飲食業から転職しようと考えたとき、まず何をすればいいのか分からず困る人は少なくありません。

この記事では、飲食業から転職する方法を具体的に紹介します。また、飲食業からの転職におすすめの職種も解説しています。

女性が飲食業から転職する前に押さえておくべきポイントや注意点なども説明しますので、転職活動の参考にしてください。

飲食業から転職する方法を解説

OKサインの女性

この記事では、飲食業から転職する方法を解説します。

飲食業は全業種の中でも離職率が高いです。その分、飲食業から他の業種へ転職した人も多くいます。

転職した人の中には、転職で気持ちが軽くなったと感じた人や、人生そのものが楽になったと思う人も少なくありません。

飲食業からの転職を考えている人はまず転職する方法を知って、具体的な一歩を踏み出しましょう。

飲食業から転職する人が多い理由

考え事をする女性

飲食業から転職する人が多い背景には、主に以下のような理由があります。

  • 休日が少ない
  • 勤務時間が長い
  • 給料が安い
  • 福利厚生が充実していない
  • 体力を使う
  • 精神的に疲れる
  • 手に職をつけられない

飲食業界は常に人手不足であるため、休日が少ない・勤務時間が長いなど仕事に拘束されることが多くなります。

他業界と比較しても有給消化率は低く、実労働時間は長いです。

特に正社員として飲食業界で働く場合は、アルバイトが欠勤した際にシフトの穴埋めをしなければなりません。

生活が仕事に左右されてしまうので、プライベートを充実させることは難しいです。

また、給料や福利厚生の面でも不満を感じやすいような待遇になっています。

業種別の平均年収を見ても飲食サービス業界は低いです。

勤務時間が長いことも関係して、賃金と労働が見合っていないと感じる人も少なくありません。

さらに、体力面や精神面で負担に感じる人もいます。

飲食業の仕事は立ち仕事が多い上、食材の運搬などの重労働も業務の一つです。

パワハラや職場の人間関係に悩み、飲食業界から転職する人もいます。

休日が少なくので、心身ともに疲労が溜まりやすい業種です。

加えて、手に職をつけられないことも、飲食業から転職する人が多い理由の一つと言えます。

飲食業界で働き続けてもスキルを習得できず先が見えないという不安から、転職を決意するケースも少なくありません。

 

ワンポイント
労働環境や待遇は業界の特徴によって決まる部分があるため、転職活動での業界選びは非常に重要です。

 

飲食業から転職する前に押さえておくべきポイント

女性,資格

飲食業から転職しようと考えたとき、実際に転職活動を始める前に押さえておくべきポイントがあります。

それは自己分析志望業界研究を徹底的に行うことです。

自己分析を徹底しよう

笑顔の女性

飲食業から転職する場合はまず自己分析をしっかり行いましょう。

自己分析とは自分の将来の目標・得意不得意・価値観などを明確にし、転職活動でアピールできる強みを引き出すことです。

自己分析をすることで、転職した後に起こりがちな企業と自分とのミスマッチを防ぐことにつながります。

自己分析の方法は1つではないため、自己分析の目的や個人の状況に合わせて選ぶことが大切です。

どうやって自己分析を進めたらよいか悩んだ場合は、転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

転職エージェントは転職希望者の相談に乗ってくれ、その人に合った具体的なアドバイスをしてくれます。

また自己分析には客観的な視点が重要ですので、他者から見た自分を知る意味でも転職エージェントを活用すると良いです。

志望業界の研究を徹底しよう

パソコンを使う女性

飲食業から転職しようと考えて次に行きたい業界を決めたら、志望業界の研究を徹底的に行いましょう。

志望業界の研究とは、その業界に関する情報を網羅的に集め、他の業界と比較した場合の志望業界の特徴を掴むことです。

業界研究を行わないと偏った認識のまま転職活動を行うことになります。

入社してから現実を知って辞めるに辞められなくなり、また転職を考えるという状況にもなりかねません。

ただし、志望業界の研究といっても際限はないです。

何から調べたらよいのか、どこまで理解しておかねばならないのか迷う場合もあります。

志望業界の研究でもし手が止まってしまったら、転職エージェントに頼ってみるのも方法の一つです。

転職エージェントはさまざまな業界について熟知しているため、他業界と比較した場合の志望業界の特徴も教えてくれます。

 

ワンポイント
 自己分析や業界研究で行き詰まったら一人で解決しようとせず転職エージェントに相談してみましょう。

 

