「気になるニュースを聞いて何の役に立つのだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?

面接官の質問で意味を成していない質問はなく、無意味にみえる質問でも理由があるから聞いているのです。

1990年代頃からインターネットなどの普及により、情報化社会と呼ばれています。

「情報弱者」という言葉がでてくるほど、現代を生きる上で「情報」は大きな意味を持つものとなりました。

しかし、現代は多くの情報が溢れているため、その中から正しいものを取捨選択しなくてはなりません。

しかも、さまざまな人がSNSなどに自分の意見を書き込むこともでき、それらに流されて自分の意見を見失うこともあります。

社会で大いに役に立つのは、正しい情報をより早く収集するクセと、それに対する考え方。

社会で活躍するためには必要不可欠のスキルだといえます。

Contents

面接の「最近気になるニュースは?」の好印象な答え方

remote control

視界から入る情報は全体の80%を占めているといわれています。

そのため、気になるニュースの質問のときに限らず、落ち着いてしっかりと答えるようにしましょう。

そのときに笑顔を忘れずに面接官の目を見て話すことが大切です。

目を見て話すことができる人からは、自信や対話する気持ちを感じられるため、好印象になりやすい傾向があります。

聞き取りやすい声量ではっきりと答えられると、より良いでしょう。

逆に足を組んだり、貧乏ゆすりなどはもっての他。ビジネスマナーが身に付いていないと取られ、とても不利になります。

そのようなクセがついている人は、意識して面接に臨むようにしましょう。

企業が最近気になるニュースを聞く理由

tv

冒頭で紹介した情報収集能力に加えて、価値観や知的好奇心をみています。興味が湧くポイントは人それぞれ。

たくさんあるニュースのなかでどれを選ぶかというのは、その人となりを表す分かりやすい指針なのです。

ここでは、それらをどのような視点から感じとるのかお伝えします。

どんなことに興味を持つのか知りたい

大人でも知的好奇心が旺盛な人は成長し続ける、といわれています。歴史に名を残している偉人たちの多くは、知的好奇心が旺盛だったとも。

そのようなことからも、知的好奇心が高い→現状に満足せずいろいろなことをやる→成長すると考えられているのです。

そのため、面接官は志願者のどのようなことに興味を持つのか知りたいと考えています。

ニュースに対してどんな考えを持つのか

面接はどの質問も自己アピールの場だといえます。一般的に抱かれやすい考えではなく、自分らしさを出すことが大切です。

例えば、自分のエピソードを盛り込むなどすると、自分の人となりが伝わりやすいといえます。

選ぶニュースは、特に個性が出やすいポイントです。あまり背伸びをしすぎずに、まずは自分の意見をしっかり伝えることが大切になります。

気になるニュースを選ぶ時のポイント

point

気になるニュースといっても、どんなニュースでも良いというわけではありません。面接においてもTPOは大切。

適したニュースのなかから、自分が興味のあるニュースを選ぶことをおすすめします。

志望する業界と関連するニュースを選ぼう

志望している業界や企業に関係のあるニュースを選ぶと、志望度が高いと思われやすいためおすすめです。

自分の意見をしっかりと伝えることが大切なため、ニュースの大小は関係ありません。

ただし、志望企業の不祥事を取り上げることや、ライバル会社を絶賛することは避けましょう。面接官があまり良い気分にならないためです。

また、志望している業界や企業に関係あるニュースを選ぶデメリットが1つあります。

それは面接官がそのニュースに詳しい可能性があるということ。

取って付けたような意見では突っ込まれる可能性が高く、不利になる可能性もあるのです。自分の裁量が試されます。

インターネットで調べると業界別に表示されるため、手軽に知ることができる一方で、薄っぺらい意見になりがちなのです。

関連ニュースを選ぶ場合は、しっかりと調べて臨むようにしてください。

もし分からない質問がきた場合は、知ったかぶりをせず素直に「知らない」と伝えましょう。

直近2ヶ月以内のニュースを選ぼう

あらゆるニュースサイトで、最新のニュースをみることができます。

そのなかからなるべく新しいもの、できたら2ヶ月以内のニュースを選ぶようにしてください。

あまりに古いニュースだと、情報化社会に付いていけていない印象や、社会への興味の薄さを感じさせてしまいます。

世間のニュースに疎いと自覚がある人は、日頃からニュースをみるクセをつけるようにしましょう。

インターネットでニュースを検索するにあたり、注意してほしい点があります。それは嘘の情報に踊らされないこと。

特にSNSでは最新のニュースが手に入ります。しかし、なかには嘘の情報も紛れているということを、頭に入れておいてください。

できれば2つ以上の新聞社などから、同じ内容のニュースが出ていることを確認した上で、選ぶと良いでしょう。

業界に左右されない「経済関連」が無難

money

経済関連のニュースはどの業界にも関係してくるため、無難に気になるニュースとして上げるにはちょうど良いテーマです。

業界関係なく志願している人であれば、経済のニュースを選ぶとどの面接でも使えるくらい万能な話題

しかも、社会への興味や社会人としての責任感をアピールすることができます。社会人にとって経済に興味があるということは、とても大切です。

ただし、経済のニュースは多くの人が選びがちでもあります。グループ面接の場合は選んだニュースがかぶってしまう可能性も…。

かぶったときに慌てないよう、3つほど用意しておくとよいでしょう。

また、経済と同じように社会への興味をアピールできそうな話題が「政治」です。政治の話題は、あまりおすすめしません。

個人的な感情が入りやすい話題でもあり、相手がどこの政党を支持しているか分からないためです。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

面接で避けたいニュースの内容

cross

基本的に時事ニュースとは異なるニュースで、志望している業界とも異なる場合は、避けたほうが良いとされています。

特にこれからあげる内容は、時にトラブルになる可能性があるため、特に注意したいテーマです。

宗教関連

先述の政治と同様でさまざまな思考の人がいます。面接官がどこの宗教信者であるか分かりません。

宗教ごとに大切にしている考えや思いは異なるため、自分が間違いだと思っていることが相手にとっては正しいということもあるのです。

逆にいうと、宗教関連の質問は面接官からされることはありません。

なぜなら、厚生労働省により宗教に関することは、自由であるべき事項だとされているためです。

宗教に関する個人情報を面接官が知ることは、就職差別につながるおそれがあります。

ゴシップ記事や芸能界の噂

blah

芸能界のゴシップや噂に関するニュースは、ほとんどがミーハー的な興味で自己アピールにつながりません。

面接官が聞いていてもその人の趣味は分かるかもしれませんが、価値観や思考までは分からないでしょう。

そのような点でも、避けたほうが良いとされる返答です。

しかし、同じ芸能界の話題でも「プロデューサーが代わったら売れたアイドル」のようなニュースであれば問題ありません。

例えこのアイドルのファンだとしても、売れて嬉しいといったような個人的な感想ではなく、マーケティングや仕組みなどの視点で答えましょう。

最近気になるニュースを好印象に伝えるポイント

french bulldog

なぜ興味を持ったのか、なにを思ったのかというように5W1Hを軸として話をすると、面接官の知りたいことを簡潔に伝えられるでしょう。

5W1Hの要素が詰まっていても、伝えかたによっては上手く伝わらないこともあるため、下記のポイントを意識してください。

結論から伝えよう

まずは結論から話しましょう。結論から話すことで相手に正確に伝えられることができます。

そして相手も結論を頭に入れた状態で聞くのと、どこが結論か分からないまま聞くのでは、理解度が変わってくるのです。

「結局なにがいいたいのか分からない」という状況も防げるため、話すことに自信がない人は特に意識したいポイント。

また結論から話すというのは、忙しいビジネスの場では持っていたいスキルです。説得力もでてくるので、営業志望の人は特に持っていると良いでしょう。

気になった理由も交えて答えよう

questions

5W1Hでいう「Why」の部分です。面接官は、この部分で志願者の価値観や思考をみています。

気になった理由から自社が求める人材かどうかを判断することも。

自分の経験などを交えながら答えることができると、ワンランク上の自己PRができるといえます。

百聞は一見に如かずということわざのように、自分が経験したことのあるようなニュースであれば、選んだ理由に深みが増すに違いありません。

自分意見や考えをまとめておこう

何度もお伝えしますが、面接官が知りたいのは志願者の「価値観や思考」です。

そのため、コメンテーターや評論家の意見をそのまま伝えることは絶対にしてはいけません。

正しい答えはない質問なく、自分の意見をしっかりと持っていることが大切です。

その上で、選んだ理由に加えて「今後どうなるか」「どんな影響があるか」、というところまで考えてみてください。

1歩踏み込んだ答えができると、よく考えている印象を持たれやすいです。

最近気になるニュースの回答例をチェック

ok

気になるニュースの解答例を業界別に作成しました。参考にしてください。

例①

有名ブランドがサステナブル商品を販売するというニュースです。

なんでもサステナブルにすることは正しいのか思い、このニュースが気になりました。

どの業界でもサステナブルという概念が浸透してきています。私はフリマアプリで不要になった洋服を売ったことも、買ったこともあります

買った洋服は、汚れや破れはなくとても美品でした。その経験から、本当のサステナブルはリユースだと感じました。

昔は着物を孫の代まで使ったり、最後は雑巾にしていたそうです。

取り扱っているアイテムにあった対応をすることが、本当のサステナブルだと思います。

サステナブルの洋服が売れなかった場合は廃棄となり、結局地球を汚してしまうように感じました。

