転職希望者の皆さんの中には、叶うなら明日にでも転職したいと考えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

翌日は極端すぎるとしても、転職するならできるだけ早い方が良いという方は多いことでしょう。

転職活動が長引くと、経済的な負担や精神的な疲労がかさんでいきます。最後には転職の意欲そのものまで失われかねません。

そんな事態にならないためにも、転職活動は短期決戦のつもりでのぞむことが一番です。

この記事では、スピーディーな転職を成功させた女性にはどんな特徴があったのか、転職活動の流れと注意点を交えて紹介します。

Contents

転職を一刻も早く決めたい女性が意識する点

女性、時計

転職を一刻も早く決めたいのであれば、まずは時間の使い方を意識しなければなりません。

同じことを繰り返し悩まない。無駄なリサーチを続けない。そんな毅然とした姿勢が必要です。

また、何ヶ月以内に内定をもらう、と明確な期限を設定することも良い刺激となるでしょう。

期限を設定すると、具体的なスケジュールを立てて転職活動に当たらなければならなくなるため、計画性と積極性がアップします。

一般的な転職活動の期間と流れ

女性、横顔

一般的な転職活動にはどれくらい時間がかかるものなのでしょうか。

もちろん求職者が置かれた状況は色々、業界も会社も様々なので、一概には言えません。ただおおよその傾向は見られるようです。

ここからは、転職活動にかかる期間と流れについてご紹介します。

転職活動期間は「3〜6ヶ月」程度

 

転職活動にかかる期間は平均して3~6ヶ月だと言われています。多くの人が半年以内に新しい転職先を決めているのです。

ただし、これはあくまでも転職希望者全体で見たときの話。個別の事例を追っていくとまた違ってきます。

次の仕事に求める条件をより多く設定すれば、合致する業界や企業も見つかりづらくなり、おのずと転職活動は長引くでしょう。

また特殊なスキルなど人にない強みを持っていると、会社側から強く求められて、より短期間で仕事が決まる場合もあります。

在職中に転職活動を始めよう

転職活動は在職中に始めるのが良いでしょう。

どれほど今の職場の給与や待遇、人間関係に不満があっても、退職してから仕事を探し始めるのではリスクが高すぎます。

職を失って貯金を取り崩す一方になると、経済的、精神的な余裕がなくなり、それが転職活動にも如実に表われてしまうもの。

心の焦りを面接官にも見抜かれ、結果として低い評価を下されるきっかけにもなりかねません。

逆に在職中なら余裕を持って面接にのぞめるので、堂々とした自己紹介も、待遇面の交渉を強気で進めることもできるでしょう。

転職を早く決めたい時のポイント

女性、面接官

転職は半年以内の短期決戦で決めるのがベスト。長引くと消耗が激しくなってしまいます。

在職中の転職活動だと、こっそり活動し続けることに疲れたり、行動を怪しまれて社内での立場が危うくなったりもするでしょう。

退職してからの転職活動では、貯金と共に自信も減り、焦りばかり募って自己アピールすら満足にできなくなってしまうことも。

そうならないためにも、ここからは転職を早く決めたい時の重要なポイントをご紹介します。

履歴書の内容や面接の受け答え内容を決めておこう

心のどこかで、候補の2社か3社に履歴書を送れば通知が来る、面接を受けた後はとんとん拍子に話が進む、と思っていませんか?

よほどスキルや実務経験に自信があり、それらを活かしてすぐに活躍できる人材なのでなければ、そんなことはまずありません。

履歴書は、人によっては数十社分も作成しなければなりません。面接もまた、何度となく受けることになる場合がほとんどです。

とりわけ履歴書作成には時間を取られますので、内容を決めておくと時間短縮になります。

面接の回数が少ない会社を探そう

転職活動をしていると何度も受けることになる面接。面接は、企業によっては2次面接、3次面接と複数回行う場合があります。

次の面接まで期間が空いてしまうこともしばしば。なので、より早く転職したいなら面接回数が少ない企業を選ぶのも手です。

企業Aの3次面接を待っている間に企業Bから内定が出た。悩んだ末に内定を辞退したが、後日、企業Aの3次面接で落ちた。

そんなことが現実にありえます。短期決戦で転職を決めるなら、面接回数の少ない会社を選んだ方が良いでしょう。

転職エージェントを利用しよう

転職の際、親や先輩より頼りになるのが転職エージェント。より早く転職したいなら転職エージェントに相談するのが一番です。

相談する時には、次にどのような仕事に就きたいか、またどんな待遇を求めるか、自分の考えを固めておくとスムーズに進みます。

そしてここでも、いつ頃までに転職を果たしたいか、具体的な期限を切って行動することが大切。

転職エージェントと一緒に転職活動のスケジュールを組み立て、より効率的に行動することができます。

転職活動が長引く原因を知ろう

スーツ姿で泣く女性

そもそも、転職活動が長引いてしまう原因は何なのでしょうか。

より早く転職を決めたいと思うなら、プラス要因を重ねるだけでなく、マイナス要因を潰すことも必要です。

ここからは、転職活動が長引く主な原因とその対策についてご紹介します。

応募の仕方

履歴書

転職活動を進めるにあたって、応募の仕方が良くない場合が散見されます。

例えば、より条件の良い企業への転職を希望するあまり、自分の能力や経験では不釣り合いな求人に応募してしまうパターン。

他にも、履歴書を書きすぎて1枚1枚の重みが薄れ、思いがけず不備が出て不合格になるパターンなど、枚挙に暇ありません。

より早く転職を決めたいのであれば、自分のスキルがすぐに活かせそうな業種や会社を吟味して、その上で行動に移るべきです。

そのような意識を持ち続けていれば、応募の仕方もおのずとより丁寧で理想的なものになることでしょう。

面接の日程

女性、移動

転職活動が長引いてしまう原因として、もう1つ、面接の日程のことが挙げられます。

たとえば在職中に転職活動をしている場合、現職の繁忙期と面接の日程が重なって、結局面接に行けなかった、などということも。

逆に、企業側の業務が忙しい時期に応募したことで、面接官とのやり取りに支障が出るといったパターンも大いに考えられます。

どのような時期の面接になら自分に有利か、いつ頃になりそうなら避けるべきか、事前に考えておくことはたいへん重要です。

退職交渉

女性、窓辺

転職活動が長引いてしまう大きな原因の1つに退職交渉が上手く行かないことがあります。

辞表を提出したものの、止めて欲しくないと会社側に渋られて、不満な点には改善案など提示され、居残ってしまうパターンです。

トラブルを起こすことなく円満に退職できなければ、たとえ次の会社に内定を貰ってもスムーズに転職することはできません。

しかるべき相手にしかるべきタイミングで、また冷静かつ粛々と、退職の意思を伝える所から始めましょう。

転職エージェントから退職交渉のサポートを受けられる場合もありますので、不安であれば相談してみるのも良いでしょう。

短期間での転職を成功する人の特徴

女性、晴天

短期間で転職を果たすことができた人たちは、具体的にはどのような姿勢で転職活動にのぞんだのでしょうか。

皆が皆、同じことをしていた訳ではもちろんありませんが、そこにはある一定の特徴や傾向があったことでしょう。

ここからは、短い期間で転職できた人たちの特徴についてご紹介します。これらを取り入れて今後の転職活動に活かしましょう。

転職の理由が明確にある

転職を短期間で果たすことができた人たちの多くは、転職にあたっての明確な理由を持っていました。

現職のここがこのように不満なので転職したい、自分の将来をこのようにイメージしているので転職したい、といった具合です。

これら自分の意思をはっきり表に出せる人は、退職交渉や面接の場でも物怖じせずにやり取りできる傾向にあります。

どんな言葉を口にするにせよ、拠り所となる確かな理由があるのとないのとでは大違い。

何となく嫌だから、何となくこうしたいからではなく、自分が転職したい理由をしっかり見定めるようにしましょう。

複数企業に応募している

転職を短い期間で成功させた人の多くは、合格できる望みのある2社か3社だけでなく、もっと多くの企業に応募しています。

ただ、もちろんこれは、ミスマッチなど気にもせず手当たり次第に応募していたという意味ではありません。

希望や条件に合った企業を丁寧かつスピーディに、しかもたくさんリサーチして、より多くの企業の求人に応募したのです。