飲食業から転職する方法

重要

飲食業から転職をする方法は主に3つあります。

  • 転職エージェントを活用する
  • 企業に直接応募する
  • 知人の紹介で応募する

転職エージェントを活用する

転職エージェント

飲食業から転職をしようと思ったら、まず転職エージェントを活用する方法があります。

転職エージェントは転職希望者の悩みや希望などをヒアリングし個人に合わせて転職サポートを行う組織です。

転職エージェントを活用するメリットは主に2つあります。

  • 業界や企業について網羅的で詳細な情報が得られる
  • 客観的な視点で転職のアドバイスをもらえる

転職エージェントは日頃から転職に関係する情報収集を欠かしません。

ネットには書かれていないような転職事情や業界の実態についても把握しています。

また転職エージェントには転職に特化した豊富な知識や経験があるため、客観的なアドバイスをもらうことが可能です。

転職エージェントに相談できる内容は多岐に渡ります。

例えば採用担当者に伝わる志望動機の書き方や自己アピールの方法などです。

企業に直接応募をする

転職

飲食業から転職を考えたときに次に就職したい企業があれば、採用選考に直接応募することも方法の一つです。

直接応募はその企業と個人とのやり取りで選考が進むため、手早く転職先を決められる利点があります。

しかし、直接応募はその企業に対して一歩引いた客観的な視点を持てないことも少なくありません。

転職希望者はその企業に入社したい一心で盲目的になりがちだからです。

企業のネガティブな側面を見ようとせず、入社してからやはり違和感が大きくなって後悔することも珍しくありません。

知人の紹介で応募する

カウンセリング風景

飲食業から転職する手段として知人の紹介で応募する方法もあります。

知人の紹介は人と人とのつながりで成り立つものです。

利点としては、自己アピールしにくい内面の魅力を評価してもらえる点や最初から信頼感を抱いてもらえる点が挙げられます。

しかし人間関係が絡むので、入社を断りづらい・仕事が合わなかった場合に辞めにくいといった事態も発生しやすいです。

 

ワンポイント
 自分に合った職場に転職するためには、客観的な判断ができる転職方法を選択することが大切です。

 

飲食業からの転職におすすめの職種

Okサインを出す女性

飲食業から転職する場合におすすめの職種を紹介します。具体的には以下の4つです。

  • 営業職
  • 接客・販売職
  • 事務職
  • 介護職

営業職

女性

飲食業から転職を考えている人にはまず営業職をおすすめします。

営業職とは、企業または個人に自社の商品やサービスを買ってもらうために交渉する仕事です。

営業職と一口に言っても、新規顧客を獲得するために外回りするというスタイルだけではありません。

例えば、既に取引がある顧客に対して新製品・サービスを案内するルート営業というものもあります。

また、内勤営業といってオフィス勤務で自社に来た問い合わせに対応するのも営業職の一種です。

営業職は、飲食業で培った経験を直接活かすことができる職種です。

営業職は人間関係のつながりや信頼によって仕事が成り立つため、コミュニケーション力が重要になります。

また、苦情を受けても心が折れないメンタル面の強さも欠かせません。

これらの力は日々顧客と近い距離で関わってきた飲食業の人に備わっている力です。

接客・販売職

衣類を販売する女性

飲食業から転職する場合は接客・販売職もおすすめできます。

接客・販売職とは、例えば結婚式場のスタッフや百貨店の販売員などです。

接客・販売職は仕事内容や求められる力が飲食業と非常に似ています。

顧客に提供するものが飲食以外になるだけで、接客方法や販売スキルなどはそのまま仕事に活かすことが可能です。

もし接客・販売職に就いたらその会社の商品やサービスに関する知識を身に付ける必要はあります。

しかし一度覚えてしまえばすぐ店舗で即戦力として活躍できるでしょう。

事務職

笑顔の女性

体力メンタルの関係で飲食業から転職しようとしている人には、事務職への転職が向いています。

事務職とは、主にオフィスに勤務して経理や備品管理などを担当する仕事です。

パソコン作業がメインになりますので、体力を必要以上に消耗することはありません。

また、顧客と直接やり取りすることはほとんどないため、クレーム対応で精神的に疲れることも少ないです。

さらに勤務時間が固定されている会社が多いため、休みをしっかり取ることができます。

ワークライフバランスを重視したいと考えている人は次の仕事として事務職を候補に考えてみると良いでしょう。

介護職

介護する女性

飲食業から転職を考えていて自分のスキルに自信が持てないと感じている人には、介護職という選択肢もあります。

介護職とは介護施設で高齢者の生活のサポートを行う仕事です。

介護職は求人が多く、未経験者でも募集されています。また、年齢もあまり関係ありません。

さらに、介護職に就けば働きながら介護福祉士の資格を取得できます。

介護職と飲食業の共通点は、人を喜ばせるサービスを提供することです。

飲食業で身に付けた接客方法や考え方は、介護職にも十分活かすことができます。

 

ワンポイント
 飲食業で培った力を活かせる職種は、面接の自己アピールや志望動機を考えやすくなります。

 

