女性が面接で着るべきスーツを徹底解説!転職の面接で好感度が高い服装を世代別に調査!リクルートスーツやスーツ以外でもOK?

転職活動や就職活動での服装選びに迷う方は多いと思います。

新卒での就職活動の場合、リクルートスーツを着ていけば問題ないですが、中途採用の場合はそうもいきません。

そこで今回は、面接でどのようなスーツを着れば良いのかを世代ごとにご紹介します。

採用担当者の好感度が高い服装で面接に臨みたい方や、どこまでおしゃれして良いのかが気になる方必見の内容になっています。

間近に面接を控えている方や転職活動を検討している方はぜひご覧ください。

はじめに:服装を考える前に心得ておくこと

パソコンを操作する女性

まずはじめに、面接の服装を決める前に心得ておくことを解説します。

なぜ面接時の服装が重要といわれるのでしょうか?

それは担当者は面接の服装から、社会人としてTPOを理解した服装選びができるのかを見ているからです。

「TPOを理解した」とは、時と場所と場合に合わせた服装や振る舞いができているかということです。

そのため、その場にそぐわない服装をしてしまうと「社会人としての常識が足りない」と判断されてしまうこともあります。

面接でいくら良いことを言っていたとしても、第一印象が悪いとそこから逆転するのはなかなか難しいです。

「話している事は良いけど常識がないんじゃ…」と思われないためにも、どうして服装が大事なのかをしっかり理解しておきましょう。

面接に着ていく服装の基本

求人票や事前のメールで服装の指定がない場合は、スーツを着ていくのが基本です。

ジャケット+シャツやブラウスなどのトップス+膝丈くらいのスカートもしくはゆったりしすぎないパンツ+5センチくらいのヒールのあるパンプスがオーソドックスなスタイルです。

アイテムごとにチェックすべきポイントをご紹介します。

ジャケット

ビジネスウーマン

ジャケットは肩の位置や丈のサイズが合っているものを選びましょう。

サイズが合っていないものを着ると、だらしなく見えたり着られている感じが出てしまったりします。

女性用ジャケットは色や襟の形が様々なので、ジャケット選びに迷う方も多いかもしれません。

襟の形はどのようなものでも問題ないですが、色選びには注意が必要です。

採用担当者に好印象を与えたいなら、ネイビーやグレーなどの落ち着いた色のジャケットが良いでしょう。

ベージュや白は確かに華やかで女性らしい印象を与えますが、ビジネスの場と考えるとネイビーやグレーの方がベターです。

柄物ジャケットも落ち着いた印象のものがおすすめです。

ブラウン系のチェック柄や千鳥格子は避け、ネイビーやグレーの生地に白のストライプのものなどを選びましょう。

冬場はもちろん、夏場の面接でもジャケットは持っていきましょう。

どうしても暑い場合は、会場に入る直前で羽織るようにすれば問題ありません。

トップス

女性

トップスは白やオフホワイトなどの明るい色がおすすめです。

上半身に白を入れるとレフ板効果で顔色がよく見えます。

担当者に明るい印象を持ってもらうためにも、白系のシャツやブラウスで面接に臨みましょう。

シャツやブラウス、カットソー、冬場は薄手のニットなどトップスといっても様々な物があります。

程よくデコルテを出すと顔がすっきりして見えるので、UネックやVネックのトップスがおすすめです。

デコルテが出過ぎたり屈んだりした時に胸元が見えてしまうものは面接の場にはあまり相応しくありません。

新しく買うなら一度試着をしてから買うと安心です。

また、派手すぎる装飾や大きなボウタイがついているものも避けた方が良いでしょう。

白地の装飾がないものを選んでおけば間違いありません。

スカート、パンツ

花柄のスカート

スカートは裾が広がりすぎないタイトめなもの、パンツもワイドシルエットは避けて丈の合っているものを選びましょう。

体型カバーしたいからゆったりとしているものを着たいという方もいらっしゃると思いますが、ゆったりしたシルエットの服はカジュアルに見えがちです。

面接の場ではすっきりしたシルエットのものを選びましょう。

また、スカートは膝が隠れるくらいの丈もの、パンツは裾がパンプスにかからないくらいのものがフォーマルに見えます。

ジャケット同様、色は黒、ネイビー、グレー、濃い茶色などの落ち着いた色味がおすすめです。

パンプス、バッグ、時計

ハイヒール

パンプスはヒールが5センチくらいの高すぎないものを選びましょう。服よりも汚れが目立つので、汚れの目立たない色がおすすめです。

歩く時はカツカツと大きな音を立てないように歩くように意識してくださいね。

バッグはA4サイズの書類が入るハンドバッグにしましょう。

履歴書や職務経歴書を持ち歩いたり、会社の資料をもらったりするためA4サイズが入るものが好ましいです。

面接の時はリュックは避け、肩にかけて持ち運べるバッグにすると移動も楽になります。

面接会場に着いたらスマートフォンは電源を切るかマナーモードにしてバッグにしまい、時間の確認は腕時計を見るようにしましょう。

時計は小ぶりで装飾の少ないシンプルなものを選びましょう。

年代別に解説!面接時に好感度が高い服装とは?