初めから無駄と分かっている履歴書を書くのは空しいもの。労を惜しまず精査した上で複数企業に応募するのがおすすめです。

転職準備が効率的

転職を短い期間で果たすことができた人たちは、転職の準備を効率的に進めていました。

いつからいつまでを転職活動期間にしよう、と明確に期限を切り、その中でより無駄の少ない行動を取っていたのです。

この効率的な転職準備には、企業との面接の日程管理だけでなく、退職交渉などすべての事柄が含まれます。

あやふやな意思で無計画に転職活動を進めても理想の転職はできません。効率的かつスピーディーな行動を心掛けましょう。

短期間での転職成功はスケジュール管理が重要

女性、管理

短期間で転職を成功させたいと思うなら、スケジュール管理は何よりも重要。

3ヶ月間なら3ヶ月間、半年なら半年と可能な範囲で予定を組み、その中で効率的に行動するよう心掛けるべきです。

スケジュール管理にあたっては、応募する企業側だけでなく、仕事を続けているなら現職側の都合もよく考えることが肝心。

現職が多忙な時に面接の予定を入れたりはしづらいものですし、時期によっては希望する職種の求人がない場合もありえます。

仮に退職してから次の仕事を探す場合も、明確なスケジュールを立てて行動していれば、それが自信に繋がり、態度にも表われます。

スケジュールを立てることが苦手な人は、積極的に転職エージェントに相談してみましょう。

早く転職をしたい人が注意すべきこと

女性、戸外

早く次の仕事を決めたいからといって、うかつで軽率な行動を取ってはいけません。

スピーディーな中にも慎重さと丁寧さがなければ、せっかくの転職も失敗に終わってしまうことでしょう。

どうかすると、すぐまた次の転職活動を始めなければならなくなる可能性も

そんな事態に陥ることだけは避けなければなりません。

ここからは、早く転職を決めるにあたって注意すべき点についてご紹介します。

転職先を妥協して決めない

転職先を妥協して決めるべきではありません。

せっかく転職するのですから、自分自身のために、より良い会社を選ぶよう心掛けましょう。

少しでも早く次を見つけたい、待遇面では前の所とそう変わらないし、ここでいいや。そんな気持ちで決めるのは御法度です。

面倒でも丁寧にリサーチして、口コミや募集内容などの精査も忘れず、より希望に添った転職先を見つけるようにしましょう。

内定前に退職しない

内定前にとりあえず退職、という選択肢は捨てましょう。

今の会社に対して、給与や待遇面でどんなに不満があっても、次が決まる前に辞めてしまうのは避けた方が無難です。

無職になれば貯金を切り崩しながら生活するほかありません。そんな状況で満足な就職活動はなかなかしづらいもの。

スケジュール管理やスキルの棚卸しも万全、自信満々で堂々と転職活動ができるという強気な無職の人は極めて少数です。

辞める前から複数の転職サイトに登録して情報を数多く集め、計画的に転職活動を進めて内定を得る。辞めるのはそれからです。

焦って転職後に後悔する選択はしないように注意しよう

女性、電話

今の会社を辞めたいあまりに、最初に内定をくれた企業に深い考えもなく飛び込む。そんな安直な転職はおすすめできません。

焦って次を決めてしまうと、給与や待遇面、人間関係など、思わぬ落とし穴にはまってしまうこともありえるからです。

また、たとえば複数の企業から内定をもらえたとしても、そこで浮かれず、逆に気持ちを引き締めた方が良いでしょう。

それらの中でより条件に合致する企業はどこなのか、将来性はどうなのか、しっかり精査するための時間を取る必要があります。

転職対策は転職エージェントを活用しよう

女性、エージェント

より短い期間で転職を成功させたいのならば、転職エージェントほど頼りになる存在はありません

スケジュール管理から面接対策、時には退職交渉や失敗事例の紹介まで、親身になってサポートしてもらえるからです。

様々な業界に精通したエージェントたちから、企業の求人情報に関してより詳細な情報を聞けることも利点の1つでしょう。

より短期間で転職を果たすためにも、ぜひ複数の転職エージェントに登録しておくことをおすすめします。

まとめ

女性、エージェント

いかがだったでしょうか。

今回は、転職を早く決めるにはどうすべきか、それを成し遂げた人にはどんな特徴や傾向があったかを中心にご紹介しました。

効率的な転職活動に欠かせないのはしっかりしたスケジュール管理、そして求職者自身のこうありたいという主体性です。

いつまでにどんな仕事に就きたい。そのために次の半年でこうしよう。そんなふうに少しずつ自分の希望を具体化しましょう。

1人で決めることが難しい場合は転職エージェントに相談するのが何よりの早道。

希望する職種や業界について新しい情報や知見をもたらしてくれることもある、頼りになる存在です。

今回の記事を参考にして、ぜひ希望通りの転職を成功させてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら