セラピストに応募するためにはどのように志望動機を書いたらよいでしょうか。

ここではボディ系リラクゼーション系のセラピストを中心に応募の際に印象に残る志望動機の書き方について考えていきます。

セラピストの志望動機の書き方を解説

エステ

セラピストの仕事に就くためにはセラピストを雇用している会社や店舗に就職することが一番の近道です。

セラピストの中にも色々な種類が存在しています。

医療系セラピストは仕事内容によって資格必須が募集条件になるでしょう。

しかしそれ以外のボディ系やリラクゼーション系のセラピストは必ずしもそうではないようです。

志望動機を書く際には、まず今までの経験や志望に至る理由を思い出しながら整理していきましょう。

内容を明確化具体的に志望動機を書くことで相手の印象に残る志望動機になるはずです。

志望動機を書く前のポイント

アロマ

志望動機を書く前に自分の志望理由を整理してみましょう。

いつどのような理由でセラピストを目指そうと思ったのでしょうか。

そう思った具体的な経験はなにかを整理して紙に書き出してみましょう。

書き出してみることで志望動機の整理ができるため文章が書きやすくなるはずです。

次に応募先がどのような人材を欲しがっているか確認します。

資格が必要とされているのか未経験者可であるかなど自分が応募できる条件なのか確認しましょう。

また自分の考えているセラピストと応募先が求めているセラピストに相違はないでしょうか。

志望動機が応募先の求めているものと食い違っている場合にはもう一度考えてみてください。

採用になったとしても自分と合わないためにすぐに辞めたくなってしまうかもしれません。

 

ワンポイント
 志望動機を書く前に志望理由を紙に書き出して整理しましょう。

なぜ転職するのか明確にしよう

転職理由を明確化してみましょう。

転職する理由が今の仕事が嫌だからというのではちょっといただけません。

嫌になったらすぐに辞めてしまう人だという印象を与えてしまいます。

前向きで採用後の活躍がイメージできるような転職理由を考えてみましょう。

転職を決意するきっかけの中には少なからず前向きで希望が感じられる理由があったと思います。

前向きな転職理由を具体的かつ明確にしてみましょう。

セラピストになりたい理由を明確にしよう

転職理由が明確化されたら次にセラピストになりたい理由を考えてみてください。

どうしてセラピストを選んだのかをきちんと説明できるようにしましょう。

セラピストという仕事を選んだきっかけは何だったか思い出してみてください。

いつどんな時にどんな出来事がセラピストになりたいと思わせたのかを書き出します。

書き出すことでより具体的にそして明確になってくるでしょう。

志望動機で女性ならではの強みを伝えるポイント

女性ならでは

セラピストは人に癒しを与える仕事のため女性向きの仕事であるといえます。

女性ならではの強みとしては

  • 穏やかさ
  • ソフト感
  • 女性の体に触れる

などがあげられます。

女性の穏やかさやソフトな感じなどは人を癒すためにはとても大切です。

志望動機として伝えるのであれば自分の経験他者からの評価などを盛り込んだほうが相手に伝わりやすいでしょう。

またセラピーに通われるお客様は男性よりも女性が多くなっています。

直接体に触れるマッサージなどは女性セラピストの方が受け入れられやすいです。

施術しながらお客様の話に耳を傾け相槌を打てることも共感力がある女性ならではの強みといえるでしょう。

なぜ応募先店舗を選んだ理由を明確にしよう

なぜその店舗を選んだのか志望理由を考えてみましょう。

その店舗でなければならない理由は何かを具体的に考えてください。

理由を明確にすることで志望動機により一層の厚みが出てきます。

志望動機に書く際には自分がその店舗で働くことでどう貢献できるかということ意識してを書きましょう。

セラピストで活かせる経験を紐付けよう

自分が今まで経験してきたことはセラピストとして仕事をしていく中で活かされていくはずです。

セラピストで活かすことができる経験をいくつかあげてみてください。

経験者であれば具体的にセラピストとしての経験が活きるでしょう。

未経験者でもセラピストとして活かせる経験が少なからずあるはずです。

自分がセラピストに癒された経験も今後仕事をしていく上で活かせることでしょう。

その他にも接客業をしていたのであればお客様との応対経験が挙げられます。

前職がデスクワークであってもお客様自身の話の中で共感できることがあるはずです。

今までのいろいろな経験がセラピストとして接客していく上で役立つことでしょう。

将来のビジョンを明確にしよう

セラピストとして将来どのようになりたいのか将来像を明確にしておきましょう。

面接の際にきかれたときにも回答しやすくなります。

セラピストとして独立したい、店舗マネージャーになりたいなど現実的なものもあるでしょう。

またはずっと同じ店舗で働き常連のお客様に末永く通っていただけるようになりたいと思っている人もいるかもしれません。

セラピストとしての技術を高めてより多くの人に癒しを届けたいと思っている人もいるでしょう。

自分は将来に向けてこのような資格をとるなど具体的に将来のビジョンを考えてみてください。

 

ワンポイント
 強みをアピールするときは応募理由と将来のビジョンを明確にしセラピストとして活かせる経験を紐づけます。

志望動機を書く際の注意点

注意

ただ「人を癒したい」など漠然とした志望動機では書類審査で印象に残りづらくなります。

志望動機を書く際に気を付けるべき点は明確にかつ具体的に書くということです。

そして将来自分が会社や店舗で活躍できる人材になるイメージがもてるように書くということも重要になってくるでしょう。

志望動機に理由を具体的に書くことでより強い印象を与えることができます。

またセラピストの勉強や資格の勉強をしているのであれば志望動機に盛り込みましょう。

仕事に対しての熱意や将来のビジョンなどを盛り込みセラピストになりたいという意志を伝えるようにしてください。

ただ漠然と夢や希望を語るだけでは採用に結びつきません。

志望動機は自分の熱意が伝わるように具体的に明確に書きましょう。

 

ワンポイント
志望動機は将来の活躍がイメージできるように書きます。その際には具体的な内容を盛り込んで書きましょう。

セラピストの志望動機の例文

OK

志望動機の書き方例文をあげてみました。

経験者・未経験者・同業の例文です。

いずれも具体例明確な志望理由が含まれています。

志望動機を書く際の参考にしてみましょう。

例文①セラピスト経験者が転職する場合

私はアロマテラピーのセラピストとして5年仕事をしていました。

先日家の都合で引っ越しをしたのですが、引っ越し先の住居から職場への通勤は無理であるため転職を希望しております。

経験のあるセラピストの仕事での転職を考え仕事を探していたところ貴社○○店の求人を拝見し応募した次第です。

××の資格と▲▲の資格は取得しました。

経験者として即戦力で仕事ができるよう日々技術の鍛錬は欠かしておりません。

お客様に信頼してもらえるセラピストとして貴社で活躍していきたいと思っております。

例文②未経験者が応募する場合

前職は営業職で外回りの仕事が多かったため疲れるたびにリフレクソロジーに通っておりました。

今では自身でリフレクソロジーに関することをネットで調べたりすることが趣味になっています。

ネットで調べるだけでは飽き足らず趣味の延長としてリフレクソロジーの通信講座を受講しておりました。

そして勉強していくうちにセラピストの仕事に興味が出てきたため転職を考えたことが応募のきっかけです。

貴社を希望した理由は未経験者でも応募可能であったということがあります。

その他にリフレクソロジーに関してのプロフェッショナルセラピストが数多く所属しているということも魅力でした。

プロの施術を目の前で見ることで自分がより高い技術をもったセラピストとして活躍できるようになれると思っております。

前職で積んだコミュニケーション力も最大限に活かしてお客様を癒せるようになりたいです。

貴社にふさわしいセラピストを目指していきたいと思います。

例文③同業他種から転職の場合

以前はリフレクソロジーのセラピストとして仕事をしておりました。

仕事をしていく中でアロマテラピーに興味が湧いてきたため色々自身で勉強をしております。

その際にアロマテラピーの○○協会の××資格を取得しました。

前職で勤めていた店舗ではリフレクソロジー専門店であったため、学んだことを活かすことはできません。

その為転職を決意いたしました。

貴社の△△店ではアロマテラピーとリフレクソロジーの両方をされていると伺っております。

前職での経験を活かし両方ができるセラピストとしてお客様に喜んでいただけるようになりたいです。

セラピストの志望動機のNG例文

NG

以下は志望動機NG例文です。

いずれも志望動機や将来的なビジョンが明確ではないためNG例文になっています

自分が志望動機を書く際には気を付けて書きましょう

例文①未経験からアロマテラピーへ転職の場合のNG例

私は以前からアロマに興味がありました。

そのためアロマに関係のある仕事に就きたいと思いアロマ関係の転職先を考えております。

以前アロマテラピーを受けたときにとても癒されそして感動いたしました。

アロマテラピーの素晴らしさと感動をセラピストとしてお客様に届けたいです。

例文②他業種から転職の場合のNG例

前職では主に事務をしておりましたがデスクワークよりも人と接することが好きなため転職を決意いたしました。

転職をするのであれば人に接する仕事をしたいと考えてセラピストを選んだ次第です。

セラピストは人と接しながら人を癒せる素晴らしい仕事だと思います。

お客様に癒しを与えられるセラピストになりたいです。

NG例にならないために

NGにならないためには志望動機を具体的明確に書きましょう。

経験者であれば今までの経験を踏まえて書きます。

未経験の場合はセラピストを目指すことになったエピソードを盛り込んでもよいでしょう。

そして将来どのようなセラピストになってどのように会社や店舗に貢献したいかを具体的に明確に書きます。

その際セラピストに対しての熱意が採用側に伝わるように書きましょう。

資格を取得したのであれば取得した資格名を書いてください。

自分自身で勉強しているのであれば勉強した内容などを盛り込むのもいいかもしれません。

また、この会社・店舗でなければならない理由を書くことも相手に熱意が伝わりやすくなるでしょう。

セラピストの面接対策は?

面接

セラピストは人を癒す仕事のため印象が大切になってきます。

面接の際には服装や髪型に気を付けてください。

派手な服装や顔が隠れたりする髪型では面接官への印象が悪くなります。

身だしなみに気を付けて清潔感のある服装や髪型で面接に臨みましょう。

セラピストは人と接する仕事のため面接がより重要なポイントになります。

 

ワンポイント
 面接時には服装髪型に気を付け清潔感をアピールしよう。

セラピストの面接官が見ているポイント

ポイント

セラピストは人と接する仕事のため明るさコミュニケーション能力そして清潔感が求められます。

  • 表情
  • 清潔感
  • コミュニケーション能力

明るく清潔でコミュニケーションがとりやすいこの3点がポイントになるでしょう。

表情は常に明るいか

笑顔

表情は面接官が見ているポイントのひとつです。

人に癒しを与える側のセラピストが暗くてはお客様を癒すことは難しくなってしまいます。

また人と接する仕事のため自分に嫌なことがあったとしてもお客様には常に笑顔で接しなければなりません。

どんなことがあっても常に明るい表情でいられるかを面接官はみています。

清潔感はあるか

清潔

清潔感も人と接する仕事には大切な要素です。

清潔感がないセラピストは人に不快感を与えてしまいます。

華美な服装やおしゃれは必要ありません。

身だしなみに気を付けて人に不快感を抱かせないようにしてください。

そして常日頃から自分の身の回りを清潔にしておきましょう。

人に不快感を与えるような状態では不採用になってしまいかねません。

面接官に良い印象を与えられるように身だしなみはきちんとしましょう。

コミュニケーション能力があるか

コミュニケーション

人と接する仕事のためコミュニケーション能力が重要になってきます。

話をしながら人の心や体を癒していくセラピストには大切な要素です。

初めて来店する方に打ち解けてもらえるような会話もコミュニケーション能力が必要になってきます。

お客様を癒してあげられるようにコミュニケーションを取らなければなりません。

そのためにコミュニケーション能力がどれぐらいあるかどうかを面接官はみていることでしょう。

セラピストの志望動機に困ったら転職エージェントに相談しよう

相談

志望動機の書き方で悩んでいるのであれば是非転職エージェントにご相談ください。

転職エージェントには志望動機の書き方などのアドバイスをしてくれるキャリアコンサルタントが在籍しています。

セラピストの仕事に就きたいと考えているのであれば相談してみてください。

また転職エージェントには表にでない非公開求人というものがあります。

自分の希望にあった求人が見つかるかもしれません。

まとめ

まとめ

セラピストに応募する際の志望動機は明確かつ具体的に書きましょう。

志望動機を書く前には志望した理由を明確化するため紙に書き出してみてください。

書き出すことで具体的な志望動機が見えてくるため文章の組み立てがしやすくなります。

整理した志望動機は面接時にも役立つでしょう。

セラピストになるためには自分以外の誰かを癒してあげたいと思う気持ちが大切です。

施術の技術は訓練することによって磨かれていきますが、人を思う気持ちは訓練だけではどうにもなりません。

「人を癒してあげたい」と思ったら迷わずセラピストに応募してみてください。

その気持ちがあなたの転職を成功に導くでしょう。