先ほどご紹介した基本をもとに、年代別の服装をご紹介します。

20代

オフィス

まだ社会人歴の短い20代は、転職活動時リクルートスーツでも問題ありません

リクルートスーツの場合はトップスをシャツではなく襟なしのカットソーやブラウスにしたり、バッグを就活用ではないものに変えたりすることで就活生っぽさをなくすことができます。

ビジネススーツがある場合はビジネススーツの方が良いでしょう。

お洒落さよりもフレッシュさや若々しさを重視した服装選びがポイントです。

30代

タブレットを見る女性

社会人歴が長い30代の場合、20代とは逆にリクルートスーツはNGです。

学生気分が抜けていない印象や未熟な印象を与えてしまいます。

また、子どもの保護者会で着るようなお呼ばれスーツも避けましょう。

いくらスーツといえども、ビジネススーツとお呼ばれスーツは着用シーンが異なります。

「いい大人になってその判断もできないのか」とマイナスイメージを与えてしまうので、ビジネススーツを着用しましょう。

40代

仕事をする女性

先ほどご紹介した「着こなしの基本」を参考に服装を考えてもらえれば問題ありません。

社歴が上だから今の会社ではスーツの着崩しも多少許されているという方も、面接の時の着崩しは控えましょう。

30代と同様にリクルートスーツやお呼ばれスーツは避け、全体的にフレッシュな印象よりも落ち着いた印象になるようにコーディネートを組みましょう。

年齢が上になればなるほど、社会人としての常識は当然わきまえているべきと採用担当者は考えています。

お洒落よりも清潔感を重視した着こなしを意識してみましょう。

服装以外で気をつけるべきポイント

服装以外でもメイクや髪型など、気をつけるポイントは複数あります。

「第一印象をよくするために」という観点から、服装以外で気をつけるポイントをご紹介します。

メイクはナチュラルメイクを意識

化粧道具

人前に出る時は化粧をするのが社会人としての常識です。

ですが、派手な化粧や奇抜な化粧はビジネスの場には向いていません。

面接の時はナチュラルメイクを意識しましょう。

アイシャドウは茶色系のもの、チークはコーラル系の肌馴染みの良いものを選ぶと自然な印象に仕上がります。

口紅は発色の良いピンクや赤は避けて、自然に色付くものが好ましいです。

爪を伸ばしている方は面接前に切っておき、ビビットカラーや派手なラメのネイルは控えましょう。

髪はおじぎをした時に顔にかからないように結んだりピンでとめたりすると良いです。

派手にならない程度ならコテやアイロンで髪を巻いても問題ありません。

スーツやインナーはアイロンをかけて

アイロン

せっかくのスーツもシワがよっていては台無しです。

シワが目立つとだらしない印象を持たれてしまうので、面接の前日はスチームアイロンなどでスーツのお手入れをしましょう。

着ない時はハンガーにかけておくだけでもシワを防ぐことができます。

ジャケットの中にシャツを着る場合はシャツのお手入れも行ってください。

よくある質問にお答えします!

面接の時に好印象を残す服装について、なんとなく理解していただけたでしょうか?

最後に面接時の服装選びでよくある質問を解決したいと思います。

セットアップのスーツじゃないとだめ?

ビジネスウーマン

ジャケットとスカートもしくはパンツがセットになっているセットアップはフォーマルな印象を与えます。

しかし、転職時の面接においてはセットアップのスーツでなくても問題はありません

いわゆる「ジャケパン」スタイルでも清潔感や統一感があれば大丈夫です。

スーツ以外の服装はだめ?

ワンピース

スーツショップに売っているものでなくても特に問題はないでしょう。

ジャケットやパンツも安く手に入れられますが、清潔感のある格好であればプチプラで手に入れた服装でも減点されることはありません。

ただし、いくらジャケットを羽織っていたとしてもワンピースで面接に行くのは避けた方が無難です。

業界によっては気にしないところもありますが、基本的にワンピースはNGだと思っておいてください。

アクセサリーはつけていっても良い?

時計

派手なものは避けるべきですが、小ぶりのネックレスや結婚指輪などならわざわざ外す必要はありません。

首元が開いているトップスを着た時はデコルテが寂しくなりがちなので、小ぶりなネックレスをつけると程よく華やかになりバランスも取れます。

まとめ:意識すべきは「清潔感」と「TPO」

Tシャツ

今回は面接の服装について解説しました。

コーディネートを考える時は、清潔感のある服装かどうか、TPOを理解している服装かどうかという点を意識することで、採用担当者に好印象を持ってもらいやすくなります。