結婚式やブライダル業界。ウェディングプランナーは晴れ舞台の演出をお手伝いするお仕事です。

美容・お花・ドレス・メイクなどから企画・プロデュース力まで幅広く、とても華やかな世界のイメージがあります。

実際にはどのような仕事でどのような人材が活躍できるのか、さっそくご紹介したいと思います。

ウェディングプランナーの志望動機の考え方を解説

ウェディングプランナーは契約プロデュースの大きく分けて2つの役割に分類されます。

限られた業務よりは幅広い業務をこなせる方が好印象ですが、企業の形態により担当範囲は異なる可能性があります。

契約業務とプロデュース業務で部門が分かれている企業とトータルで担当する企業では志望動機も調整した方が良いでしょう。

営業や接客が得意な場合は顧客契約関連に重点をおいた志望動機、イベント管理が得意な場合はプラン実行の実績をアピールします。

ウェディングプランナーに向いてる女性

ガッツ

業界、職種に限らず共通する項目もありますが、特にウェディングプランナーに求められる資質について代表的なものを挙げてみます。

  • イベント好き
  • 人を喜ばせることが好き
  • 色々な立場に理解がある
  • ビジネスマナー
  • スケジュール管理
  • ストレス耐性
  • 体力に自信がある

「結婚式が好き」が一番では?と思う方がいるかもしれませんが、結婚式が好きなことは資質ではなく前提です。

そのためここでは敢えて外しました。

結婚式は新郎新婦だけでなく出席者全てにとって、人生の一大イベントです。

大切なイベントをプロデュースするためには人を喜ばせることが好きであること、様々な人の立場にたって物事を考えられる力が必要です。

結婚式は儀式的な側面も持つため親族や会社関係者の対応という意味で、社会人としてのビジネスマナーも要求されます。

とても華やかな部分とは別に、引出物管理や出席者確認など数多くの裏方作業も大事な仕事の一部です。

主役を輝かせるために綿密な計画を立て、会場準備に奔走しながら完璧な結婚式を作り上げます。

プレッシャーに耐える体力も必要です。

結婚式は出席者の事情も考慮して平日よりも土日祝日の方が人気です。

基本的には土日祝日は休めず休日は平日のみと考えた方が良いでしょう。

 

ワンポイント
 ウェディングプランナーに必要な資質を理解しよう

アピールしたい資格やスキルは?

花嫁

ウェディングプランナーは結婚式のプロデュースという分野に特化しています。

そのため通常のイベント会社と比較すると狭いながらも深い業務知識が必要になります。

結婚式は不特定多数をターゲットにしたイベントとは異なり、新郎新婦を中心とした非常に私的な集まりです。

人生の特別なイベントを任せるのですから、依頼者側もウェディングプランナーはしっかりと選びます。

それでは相談者の信頼を得るために、ウェディングプランナーとして活かせる資格やスキルにはどのようなものがあるでしょう?

ブライダルコーディネート技能検定

ノートをもつ女性

ブライダルコーディネート技能検定は公益社団法人日本ブライダル文化振興協会が実施する国家検定です。

等級は1級から3級に分かれています。

3級はこれからブライダルコーディネーターを目指す人、1級は後進指導のマネージメント能力までが必要になります。

状況にあわせて目標設定すると良いでしょう。

ブライダルコーディネート技能検定はウェディングプランナーになるために必ず必要な資格ではないものの、国家資格です。

相談者にとって国家資格を持っている担当者と持っていない担当者では、資格を持っていた方が信頼性が高くなる可能性があります。

ブライダル関連の総合的な知識を有していることの証としてウェディングプランナーを目指す方は検定に挑戦すると良いでしょう。

ブライダル業界に就職しても最初からウェディングプランナーの職に就くことは難しく、様々な業務を通して経験を積むことになります。

業界での実務経験がない場合はブライダルコーディネート技能検定に挑戦してみてはいかがでしょうか?

憧れのウェディングプランナーへの近道になるかもしれません。

ブライダル関係の知識

ブライダル業界で役立つ知識は様々です。

冠婚葬祭のマナーはもちろんのこと、予算・料理・装飾・美容・お花・エステ・英会話などなど。

相談者は結婚式で輝くための秘訣を求めています。

ウェディングプランナーとして選んでもらうためには、まず相談できる相手であることが必要です。

もちろん全ての知識をまんべんなく持ち合わせている人はあまりいませんし、全てを知っている必要はありません。

知識不足を補うために相談者と同じようなことに関心や興味を持つようにしましょう。

情報を貪欲に吸収し共有できる力はアピール材料になります。

企画力

結婚に対する考え方の変化に伴い、ブライダル業界も変化しています。

主役である新郎新婦がどのような結婚式を挙げたいのかが一番大切であることには変わりありません。

しかし具体的な結婚式の段取りを事細かに想像しているカップルは多くはないでしょう。

結婚式という枠の中でいかに新郎新婦と来場者の思い出に残るイベントを作り上げるかは、ウェディングプランナーの企画力次第です。

 

ワンポイント
 資格やスキルと同じくらいマナーが大切。

志望動機で注意すべきポイント

好きや憧れは志望動機の重要な要素ですが、それだけで採用を勝ち取ることは難しくなります。

志望動機を書く際のポイントをご紹介しましょう。

志望動機書き方

ポイント 女性

志望動機としておすすめの要素を挙げていきます。

例1

「幼いころから将来ブライダル業界で働くことが夢です。

大学卒業後、ブライダル業界を含む接客業での就職活動を行い現在の○○に就職いたしました。

今回貴社での募集を知り、どうしても諦めきれずもう一度ブライダル業界に挑戦したく応募いたしました。」

志望動機なのでまずは志望理由を記載します。

好きだから、憧れだからという理由だけでは務まらない仕事です。

しかしながら、好きという思いがないと続けられない仕事ですのでその気持を伝えましょう。

例2

「現職では顧客のヒアリングを重視し、提案営業を心がけてまいりました。

顧客の声を聞きながら具体化してきた経験を、個性的で特別な企画を提案する力を必要とする貴社の業務で活かしたいと思います。」

ウェディングプランナーとして活かせる経験を志望動機に盛り込みます。

営業や接客経験者は、顧客への提案や接し方で心がけている点と、その結果得た成果を強みとしてアピールすると良いでしょう。

例3

結婚式

「人を喜ばせることが大好きで、企画から開催まで誕生日やパーティなどのイベントの幹事には必ず立候補しています。

現在の接客業も自分に合った職業だと感じておりましたが、結婚パーティの企画を任された際、今までにない充実感を感じました。

人生最良の日を迎えるカップルに対し、失敗できない重圧さえも楽しむことができたことは自分でも驚きです。

そして花嫁がとても喜んでくれたことに何よりも感激しました。

貴社に入社することができたら、この気持を忘れずにどのカップルにも真摯に接しサポートできるよう精一杯努力いたします。」

ウェディングプランナーを目指したいと思うきっかけは具体例が印象に残りやすいです。

なぜブライダル業界なのかを意識すると良いでしょう。

志望動機を読む人に志望者が実際にウェディングプランナーとして活躍する姿を想像させるような、具体的な姿を見せることが大切です。

志望動機書き方NG例

NGサインをする女性

ブライダル業界に限りませんが、志望動機が曖昧にならないよう注意点を挙げてみましょう。

例1

「企画営業で培ったプランニング能力を十分に活かせると考え貴社に応募いたしました。

立案した企画については確実に予算・期日内に遂行することをモットーに取り組んでおり、貴社の業務でも活かしたいと思います。」

予算や時間の管理はとても大切ですし、ブライダル産業も企業なので当然利益を重視します。

管理業務を得意とする場合は、どのような管理することで予算や期日を守るかを表現した方が良いでしょう。

例2

「イベント会社に勤務しており、サプライズ企画やパーティを主催に携わってまいりました。

結婚パーティ企画も経験があり企画提案、遂行には自信があります。」

イベント主催はとても有利な経験ですが、結婚式を1イベントとして捉えている印象を受けます。

せっかくの経験ですので、ブライダル業界で活かせる部分を強調しましょう。

 

ワンポイント
ブライダル業界への志望動機を明確に!

面接での自己PRポイント

考える女性

実際に志望する企業の面接に進んだら、しっかり自己分析を行い志望動機と自己アピールすべき点がリンクしていることを確認します。

ここでは他業種・他業界からのウェディングプランナーに転職する場合、アピールできる経験ついてご紹介します。

営業企画などの経験

女性ビジネス

結婚に対する考え方は変化しており、ブライダル業界も結婚式の多様化に対応する必要があります。

ウェディングプランナーはプランを売ることから始まります。

結婚式場や自社の利益と新郎新婦の予算にも配慮した企画を考えることは、他業界での経験も大いに活かせる部分です。

営業経験者は企画力を大いにアピールしましょう。

コミュニケーション能力

顧客の希望を引き出すため、コミュニケーション力がとても大事になります。

結婚式は頻繁にある機会ではなく、やり直しができません。

こだわりの有無に関わらず満足できる機会を提供するためには、関係者から情報を引き出すコミュニケーション力が必須です。

新郎新婦のみでなく、場合によっては友人やご家族・同僚・上司・恩師など色々な方と関わる機会も多々発生します。

特別な機会思い出に残る経験として提供するために、多彩なコミュニケーション例を準備しましょう。

 

ワンポイント
自己アピールするには しっかり自己分析することが大事。

面接で注意すべき点

ブライダル業界やウェディングプランナーは華やかなイメージがありますが、結婚式という貴重な体験を作り上げることが仕事です。

緊張感漂う場でいかにうまく進めるかは、面接官にとって志望者の適正を確認する絶好のチャンスです。

同時に応募者にとっても自己プロデュース力を発揮するチャンスであることを意識しましょう。

清潔感ある服装

並んで立つ女性

最近は業界によって、転職時の面接ではラフな服装にも抵抗がない会社も増えています。

しかし、ブライダル業界は礼儀・伝統・格式なども大切にしていると考えた方が無難です。

老若男女を問わず違和感を与えない服装を心がけましょう。

接客業ですのでメイクやアクセサリーはさり気なく、清潔感を大切に。

笑顔

 

ウェディングプランナーは接客がメインです。

企画立案者は契約を得るためにお客様と対峙、プロデュース業では新郎新婦のみでなく不特定多数の来場者と接する機会があります。

結婚式は特別な機会ですので、慣れている方はあまりいません。

わからないことばかりで何を相談して良いか不安に感じる方も多いでしょう。

ウェディングプランナーは相談しやすい雰囲気を持っていることがとても大切です。

面接という緊張する場であっても笑顔でいられることポイントが高くなります。

話し方・聞き方

面接官は応募者が自社のがイメージするウェディングプランナー像を描きながら面接を行います。

ウェディングプランナーは特別な機会を提供する企業の窓口です。

相談相手の信頼を得ることが何よりも大切です。

面接の際は面接官の言葉にしっかりと耳を傾け、聞き取りやすくわかりやすい言葉で話しましょう。

ウェディングプランナーの志望動機に迷ったら転職エージェントに相談しよう

相談 女性

ウェディングプランナーは専門学校やウェディングプランナー向け資格講座もあるほど人気がある職業です。

しかし業界は広くないため、募集は限られており狭き門であるといえます。

ウェディングプランナーを目指すのであれば資格取得はもちろん有益ですが、必ずしも必須ではありません。

他業種から転職する場合は勝手がわからず何から初めたら良いか、不安になりがちです。

そんな時は転職エージェントを頼りましょう。

転職エージェントは業界を問わず求人情報をもっています。

また、募集企業がなぜ採用活動を行い、どのような人材を求めているかなどの情報を採用担当者から入手しているケースが多々あります。

何がなんでもウェディングプランナーになりたい人は募集内容を気にすることなく、どんどん応募できるかもしれません。

しかし、多くの方は自分自身が思い描いているウェディングプランナー像にあった企業を探しています。

闇雲に挑戦したり、挑戦する前に諦めたりすることは非常にもったいないことです。

将来チャレンジしたい仕事があるのなら、すぐに転職の意思がなくても、まずは転職エージェントに登録し相談してみませんか?

転職エージェントは募集企業と応募者のマッチングを行うプロであり、希望する業界が欲する人材の傾向や対策を熟知しています。

ブライダル業界へアピールするつもりで転職エージェントに自己アピールの練習することにより、客観的な立場からアドバイスが受けられます。

まとめ

桜 ポートレート

ウィディングプランナーは人気の職業ですが、募集自体があまり多くありません。

募集がでても、気づかないまま募集が終了してしまう可能性もあります。

転職エージェントには非公開求人情報も集まってきますので、募集がないからといって諦めずに担当エージェントに相談しましょう。

華やかな職業である一方で、体力的にも精神的にも忍耐力を必要とされるブライダル業界。

募集要項には記載されない企業の本心や求める人材像をしっかり把握して、ぜひ憧れの職業に挑戦してください。