正社員と聞くと、会社に出勤をして仕事をしなければならないイメージが強い人も多いかと思います。

しかし、会社に出勤しないでも良い環境で働けたらと思っている人もいることでしょう。

そこで今回ご紹介するのは、正社員でも在宅ワークが可能であるかどうかです。

在宅ワークのメリットやデメリット、注意点についても解説いたします。

在宅ワークで働きたいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

在宅ワークで正社員になる方法を解説

受験勉強

正社員で働いて安定した生活を送りたいという人も多いでしょう。

しかし、仕事だけではなくプライベートの時間も大切にしたいと考えている人もいると思います。

そのように考えている人におすすめなのが、在宅ワークです。在宅ワークとは、自宅で仕事をすることを指します。

リモートワークやテレワークとの違いは、働く拠点が自宅であるということです。

さて、正社員が在宅ワークで働くことができるのでしょうか?それでは、正社員の在宅ワークでの働き方について解説していきます。

在宅ワークでも正社員になれる業界は?

キャリアを活かす

在宅ワークができる業界として挙げられるのが、IT業界です。

働き方改革で在宅ワークを取り入れている企業は増えていますが、IT業界が最も普及しているとされています。

基本的にIT業界は、パソコンとインターネット環境があれば仕事ができるので、出社の必要性がありません。

逆に店舗や工場で働いている人は、会社に行かないと仕事をすることができないでしょう。

在宅ワークで働きたいと思っている人は、出社の必要性が低い仕事を選ぶことをおすすめします。

 

ワンポイント
 出社の必要性が低ければ、在宅ワークをできる確率が高くなる。

在宅ワークでも正社員になれる職種

女性

正社員が在宅ワークで働いている人が多い職種がこちらです。

  • エンジニア(SEやプログラマー)
  • ライター
  • 企画
  • テレホンオペレーター
  • Web系の職種

これらに共通しているのが、成果物があるということです。さらに、一人で完結しやすい仕事でもあります。

先ほどご紹介した職種は、必ずしも対面で従業員やお客様とコミュニケーションを取らなければならない仕事ではありません。

結果主義であることが多い職種でもあるので、在宅ワークでも問題なく仕事をすることができます。

コミュニケーションは電話やメールで取りながら一人で進められるようなら、在宅ワークとして勤務できる確率は高いでしょう。

在宅ワークで正社員になるメリット

ノートパソコンを見る女性

在宅ワークで正社員になった場合、得られるメリットは大きく分けて3つです。

さて、一体どのようなメリットが得られるのでしょうか?

通勤がない

通勤する女性

都市部に住んでいる人だと、満員電車がストレスに感じている人も多いのではないでしょうか?

在宅ワークであれば、わざわざ会社に通勤する必要がありません。通勤時のストレスを減らすことができるでしょう。

電車やバスの運賃や車通勤の人だとガソリン代・駐車場代もかからないので、交通費の削減にもつながります。

さらに通勤するためには、出かける準備をしなければなりません。

準備の時間は人によって違いますが、1時間ほどはかかっている人が多いのではないでしょうか?

在宅ワークであれば起きてすぐ仕事をすることもできるので、時間を有効に使うことができます。

ただ、ビデオ会議等がある場合は、通勤するときのようにしっかりとした準備をするようにしましょう。

落ち着いた環境で仕事ができる

在宅ワークなら、自分が仕事がしやすい落ち着いた環境で仕事をすることができます。

会社だと、決められた場所で仕事をしなければなりません。

机や椅子が自分に合っていないだけでも、人によってはストレスに感じてしまうでしょう。

在宅ワークであれば、自分が一番働きやすい環境を自由に作ることができます。

仕事を行う上でのストレスを最小限にすることができるかもしれません。

出社できない状況でも仕事ができる

在宅子供

小さいお子さんがいらっしゃる場合、体調不良などで急に出社できなくなることもあるかと思います。

もし在宅ワークであれば、お子さんの看病をしながら仕事をすることも可能です。

さらに、天候の関係で交通機関が止まってしまった場合でも影響がありません。

会社に出社できなくても欠勤扱いにはならないので、安心して働くことができるでしょう。

企業に対しても迷惑がかからなくなるので、非常事態でも気にする必要がありません。

 

ワンポイント
 在宅ワークで正社員になるメリット
・通勤や準備の手間が減る
・落ち着いた環境で仕事を進められる
・出社できない場合でも仕事ができる

在宅ワークで正社員になるデメリット

パソコン

在宅ワークにはメリットがある反面、デメリットも存在します。

在宅ワークで正社員を目指すのであれば、デメリットも頭に入れておきましょう。

仕事とプライベートの切り替えが大変

在宅ワークでは、自分が普段生活している場所で仕事をすることになります。

そのため、プライベートとの切り替えが大変になる恐れがあるでしょう。

終業後や休みの日でも仕事の間隔が抜けず、しっかりとしたプライベートの時間が持てないかもしれません。

そうなると、在宅ワークでのストレスも溜まってしまいます。

在宅ワークで働く人は会社で働く人以上に、スイッチを切り替える力が必要です。

わからないことがすぐに聞けない

在宅ワークでは基本的に、自分一人しかいない空間での作業となるでしょう。

自分一人で作業をするということは、周りに頼れる人がいません。

もちろん、会社との連絡ツールを使って質問することもできますが、どうしても時間差が出てしまいます。

仕事に慣れていない人は特に、在宅ワークは不安がいっぱいかもしれません。

慣れない仕事に転職する場合は、仕事に慣れてから在宅ワークに移行した方が良いでしょう。

対面で接することができない

在宅ワークでは、他の従業員と対面で接することが基本的にはできません。

コミュニケーションを取る場合、電話・メール・ビデオ通話になるでしょう。

他の従業員の状況が把握しづらくなるので、場合によっては疎外感を感じてしまうかもしれません。

一人だけ疎外感を感じないためにも、連絡は小まめに取るようにすることをおすすめします。

 

ワンポイント
 在宅ワークで正社員になるデメリット
・仕事とプライベートのメリハリを付けるのが難しい
・わからないことがあってもすぐに聞けない
・他の従業員と対面で接せない

在宅ワークで正社員になる時の注意点

パソコン操作する女性の手

在宅ワークで正社員になる場合、注意しなければならないこともあります。

注意点を守らないと、企業からの信用も失ってしまうでしょう。

在宅ワークで仕事をすることになった場合は、これからご紹介する注意点を頭に入れておいてください。

情報漏洩に注意する

在宅ワークであれば、企業の情報を外に持ち出していることになります。

そのため、会社で働く以上に情報の管理をしっかりと行わなければなりません。

例え家族であっても、企業の情報は漏らさないようにしましょう。

情報漏洩を避けるためには、このような対策をしておくことをおすすめします。

  • 仕事用のパソコンは他の人が触れないようにする
  • 仕事の電話は家族が聞こえない場所で取る
  • 仕事の書類はできるだけ持ち帰らない

企業の情報が漏れてしまうと、あなたの信用問題にも関わります。

企業の一員であるという責任感を持って、仕事に取り組みましょう。

報連相を徹底する

連絡している女性

在宅ワークで働いている人は、どのような仕事をしているかが企業からは見えません。

そのため、会社内で働く以上に報連相が大切となります。報連相とは、報告・連絡・相談のことです。

あなたからの連絡がないと、企業は本当に仕事をしているか不安になってしまうかもしれません。

報連相を徹底し、同じ場所にいなくてもコミュニケーションを取るようにしましょう。

メリハリをつけて仕事をする

自宅で仕事をしていると、プライベートとのメリハリが付かないかもしれません。

しかし、メリハリが付かないとズルズル仕事をしてしまって、効率が悪くなってしまいます。

在宅ワークで働く場合は、自己管理をしっかりして、時間になったら仕事のモードに切り替えましょう。

業務で結果を出す

在宅ワークでは仕事の経過が見づらい部分があるので、結果が重視される場合が多いです。

どんなに頑張って仕事をしたとしても、結果が出せなければ評価につながりません。

仕事に対しての姿勢も見えないので、結果が悪いとサボっていたのではないかと疑われる可能性もあります。

在宅ワークで勤務するなら、結果を出さなければならないことを頭に入れておきましょう。

 

ワンポイント
 在宅ワークで働く場合の注意点
・情報を漏洩しないよう、情報の管理は徹底する
・報連相を怠らない
・仕事とプライベートのメリハリを付ける
・仕事でしっかりと結果を出す

在宅ワークでできる正社員の仕事の探し方

悩む女性

在宅ワークで働きたいと思った人の中には、仕事の探し方がわからないという人もいるかもしれません。

そこで、在宅ワーク可能な仕事の探し方を3つご紹介します。

転職エージェントに在宅勤務可能な企業がないか確認する

最も簡単に仕事を探したいという人におすすめなのが、転職エージェントです。

転職エージェントは無料で利用でき、あなたに合った求人情報を紹介してもらうことができます。

面談の際に在宅ワークを希望している旨を伝えれば、条件に合った企業を紹介してもらえるでしょう。

転職エージェントなら、転職活動のサポートもしてくれるので安心して任せられます。

在宅ワークを導入している企業に直接確認する

もしも応募したい企業が決まっていて、その企業が在宅ワークを導入しているのであれば、直接確認すると良いでしょう。

もしかしたら、在宅ワークをするには条件があるのかもしれません。

企業に対して直接連絡をすることで、それだけ志望度が高いというアピールにもなります。

応募したい企業が決まったら、企業がどのような働き方をしているのか調べてみましょう。

すでに在宅ワークをしている人に紹介してもらう

あなたの知人で、在宅ワークをしている人がいたら、その人に紹介してもらうのもありです。

その人が働いている企業のニーズとあなたのスキルがマッチすれば、入社できるかもしれません。

知人の紹介ということで、企業側にとってもあなたにとっても安心して働けます。

周りに在宅ワークで働いている人がいないか、確認してみると良いでしょう。

在宅ワーク未経験でも正社員になれるのか

在宅ワーク電話

結論からいえば、未経験でも在宅ワークの正社員を目指すことができます。

しかし、未経験の業種だといきなり在宅ワークをするということは難しいでしょう。

仕事の進め方などがわかっていない状態で在宅ワークになるのはリスクがあります。

あなたにとっても、いきなり一人の空間で仕事をするということは不安でいっぱいになるのではないでしょうか?

そのため、仕事に慣れるまでの数ヶ月間は、会社に通わなければならない場合が多いでしょう。

しかし、中には会社に行かなくても研修が受けられる企業もあります。

気になる人は応募の際に、在宅ワークの条件を確認するようにしてください。

在宅ワークで正社員を目指すなら転職エージェントに相談しよう

相談

在宅ワークの仕事の探し方でも紹介しましたが、誰でも簡単に利用できるのが転職エージェントです。

企業の中には、転職エージェントにしか求人を出していない企業も存在します。

あなたの条件に合わせながら企業を選択できるので、在宅ワーク可能な求人も紹介してもらえるでしょう。

転職活動のプロからの助言をもらいながら転職活動ができるので、内定をもらえる確率も高いです。

自分が応募したいと思っている企業がどのような企業なのか、第三者の目線からも聞くことができます。

企業の良いところだけではなく、悪いところも伝えてもらえるかもしれません。

安心して入社したいと思っている人は、転職エージェントの相談を検討してみてください。

まとめ

在宅ワーク

今回は在宅ワークの正社員についてご紹介しました。

在宅ワークはメリットばかりがフォーカスされがちですが、デメリットも存在します。

もしも在宅ワークで働くなら、デメリットについてもしっかり理解しておきましょう。

そして、在宅ワークならではの注意点もいくつかあります。

自分の評価だけではなく、企業の信用問題に関わる危険性もあるのが在宅ワークです。

注意点も頭に入れて、在宅ワークで自分の時間を大切にしながら働きましょう。