今の職場に不満がある、他にやりたいことがあるなど、転職を考えるきっかけは様々です。

とはいえ、実際に転職しようと決意すると、考えるべきことは多くあります。

現在の職場を退職してから仕事を探すべきか、仕事を続けながら転職活動を進めるべきかもその一つ。

この記事では、どちらもメリット・デメリットを挙げつつ、働きながら転職活動を成功させるための方法を解説していきます。

Contents

働きながら転職を成功させるには

考える女性

退職してから転職活動を始めるという場合には、不安定な状況に置かれることを覚悟する必要があります。

毎月の収入がなくなってしまうことや、もし希望する転職先が見つからなかったらという不安は想像以上に大きいものです。

内定が決まらない焦りで転職先を十分に吟味できない、条件のハードルをどんどん下げていってしまうなど…

最終的に納得のいかない転職になってしまう可能性があります。

とは言え、働きながら転職活動を進める場合は、勤務時間外ですべての準備を進めなければいけません。

仕事との両立や、肉体的・精神的な負担が心配という方も多いでしょう。

しかし、事前にしっかりと予定を立て、準備しておくことによって、実際にかかる負担を軽減することは可能です。

それでは、実際に働きながら転職を成功させるためにはどうしたらいいか、必要な準備や注意点について詳しく見ていきましょう。

企業側の印象は?

面接

転職先の企業から見れば、単に在職中かそうでないかということだけで印象が大きく変わるということはありません。

退職後に転職する場合では、悪い印象を持たれないように注意しましょう。

無計画に前職を辞めてしまった、転職活動をずっと続けているが選考に落ち続けている、といった印象は避けたいものです。

その空白期間で資格の勉強に取り組んでいた、特別な事情があったなど、その意義を明確に説明できれば問題はないでしょう。

逆に在職中の場合は、本当に転職する気があるのか疑問に思われるような言動は慎みましょう。

転職先の企業でやりたいことが明確になっていない、転職理由を客観的に説明できないといった態度は望ましくありません。

転職先でどのように力を発揮したいのか、今自分が抱えている仕事量や引継ぎにかかる期間なども含めてきちんと伝えましょう。

いつから入社できるかということを明示することで、計画的に仕事を進められる点をアピールできます。

また、仕事に責任感をもって取り組む姿勢を印象づけることも可能です。

働きながら転職活動するメリット

電話をする女性

転職先に妥協する必要がない

転職活動すれば必ず理想の転職先が見つかるという保証はありません。

もし自分の希望通りの転職先が見つからなくても、在職中であれば、最低でも今の仕事を続けるという選択肢があります。

そして改めて時間をかけて希望条件や応募先を洗い直し、納得がいく結果になるまで転職先を探し続けることができます。

職務経歴に空白期間ができない

職務経歴に長期間の空白があると、転職先の企業としてはその理由が気になることもあります。

転職者自身がその理由を明示できなければ、逃げ癖や計画性のなさを疑われるなど、面接でマイナスの印象を与えてしまいかねません。

また求職者自身も、ブランクが長引けば長引くほど自分に自信がなくなってきてしまいます。

空白期間で仕事に対する感覚が鈍ったり、スキルが衰えたりすることを実感してしまうからです。

働きながら転職活動することで、仕事にブランクがない状態で自信をもって転職に臨むことができます。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

働きながら転職活動するデメリット

時間がない女性

面接の日程調整が難しい

転職活動に好意的な企業であれば、こちらの事情を考慮して、休日や営業時間外でも面接の時間を作ってくれることもあります。

しかし転職先の企業によっては、現職の勤務時間内にしか面接日程を取れないという場合もありえます。

その場合は、有給休暇などを使うなどして、こちらが日程を合わせなければなりません。

その際も、仕事に穴を開けてしまったり、急遽仕事で呼び出されたりすることがないよう、慎重に予定を調整する必要があります。

仕事の関係で面接に遅刻や欠席する可能性

仕事を早退して面接を受ける予定を立ててしまうと、残業や、どうしても途中で抜けられないという場面になってしまうこともあります。

そうなると、大事な面接に遅刻、もしくは欠席しなければならないという事態は避けられません。

また、休日に面接を受ける予定でも、急用で呼び出されるなどのイレギュラーが起こる可能性があります。

仕事の予定や進捗を十分に把握し、面接の時間をきちんと確保できる日程調整能力が必要不可欠です。

会社を辞めてから転職活動するデメリット

困っている女性

収入がなくなる

退職すれば、当然それ以降は毎月の収入がありません。

失業手当がもらえる人でも、自己都合による退職の場合は3か月間の待機期間があり、その期間は完全に無収入となります。

その期間を通常通り過ごせるだけの金銭的余裕がなければ、焦って転職を進めることになりかねません。

条件をよく吟味しないまま目に入った求人に飛びついてしまう危険性もあります。

相談しにくい環境になる

会社を辞めてしまうと、人との付き合いが極端に少なくなり、仕事の相談ができる相手も大幅に減ってしまいます。

必要な情報をすべて自分で調べるのは想像以上に骨が折れる仕事です。

誰かに意見を聞きたいと思っても、聞ける相手がいないなど、人に相談しにくい環境になってしまいます。

転職活動の流れをチェック

転職の事前準備

企業研究

転職を行動に移す前に、まずはしっかりと自己分析、現状分析を行いましょう。

今の職場での問題点、転職先に求めるポイント、そこで生かせる自分の強みなどを深く掘り下げて考えます。

転職の目的と自分の市場価値を客観的に説明できるようにしておきましょう。

転職の目的は、問題からの逃避という印象を与えないよう、可能な限り前向きな理由を考えておきましょう。

理想の働き方を具体的に挙げ、転職先の企業でならその希望が叶えられることを論理的に説明できるようにしておきます。

その上で自分の強みをアピールすることが重要です。

相手の企業にとって、自分を採用することでどのようなメリットがあるのかを正確に伝えられるようにしましょう。

自分の強みは、過去の成功事例を列挙し、そこに共通する自分の特性は何かを分析することで客観的に把握することができます。

あとは、その強みを生かしてどんな働きができるのか、採用担当者が具体的にイメージできるように伝え方を工夫しましょう。

また、今の会社における退職の規定や流れも事前にしっかりと確認しておく必要があります。

退職希望日の何日前に退職意思を伝える必要があるのか、有給の消化はどれくらい可能なのかも確認しましょう。

それまでの仕事の進捗や引継ぎなども含めて、余裕をもって計画を立てておく必要があります。

いざ転職が決まってからバタバタすることがないように準備しておきましょう。

企業への応募を始めよう

履歴書

応募先の企業を探すためには、ハローワークに相談したり、インターネットで求人情報を検索しながら情報を集めるのが一般的です。

応募の際には自分で分析した希望条件に合うかどうかをしっかりと吟味しましょう。

求人情報を見ても判断できない部分は、面接で質問できるようにまとめておく必要があります。

求人情報には有効期限がありますので、時期によっては希望するいくつかの企業の選考を並行して受けなければならないこともあります。

その際も、志望企業の優先順位を考えながら日程調整を行いましょう。

第一志望の結果がまだ出ていないから第二志望の入社意思を決定できなくて困るといった事態を避けることができます。

面接を受けよう

面接

面接の際には、社会人としてのマナーはもちろんのこと、適切なコミュニケーションがとれるかどうかを見られます。

仕事の上での目標や働く姿勢など、自分の良さを相手にわかりやすくアピールできるように、事前に練習しておきましょう。

練習の際には、家族や友人、周りの人にお願いできれば万全です。

もしスマホなどで録画できる場合は、自分で話している様子を録画して見直してみるのも一つの方法です。

客観的に自分の声の出し方や話し方、動きや姿勢などを観察し、改善点を見つけることができます。

本番では、相手からどう見られるかを意識しすぎると過度な緊張につながります。

自分の伝えたいことや会話の流れに焦点を当てて、コミュニケーションを円滑に進めることを意識しましょう。

内定後の注意点

指し棒を持つ女性

内定をもらえたら、まずはその企業に入社するかどうかを決定します。

他にも選考が進んでいる企業がある場合は、志望度や採用活動の進み具合などから入社可否を判断しましょう。

入社の意思を決めたら、入社日と現職の退職日の調整が必要になります。

一般的には現在の直属の上司に退職の意を伝え、会社のルールに従って退職までの手続きや引継ぎを進めましょう。

会社によって、退職希望日の何日前までに退職の意思を示す必要があるかが変わってきます。

事前に社内規則などをよく確認しておきましょう。

退職日が決まったら、それまでの間に計画的に引継ぎ作業を進めます。

周囲の人と連携を取り、自分が辞めた後に会社に迷惑がかからないように気を付けましょう。

働きながらでも転職を成功させるポイントをチェック

仕事終わりや休日の時間を有効的に使おう

スケジュール帳

働きながら転職活動する場合には、今の仕事の就業時間外でその活動を進める必要があります。

働いている人を対象とした転職セミナーやカウンセリングは、希望者が参加しやすいように平日の夜や土日に開催されることも多いです。

時間を有効に使い、これらの機会を十分に活用しましょう。

オフの時間を休養やリフレッシュに使いたいと思うのは当然です。

しかし転職活動を進める上では、そこをいかに活動的な時間にできるかが重要になります。

有給を利用しての転職活動も躊躇しない

女性、移動

応募先の企業によっては、現職の就業時間内にしか面接日程をとれないという場合もあるでしょう。

そんな時に、自分の都合ばかりを押し付けて無理に休日に時間を取ってもらうことはできません。

また、仕事を犠牲にできないという理由で貴重な面接の機会を断るのは、転職活動が終わった後に後悔を残すことになりかねません。

本当に自分に必要な機会であれば、現職の仕事に支障が出ない範囲で思い切って有給休暇を活用し、採用面接を優先する決断も必要です。

その際、有給の取得理由については「私用のため」としておき、転職活動中であることまで伝える必要はありません。

前向きな退職理由を考えよう

女性、ジャンプ

退職理由については、可能な限りポジティブな内容になるよう論理的に組み立てておくことが重要です。

というのも、現状に不満があるから退職を考えているということは誰にでもわかります。

しかしそれを伝えるだけでは、単に問題から逃避しているだけのように思われる可能性があります。

転職した先の企業でまた不満が出てきた場合、また辞めるのではないか、長続きしないのではないかと疑われる要因にもなりかねません。

現状への不満は自分の希望の裏返しであることを自覚しましょう。

具体的にどんな職場で、どんな理念のもと、どんな働き方をしたいのかというところまで落とし込むことが重要です。

そして、転職先の企業ではその希望が叶えられることをアピールしましょう。

もちろん、それが勝手な思い込みではなく客観的に見て可能であると思えるような事実を述べることも大切です。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

面接日や入社日の日程の決め方

カレンダー

面接日については、可能であれば今の仕事の就業時間外に設定できるように申し出ましょう。

それが難しい場合は、前述したように有給休暇などを活用する必要があります。

その場合でも、最低限今の仕事に支障をきたさない日時に設定しましょう。

日程の都合が合わず、何度も調整のためにやりとりするのはお互いにとって負担になります。

複数の候補日を伝え、相手に都合のいい日程を選んでもらえるようにするのがよいでしょう。

入社日については、一般的には2~3か月後までの期間で設定するのが理想です。

しかし応募先の企業によっては、それよりも急ぎで調整を迫られることもあります。

退職の手続きや引継ぎの流れを踏まえ、自分の希望する大まかな期間とその理由を伝え、できるだけ齟齬がないように調整しましょう。

現職の上司との間で退職日が正式に決まったら、退職日と入社希望日を相手先企業に伝えます。

相手先にも受け入れの準備がありますから、一度取り決めしたら、よほどの理由がない限り変更はできないと考えましょう。

転職活動の悩みは転職エージェントに相談しよう

資料を見ながら話す女性

転職活動では自分一人ではわからないことがたくさん出てくるものです。

しかし特に今の職場で付き合いのある人には相談しづらく、それ以外の周囲の人でも、転職の知識が必ずあるとは限りません。

また、企業探しから応募、日程等の連絡調整など、全て一人でやろうとすると、かなりの作業量になります。

そこで、「転職エージェント」を活用するのも有効な手段です。

転職エージェントは一般に企業から謝礼を受け取るため、求職者は無料でサービスを使用することができます。

自分の希望条件を伝えておくことで、条件に合った求人情報だけを自動的に受け取ることができます。

応募先の選定にかかる時間を大幅に短縮することができるでしょう。

また、転職のことを知り尽くしたプロが相談に乗ってくれるのも大きな魅力です。

相手先企業との橋渡しをしてくれるなど、転職を成功させるための様々なサポート制度を受けることができます。

まとめ

人差し指を立てる女性

在職中の転職活動は、時間と体力との戦いでもあります。

早め早めに余裕をもって計画を立てておき、無理のない転職活動ができるよう入念に準備を進めていきましょう。

そして、転職先の企業に対してはもちろんのこと、今までお世話になった在籍中の会社にも最大限の配慮を忘れずに。

しっかりと準備を整え、後悔のない転職にできるよう効率よく活動を進めていきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら