女性向けの仕事にはいわゆる「限界サイン」と呼ばれるものがあります。

女性の中にはストレスを感じながらも会社の為に無理して働いていた方もいるでしょう。

それはうつ病のような精神疾患をはじめ様々な形で表面化するものです。

今回はそんな限界サインを転職・退職と絡めて徹底的に掘り下げます。

また、対処法も合わせてご紹介しますので是非参考にしてみてください。

Contents

女性向け仕事の限界サイン

限界

仕事のストレスによって生じる限界サインは男性・女性共にあるものです。

その中で女性に顕著なものとして挙げられるのは以下のものでしょうか。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • セクシャルハラスメント
  • 拒食症・過食症
  • 精神疾患

特に最初の2つは女性ならではのストレスの要因となりうるものです。

未だに男尊女卑の風潮は表に見えない根深いところで存在しています。

これらのサインのうち、いずれか1つでも出た時は注意してください。

それはおそらくもうその仕事を続けることに限界が来ているというサインです。

仕事の限界サインを無視してしまう原因

理性とは裏腹に感情は正直なものであり、その反応は見事に体の反応となって現れます。

それではなぜ限界サインを無視してしまうのかをここでは解説しましょう。

ストレスを感じる環境にいる自覚がない

ストレス

まず女性自身がストレスを感じる環境に対する自覚がないということです。

これが非常に恐ろしいところで、ストレスを感じる女性は自身の状況を客観視できていません。

むしろ社会人なのだからそれが当たり前だという風に思い込んでいる可能性すらあります。

強迫観念とさえいえるストレスを感じる環境への無自覚は確実に体を蝕むのです。

即ち頭で考えることと体の反応が全く一致していないということでしょう。

視野が狭まり適切な判断ができなくなることは決して良い傾向ではありません。

自分だけが辛いわけじゃないと思い込んでいる

思い込む

2つ目に挙げられるのが自分だけが辛いわけじゃないと思い込んでいることです。

これは上司や同僚がそのようなことを日常的にいっていることも考えられます。

真面目な女性責任感の強い女性ほど自責の念が強く全てを自分で抱え込んでしまうのです。

本当はその原因が自分にあるわけではないのに、そう思い込むことで視野を狭めています。

確かに自分だけが辛いわけではなく、他の人たちも何かしらの思いを抱えているでしょう。

しかし、だからといって無理矢理自分の感情を抑え込む理由にはなりません。

そのようなサラリーマン思考が余計に働き手を雁字搦めにしてしまうのです。

限界サインを無視しているとどうなる?

このように、限界サインの原因は潜在意識と顕在意識の不一致にあるのです。

それではこの限界サインを無視してしまうとどうなるのでしょうか?

自律神経が乱れる

痛む

まず自律神経失調症と呼ばれる症状が現れ始め、体が悲鳴を上げます。

具体的には目眩・過呼吸・頭痛・吐き気・腹痛などといった体の反応です。

どれだけ理性で押さえ込もうとしても体の反応は嘘をつかず正直に出てしまいます。

自律神経が乱れると、人間としてできる正常な判断ができなくなってしまうのです。

それを必死に克服しようとして、更に体を酷使して余計に悪化させます。

つまり負のスパイラルに陥ってしまうということです。

精神的な病気になる可能性

2つ目に考えられるのがうつ病双極性障害(躁鬱)といった精神疾患です。

これらの病気は1度発症してしまうと社会復帰までに相当な時間を要します。

1度うつ病にかかると受け入れてくれるところはなかなかありません。

また近年はうつ病と似て非なる双極性障害という精神疾患もあるでしょう。

興奮状態と無気力状態を繰り返す病気で、しかも自分でコントロールできないのです。

このような状態になることだけはなんとか避けたいものでしょう。

体に影響する仕事の限界サイン

それでは体に影響する仕事の限界サインについて解説します。

ストレスをずっと溜め続けたまま仕事をするとどうなるのでしょうか?

姿勢を正すのが辛い

痛み

1つ目が姿勢を正して仕事をするのが辛くなることです。

いつの間にか猫背になっていたり視線がいつも下を向いていたりします。

酷い時には立っているのもやっとという状態になるので気をつけてください。

デスクワークなど比較的楽な姿勢でできる仕事ですらもしにくくなります。

体の乱れは心の乱れとはよくいうもので、無意識のストレスは表面化するものです。

ただ、こちらに関してはストレッチや運動などである程度は解消できます。

後述しますが、休日にそういうストレス解消の趣味を作るといいでしょう。

笑うことが減った

笑顔

2つ目に表情の変化として笑うことが減って顔が強張ってしまいます。

不安や緊張は本人が思う以上に顔つきとなって現れるものです。

いつもできるはずの笑顔が不自然になっていたり愛想笑いに疲れたりします。

最悪の場合その作り笑いが相手にとても不気味な印象を与えるでしょう。

笑わなくなるということは情緒が不安定になっている証拠です。

人間はあくまでも感情の生き物であることを意識してください。

生活に影響する仕事の限界サイン

体つきや表情といった顕在意識の部分での限界サインは生活にも影響します。

仕事を限界まで続けていくとどうなるのかを解説しましょう。

仕事のミスを繰り返す

ミス

まず普段であればしないであろうケアレスミスを繰り返すようになります。

体の乱れと心の乱れが表面化した時に人は本来の能力を発揮できなくなるのです。

その結果上司からも怒られるようになって、ミスをしてはならないと自分を追い込みます。

自分を追い込むと足元が見えなくなって更にミスをしてしまうという悪循環です。

自責の念が強い人ほどこのように自分で自分を追い込むようになってしまいます。

しまいにはもう職場に向かうことすらも億劫になってしまうのです。

そういう時は無理せず会社に打診してお休みを頂くのもありではないでしょうか。

睡眠サイクルが乱れる

睡眠

2つ目に睡眠不足や夜更かしなど睡眠サイクルの乱れとして出ることです。

まず夜更かしをするようになり、朝起きるのが辛くなります。

その影響は日中にも現れ、睡眠不足ではないのに眠くなるのです。

睡眠サイクルがうまく行かなくなると、仕事の生産性は確実に下がります。

中には睡眠サイクルが乱れたことで精神疾患を患った人もいる程です。

睡眠は思っている以上に人間の体に大きな影響を及ぼします。

しっかりと体を休めて万全の態勢でいることもまた仕事です。

食欲がなくなった

3つ目に食欲の減退が起こり、上記の過食症・拒食症となって現れます。

ホルモンバランスの乱れとも関連しますが、食べる量は同じでも体重が増えるのです。

ストレスを食事で解消しようとして糖質・脂質の高いものに手を出すようになることもあるでしょう。

それとは反対に一切の食事を取らなくなって標準体重を大きく下回る程痩せる場合もあります。

このように食欲のコントロールすらも自分でできなくなってしまうのです。

気持ちに影響する仕事の限界サイン

仕事の限界サインは肉体・私生活のみならず内面にも大きな変化となって現れます。

ここでは具体的にどんな感情の変化が出るのかを見ていきましょう。

些細なことで苛立ちを感じる

怒り

まず些細なことで苛立ちを感じ、それが態度に出てしまうということです。

八つ当たりだけならまだしもこれが上司となると部下に圧をかけるようになります。

また、他のきちんと仕事している人を羨んだり貶めたりといった行動に出るのです。

正常な判断ができなくなると、神経過敏になって不快感を周囲に撒き散らすようになります。

怒りは人の心から冷静さや理性を失わせ隙を生み失敗要因を作るのです。

理由もなく悲しくなり涙が出る

涙

怒りとは真逆の悲しみの感情が溢れ出てきて、ふとした瞬間に涙が出ることがあります。

精神の糸が切れる寸前まで張り詰めているとこうなってしまうのでしょう。

特にそれは仕事から解放されたプライベートの瞬間に見受けられるものです。

ここまで行くと精神疾患にかかる手前の危険な状態かもしれません。

喜怒哀楽の中で喜びと楽しみが失われ怒りと哀しみだけが支配するようになるのです。

負の感情のスパイラルもまた思っている以上に危険であることを忘れないようにしましょう。

無意識のうちに出る限界サインの対処法

それでは無意識のうちに出る限界サインへの対処法とは一体なんでしょうか?

今すぐにでも実践できる方法を具体的に解説しますので参考にしてください。

趣味をもちプライベートを充実させよう

マッサージ

まず仕事とは関係ないところで趣味をしっかり持ち、プライベートを充実させてください。

趣味の時間は決して誰にも邪魔されることのないその人だけの大切な時間です。

中でもスポーツやフィットネスなど体を動かす健康的な趣味がいいでしょう。

体の疲れをしっかり浄化することで自ずと精神も良い方向に回復していきます。

また、プライベートがしっかりあることで誰にも縛られない自分なりの生き方ができるのです。

息抜きできる場所を作っておくと、その為に頑張ろうと奮起することができます。

信頼できる人や職場の人とよく話そう

仲間

会社の内外で信頼できる人相談できる人を作っておくと良いかもしれません。

ただし、相談相手を作る場合に注意すべきことも当然あります。

1つ目に相談する相手をきちんと見極めること、2つ目に愚痴を吐かないことです。

会社内で誰に相談するかはとても大事であり、人間性を慎重に判断して相談してください。

一見人当たりが良さそうでも裏で簡単に告げ口したり、あることないこと吹き込んだりする人もいます。

2つ目は特に友人に相談する時の注意点ですが、感情的な愚痴はやめましょう。

その友人も同じように仕事で悩んでいるわけで同じような思いを抱えています。

だからこそ相談する時は努めて冷静に問題点を整理した上で建設的な話をしてください。

こうした信頼できる人や先輩との出会いによって人生は大きく変わります。

転職や退職のタイミングをチェック

 転職

上記の方法でも解決できず、もう辞めるしかないという方は転職退職を検討しても良いでしょう。

転職や退職の理由で1番大きいのは職場の人間関係から生じるストレスによるものです。

しかし、転職を考える際はあくまでもタイミングを見極めて適切な形で行ってください。

会社は決して個人的な都合で回るものではなく、多かれ少なかれ「責任」が伴います。

仕事の引き継ぎはしっかり行い人間関係もしっかり精算した上で次のステージへ向かいましょう。

立つ鳥跡を濁さずという諺に代表されるように蟠り・しこりを残さず円満に退社してください。

どんなに今の仕事が辛くても段取りはしっかり組んで残さないようにする工夫が大切です。

困ったら転職エージェントを活用しよう

エージェント

もし仕事の限界サインが来て困った場合は是非転職エージェントを活用してください。

転職エージェントは常に転職希望者に寄り添い、その時々に応じて最適なアドバイスをしてくれます。

転職・退職の原因の多くが職場での人間関係や労働環境からくるストレスにあるのです。

そうした悩みを思い切って打ち明けることによって解決策が見つかるかもしれません。

決して1人で抱え込まず思い切って自分の悩み事・相談を打ち明けてみましょう。

その中で転職者に相応しい企業を案内してくれることも十分にあり得ます。

仕事や転職に関することは人と人の縁や環境で決まるといわれるものです。

転職エージェントに相談することでそうした新しい可能性が拓けてくるのではないでしょうか。

まとめ

ストレス

いかがでしたでしょうか?

今回は仕事の限界サインとその対処法について細かく具体的に解説してきました。

現代はストレス社会といわれ、その中でも女性の働き手はストレスを抱えやすいでしょう。

その多くは責任感が強い、すなわち何事においても自分を責める傾向が強い人に見受けられます。

そういう人ほど誰にも苦悩を打ち明けることができず抱え込んでしまい潰れてしまうのです。

今の時代決して働き方は固定されているわけではなく、自分の生き方は自分で選べます

会社の上司や同僚・職場環境が働き手の人生を潰してしまうことなどあってはいけません。

辛くなったら決して無理をせず仕事から離れたり環境を変えたりしてみてください。

本稿が少しでも仕事でストレスを抱えている人の手助けになれば幸いです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら