クリエイターにはさまざまな職種があります。

クリエイターを目指す場合は具体的にどのような仕事があるのか理解しておくことが大切です。

この記事ではクリエイターの職種を紹介し、それぞれの仕事内容や求められるスキルを説明します。

またクリエイターのやりがい・将来性やクリエイターに向いている人も紹介しますので、転職活動の参考にしてください。

クリエイターの職種を解説

笑顔の女性

クリエイターの職種は多岐にわたるため、今回は「デザイン系」「映像系」「ゲーム系」に分けて紹介します。

クリエイターと聞くと特別なセンスを持っているイメージがあるかもしれません。

しかし実際には、イメージを形にする創造力スキルがあるかどうかが最も重要です。

必要なスキルは職種によって大きく異なります。

また仕事内容も職種間で棲み分けられているので、クリエイターを目指す場合は職種選びが非常に大切です。

デザイン系の職種

パソコンする女性

以下ではクリエイターの職種でデザイン系に該当する「Webデザイナー」と「グラフィックデザイナー」の仕事を紹介します。

Webデザイナー

パソコンする女性

クリエイターの職種のうち、Webデザイナーはデザイン系の代表的な仕事です。

Webデザイナーは、企業や個人から依頼を受けてWebサイトのデザインを制作します。

Webサイトを訪れた人にとって使いやすいようにデザインを設計・構築することがWebデザイナーに求められることです。

そのため、Webデザイナーには主に以下のようなスキルを身に付けておく必要があります。

  • UI/UXを意識したデザインを設計・構築できる力
  • HTMLやCSSなどを使ったコーディング技術
  • PhotoshopやIllustratorなどの編集ソフトを利用した画像編集技術

技術面では上記のものが求められますが、仕事を進める上ではこれら以外にも必要なスキルがあります。

特に、スケジュール管理能力やクライアントの要望・意図を汲み取るコミュニケーション力は重要です。

Webデザイナーの働き方はさまざまな種類があります。

企業に所属して会社員として働くこともあれば、フリーランスとして仕事をすることも可能です。

グラフィックデザイナー

ノートを持つ女性

クリエイターの職種でデザイン系に該当する仕事として、グラフィックデザイナーも挙げられます。

グラフィックデザイナーとは、雑誌・ポスター・パンフレットなどの印刷物のデザインを制作する仕事です。

出版社や広告代理店などから依頼を受けてコンセプトやターゲットに合ったデザインを作ります。

グラフィックデザイナーに求められるスキル・能力は主に以下です。

  • PhotoshopやIllustratorなどのグラフィック作成ソフトを使用するスキル
  • 印刷物全体のレイアウトを組む美的センス
  • 製版・印刷に関する知識

これら以外にも、webデザイナーと同様にクライアントの要望・意図を汲み取るコミュニケーション力が必要になります。

映像系の職種

パソコンを持つ女性

以下では、クリエイターの職種で映像系に該当する「映像クリエイター」と「VFXデザイナー」の仕事を紹介します。

映像クリエイター

パソコンをする女性

クリエイターの職種のうち、映像クリエイターは映像系の代表的な仕事です。

映像クリエイターは、テレビ・映画・Web・ゲームなどに使用される映像コンテンツを制作します。

映像クリエイターの仕事内容はとても幅広いです。例えば映像撮影・CG作成・音声編集などが挙げられます。

所属する企業や仕事の規模によっては、それぞれの業務に精通した専門家がチームになることもあります。

この場合は複数人で一つの作品に取り組むため、チームワークが重要になります。

映像クリエイターに求められるスキルは多岐にわたりますが、例としては以下になります。

  • 映像処理能力
  • 映像編集ソフトを使用する技術

上記のスキル以外にも、クライアントの要望に合わせた企画を提案する能力も重要です。

VFXクリエイター

パソコンをする女性

クリエイターの職種のうち映像系に該当する仕事として、VFXクリエイターも挙げられます。

VFXとはVisual Effects(視覚効果)の略称です。

VFXクリエイターは、実際に撮影した映像を加工して現実世界では表せない視覚効果を作り出します。

例えば、アクションシーンの映像で役者に付けられたワイヤーを消しているのはVFXクリエイターです。

非現実的な設定の映像がリアルに見えるようVFXクリエイターは映像を調整します。

VFXクリエイターには以下のようなスキルが求められます。

  • 3DCGソフトの操作スキル
  • 物理演算によるシミュレーションを理解・操作できる物理学の知識

また、VFXクリエイターが使用するソフトウェアは操作画面が英語であることも少なくありません。

そのため、VFXクリエイターにはある程度の英語力が必要です。

 

ワンポイント
 映像系の仕事はCG制作・音響などに細分化されているため、一つの分野に特化したスキルを身に付けるのも有効です。

 

ゲーム系の職種

タブレットを触る女性

以下では、クリエイターの職種でゲーム系に該当する「ゲームクリエイター」と「VRクリエイター」の仕事を説明します。

ゲームクリエイター

パソコンを見る女性

クリエイターの職種でゲーム系の代表的な仕事にゲームクリエイターがあります。

ゲームクリエイターとは、ゲームプランナーやゲームプログラマーなどゲームソフトの開発・制作に携わる仕事の総称です。

例えばゲームプランナーが市場調査をしてアイデアを練り、ゲームプランナーが絵や音楽を一つのゲームにまとめます。

これらのゲームクリエイターは、ゲームメーカーやゲーム開発会社に所属するのが一般的です。

ゲームクリエイターに求められるスキルは多岐にわたります。

ゲームプランナーにはマーケティングの知識が必要です。ゲームプログラマーはプログラミングスキルが求められます。

VRクリエイター

VRをする女性

クリエイターの職種のうちゲーム系の仕事として、VRクリエイターもあります。

VRとはVirtual Reality(仮想現実)の略称です。

VRクリエイターは、VR技術を用いてプレイヤーがゲームの世界にいるような体験ができる映像を制作します。

VRクリエイターに求められるスキルは主に以下です。

  • UnityやUnreal Engineなどのゲーム開発ツールを操作する力
  • プログラミング言語を使用する力

また、ゲームの企画段階から携わる場合はVRの特性を活かした企画力・提案力も必要になります。

 

ワンポイント
 クリエイターの仕事は多種多様ですので、どういう制作物に関わりたいかを基準に考えると良いでしょう。

 
 
クリエイティブ職向け転職
【マイナビクリエイター】に相談する
 

クリエイターのやりがい

笑顔

クリエイターの職種に就いた場合に感じられるやりがいは多くあります。具体的には以下の4つです。

  • 自分の成果が目に見える
  • 関わった作品が誰かに使われる
  • スキルが身に付く
  • 人脈が広がる

自分の成果が目に見える

ガッツポーズする女性

クリエイターの職種のやりがいとしてまず挙げられるのが、自分の成果が目に見える点です。

クリエイターは最終的に一つの物を作り上げることが仕事になります。

長い時間をかけたものが形になったときは自分の仕事の成果を感じやすいです。

例えばWebデザイナーであれば、構想段階から始まったものが数ヶ月を経て一つのWebサイトとして一般に公開されます。

頭の中にイメージしていたものが現実になったときの達成感はひとしおです。

さらに、制作物が目に見える形で残ることで、仕事を続けていけばいくほど成果が積み上がっていく感覚も味わえます。

関わった作品が誰かに使われる

将来の自分

クリエイターの職種のやりがいとして、関わった作品が誰かに使われる点も挙げられます。

制作物が実際に世の中で活用されている場面を見られるため、自分の仕事が役に立っていることを実感できる仕事です。

例えば映像クリエイターとしてテレビCM制作に携われば、完成したCMが自分の家のテレビに流れることになります。

CMを見る度に「自分の仕事によって誰かに影響を与えられている」と実感できるでしょう。

スキルが身に付く

考えている女性の画像

クリエイターの職種にはスキルが求められる分、仕事をすればするほど自分にスキルが身に付きます。

例えば映像クリエイターであれば、映像の撮影技術や音声編集方法などです。

仕事によって自分にできることが増えていくため、やりがいを感じやすいです。

クリエイター以外の仕事でも営業スキルやマーケティング知識など身に付くものは多くあります。

しかし、これらは具体的なスキルとして示すことがなかなか難しいです。

クリエイターの職種ではスキルに具体的な名称資格があるので、自分に何ができるのかを他の人に伝えやすくなります。

人脈が広がる

複数の部署

クリエイターの職種は、仕事を通して人脈を広げられるというやりがいもあります。

クリエイターはさまざまなクライアントの依頼を受ける仕事です。

仕事をするたびに新しいつながりを作ることができます。

例えばVRクリエイターであれば、VRを活用したアトラクションを作りたいレジャー施設から声がかかることもあるでしょう。

また、VRを子どもの学習に使用したい教育機関などから依頼されることも考えられます。

制作物が世間で話題になればその制作者にも注目が集まり、名前が売れてさらに人脈を広げることも可能です。

クリエイターに向いている女性の特徴

指差しする女性

上記のようなクリエイターの職種に向いている女性の特徴としては、主に以下の3つです。

  • 想像力豊かな人
  • トレンドや情報に敏感な人
  • スケジュール管理が得意な人

創造力豊かな人

仕事をする女性、横顔

創造力が豊かな人はクリエイターの職種に向いています。創造力とは、イメージしたものを実際に形にする力です。

クリエイターはクライアントが頭の中に描いているイメージを理解し、それを制作物として現実に落とし込む必要があります。

そのため創造力が豊かである人はクリエイター向きです。

トレンドや情報に敏感な人

スマホを見る女性

クリエイターの職種に向いている人の特徴としてトレンドや情報に敏感な人も挙げられます。

良い物を作るにはアイデアが大切です。アイデアは自分の中で自然と浮かび上がってくるものではありません。

さまざまな情報やトレンドに触れ、自分の既存の考えと融合させたり情報同士を組み合わせたりして作られます。

トレンドや情報に敏感な人はアイデアが生まれやすいため、クリエイター向きの人です。

スケジュール管理が得意な人

スーツの女性

スケジュール管理が得意な人もクリエイターの職種に向いています。

制作物の納品日はあらかじめ決まっており、クリエイターは期日に合わせて制作を進めなければなりません。

また制作にはクライアントを含む多くの人が関わります。

期日直前に急いで制作物を仕上げるのではなく、企画・設計・制作と段階的に進めなければなりません。

そのためスケジュール管理はクリエイターにとって大切な仕事の一つです。

またアクシデントがあった場合に直ちに計画を見直して納期に間に合わせるスケジュール調整力も必要になります。

 

ワンポイント
 クリエイターに転職したい場合は、日頃から情報収集とスケジュール管理を徹底しましょう。

 
 
クリエイティブ職向け転職
【マイナビクリエイター】に相談する
 

クリエイターの将来性

女性

クリエイターの職種に就きたい人の中には仕事の将来性が気になる人もいるかもしれません。

将来性を判断する基準の一つは「社会的なニーズがなくならないかどうか」です。

クリエイターに対する社会的なニーズは今後ますます伸びると予想されます。

クリエイターの将来性は十分あると言えるでしょう。

AIや科学技術の発展により、新しいアイデアを必要としないような単純労働は機械に代替される方向にあります。

そのため、人間だからこそできる仕事として注目を集めているのが、創造力を使って新しい物を生み出すことです。

これはクリエイターの得意分野ですので、クリエイターの重要性は今後も高まるでしょう。

未経験からクリエイターへ転職するには

ガッツポーズする女性

未経験でクリエイターの職種に転職したい場合は、まず最低限のスキルを身につけることから始めましょう。

スキルを身に付けるには以下の3つの選択肢があります。自分に合った学び方を選びましょう。

  • 書籍で勉強する
  • オンラインスクールを利用する
  • スクールに通う

また、クラウドソーシングサービスで小さな案件から仕事を始めてみるのも良いでしょう。

クリエイターはスキルと同様に実績も評価の対象です。

クラウドソーシングサービスには初心者向けの仕事も掲載されていますので実績作りとして活用できます。

 

ワンポイント
 未経験からのクリエイター転職は、スキルと実績作りが重要です。

 

クリエイターへの転職は転職エージェントに相談しよう

説明する女性

クリエイターの職種に転職したいと思ったら、まずは転職エージェントに相談してみましょう。

クリエイターの定義は曖昧な部分があり、求人を探すと企業によって具体的な仕事内容が異なることが分かります。

どの求人に応募すべきなのか考えるだけで一苦労です。

しかし、転職エージェントを活用すれば問題ありません。

仕事の条件や希望に合わせて適切な求人を紹介してくれるため、クリエイターへの転職をスムーズに進めることができます。

また、求人探し以外にも面接対策給与の条件交渉など内定・入社までのサポートを受けることも可能です。

 
クリエイティブ職向け転職
【マイナビクリエイター】に相談する
 

まとめ

女性

クリエイターの職種はWebデザイナー・映像クリエイター・ゲームクリエイターなどさまざまです。

求められるスキルは職種によって異なりますが、アイデアを形にする創造力はすべてのクリエイターに必要になります。

創造力がある・トレンド・情報に敏感である・スケジュール管理が得意である人はクリエイター向きです。

クリエイターが得意とする創造力は社会的なニーズが高いため、たとえ未経験からでも挑戦する価値はあるでしょう。

まずはスキルを身に付けて実績を作ることが大切です。