飲食業から転職する際のポイント

女性

飲食業から転職する際には、以下の3つのポイントを忘れずに転職活動を進めましょう。

  • 情報収集を徹底する
  • 自分の強みやできることを明確にする
  • 在職中に転職先を決める

情報収集を徹底しよう

勉強する様子

飲食業から転職しようと考えている人は、志望業界・志望企業・求人についての情報収集を徹底的に行いましょう。

転職において必要なのは自分の状況や自分自身を一歩引いて見れる客観的な視点です。

客観的な視点を得るには継続的な情報収集が欠かせません。

業界の常識や企業の実態について詳しく知らないまま転職活動を行うのはリスクです。

自分が抱いている仕事のイメージと実際の業務とのミスマッチや発生しやすくなります。

また、求人は毎日更新されるため、希望に近い求人を見落とさないために情報を探す習慣は重要です。

自分の強みやできることを明確にしよう

女性

飲食業から転職することを検討しているなら、自己分析を行って自分の強みやできることを明確にしておきましょう。

飲食業で働いてきた人の多くが悩むのは「自分には特別なスキルがなくアピールできることがない」という点です。

しかし実際には他の仕事に活かせる飲食業の経験はいくつもあります。

例えば、スタッフのシフト管理・現場マネジメント・会計管理などです。

これまでに担当してきた業務を具体的に棚卸して考えれば、自分の強みやできることをはっきりさせることができます。

アピールポイントが明確になれば転職活動を進める上での自信にもなるでしょう。

在職中に転職先を決めよう

ガッツポーズする女性

飲食業から転職を考えていてまだ退職していない人は在職している間に転職先を決めましょう。

失職している状態で転職活動するとどうじても金銭面の不安や就職先が決まらない焦りに襲われます。

転職条件を妥協したり深く考えずに入社を決断してしまい、後悔するケースも少なくありません。

今の仕事を続けながら転職活動を行えば失敗するリスクは低いです。

しかし、パワハラや法外な長時間労働などのケースはこの限りではありません。

また、退職してから次の仕事を探すことももちろん可能です。退職時期は自分の状況に合わせて慎重に決めましょう。

飲食業から転職する際の注意点

人差し指を立てる女性

飲食業から転職する際は、なぜその業界・職種に転職するのかを明確にしておかねばなりません。

具体的には以下で説明します。

なぜその業界に転職するのか明確にしよう

ノートを見て考える

飲食業から転職する場合、志望する業界に転職したい理由をはっきりさせておきましょう。

IT・金融・レジャーなど業界は多数あります。その中でなぜ志望業界を選んだのかを自分で説明できなければなりません。

業界の志望理由を明確にしておかないと、選考時に企業の採用担当者を納得させることは難しいです。

場合によっては「他の業界でも問題ないのでは」と思われてしまいます。

理由を明確にするには、まずこれまでの経験からその業界と自分のつながりを考えてみましょう。

例えばIT業界に転職したい場合は「自分の店舗にITサービスが導入されて仕事が楽になった」などの理由が考えられます。

なぜその職種に転職するのか明確にしよう

悩む女性

飲食業から転職する際は、なぜその職種を選んだのか理由を明確にしてから転職活動を行いましょう。

職種を変更すれば仕事内容も大きく変わり、仕事を一から覚える苦労は相当なものです。

そのため、企業の採用担当者はなぜわざわざ職種を変えるのか疑問に思います。

また、職種の仕事内容を正しく理解しているのか、その職種を長く続けられるのか不安に感じる面接官もいるでしょう。

採用側の不安を払拭して疑問に的確に答えるには、職種の志望理由を明らかにしておく必要があります。

まずは、その職種でないとできないことを考えたり自分の特徴と職種の共通点を探したりしましょう。

転職エージェントの効果的な利用方法

ガッツポーズの女性

転職エージェントはこれまで多くの求職者の転職を成功させてきた実績があります。

飲食業から転職する方法として非常に有効です。そこで、転職エージェントの効果的な利用方法を解説します。

転職エージェントを利用する際は、まず無料サポートを活用しましょう。

転職エージェントは提供しているサービスのうち無料で行っているものがあります。

例えば、履歴書の作成・添削や求人探しなどです。

さらに給与・ポジション・配属先の交渉や入社手続きまで無料で対応してくれることもあります。

これらの無料サポートを上手に活用することでスムーズに転職活動を進めることが可能です。

飲食業からの転職は転職エージェントに相談しよう

転職相談

飲食業から転職しようと考えているなら、まずは転職エージェントを活用しましょう。

転職活動では不安や焦りから一人で悩みうまく行動できない人も少なくありません。

しかし転職エージェントは数々の転職を実現させてきた転職のプロです。

個人の状況に合わせた次の一歩を具体的に示してくれます。

転職を決意したけれど何から始めたらいいか分からないときは、まず転職エージェントに相談してみましょう。

まとめ

スーツの女性

飲食業から転職する方法は「転職エージェントの活用」「企業への直接応募」「知人の紹介」の3つです。

飲食業からの転職でおすすめの職種は主に4つあり、中には飲食業で培った力を直接的に生かせるものもあります。

飲食業から転職する際は、自己分析・業界研究・情報収集を徹底的に行いましょう。

また希望の業界・職種が決まったら、志望理由を明確にすることが大切です。