華やかな職業の代表格「エステティシャン」。一度は憧れたことのある女性の方も多いかもしれません。

今後エステティシャンを目指したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな女性のために、エステティシャンの魅力から必要な資格についてまで詳しく紹介していきたいと思います。

面接の際の注意点についても触れていますので、エステティシャンに興味のある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

エステティシャンの魅力とは?

マッサージ

エステティシャンには華やかなイメージをみなさんお持ちかと思いますが、それ以外にどんな魅力がある職業なのでしょうか。

まずはエステティシャンという仕事の魅力について確認していきましょう。

エステティシャンはやりがいを感じられる仕事

エステティシャンは文字通りお客様を笑顔にすることができる仕事です。毎日がやりがいに溢れているといえるかもしれません。

直接感謝される達成感を味わえる仕事は意外に少ないもの。

そのため、誰かの力になりたい・幸せを間近に感じたいという方にはエステティシャンは最高の職業といえるでしょう。

エステティシャンは将来性もばっちり

美容への関心は古今東西どんな時代であっても廃れたことはありません。

今後エステティシャンの需要が無くなる心配は非常に低いと推測できます。

また経験や実力を培った後は自宅でエステサロンを開くなど独立することが可能なのもポイント。

結婚や出産後を見据えたとしても、安心して働くことができます。

エステティシャンは一度実力をつければ、将来的にそのスキルが役立つ可能性が高い仕事だといえるのです。

求人サイトを見る前にやるべきポイント2つ

マッサージ

エステティシャンへの憧れが強くやる気に満ち溢れている方でも、求人サイトを開く前にぜひやっていただきたいことがあります。

ここでは求人をチェックする前にすべきこと2点についてしっかり確認していきましょう。

どんなエステサロンで働きたいのかを明確に

一口にエステサロンといっても様々な業態があります。

まず「自分がどんなサロンで働きたいのか」という明確なビジョンを持っておくことが大切です。

例えば、チェーン化されている大手サロン

全国的に多くの求人が存在しているケースが多いものの、ノルマに厳しい可能性も高いことを注意しなければなりません。

また、ホテルのエステサロンという働き方もあるでしょう。

設備が充実していて落ち着いて働ける場合が多いですが、英語など語学スキルが必要なこともあるので注意です。

他にも化粧品会社や美容室、リラクゼーションサロンなど選択肢は非常に豊富。

自分のやりたい・目指すエステティシャン像を明確にしておくことは、案外重要だということです。

漠然とした気持ちで挑むと、後悔してしまう恐れもあるので注意しましょう。

将来的なビジョンと照らし合わせて考える

マッサージ

もし自分のエステサロンを開きたいと考えているのであれば、将来どういった業態のサロンにしたいのかを明確にしておきましょう。

そして、エステのメニューやターゲットにしたいお客さんの層などがマッチするサロンで働くのです。

経験を糧に、将来への足掛かりにすることができます。

「まだ先のことだから」などとおざなりにしてはいけません。

エステティシャンとして独立を少しでも考えている場合には将来のビジョンをしっかり持つようにしておきましょう。

エステティシャンの求人傾向は?

マッサージ

何事にもポジティブな気持ちは大切ですが、憧れているというだけではエステティシャンになれない可能性もあるのです。

ではどのような点がエステティシャンの求人において重要視されるのか、ここで確認していきましょう。

エステティシャンは人柄重視!

エステティシャンにとって重要なのはエステのスキルだけではなく、人柄もかなり大きなウェイトを占めています。

どうしても、お客様との距離が近くなる仕事です。

いくら施術が良くとも人当たりの悪いエステティシャンでは必然的に顧客満足度が下がってしまいます。

エステの腕もさることながら、気遣いや人の温かさを大切にできる人材が求められているのです。

やる気と体力がある人が優先される

特に都心部にあるエステサロンでは、やる気と体力はかなり重要なポイントとなります。

人工が密集する場所ではエステサロンの需要が多く、その分出勤日数や勤務時間も増えるためですね。

エステサロンでの仕事は華やかなだけではなく、肉体労働でもあることを覚えておきましょう。

男性向けサロンの求人も多数

マッサージ

一昔前まではエステサロンといえば女性が通う場所でした。

しかし、近年では男性の美容に対する関心が高まっています。

そのため、男性向けのエステサロンも数多く存在しているのです。

応募先のサロンで男性の施術を行っているかどうかも確認しておくと良いでしょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

選考通過する志望動機の書き方は?

エステサロンへの応募後はまず、書類選考から採用への道がスタートします。

選考序盤ではじかれないためにはどうすれば良いでしょうか。

エステティシャンになるための志望動機の書き方についてチェックしておきましょう。

未経験者は具体的なエピソードで思いを伝える

女性、パソコン、仕事

未経験者でも採用枠があるエステサロンは多いです。

どうしてエステティシャンとして働きたいのかというポイントを明確にしておきましょう。

明確な動機をアピールできなければ、書類で落とされてしまう可能性が高いです。

エステサロンで働いた経験が無い場合には、その分熱意が相手に伝わるような文章にしなくてはなりません。

エステティシャンに憧れたきっかけは何だったのか、そのエステサロンに応募する決意をしたきっかけなどを思い出してください。

具体的なエピソードを出しつつまとめると上手く書くことができるでしょう。

経験者は志望するに至った経緯を明確に

エステティシャンとしての経験がある場合は、何故そのエステサロンに就職・転職したかったのかを応募先に伝えなくてはなりません。

自宅から近かったから・お給料が良いからという漠然とした内容だけでは不十分かもしれません。

自身のスキルアップに関する志望理由があると熱意が伝わりやすくなります。

自身の経験談も織り交ぜた文章にまとめるのも良いでしょう。

エステティシャンとして誇りを持って仕事に取り組む人材だとより一層印象付けられるかもしれません。

面接当日に押さえるべき注意点3つ

書類選考が通った後は、いよいよ面接です。

面接はエステサロンへの採用を左右する最も重要な場面

身だしなみに関しても抜かりなく準備をしておきたいところです。

面接当日のポイントをチェックし、面接官の方に良い印象をもってもらえるようにしましょう。

髪型やネイルは清潔感を大切に

受付

華やかなイメージがある職業なので意外に見落とされがちですが、エステサロンの面接ではお洒落さより清潔感が優先されます。

長めの前髪はサイドで留めておく・肩より長い髪は束ねておきましょう。

華美なデザインや長めのネイルは避けることを徹底してくださいね。

「清潔感」を意識しましょう。

服装は落ち着いた雰囲気のスーツがベスト

ブラックでなくともOKですが、一般的にはエステサロンの面接でもスーツ着用がベターです。

なおスカートの場合は丈感にも注意が必要。

座った時に膝頭が少し出るくらいの裾丈がベストということも覚えておいてくださいね。

エステティシャンになるために必要な資格はある?

エステ、女性

では最後に、エステティシャンに求められる必要資格についてチェックしておきましょう。

実は、エステティシャンという職業に就くために必須の資格はありません

ただし、資格を取っておけば選考書類に書ける・スムーズに業務に移行できるなどのメリットがあるのは事実です。

そのため、資格の取得はおすすめだといえます。

まだ資格を取っていない・志望動機だけでは不安という方はぜひ以下も押さえておきましょう。

認定エステティシャン

フェイシャルやボディケアの理論や技術を理解し、能力のあるエステティシャンに与えられる資格です。

資格取得には協会認定校でエステに関する授業を300時間受講する必要があります。

もしくは3年以上の実務経験が必要です。

筆記試験と技術試験両方に合格しなければなりません。

AEA認定エステティシャン

マッサージ、花

エステに関する基礎知識や技術を基に与えられる資格です。

資格取得にはAEA認定校でエステに関する授業を300時間相当受講する必要があります。

もしくは1年以上の実務経験が必要です。

認定エステティシャン同様、筆記試験と技術試験両方に合格しなければなりません。

その他の主な資格

上述した2つの資格の他には、以下のような資格も挙げられます。

なお国家資格はありません。

エステティシャンの資格とは日本エステティック協会もしくは日本エステティック業協会が発行している民間資格のみです。

ただし民間の資格とはいえエステ業界では信頼を得られるものばかり。

やはり資格取得は出来る限りチャレンジしておくと安心でしょう。

  • 認定トータルエステティックアドバイザー
  • 認定上級エステティシャン
  • 認定エステティシャン
  • 認定フェイシャルエステティシャン
  • 認定ボディエステティシャン
  • 認定衛生管理者
  • CODES-JAPON認定ソシオエステティシャン

ぜひ、資格取得も視野に入れてみてください。

まとめ

マッサージ

華やかなイメージのあるエステティシャンですが、実は体力や気力もかなり求められる職業だと分かりました。

しかし苦労がある分、長く続けられる・楽しく働けるなどのメリットもたくさんあるのがエステティシャンという仕事なのです。

何より、直接お客様から感謝を伝えられるのは、仕事における充実感や満足感を高めてくれます。

将来性もあり、やりがいを感じられる職業なのです。

これを機に資格の勉強や求人サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

ぜひ、エステティシャンを目指して努力を重ねていきましょう。