ブライダルのモデルの募集・求人情報を紹介!身長はどのくらい必要?採用される人の特徴や仕事内容・給料について徹底解説します

結婚式場のパンフレットや結婚情報誌には、美しいドレスを纏ったモデルの写真が掲載されています。

そのような新婦役を務めるブライダルモデルに興味のある方も多いのではないでしょうか。

このページではブライダルモデルの求人情報を紹介しています。

具体的にどのような仕事をするのか、どのような人が採用される傾向にあるのかも調査しました。

ブライダルモデルのお仕事に興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

ブライダルモデルとは

ドレス

ブライダルモデルとは、実際に結婚式で使用される衣装を着て新郎新婦役を務めるモデルのことです。

プロのモデルもいますが、ブライダル専門のモデル募集もあります。

結婚式場で開催されるブライダルフェアへ出演したり、広告写真の撮影を行ったりとブライダル関連に特化した仕事になります。

ウェディングドレスカクテルドレスを次々に身に纏い、プロのメイクを施されるのは貴重な経験になるでしょう。

お客様が実際の式を意識できるよう、幸せな新婦を演じるのが重要なポイントです。

具体的な仕事内容

花束

ブライダルモデルの仕事は大きく分けて二つあります。

ひとつはホテルや結婚式場で開催されるブライダルフェアへの出演、もうひとつは雑誌や広告用の写真モデルになることです。

いずれも実際の結婚式と同じドレスやメイクでの仕事になるでしょう。

ブライダルフェアへの出演

カップル

ブライダルフェアは連日開催されています。会場見学や料理の試食、模擬挙式・披露宴の見学など結婚予定のカップルが集まるイベントです。

特にゴールデンウィークやお盆・年末年始に開催される大型フェアは、お得な割引があるなど注目を集めます。

そのブライダルフェアの模擬挙式模擬披露宴に出演するのがブライダルモデルの仕事です。

模擬挙式や模擬披露宴は、お客様が本番をイメージするために実際の式や披露宴と同じように進行します。

列席されるのはブライダルフェアのお客様であり、結婚式を予定しているカップルたちです。

お客様が同じような挙式をしたいと思えるよう、幸せな新婦を演じましょう。

後日広報に使用するため写真撮影もたくさんおこないます。笑顔を絶やさないよう心がけましょう。

パンフレットや雑誌・広告写真の撮影

結婚

広報用の写真撮影もブライダルモデルの重要な仕事です。

ウェディングドレスやカクテルドレスを着用し、プロにメイクされた姿で撮影に臨みます。

お客様に理想の結婚式をイメージしていただくため、幸せな笑顔を心がけましょう。

プロのカメラマンやスタッフが最高の写真に仕上げてくれます。

ブライダルモデルになるためには

花嫁

ブライダルモデルになるためには、二つの方法があります。

ひとつはモデル事務所に所属すること、もうひとつはホテル結婚式場から出ている募集に応募することです。

モデル事務所に所属

ブライダルモデルを扱う事務所やブライダルモデル専門の事務所など、多くの事務所がブライダルモデルの求人を出しています。

事務所に所属することができれば、定期的に仕事の情報を手に入れることができるようです。

ただし有料レッスン必須としている事務所も多くあります。応募する際には、応募条件やその後の流れを確認しましょう。

ホテル・結婚式場に応募

花

ブライダルモデルを募集しているホテル・結婚式場もあります。多くは一度きりの募集のようです。専属での契約はあまり多くありません。

事務所から派遣されるモデルとは違い報酬も少額のようです。

結婚を控えているカップルが記念に応募するパターンもあります。

どの会場も常に募集しているわけではありませんので、気になるホテルや式場があればまめにチェックしておくのもひとつの方法です。

身長・年齢制限など具体的な条件をチェック

結婚

ブライダルモデルの身長体格は、厳格に決まりがあるわけではありません。

年齢については、表現に真実性を持たせるために年齢制限を設けている求人が多いようです。

ブライダルモデルに必要な条件・身長

花嫁

ブライダルモデルのエントリーでは身長を確認されるケースもあります。ですが厳格に身長を制限している求人は少ないです。

ただし新郎役の男性と並んだ時に不自然にならないようにするため、模擬結婚式ではヒールの高さで調整することがあります。

ブライダルモデルに必要な条件・体形

プロのファッションモデルのような体型を要求されることはあまりありません。

撮影やブライダルフェアでは、実際にお客様が着用するドレスを使用するからです。

モデル未経験者OK

モデル未経験者OKとなっている求人が多いようです。

モデル未経験者はブライダルモデルとして指導してもらえます。不安になることはありません。

レッスンは有料となるケースが多いので、気になる方はきちんと確認しましょう。

週1日からOK

スケジュール

ブライダルモデルの多くはWワークをしています。そのため週1日土日祝のみOKとしている求人が多いです。

年齢について

結婚式

ブライダルモデルの年齢は、20歳から30歳くらいまでと明記されている求人が多くあります。

結婚を意識するお客様と同年代のモデルがウェディングドレスを着ることにより、式のイメージをより鮮明に伝えることができるからです。

ブライダルモデルに採用される人の特徴は?

ウェディング

ブライダルモデルは結婚式の新婦として清楚さが求められます。髪の色や肌の状態、表情なども大切なようです。

髪について

ドレス

新婦は女性のあこがれですので、美しい・幸せそうという印象を与えなければなりません。

ウェディングドレスを着た時には黒髪暗い茶色が好印象を与えるようです。

ただしただ黒い髪では意味がありません。張りの無いパサパサの髪よりもつややかな髪に魅力を感じる方は多いのではないでしょうか。

ブライダルモデルの採用にはそのようなところも見られています。普段から気を付けて髪をケアしましょう。

またウェディングドレスに似合うヘアアレンジをするには、ある程度の髪の長さも必要になります。

髪型をセットできるような髪の長さを保っておくと良いかもしれません。

日焼けについて

ウェディングドレスは肩やデコルテ・腕を出す形が多いため、部分的に日焼けをしているかどうかも見られている場合があります。

顔と肩の色が違うのは、あまり良くありません。

メイクで誤魔化すことを前提に考えるより、日頃から日焼け対策を取っておきましょう。

表情や仕草について

カップル

ウェディングドレスで歩くのはとても大変です。重さもありますし丈も長いので、普通に歩くようにはいきません。

ブライダルモデルは結婚という幸せを表現する仕事です。

ドレスを着て笑顔を浮かべ続けるためには、それなりの力が必要になります。日頃から意識して足腰を鍛えておきましょう。

高いヒールで優雅に歩けるよう意識するのも大切です。美しく優雅に振舞う仕草も見られています。

お給料について

おかね

ブライダルモデル事務所では、ブライダルモデルの報酬は日給で8000円からとなっているところが多いです。

直接ホテルや結婚式場が募集するブライダルモデルは、さらに低い報酬額が提示されます。

ブライダルモデルだけで生計を立てるのは難しいようです。

ですが、ウェディングドレスを着てプロにメイクしてもらえるのは貴重な経験になります。

副業と割り切ってブライダルモデルを楽しむのも良いかもしれません。

まとめ

花嫁

ブライダルモデルはたくさんのドレスを着用し、お客様に幸せな気持ちを伝える仕事です。

メイクもカメラマンもプロが担当しますので貴重な体験ができます。

少し日給が低いと感じるかもしれませんが、それ以上に魅力を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

興味をひかれましたら、ぜひ挑戦してみてください。