癒しを提供するイメージのあるアロマセラピスト

アロマセラピストは未経験でも働くことはできるのでしょうか?

今回はアロマセラピストの仕事内容や求人傾向について紹介します。

また、必要なスキルや年収などもまとめています。

アロマセラピストに興味はあるけれど、必要なスキルがわからないという方はぜひ参考にしてください。

アロマセラピストとは?

アロマ

アロマセラピストとは、アロマに関する知識をもち、アロマを使ったトリートメントやボディケアをする施術師のことをいいます。

病院や薬局ではお客様の求めるアロマを調合し、提供する仕事をすることもあります。

また、アロマの知識を使ってアロマの商品を販売する仕事もあります。

最近はストレス社会ともいわれ、ストレスを抱えた人が多くなっています。

そのため、リラクゼーションに関わる仕事の必要性は年々高まっています。

アロマセラピストの仕事内容

アロマセラピストの仕事は、未経験でもすることができます。

基本的にはまず、未経験でサロンやエステでの仕事を始める方が多いでしょう。

数年間経験を積んでから、自分のやりたい道を見つける人もいます。

アロマセラピストの仕事内容は多岐にわたります。

人々に癒しを与える仕事

女性

アロマセラピストといえば、アロマを使いボディケアやトリートメントを行う仕事が最も有名ではないでしょうか。

アロマを用いながら、お客様にアロママッサージを行う仕事が基本となり、今ではアロマセラピスト需要も増えています。

専用のサロンだけではなく、病院でのケアやリハビリテーション、心療内科のケアでもアロマセラピストは活躍しています。

また、ホテルへ派遣されアロマセラピストとして宿泊者にマッサージを行う仕事などもあります。

アロマを使ってマッサージすることで、お客様に癒しやリラックス効果を提供できるのです。

アロマの知識を使う仕事も

アロマ

アロマを使うことで身体へ良い影響をもたらすことがあるため、アロマは治療にも使われることもあります。

そのため、病院をはじめ薬局や整体院において、お客様に合ったアロマを提供するカウンセリングアドバイザーという仕事もあります。

また、今はアロマ関連の商品も増えており、店頭に立っておすすめのアロマを販売する仕事や企業に入っての仕事もあります。

アロマの関連商品には、アロマだけではなくアロマを使った香水やコスメなど様々です。

このようにアロマセラピストの仕事は多岐にわたっているため、活躍の場も人それぞれにあるのです。

アロマセラピストの求人傾向

アロマセラピストの求人は様々にありますが、特に多いのはサロンやエステでの仕事でしょう。

勤務場所は様々

アロマ

紹介したようにアロマセラピストの仕事は多岐にわたっているため、勤務場所も様々となっています。

オイルマッサージ店やタイ古式マッサージを行うサロンをはじめ、エステティックサロンでも募集があります。

また、ホテルへの派遣セラピストの仕事や病院、整体院などの求人もあります。

アロマを扱う薬局もあるため、アロマの相談をうける仕事に従事することもできます。

さらに、勤務場所によって勤務体系も異なり、正社員やパート、アルバイトまで雇用条件も変わります。

このように、アロマセラピストといっても勤務場所や勤務体系は様々にあるので、自分に合った求人を探すと良いでしょう。

アロマセラピストの勤務時間

女性

専用サロンでの求人の場合、一日数時間からの募集も多く、一週間に数日でも可という求人も多くあります。

ただし、お客様は平日の夜や週末に来店されることが多いため、週末の夜に出勤できる人を採用する傾向にあるようです。

勤務時間の長いところでは、夜から朝まで営業しているサロンもあります。

また、病院や整体院の場合では、基本的には朝から一日中たくさんの患者さんをみることがあるので体力も必要になるでしょう。

未経験でも可能だが雑務も

マッサージ

先述したようにアロマセラピストは未経験でもできる仕事です。

アロマセラピストとしては、マッサージをする仕事が基本になりますが、雑務も多い仕事といわれています。

電話受付をはじめ、カルテや顧客情報の管理、レジ対応などお客様に対する業務も多岐にわたります。

また、リネンの洗濯や施設内の清掃、オイルの補充など見えない部分の雑務も多くあります。

このマッサージ以外の業務に時間を取られるため、アロマセラピストは激務ともいわれているのです。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

アロマセラピストに必要なスキル

アロマセラピストには国家資格や公的資格はありません。

しかし、民間団体が認定している民間資格も多くあり、資格を取得して働く人もたくさんいます。

資格は不要な場合も

マッサージ

アロマセラピストの仕事をする際には、必ずしも資格が必要なわけではありません。

求人においては「資格不要」「未経験可」と記載のあるサロンも多くあります。

しかし、資格があることで知識を深く知ることもできますし、就職もしやすくなるため、資格を取る人も増えているのでしょう。

資格を取得すると、アロマが与える人体への影響や、解剖学や皮膚科学まで学ぶこともできます。

病院では医療現場でアロマを使うため、民間資格の取得が必須のところもあります。

自分がどこで働きたいかを考えて、資格取得の有無を確認するようにしてください。

コミュニケーション能力が一番

女性

アロマセラピストとしてどこで働くにしても、必要とされているのが「コミュニケーション能力」でしょう。

お客様に癒しを提供する仕事なので、お客様とのコミュニケーションがなによりも大切になります。

お客様の悩みや身体の悪い部位を聞きだし、適切なアロマを選びマッサージをすることが必要となるためです。

また求人の中には英語の能力を求めるところもあります。

日本人のお客様だけではなく、今は海外のお客様の需要も増えているので、英語でのコミュニケーションも求められるからでしょう。

アロマセラピストの年収事情

アロマセラピストの年収はどれくらいなのでしょうか。

アロマセラピストの平均年収は?

お金

アロマセラピストの平均年収は250万~350万円程度です。

大手のサロンや病院で働き、残業手当などがつくとさらに上がることもありますが、平均としては300万円程度といえるでしょう。

サロンの求人としては時給制度がほとんどで、時給2000円から3000円で募集しているところがほとんどです。

時給は高めですが、繁忙期や週末などお客様が多い時には休憩も取れないこともあります。

そのため、実際の勤務時間を時給換算すると低いと感じる方もいるようです。

開業するとさらに年収もあがる?

お金

アロマセラピストを目指す人の中には最終的には、自分のサロンを開業したいと思っている方もいるかもしれません。

確かに、開業して自分でサロンを開くと年収が750万円にもなるともいわれています。

さらにサロン経営が成功し、お店に人気が出れば年収1000万円も夢ではありません。

ただし、開業の場合には設備投資や人件費も必要となり、成功するためにはかなりの努力が必要になります。

安定した顧客を得て、社会からも信用されるサロンを目指すにはかなりの時間がかかるでしょう。

開業をすれば年収も上がりますが、その分の努力と出費があることを覚悟しておく必要があります。

アロマセラピストは癒しを提供する仕事

アロマ

アロマセラピストの仕事を紹介しました。

アロマセラピストはお客様に癒しを提供する仕事で、ストレス社会では特に必要とされている仕事です。

サロンやマッサージ店のみならず、病院やホテルなど活躍の場が増えているのも事実です。

資格は必ずしも必要ではありませんが、資格があることで就職の場も広がるでしょう。

お客様に喜んでもらえた時にやりがいを感じるアロマセラピスト

気になる人はぜひ求人をチェックしてみてください。