今後は、長く着れるような質の良い洋服と、リユースできる環境が大切になると思います。

例②

新型ウィルス感染症に対するワクチンを受けたくないという回答をした女子高生が60%いるというニュースです。

このニュースは「内容の確認が不十分だった」という理由から次の日に削除されましたが、この対応が間違っていると思います。

内容の確認が不十分だったとしても、掲載したことによって不安を感じた人もいるでしょうし、元々不安な人も多いはずです。

そのような人に向けて削除するのではなく、問題がないという説明をしてあげることが正しいと考えます。

日本は批判や炎上が多いと保守的になりがちですが、時には向かい合うという意識も必要だと思います。

このままでは成長が見込めず、どんどん他の国に追い越されていくと感じました。

例③

2021年の大学入学共通テストにてマスクをルール通りに着用しなかったため、失格となったニュースです。

このニュースから、ルールを守ることの大切さと責務を全うすることの大切さを感じました。

最初にこのニュースを聞いたときは、この対応はやりすぎだと思いました。しかし、内容をみてみると6回注意をしていたようです。

しかも、受験上の注意でマスクの着用方法が指定されていたとのことで、内容を聞くと正しい判断だという意見に変わりました。

そして、失格にした試験官の対応も素晴らしいと思います。世の中にはルールというものがあり、それを守ることが当たり前とされています。

しかし、ルール通りに進めるのは意外と大変で、私自身も後輩がルール通りにしていなかったときに大目にみてしまったこともあります。

これぐらい良いか、という気持ちが働いてしまうためです。このニュースのコメントもやりすぎだという意見が多く見受けられました。

おそらく世の中にルール通りに進められない人が多いためだと思います。しかしこの場合、周りの意見よりも正しいのはルールです。

自分の責務を全うした試験官を見習って、状況を見定めて正しい対応ができるようになりたいと思います。

最近の気になるニュースのNG回答例をチェック

cry

2020年に安倍晋三前首相に代わり菅義偉首相に代わったことです。

新型ウィルス感染症が猛威を奮っていて、感染縮小がみえないなか首相に選ばれるなんて菅首相は大変だと思いました。

新内閣が発足してことで、感染に対する対策が遅れると予想できます。

しかし、そのような状況で内閣総理大臣という大役を引き受けた菅義偉さんは、とてもかっこよく感じました。

 

誰もが知っているニュースでは、社会への興味が薄いと感じられる他、情報収集力も弱いと思われてしまいます。

ニュースをあまり見ないといっているようなものです。その上、ただの感想となってしまっては自己PRにならないどころか、マイナスの印象も。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

面接前に最近のニュース内容や考えをまとめておこう

coffee

まずは、世の中でおきているニュースを知ることがなによりも大切です。ニュースを知らないと答えようがないため、当たり前なこと。

その上でニュースの詳細につき調べ、自分の考えをまとめましょう。

新聞を買わなくてもスマホですぐに調べられるため後回しになりがちですが、情報収集には意外と時間がかかります

しかも、情報収集力がとても肝心なポイントでもあるのです。たかが面接内の1つの質問と考えずにしっかり向き合いましょう。

面接対策のお悩みは転職エージェントに相談しよう

call center

面接でどんなことが聞かれるのか、選んだニュースは不適切でないかなど、不安になることはたくさんありませんか?

ウィメンズワークスでは無料で模擬面接や履歴書の添削をおこなっています。少しでも不安に感じることがあればご相談ください。

まとめ

tv

気になるニュースの選びかたと答えかたについて紹介しました。必ず聞かれる質問ではありませんが、高確率で聞かれます

知らないと答えられない質問です。

ニュースは知っておくとどこかで自分のためになるため、面接準備の一環としてチェックすることをおすすめします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら