2020年現在、在宅勤務が可能なテレワーク活躍する女性が増えています。

大きな理由は政府がテレワーク導入に積極的なため、テレワークを導入する会社が年々増え続けているからです。

今後はワークライフバランスを充実させるための新たな働き方として、様々な企業での導入が期待されています。

ここではテレワークを活用することで女性が活躍できる理由について調査しました。

また働く際のメリット・デメリットについても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

テレワークで働くメリット

珈琲とパソコン

テレワークで働くメリットはいくつかありますが、最大の特徴はやはり自宅での在宅勤務が可能なことです。

朝の通勤ラッシュから解放されることで、時間的にも精神的にもゆとりができるでしょう。

またカフェや顧客先などで働くモバイルワークや、本来とは別のオフィスで働くサテライトオフィス勤務があります。

家事の他に育児や介護をしている方にとっては、会社での拘束時間がなくなることで無理なく働き続けられるでしょう。

時間にゆとりができると、自分のペースで効率的に業務を進めることが可能です。

自分の仕事に集中できる

仕事でパソコンを使う女性

テレワークは1人で集中して仕事ができるので、効率的に業務を進められます。

オフィスで働いていれば、誰かに話しかけられたり電話がかかってきたりと中断せざるを得ないことも多いからです。

また社内での人間関係にも気を配らなければいけません。

テレワーク中でもチャットやテレビ会議などの機会はありますが、それ以外の時間は自分でコントロールできます。

自分のペースで働くことで、普段抱えているストレスを軽減できるでしょう。

家事や育児と両立できる

娘を抱く母親

育児中は仕事との両立が困難になりがちですが、テレワークであれば多くの問題が解消されます。

現在は育児に配慮して短時間勤務や休みが取れる会社が増えていますが、やはり周囲に気を遣うという方は多いです。

仕事に遅れが出てしまうといった不安もあります。

しかしテレワークなら子どもの世話をしながら、周囲に気兼ねすることなく空いた時間で仕事ができるのです。

また子どもとの大切な時間を増やせるというメリットもあります。

フルタイムの勤務が可能になる

パートタイムとフルタイム

テレワークとオフィス勤務を上手く組み合わせると、正社員のままフルタイムで働き続けることが可能です。

テレワークができる前は、育児中の方だと保育園の送迎のために短時間勤務にする方が多数派でした。

または一旦離職してパートタイムで働く方も少なくなかったとのことです。

しかしテレワークという選択肢が増えたことで、子どもを迎えに行った後でも在宅で働くことが可能になりました。

そのため責任のある仕事を任せてもらえるようになったという喜びの声も出ています。

テレワークで働くデメリット

在宅ワーク

まだ導入して間もない企業が多いテレワークには、残念ながら今後の課題となるデメリットもいくつかあります。

デメリットがあるからよくないというのではなく、理解したうえでテレワークを選択肢に入れることが大切です。

特にまだテレワークをしたことがない方にとっては、自宅での仕事というイメージそのものが難しいでしょう。

そのため上手く時間管理ができず、結果深夜まで仕事を続けて長時間勤務になってしまうリスクがあります。

仕事の量と時間のバランスを考える自己管理が必要不可欠です。

オンとオフの切り替えが難しい

コーヒーとパソコン

在宅でのテレワークは、仕事のオン・オフの切り替えが曖昧になりがちです。

また家にいるのならと家族から家事の手伝いや頼みごとをされ、仕事がはかどらないという経験談もありました。

そのため家族からの理解を得ることが大切です。

仕事の時間をある程度明確にしておくことで、家族に説明しやすいうえにオン・オフの切り替えも容易になります。

加えて自宅で仕事するスペースをひとつに決めておくのもおすすめです。

周囲から理解されにくい

女の子の家族

一般的に仕事は会社に行くことという考えがまだ多いため、在宅ワークは暇なように誤解されがちです。

そのため保育園の選考から外されてしまうという事例も未だにあります。

ですがいつでも子どもを見ていなければいけない状況では、仕事が思うように捗らないときもあるでしょう。

今後は国や自治体で見直してもらいたい部分ではありますが、まずできるのは家族からの理解や協力を頼むことです。

将来設計に関わってくることなので、一度じっくり話し合ってみてください。

プレッシャーを感じる

パソコンを操作する女子学生

会社から信用を得なければならないとプレッシャーを感じて、労働過多になるケースが出ています。

在宅のテレワークでは周囲の目が届かず、サボりやすいというイメージはどうしても拭えません。

そのため責任感の強い方は、仕事の量や質の高さで証明しようと頑張りすぎてしまう傾向にあります。

中にはいつ連絡が来ても対応できるように、トイレにまでスマホを持ち込んでいるという経験談も出ていました。

頑張りすぎて体調を崩しては意味がないので、テレワークでも仕事の時間を決めるなどの自己管理を心がけましょう。

女性がテレワークで活躍できる理由

ノートパソコンを操作する学生

場所や時間の制限から解放されるテレワークは、女性活躍の新たな働き方として政府が積極的に促進しています。

なぜなら働く女性の多くが、家事・育児・介護などによって働き方が変化するためです。

特に育児や介護は今までの生活スタイルが大きく変化し、会社に拘束されない時間が必要になります。

テレワークを活用することで、今後は女性が仕事を諦めることなく働き続けられる可能性が高まりました。

ヘルパーを頼んでいる間や子どもが寝た後の時間を、仕事に充てられるようになったのです。

テレワークを導入する会社が増加

川向うのビル群

2020年はコロナウイルスの影響によって、テレワークを導入する会社が一気に増加しました。

特に都市群ではその動きが顕著に見られます。

中でも一番導入率が高いのは情報通信業です。

職種別にみると管理職・営業職・研究職が多く、女性が管理職へ就く可能性が高くなりました。

女性が管理職で活躍すると企業にとってもプラスのイメージになるため、今後はこの勢いが増していくと予想されています。

会社とのコミュニケーション手段が充実

家にあるパソコン

現在は会社によって様々な連絡手段があり、社員同士のコミュニケーションが減るという不安は概ね解消されています。

例えば普段のやり取りはビジネスチャットやメールを活用していることが多いです。

そして会議はテレビ会議やWeb会議で代用されるようになりました。

中には災害時にメールやWebで状況を報告する安否確認サービスを使って、社員から報告を求めている会社もあります。

このようにテレワークでもコミュニケーションを取れる体制が整ってきており、オフィスと変わらず働けるのです。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

テレワーク時の化粧について

キーボードを叩く女性

在宅のテレワークではすっぴんで働いている女性が多いですが、万一のことを考えると薄化粧しておいた方が無難でしょう。

万一のこととは、突然のテレビ会議やWeb会議で顔出ししなければいけないという可能性です。

一方ですっぴんでいるのはせっかく家にいるのだから肌を休ませてあげたい、という女性の現実的な心理もあります。

なので予測できる事態をある程度把握し、簡単な化粧道具を近くに置いておくといいでしょう。

ちなみに髪型は常に清潔感がある程度に整えておきましょう。

テレワーク時の服装について

パソコンを操作する女の子

テレワーク時の服装は、在宅だからといってパジャマやルームウェアのままでいることはおすすめできません。

かっちりした服装にする必要はありませんが、仕事のオン・オフを切り替えるためにも着替えは大事です。

突然の来客にも対応できる程度の服装にしておきましょう。

また重要なテレビ会議などの場面では、軽くジャケットを羽織っておくのがベストです。

最低限画面に映る上半身の見栄えは会議前にチェックしておきましょう。

テレワークで自分に合った働き方をしよう

家にあるパソコン

テレワークは時間と場所の制約がないので、自分に合った働き方が選べるようになります。

まだ課題は残っていますが、家族の理解や協力を得て乗り越えられることがあるのも事実です。

今後はさらに幅広い企業でテレワークの導入が拡大されていくと予想されています。

私生活と仕事が両立できるワークライフバランスの充実は、テレワークによって実現できるのです。

多くの女性が活躍できるテレワークを、ぜひ検討してみてください。