複数の応募先企業を相手に就職活動をしていると面接の日程が重なってしまうことがあります。

就職活動においてスケジュール管理をしっかりと行うことは非常に大切です。

今回はスケジュール管理のポイントと面接日程が重複した場合の対処法をご紹介します。

Contents

面接日程の優先順位の決め方とは

トロフィー、順位

まず面接を受けるにあたり自分の中で優先順位を決めておくとスケジュール管理がしやすいです。

どの面接を優先するかは自身の企業への志望度や選考過程のどの段階なのかも関係します。

以下のポイントを参考に優先順位を決めるようにしましょう。

・各応募先企業の志望度を比較し、入社意欲の高い方の企業を優先する

・選考過程が進んでいる企業を優先する(例:第一次面接と第二次面接の場合)

・面接の案内文に日程変更が必要な場合についての表記があればその企業の日程を変更する

まず第一前提として志望度の高い企業を優先するようにしましょう。

また面接の選考過程で最終面接などの内定に近い面談は内定がもらえる可能性が高いため優先すべき面接です。

入社意欲の高い企業の面接が2社の面接が重なってしまった場合は自分の都合だけでなく相手の立場も考えて優先順位を決めましょう。

例えば最終面接は面接官が社長や重役などのスケジュール調整が難しい人事の可能性が高まりますので慎重な対応が必要です。

一方、面接案内に企業側から日程変更の場合についての記載があれば面接日程の調整がしやすい企業です。

後々後悔しないよう優先順位を明確にしてきちんとスケジュール管理を行うことが大切です。

面接の日程が被った時は?

では実際に面接の日程が被ってしまった場合の対応について紹介します。

日程が重なってしまったらどちらか一方のスケジュールをキャンセルあるいは変更するしか方法がありません。

面接の日程変更をするリスクをしっかりと把握した上でリスクを最小限に抑えられるように対応しましょう。

面接の日程変更の依頼をするリスク

カレンダー、日付

面接日程の変更を依頼する場合のリスクについて解説します。

1番のリスクは、日程変更の希望日と企業の対応可能日時が一致しないということです。

企業も限られた枠の中で面接を実施しているため、必ずしも希望日に振替ができるわけではありません。

日程が一致しない場合は面接を受けることが出来ず、辞退せざるを得ない結果となります。

日程変更を希望する際は、まずは企業側の都合を確認した上で企業が提案した日程に合せることが大切です。

企業の応募者に対するイメージはどうなるか

悪い、良い、親指

日程変更での企業の応募者に対するイメージは応募先企業の状況によって変わってきます。

基本的には日程変更の問い合わせは悪いことではありませんので応募者のイメージを左右するものではありません。

例えば毎年大量採用をしている企業では日程変更の問い合わせはよくあることなので特にマイナスイメージには繋がりません。

多く採用する分、面接日程も多めに確保しており、日程変更の問い合わせも想定内の対応のため特に問題がないのです。

しかし少人数採用の面接や選考の進んだ面接においては面接日程候補日が限定されていることがあります。

その場合は応募者の希望に沿ったスムーズな対応が難しいため、結果として面接官にマイナスな印象を与えてしまう場合があります。

また日程変更をする上で電話の対応の仕方が悪いと企業にマイナスな印象を与えてしまう場合もあります。

企業に電話を掛ける際は言葉づかいやマナーに気をつけて電話をするようにしましょう。

第1志望の企業を「優先」するメリット

溢れるコーヒーカップ

就職活動において第1志望企業は出来るだけ「優先」することをお勧めします。

例えば現職の仕事が休めないために第1志望の企業から来た面接の案内を蹴るのは論外です。

面接は受けなければ合格しません。

自分の未来を自身の手で掴み取るためにも就職活動の際は第1志望の企業を優先して動くようにしましょう。

第1志望の企業を優先する姿勢は選考プロセスの中で企業側に伝わるものです。

採用する側も会社の都合を優先的に動いてくれる人を採用したいと考えるため、第1志望の企業を優先することは合格への第1歩です。

企業研究や提出書類作成、面接日程など全ての過程において第1志望の企業に重点を置き漏れのないよう対策をしましょう。

面接は複数受ければどこかに合格するものではありません。

面接官は求職者の志望度や人柄、能力をあらゆる側面から観察していることを忘れずに最善を尽くすことが合格へと繋がります。

第1志望の企業を「後回し」にするメリット

砂時計

第1志望の企業を優先した方が良いとお伝えしましたが、面接においては第1志望の企業を後回しにした方が良い場合もあります。

例えば2社に応募している場合、先に志望度の低い会社の面接を面接受けると第1志望の企業の面接に備えて練習をすることが出来ます。

また志望度の低い会社で先に内定をもらっておくと、心に余裕がある状態で第1志望の面接に臨めるというメリットもあります。

就職活動の準備や選考段階では第1志望の企業を優先しつつ、時と場合によって第1志望の企業を後回しにするスキルを身に着けましょう。

一社に集中するか複数応募するか

就職活動において第1志望の企業だけに集中すべきか、複数企業応募すべきかは悩むポイントです。

そんな就活や向けに就職活動のバランスの取り方をご紹介します。

選択肢は複数あった方が良い

ドア、選択

第1志望の企業だけに集中したいので1社しか受けないという人がいますが、就職活動を成功させるためには複数社への応募をお勧めします。

特に新卒採用の場合は複数社受けないと受からないと言っても過言ではありません。

面接過程において1番合否を左右されるのは「面接」です。

しかし面接本番で自分の力を100%発揮するためには面接慣れしておく必要があります。

第1志望の企業に受かるためにも1社に絞らず複数社受けることで選択肢を増やしておきましょう。

就職活動において、いくら能力があっても第1志望の会社に入れないということは多々あります。

採用されるかどうかはその時の企業のニーズや採用人数そして面接官との相性によって変わります。

第1志望の企業だけが全てだと思わず、自分に合いそうな複数企業の内定を目指して活動するようにしましょう。

志望度が低い企業は受けない

女性、手

就職活動において複数社応募することをお勧めしましたが、内定をもらっても全く入社意欲のない会社は受けないようにしましょう。

就職活動は1社応募するのにも企業研究や書類作成、面接準備などで非常に体力と時間を使います。

入社しないと分かっている企業に対してその時間と労力をつかうのはお勧め出来ません。

複数社受けるにしてもある程度入社意欲がもてる企業に絞って応募するようにしてください。

スケジュール管理のポイントをチェック

次に就職活動におけるスケジュール管理のポイントについて説明します。

以下5項目を参考にスムーズで心に余裕の出来るスケジュール管理を心がけましょう。

自分が忙しい時期は避けよう

時間、時計、マネージメント

現職や学生生活において自分が忙しくなる時期が分かっている人はその時期を避けて就職活動をするようにしましょう。

就職活動を始めると何かと期限付きで時間を割かないといけないことが増えます。

忙しい時期に就職活動をしてしまうと面接の日程に柔軟に対応できないなどのデメリットが増えますので避けるようにしてください。

1日に2社以上面接予定を組むのは慣れてから

悩む女性

複数社応募していて、同日に面接の予定を組むのは慣れてからにしましょう。

2社同日の面接を入れてしまうと、2社の情報を混同してしまうミスに繋がります

面接での質疑応答にもう1社で予定していた内容を回答したり、面接の時間や場所を間違えたらせっかくの準備が台無しです。

自身の頭を整理して応募先企業の面接に集中するためにも、なるべく1日1社のペースでスケジュールを組むようにしましょう。

企業からの連絡には早く返事をしよう

走る女性、競争

企業から連絡があった場合は素早い対応をするように心がけて下さい。

連絡をしてもなかなか回答がないと企業側は入社の意思が低いと勘違いしてしまいます。

企業からくるメールは直ぐ分かるように携帯やパソコンのメールを確認し、返事はなるべく24時間以内にしましょう。

面接候補日は5つは用意しよう

交差点、選択

面接の候補日は事前に自身で5つほど候補日を用意するようにしましょう。

候補日をきちんと把握しておくと、突然企業から面接の案内の電話があってもスムーズに対応することが可能です。

企業は電話対応の仕方もチェックしていますので、面接日程が企業と合せやすいよういくつか候補日を把握しておくようにしてください。

有給休暇を使い時間を確保しよう

ベンチ、休憩

現在就業中で転職活動をする場合は、企業から面接の案内があった際にスマートに有給対応で時間をつくれるようにしておきましょう。

企業の面接日が事前に分かっている場合は面接の案内の有無に関わらず事前に有給の申請をしておくことをお勧めします。

有給が使えない場合の対処法

現在就業中でどうしても応募先企業から指定された面接日時に対応が難しい場合の対処法について紹介します。

業務時間外の面接依頼をしてみよう

女性、スーツ

就業中に有給対応ができす面接に行けない場合は業務時間外での面接が可能か応募先企業に確認をしてみましょう。

応募先企業によっては応募者の就業状況を考慮して応募者が休みの日や、就業後の時間に面接の日時を調整てくれる場合があります。

直ぐに面接を断念するのではなく、まずは応募先企業へ提案してみることも大切です。

オンライン面接が対応可能か聞いてみよう

ノートパソコン

応募先企業が遠方だった場合やどうしても仕事が休めない場合にはオンライン面接が可能か確認しましょう。

オンライン面接であれば交通費を節約したり、現職の休憩時間に面接を設定したりすることが可能です。

お互いに最良な方法を提案することは悪いことではありませんので勇気をもって交渉してみましょう。

面接当日にどうしても行けなくなった時は

急な体調不良や家庭の事情や交通事情などで面接当日に面接へ行けなくなるということも稀に起こります。

その際のスムーズな対応の仕方について確認しましょう。

当日キャンセルを「電話」でする場合

スマートフォン、女性

基本的に当日のキャンセルは「電話」で対応するのがマナーです。

面接へ行けなくなることが分かった時点で素早く応募先企業へ連絡をするようにしましょう。

電話を入れる際は名前と面接予定時刻を伝え、謝罪の気持ちを伝えた上で行けなくなった理由を簡潔に伝えてください。

受験番号など事前に発行されている場合は、名前と一緒に受験番号も伝えると相手に親切です。

事情によっては面接日程の変更が可能な場合もあるので、応募先企業に日程変更などの特別対応が可能かどうかも確認すると良いでしょう。

当日キャンセルを「メール」でする場合

メールボックス、ポスト

当日のキャンセルはなるべく「電話」を推奨しておりますが、やむを得ずメールでの連絡をする場合について紹介します。

メールにて当日のキャンセルを伝える場合は相手に失礼がないよう丁寧に分かりやすく内容を記載するようにしましょう。

以下の例文を参考にメールの内容を考えてみてください。

・宛名:〇〇企業 採用担当者様

・文頭:お世話になります。本日〇〇時から面接の予定をしていた〇〇と申します。

・要件::当日のご連絡となり大変恐縮ですが、〇〇のため本日の面接へ伺うことが出来なくなりました。

・謝罪:私のためにお時間を割いてご準備いただいていたにも関わらず大変申し訳ございません。

・提案:もし可能でしたら別日にて面接日程の変更をご検討頂けないでしょうか。どうぞよろしくお願いいたします。

またメールでは担当者がタイムリーに把握できない場合もありますので、メールを送ったあとに電話もすることをお勧めします。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

書類、女性、ビジネス

就職活動を始めると面接日程やスケジュール管理のことだけでなく様々な悩みや疑問が出てくると思います。

1人で考えても解決しないことはプロの意見を参考にすることをお勧めします。

転職エージェントに相談すると的確で明確な回答を得ることが出来るため時間をかけずに悩みを解消出来るでしょう。

まだ転職エージェントに登録したことがない人は是非1度登録してみてください。

まとめ

手帳、カレンダー、スケジュール

就職活動に慣れていない人は、スケジュール管理にも慣れていないのではないでしょうか。

就職活動中は突然の面接日程の案内や期限付きで提出する書類などが増えるため、いつまでに何をするかを正確に把握する必要があります。

ミスなくスムーズに対応するためにもスケジュール管理は念入りに行うようにしてください。

スケジュール管理が得意になると就職活動だけでなく日常生活もスムーズに送れるようになります。

スケジュール管理が苦手な人はまずは日々の生活をスケジュール化することから始めてみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら