかを知ることにあります。

そのため、失敗を目標に置き換えても面接官の知りたいことから大きく外れるわけではありません。

特に、目標達成に至る過程で難しいと感じた点やどのようにクリアしたのか時間を割いて伝えましょう。

面接対策は転職エージェントを活用しよう

面接対策,転職エージェント
就活中の面接対策は転職エージェントの活用も検討してみてください。

面接では定番の質問もありますが、想定していなかった質問をされることも少なくありません。

失敗談に関するエピソードもその1つで、本番で唐突に問われ焦ってしまう人も多くいます。

転職エージェントとの面接対策では自分では気づけなかった視点からの想定質問を数多く発見できるのが魅力です。

まとめ


転職面接ではこれまでの人生で経験した失敗談を聞かれることも想定しておきましょう。

答えにくい・恥ずかしいと思うかもしれませんが、上手に答えればアピールチャンスにもなります。

エピソードの選定・回答内容の構成など注意すべきポイントを踏まえ、面接を転職成功の決定打にしましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら