女性が転職面接をする際に、面接官から名刺を渡されたらどのような行動をしたらよいのでしょうか?

今回は、面接時での名刺に関する対応について紹介します。実際に面接前に自分も準備しておくほうが良いのでしょうか?

それとも渡さないほうが良いのかなども併せて、面接時での名刺交換について解説します。

Contents

面接での名刺交換は必須?

女性2人の画像

面接試験は初めて希望する企業に訪問する大切な時間です。ある意味では出会いの場所ともいえるでしょう。

そのため女性の転職面接のシーンにて、採用担当者から名刺を渡されるケースがあります。

何かの商談でもないのにどうして名刺をくれるのかと疑問に思うかもしれません。

名刺交換の場慣れに個人差もありますが、受け渡しに不慣れだと正式なマナーについて理解してないので戸惑う可能性があります。

名刺交換については作法が存在します。そこで今回は、転職面接時での名刺交換マナーについて解説していきます。

自分の名刺を渡す必要は

パソコンを使う女性の画像

女性の転職面接にて相手から名刺を差し出されたとしたら、自分も名刺を渡すほうがよいのでしょうか?

面接に来たのだから名刺を持っていくこと自体がナンセンスではないかと戸惑う方もいるはずです。

結論を言えば、必ずしも名刺を交換する必要などありません

もしビジネスシーンであれば、こちらも名刺を渡すことが習慣化されています。

しかし、あくまでも転職の面接が目的なので、たとえ面接官が名刺をくれたとしてもお返しに渡すこと自体は常識化されていません。

原則として名刺交換とはその会社を代表する意味で渡します。応募者はあくまでも個人として参加しているにすぎません。

よって名刺を頂いたからといって絶対に渡さなくてはならないというルールも存在しませんので、さほど気にする必要はないのです。

採用の合否に影響がある?

面接官から名刺を渡されたのに自分は渡さないのは一方的に感じてしまいがちです。

そのため、採用面接の合否に影響が出てしまうのではと心配される方もいるようです。

名刺を渡さないから不採用になるというケースはまずあり得ません

そもそも名刺交換を採用条件や課題にしていることなど非現実的です。

応募者はこれから入社するかもしれない人物なので、同じ会社の一員になる候補の対象です。

その人物に対して自分の会社の名刺を渡すこと自体が主旨や目的からずれていると解釈できます。

ただ面接官は、初対面の人物への配慮として気軽に渡していると考えて問題はないでしょう。

念のため用意はしておこう

目覚まし時計の画像

そうはいっても頂きっぱなしでは心配だというのであれば、念のため自分用の名刺を用意しておくのは自由です。

また例外として面接官から名刺を求めてくることも考えられます。

そこで現職の名刺を持参しておき活用すること自体は問題ないでしょう。

面接官の中には履歴書の職歴欄を確認しておきたい意向があり、あえて名刺を求めてくるケースもあるからです。

ただし、すでに以前の職場を退職している場合も考えられます。そのような状況の方の場合には前職での名刺を渡してはなりません。

辞めた会社の名刺を交換すること自体が、社交辞令ではマナー違反と思われてしまいます。

名刺を持っていない時は

すでに退職している場合などは名刺を持っていないことは、企業側でも理解してくれるはずです。

転職面接にて名刺を持参しないからと、それが心証を悪くしてマイナスになってしまうことあり得ません。

もし所持していないのであればその旨をひと言伝えるだけでよいでしょう。

中途採用なので対等な立場で進行しようという意味はあります。

しかし、名刺を渡さないから不採用にするような会社ならその考え方自体に問題あるでしょう。

渡したくないのであれば、すでに退職して名刺を持参していないことや、現職の名刺は持参しなかったと伝えるだけで構いません。

面接での名刺の受け取り方をチェック

ベンチに座る女性の画像

女性の転職面接にて、面接官から名刺を渡されたとしても、自分も名刺を渡す必要はありません。

ただし重要なのは、名刺を渡された際の受け取り方についての作法です。

名刺交換にはある一定のマナーが存在するので、受け取るマナーについては心得て実践しましょう。

受け取りは机越しにしないように

ビジネスシーンでは名刺を相手から受け取る際は対面で交わされます。なるべく机や椅子などの物越しにならない配慮をしましょう。

机越しにならない方法としては、立ち上がって受け取る基本動作をします。

もしその部屋の環境上で難しいようなら、「机越しで失礼します」と一言断りを入れて受け取ればよいでしょう。

両手で丁寧に受け取ろう

手帳の画像

名刺を受取る大切な方法として忘れてはならないことは、両手で受け取って一礼するのがマナーである点です。

「ありがとうございます」とお礼を述べて必ず両手で受け取るよう心がけましょう。

間違っても片手で受け取ることは非常識な人物だと思われてしまいます。

それが合否に直接関連することは考えられませんが、その後の面接の進行に支障をきたす可能性はあり得ます。

気分よく面接官が配慮してくれるかどうかは疑問です。

些細な行動ではありますけど、両手で受け取りつつ丁寧に礼を言うまでの一連の流れを身につけておきましょう。

「頂戴いたします」などの一言を添えよう

これも社交辞令として心得ておきたいことですが、名刺を受取る際に黙って受け取るのはよくありません。

非常識とまではいかなくとも、あまり名刺交換をしたことがない人物として低く見られてしまいます。

名刺交換自体は初対面の人物同士が、何かの会話を始めるきっかけにもなるのです。

その意味でも、必ず一言お礼を述べることを忘れないようにしましょう。

受け取ったら目を通そう

名刺交換の際に最も重要となるマナーが1つあります。それは受け取った名刺の概要に必ず目を通しましょう

もちろんその場で、名刺に書かれている内容を暗記しろということではありません。

名刺をくれた人物の素性を確認する行動として、相手に関心を抱いていることを示す意味があるからです。

この作法を怠ってしまうことで、せっかくの名刺交換を台無しにしてしまうビジネスパーソンは結構多いのです。

名刺に目を通さないということは、その相手について関心がないという態度を無意識に見せています。それは大変失礼な行為です。

受け取ったら2~3秒は必ず軽く見て名前を確認しましょう。それだけで十分です。

間違っても受け取ってすぐバッグに収めたり、手の中でもてあそんでしまうのはNGです。

面接での名刺の置き方をチェック

名刺を差し出す画像

女性が面接試験の際に採用担当者から名刺をもらった場合、その受け取り方にマナーがあると申しました。

では受け取ったその後の適切な対応について解説します。方法としては着席した机の上に置くことが基本です。

着席したら机の左側に置こう

テーブルの画像

名刺を頂いたらすぐにバッグなどにしまうのはマナーとしてNGです。

まずは自分が座る机やテーブルの左上方に名刺入れを置きその上に乗せるのが一般的です。

名刺入れを所持していないのであれば、そのまま机やテーブルの上に置いて構いません。

机の上に置けば、目の前の人物の名前を覚える意味でも効果的です。

面接官が複数人の時は座っている順番に並べよう

状況によっては面接官が複数いる場合も考えられます。一度に複数枚の名刺を頂いて戸惑わないよう落ち着いて受け取りましょう。

複数の名刺を置く場合には、役職の高い人物の名刺を名刺入れの上に置き、それ以外の名刺を役職の高い順で一列に並べます。

気をつける点は、重ねて置かないことです。もし役職の判断がつかない場合は、名刺交換をした順番に並べても問題はありません。

机がなくて置けない場合は

名刺入れの画像

もし名刺交換した際に机がないような状況だとしたら、頂いた名刺は名刺入れなどにしまっても構いません

転職面接の場合、椅子のみが配備されている状況も考えられます。

名刺の内容に目を通したら、「失礼します」と一言伝えて、名刺入れや手帳などに挟むなどの方法でしまえば問題ありません。

名刺入れにしまおう

名刺は面接が終わったら名刺入れへ収めるようにしましょう。

注意点は、受け取っていきなり名刺入れにしまわないことです。

急かされているように思われあまりよい光景ではありません。

イレギュラーなことがない限り、一旦は机の上に置くという作法を忘れないようにしましょう。

名刺入れがない時の対処法

原則として、頂いた名刺は面接終了後にその場にて名刺入れにしまうことがルールとされています。

ただし採用面接で来ていることもあり、当初から名刺交換を予想していない応募者も多いはずです。

そのため名刺入れを持参していない場合には、机の上に置き、面接終了後に手帳やパスケースなどに挟んでしまうように心がけましょう。

名刺は面接が終わった時にしまおう

メモパッドの画像

受け取った名刺は面接が終了したらしまいましょう。面接の途中でしまうのは原則としてマナー違反とされています。

採用担当者が片付けはじめたタイミングを見計らって、名刺入れにしまう順序がベストな方法です。

ただし状況によってはイレギュラーなことが発生します。

面接中にさまざまな資料を配られて机がいっぱいになった状態の際には、「失礼します」と断って名刺入れにしまう行為は問題ありません。

あるいは名刺入れを所持していないのであれば、手帳や胸ポケット・定期入れなどに収めてください。

名刺を受け取った時の注意点

名刺を示す女性の画像

女性が転職面接を受けて相手から名刺をもらった場合には、その後の措置をどのようにしたらよいのでしょうか?

名刺をくれた以上は、何かしらお礼などしておくほうが良いのか悩みどころです。

ここでは名刺を受取った後日の対処法について解説します。

上司や同僚に見られないように保管しよう

まず転職面接の時に頂いた名刺は、自分だけが分かるように保管しておくほうが望ましいでしょう。

とくに現在も在職中の状況だとした場合、万が一職場で上司や同僚に見られてしまうと転職活動中であることがばれてしまいます。

ばれてしまっても構わない職場なら気にする必要はありませんが、できれば着々と活動を進行させたいと考える方は多いはずです。

名刺一枚がきっかけで肩身の狭さを感じてしまうのであれば、あまりオープンにしないほうが得策でしょう。

すべてがはっきりと確定するまでは、名刺一枚にも油断をしてはなりません。

メールや電話をする時は相手の名前を書こう(言おう)

改めて面接が終了してからのお礼のメールや連絡事項がなどを積極的に行ないたい場合には、担当先を聞いておくようにしましょう。

その際には貰った名刺の余白などに記入しておくと忘れずに済みます。

もちろんその場で名刺に記入するのはあまりよくありません。

退室した後に記入しておくことが望ましいでしょう。

面接後のお礼メールはした方がいい?

カードの画像

 

面接担当者から名刺を頂いたからといって、必ずしもお礼メールをする必要はありません

たとえメールを送らなかったとしてもそれが合否に関係するということはあり得ないでしょう。

ただ、個人的に面接のお礼を言いたい気持ちがあるのなら送ること自体も問題はありません。

きっと担当者も喜んでくれます。その際は数日のうちに送ることが大切です。

送るメールの内容はあくまでも当日のお礼だけに留めておきましょう。決して自己PRなどは書かないことです。

転職活動の疑問は転職エージェントに相談しよう

悩む女性の画像

女性が転職活動をする際には、さまざまな課題や不安点も出てくることでしょう。

ただでさえ転職活動は緊張の連続です。

もし転職についての悩みや相談事が浮上した場合には、転職エージェントに登録して活用することをおすすめします。

転職エージェントは転職に関する専門性が高く、面接での応対やマナーについても気軽に相談できます。

また模擬面接などを行なっているところがほとんどです。悩みは1人で抱えずにぜひ相談してみましょう。

まとめ

ジャンプする女性の画像

名刺交換は、基本的に商談などを行なう者同士が対等に話を進める意味での、挨拶代わりに行なう儀式的な行動です。

そのため転職面接で応募者に渡すという場面は、本来なら少ないのが現状だと判断してよいでしょう。

しかし中には、好意的に名刺をくれる面接官もいるので、最低限のマナーだけをマスターして臨むことです。

その際は有難く頂戴しておけば問題ありません。

名刺交換そのもので採用を決定するようなことはあり得ませんので心配しなくても大丈夫です。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら