美容部員の求人傾向を徹底調査!未経験・無資格でも働ける?パートの仕事内容や給料相場と正社員を目指す方法も詳しくご紹介

美容のスペシャリストとして働く美容部員に憧れを持っている方はたくさんいます。

しかし、その中にも美容業界と聞いて「自分には無理かも」「なんとなくハードル高そう」と思っている女性も多くいらっしゃるはずです。

そこで今回は美容部員を目指している方向けに、美容部員になるためにはどうしたら良いのか、正社員でなくても求人はあるのかなどを徹底解説します。

美容部員ってどんなお仕事?

まずは美容部員の主な仕事内容についてご紹介します。

接客・カウンセリング

メイクアップ

百貨店やドラッグストアで、接客をしている美容部員を見たことがある方は多いと思います。

接客やカウンセリングは美容部員の一番のお仕事です。

来店したお客さんの話を聞いて求めている商品を提案したり、実際に化粧品をお客さんの肌に乗せるタッチアップを行ったりします。

お客さんごとに求めている商品や抱えている悩みは様々です。

接客では、お客さんの悩みを聞き出すカウンセリング能力と化粧品の知識の豊富さが必要とされます。

バックヤード業務

石鹸

美容部員の仕事は接客だけではありません。

タッチアップで使用したブラシやパフを洗ったり商品の発注を行ったりと、お客さんから見えないバックヤード業務も仕事のうちです。

開店前、閉店後には商品をきれいに並べ直したり店内の掃除をしたりもします。

接客している姿が華やかなイメージな分、バックヤード業務はどうしても地味な仕事に見えてしまいます。

しかし、化粧品やスキンケア用品の販売では店舗の清潔感が大切です。

お客さんに気持ちよく過ごしてもらうためには大事な仕事だと心得ておきましょう。

「美容部員になりたいけど・・・」こんな不安を抱えていませんか?

憧れはあるけど、自分が美容部員として働けるのか不安を抱えている方はたくさんいると思います。

そこで、実際に美容部員として働いたことのある方の口コミを元に、美容部員のリアルな実態をご紹介します。

資格は必要?

ペンで何かを書く写真

化粧品検定やメイクアップ検定、スキンケアマイスターなど美容に関係する資格はたくさんあります。

「美容の専門学校もあるくらいだからそこで資格を取らないと美容部員として働けないのでは?」とも思いますが、実は美容部員になるのに資格は必要ありません

美容部員は人の入れ替わりの激しい職業なので、基本的に人手が足りていません。

採用の間口を広げるために、「未経験から応募可能、資格も必要なし」という求人を出しているところがほとんどです。

もちろん、化粧品検定やメイクアップ検定などの資格は持っていれば採用時に有利になったり自身のアピールになったりします。

平日休みって実際どうなの?

コーヒー

販売職として働くことを考えたときに、土日に休めないということをデメリットに感じる方はたくさんいるようです。

みんなが休んでいる時に仕事をするのは嫌だと感じる方は多いようです。

しかし、施設が空いている時に買い物に行くことができたり、飲食店や美容院などで平日限定のクーポンが使えたりするのは平日休みの特権です。

実際に販売職の方の口コミを見ると、「お得なことがたくさんあるから平日休みの方が案外良い」という声も数多くありました。

また、基本的に2、3日出勤すれば休みになることが多いので、平日5連勤よりも自分に合っているという方もいました。

化粧品は自分で買わないといけないの?

アイシャドウ

店舗に立つ時には自社の商品でメイクをすることが原則ですが、その時のスキンケア製品やメイクアップ製品は自分で揃えなければいけないのでしょうか?

ネットには「入社時に化粧品一式は会社からもらえることがほとんどで、自分で買うのはスキンケア用品くらい」というクチコミが見られました。

スキンケア用品も自社のものが肌に合わないから他社のものを使っている場合も多いようです。

制服も支給されるので、自分で揃える必要があるのは靴や時計くらいです。

応募時に確認が必要ですが自分で買わなければいけないものはかなり少なく、化粧品に関してはほとんど会社から支給されると思っていて問題ないでしょう。

美容部員として働くには?

一口に美容部員といっても、雇用形態や働く場所などは様々です。

ここでは、美容部員として働くにはどのような方法があるのかを解説していきます。

化粧品メーカーに就職する

考える女性

一つ目は、化粧品メーカーの美容部員募集に応募するという方法です。

応募するメーカーによっては、ドラッグストアと百貨店のどちらに配属になるかわからないという場合もあります。

もしもどうしても百貨店で勤務したい場合は、百貨店だけに店舗を展開しているメーカーに応募してくださいね。

逆にドラッグストアで働きたい方は、ドラッグストアに置いてあるメーカーで募集が出ていないかチェックしてみてください。

化粧品メーカーに就職することのメリットとして、待遇の良さやその後のキャリアアップの幅が広がることが挙げられます。

美容部員として経験を積んだのち、店長を目指すことはもちろん、異動で企画や販売促進業務に携わることも可能です。

百貨店の募集に応募する

求人

美容部員として働く方法の二つ目は、百貨店の求人に応募する方法です。

百貨店の店舗ごとの募集されることが多いので、応募した時点で自分がどこで働くのか分かっているのはメリットでしょう。

自宅の近くに百貨店があるなら、自宅近くで働くことも可能です。

百貨店の募集だと、希望の店舗を選ぶことができたり、途中で同店舗の別メーカーへの異動ができたりする場合もあるようです。

ちなみにメーカーの募集でも百貨店の募集でも、仕事内容に違いはありません。

この先ずっと美容業界で働きたい、美容部員としていろいろなメーカーで経験を積んで成長したいと思っている方にはこちらの方が向いています。

パートやアルバイトとしてキャリアをスタートする

働く女性、外回り、ビジネス

パートやアルバイトで美容部員として働くことも可能です。

募集が出るのはかなりレアですが、百貨店勤務とドラッグストア勤務どちらも求人が出ることはあります。

パート美容部員ってどうなの?仕事内容や待遇を徹底解説!

ここからは、パートで美容部員として働きたい方向けに仕事内容や待遇について詳しくご紹介します。

パート美容部員の仕事内容

ハンドクリーム

仕事内容は先ほど「美容部員ってどんなお仕事?」でご説明した接客・カウンセリングとバックヤードがメインです。

社員と同様お客さんのカウンセリングやタッチアップを行うので、パートといえども肌や自社製品の知識は必要不可欠です。

売り上げの管理や発注業務は店長や経験の長い社員がやることが多いですが、それ以外の業務では社員と同じ仕事をこなし、同等の知識を持っていなければいけません。

パート美容部員の時給はどのくらい?

ユーロ紙幣

ドラッグストア勤務なのか百貨店勤務なのか、どのエリアで働くのかによって時給にばらつきが出ます。

百貨店勤務の場合の時給相場は1,000〜1,200円くらいで、新宿や池袋の百貨店だと時給1,400円の求人が出ることもあるそうです。

ドラッグストア勤務の求人は時給1,000円を下回ってしまうこともあります。

ですので、収入を重視する方には百貨店の求人がおすすめです。

販売経験がある方や美容系の資格を持っている方は、高めの時給からスタートするケースもたくさんあります。

チェックしておくべき福利厚生

パソコン、スマホ

勤務地や給与以外にも、求人票の福利厚生は必ずチェックすることをおすすめします。

社員になることを考えている方は正社員登用制度があるブランドに、未経験から始める方や化粧品知識に不安がある方は研修がしっかりしているブランドに応募すると良いでしょう。

パートでも産休や育休が取りやすいブランドもあるようです。

週2、3日から働ける求人もあるので、自分のライフスタイルに合わせて求人を探してみてください。

派遣という働き方も

タブレット

アルバイトやパートと似た働き方に派遣というものがあります。

派遣会社に登録して派遣会社が持っている美容部員のお仕事を紹介してもらう働き方です。

パートはずっと働くことを前提に採用されますが、派遣の場合は契約期間が決まっています。

契約更新になるケースも多いですが、更新は双方に更新の意思がないとできません。

社員の採用が決まった、閑散期に入るから派遣はもういらないなどの理由で更新できない可能性もあります。

パートよりも時給が高いというメリットはありますが、安定して働きたい場合はパートを選ぶことをおすすめします。

まとめ

マニキュア

今回は美容部員として働くためにはどうすればいいのか?ということをご紹介しました。

美容部員は女性が多い職業なので、ライフステージに合わせた働き方ができるのも嬉しいポイントです。

化粧品や美容が好き、美容業界に憧れがれがあるという方はぜひ挑戦してみてくださいね。