忍耐力はビジネスにおいて必要なものです。

忍耐力のある人は転職活動でも高い評価を受けることができます。

本項では、忍耐力をアピールして転職活動を成功させる方法を紹介します。

OKな例やNGな例を例文と共に見ていきましょう。

女性が転職活動で忍耐力をアピールするコツ

花

転職活動においてアピールポイントは必要です。

忍耐力はアピールポイントにおいて有効にはたらくものです。

忍耐力とは物事に対して忍んで耐える力のことです。

人間はつらいことがあったときに逃げ出したくなるものです。

つらいことがあっても投げ出さずに我慢できる人材は転職市場において高く評価されるでしょう。

仕事にはつらいことや我慢するべきことがつきものです。

自分の思い通りに事が進むことはほとんどなく、あらゆるケースで忍耐力が試されます。

そのようなことにも忍耐強く構えられる姿勢が転職活動でも評価されるでしょう。

面接の自己PRでは忍耐力をアピールすることで、優秀な人材であることをアピールできます。

面接で忍耐力をアピールするコツを見ていきましょう。

忍耐力は高く評価される?

忍耐

忍耐力は転職活動でどのように評価されるでしょうか。

転職面接においては転職希望者がどれだけ忍耐強く仕事ができるかというのも評価ポイントです。

忍耐強く仕事ができることが転職面接において大いにアピールポイントになります。

忍耐力が業務においてどのように役立つか、どのように評価されるか見ていきましょう。

忍耐力は業務上で重要なスキル

忍耐力は業務上で非常に重要なスキルです。

ビジネスにおいては様々な人と関わる機会があります。

中には自分と合わない人と関わったりトラブルに巻き込まれることもあるでしょう。

思わぬ事態に遭遇したときに試されるのが忍耐力です。

想定外のことに耐えられる力があればビジネスにおいても高く評価されます。

業務達成まで諦めない印象を与えられる

ジグソー

忍耐力をアピールすることで、業務達成まで諦めない印象を与えることができます。

最後までやり抜くことは重要なことですが、思った以上に難しいものです。

業務達成までに仕事を投げ出したり、目標設定を妥協してしまうこともあるでしょう。

忍耐力が強い人はそういった仕事への妥協を許しません。

妥協を許さないことが高い成果を生み出すことに繋がり、結果的に高品質の仕事を生み出すのです。

忍耐力をアピールすることで、転職先でも高品質の成果を出すことをイメージさせられるでしょう。

効果的な長所の書き方・伝え方

忍耐

忍耐力をアピールするためにはどのような点に注意すればいいでしょうか。

長所をアピールするには具体的な数字やエピソードを活用しましょう。

忍耐力というものは主観的なものになりがちです。

客観的な数字やエピソードを織り交ぜることによって鮮明に忍耐力のある姿をイメージさせることができます。

数字や固有名詞を活用しよう

忍耐力をアピールするためには、具体的な数字や固有名詞を活用しましょう。

忍耐したとアピールしてもその人の主観であるかもしれません。

数字や固有名詞を使って説明することで、客観的な忍耐強さをアピールできるのです。

例えば、残業時間をアピールすることにより忍耐力をアピールすることができます。

月に70時間の残業をこなした、とアピールすれば数字の裏付けから忍耐強さがわかるでしょう。

このように、忍耐強さをアピールするときは具体的な数字や状況を説明するようにしましょう。

エピソードは具体的にしよう

忍耐強さをアピールするときのエピソードは具体的にしましょう。

エピソードを具体的にすることで、聞き手にとって有効なイメージをさせることができます。

忍耐力というものは主観的なもので、中々他人の理解を得るのは難しいです。

具体的なエピソードを織り交ぜることによって、どれだけ忍耐をしてきたかイメージを共有するのです。

エピソードを出すときは、なるべく相手が分かりやすいような例を出しましょう。

例えば、対人関係で折り合いのつかない同僚と協調して仕事を進めるといったエピソードがいいです。

対人関係はどんな仕事をするにしても課題になるものです。

共有の話題を作ったうえで、どのように折り合いがつかなかった具体的なエピソードを出すといいでしょう。

忍耐力を発揮してどんな結果になったかを意識しよう

鳥

忍耐力を発揮するだけでなく、どのような結果になったか意識することも重要です。

先の例をとると、対人関係の困難を克服したうえでどのような結果を出せたかを意識します。

転職面接においては分かりやすい結果やアウトプットがあると評価されやすいです。

自分の忍耐力がどのような結果を出したかを示すことで、採用する企業へのメリットも見えてくるでしょう。

忍耐力を活かしたエピソードとその結果を示すことで、アピールに繋げるのです。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


忍耐力を自己PRする時の注意点

忍耐

忍耐力を自己PRするときにはどのように注意すればいいでしょうか。

忍耐力は独りよがりのものになりがちで、相手に評価してもらうのが難しいです。

自分がどう忍耐したかをアピールするのではなく、忍耐したことによりどのような結果を出したかを強調しましょう。

努力と忍耐力を同じ意味として考えない

忍耐力は主観的なものになりがちですが、独りよがりの努力にならないように注意してください。

努力をすることも重要ですが、結果に結びつかなければアピールにはなりません。

「頑張りって忍耐しました」だけでは客観性がなく、評価対象にはならないでしょう。

重要なのは忍耐力を活かすことでどのような成果を出せるかです。

忍耐力をアピールするときは客観的なエピソードを織り交ぜるようにしましょう。

ネガティブなイメージを与えないように

忍耐力をアピールするときはネガティブなイメージを与えないようにしましょう。

忍耐強いことをアピールしてもかえって逆効果になる場合があります。

例えば、「残業時間の長さに耐えました」と話すと作業が遅いのではないかと見られてしまうかもしれません。

自分が辛かったことをエピソードとしてあげるのではなく、自分の頑張りがどのような成果を出したかをアピールしましょう。

忍耐力を別の言葉に言い換えてアピールするのも効果的

忍耐

忍耐力を別の言葉に言い換えることも重要です。

面接では言葉の響きや声のトーンで印象が変わります。

こういった言葉の響き方を1つとっても面接担当者にとっての印象が変わるのです。

言い換えをうまく活用して面接でアピールしていきましょう。

忍耐力という言葉から受ける印象

忍耐

忍耐力という言葉からはどんな印象を受けるでしょうか。

忍耐は辛く苦しいものを耐えるものです。

力強いというイメージを受けるのではないでしょうか。

力強さは仕事をするうえで欠かせないものです。

企業が収益をあげていくには、粘り強い力強さが求められます。

力強さを持つ人材が利益を生み出し、企業を良い方向へと導くのです。

このように、忍耐力という言葉は力強さを与えます。

面接で「忍耐力」という言葉を使う時は声のトーンを力強くすることで印象が増すでしょう。

力強さは面接においても重要なものになるのです。

どんな言葉に言い換えられる?

忍耐力は様々な言葉に言い換えられます。

力強いというイメージは色々な言葉に置き換えることができます。

例えば、我慢強さ、粘り強さ、諦めの悪さなどが挙げられるでしょう。

その他、継続力や持続力など物事を継続して続けられる力に置き換えられます。

同じ意味の言葉を別の言葉に言い換えるというのは聞き手にとってもイメージが変わります。

忍耐力という言葉は抽象的でイメージが付きづらいものなので、時には別の言葉に言い換えてもいいかもしれません。

忍耐力をアピールできる回答例をチェック

花

忍耐力をアピールするにはどのようにアプローチしていけばいいでしょうか。

転職面接におけるアピールにおいては具体的な成果や実績をあげることが重要です。

具体的なエピソードを交えることで、聞き手に印象を強くするのです。

具体例を交えながらみていきましょう。

例1:営業成果をアピール

私の強みは忍耐力の強さです。

現職では交渉事において辛いことがあっても持ち前の忍耐力の強さを活かして成果をあげてきました。

営業において努力が成果に結びつかないこともありましたが、根気強く粘ることを心がけました。

その結果、営業訪問先に顔を覚えてもらうことになります。

結果として、根気強く営業を続けてきたことが成果に結びついたのです。

1年ほど営業成果が0件だったものが、こうした忍耐強さのお陰で営業成果を3件まで伸ばせました。

このような忍耐力を今後も活かして御社に貢献したいと思います。

例2:事務職における忍耐力をアピール

私の強みは忍耐力の強さです。

現職では社内の意見のとりまとめをする際に思うように進むことが多かったです。

原因はヒアリング不足ということが分かり、根気強く社内の人間にヒアリングを行いました。

初めのうちはヒアリングが上手く行きませんでしたが、徐々にうまくいくようになります。

この結果、社内のとりまとめを効果的にまとめられるようになり上司からも一定の評価を得ました。

このように、根気強く交渉を続ける力が私の強みです。

忍耐力をアピールしたNG例

石

忍耐力をアピールする際にやってはいけないのが独りよがりのアピールになることです。

単に頑張っただけでは、頑張りの成果が見えてきません。

これでは転職面接のアピールにはならないでしょう。

NG例を見ていきましょう。

NG例1:頑張った成果が具体的に見えてこない

私の強みは忍耐強く頑張ることです。

現職では辛いことが多かったですが、頑張って努力してきました。

御社でも頑張りたいと思います。

NG例2:ただの愚痴になる

私の強みは忍耐強く頑張ることです。

現職では残業時間が多く、大変でした

残業が多くても音を上げることなく頑張ってきました。

御社では残業を避けられるように頑張りたいです。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


自己分析を徹底して面接に臨もう

花

面接では自己分析が重要になります。

企業に採用してもらうために自己PRをしようとしても自己分析が出来ていなければ自己PRはできません。

自己PRをするために、しっかりと自己分析をしてみましょう。

自己分析をする際は、自分のキャリアを振り返って忍耐力のあるエピソードがないか考えてみましょう。

頑張ったこと、投げ出さずに頑張ったエピソードがあれば忍耐力をアピールできる材料になるのです。

自己分析のやり方が分からない場合は、転職エージェントなどに相談してみるのもいいでしょう。

転職エージェントでは自己分析だけでなく、転職活動に必要なことの相談に乗ってくれます。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

花

転職活動で困ったことがあれば転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントでは様々なノウハウを生かした転職相談が可能です。

忍耐力をアピールするにはどのような自己PRをすればいいかも分かるでしょう。

転職面接において分からないことがあったら気軽に転職のプロに相談できるのです。

少しでも転職に興味をお持ちの方は転職エージェントに相談しましょう。

無料転職相談をして理想の会社に転職しよう

まとめ

忍耐

転職活動における忍耐力の重要性を見ていきました。

忍耐力はビジネスにおいて必要なもので、転職活動においても高く評価されるものです。

ビジネスにおいては壁にぶつかることが多く、そういった時にも妥協せずに向上していくことが求められます。

転職活動で忍耐力をアピールする際には、エピソードを織り交ぜて具体的に説明します。

その時に、数字などを織り交ぜながら話していくといいでしょう。

忍耐力は転職面接において必ず評価されます。

どんな企業も忍耐強く挑戦をし続ける人材を求めているのです。

転職面接に臨むにあたっては、しっかりと自己分析をしましょう。

自己分析をするうえで、今までの仕事で忍耐力を発揮したエピソードを探すのです。

具体的なエピソードに裏付けることで、自身の忍耐力は説得力を増します。

転職活動のことで困ったら転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントは転職面接でのアピール方法など、転職希望者が知りたいことを教えてくれます。

しっかりと自己分析をすることで、転職活動が成功に導くのです。

転職活動も忍耐強くやり抜いて、ご希望の会社への転職を実現させてください。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!