トータルビューティーサロンの求人内容を調査!ドラッグストアのバイトの仕事内容と給料相場は?志望動機の書き方も詳しく解説

トータルビューティーサロンと聞くと、エステなどの専門店をイメージする方が多いかもしれません。
実は、身近なドラッグストアでも化粧品やエステなどのサービスを受けられるお店があるのをご存じですか?

ここでは、ドラッグストアのそんなサービスの仕事内容や給料相場、志望動機の書き方をご紹介します!

トータルビューティーサロンとは

女性、写真、顔
ドラッグストアの一部の店舗では、化粧品の専門カウンターエステのサービスなどを行っています。こうしたサービスを行うコーナーがトータルビューティーサロンと呼ばれるものです。

デパートに出店しているようなブランドの商品が購入できるカウンターがあったり、美容や化粧品の知識を持ったアドバイザーに相談ができたりします。

化粧品を含め美容に関するサービスが充実していると女性のお客様の来店につながるため、力を入れるドラッグストアが増加する傾向があるのです。

また、生活用品を買いに訪れるお客様にとってキレイになれるサービスを気軽に利用できることはメリットであり、ドラッグストアの付加価値アップにもつながるといえるでしょう。

トータルビューティーサロンでバイトはできる?

口紅、グロス
ドラッグストアにあるビューティーサロンで働くスタッフは大きく以下の2つのタイプに分けられます。

  • 化粧品メーカーに入社しドラッグストアに派遣されるタイプ
  • ドラッグストアに入社し、ビューティーサロンに配属されて働くタイプ

どちらの場合もアルバイトやパートでの募集があります。

ただ、必ずしも希望する店舗に配属されないケースや募集が出ていない場合もありますのでご注意ください。

働いてみたいコスメブランドがある方は、ブランドのホームページでこまめに求人をチェックするのがおすすめです。

一方、ドラッグストアの募集はホームページ以外にも店舗にポスターを掲示して求人を出すケースもよくあります。

働きたいお店があれば、店内の掲示がないかチェックしてみましょう。

仕事内容はどんなことをする?

メイクアップ、化粧品
ドラッグストアのビューティーサロンで働く場合には、どのような仕事を担当するのでしょうか。

会社によって仕事内容は異なりますが、ここでは代表的なものをご紹介します!

化粧品の販売や接客

ドラッグストアの店舗内のビューティーサロンでお仕事をする際のメイン業務です。

カウンターでお客様からお悩みを聞いてカウンセリング肌診断を行ったり、化粧品を販売したりすることになります。

その他にも実際にお客様へメイクをしたり、エステやネイルなどのサービスをする店舗であれば施術も担当範囲です。

化粧品の商品知識はもとよりメイク技術やメイクのトレンド、スキンケアなど美容全般に関する知識も必要とされます。

そうした知識が身につくことやお客様のお悩みを解決できることがやりがいといえるでしょう。

レジ打ちなどの店舗運営業務

ドラッグストアの店舗を運営していくための業務も担当することがあります。

先にご紹介した接客などがメイン業務にはなりますがレジ打ち、品出しや検品なども担当する場合があることは知っておきましょう。

また、化粧品以外の商品のことをお客様から聞かれることもあります。

お仕事をしているドラッグストアで取り扱っている商品のことや陳列場所については知っておくことも求められます。

つまり、ドラッグストアのビューティーサロンでお仕事をする場合はひとつの仕事に集中するより、マルチタスクをこなせることが大切になるのです。

ただし、ビューティーサロン専属のスタッフを置いている店舗の場合はサロンで行うサービスに専念することになります。

給料の相場は?

お金、ハート

ドラッグストアのビューティーサロンに働くタイプによって、アルバイトの時給の相場も異なります。

化粧品のメーカーなどに入社した場合

化粧品などのブランドに入社したあとに派遣されてドラッグストアのビューティーサロンで働く場合は、時給1000円~1500円が一般的な相場になります。

ドラッグストアに入社した場合

ドラッグストアに入社しビューティーサロンの部門に配属された場合は時給800円~1000円くらいになるようです。

いずれの場合でもアルバイトで働くのであれば、未経験可で学歴も高卒OKというケースも多くあります。

仕事に興味があるけれど、ビューティーサロンなどでの勤務経験がなく不安という方でも安心してお仕事を始められます。

入社後のキャリアパスや研修は?

会社によってはアルバイトとして入社したあとに、契約社員や正社員への転換が可能なキャリアパスを用意していることがあります。

アルバイトとしてお仕事を続けるのか、社員としてキャリアを積むのか、選択肢は人それぞれ。

最初とは希望が変わる可能性もありますから、キャリアパスを事前に確認しておくと良いでしょう。

ちなみに、社員となった場合のお給料は、17万円~22万円でのスタートが一般的なようです。

会社によって、研修の有無や仕事内容、待遇なども異なりますので、しっかり確認しておくことをおすすめします。

志望動機の書き方

ドラッグストアのビューティーサロンで働きたい理由を書く

標識、成功
ドラッグストアのビューティーサロンで働きたいと思ったきっかけや理由は志望動機に必ず書く必要があります。

ドラッグストアは、路面店やショッピングモール内の店舗など、様々な場所にあります。

店舗の特徴を踏まえて「立地や客層が自分の提供したい接客とマッチしている」など、その店だからこそ働きたいという気持ちをしっかり書きましょう。

お店に興味を持った背景や働きたい理由が具体的にイメージできるように志望動機を書くことで、プラスの印象がお店に伝わりやすくなります。

接客が好きなことや役立つ経験をアピールする

女性、顔写真
ドラッグストアのビューティーサロンで働く場合、メイン業務は接客や販売となります。そのため接客が好きであることは必須条件です。

また、ビューティーサロンに限らず「仕事でお客様と接した経験」があれば積極的にアピールしましょう。

お店で活躍してくれるイメージがしやすく、即戦力として関心を持ってもらいやすくなります。「接客が好き」というポイントやこれまでの経験も志望動機に含めて書きましょう。

自分の都合だけの理由は書かない

少女、赤髪
ドラッグストアに限らず「このお店だから働きたい!」と言ってくれる人のほうが好印象なのは当然です。

そのため、このお店でなくてもよかったのかな?と思われるような志望動機は避けたほうがよいでしょう。

どこのお店にも当てはまるような志望動機や家から近いだけで志望したと思われるような理由は本気度が伝わりません。

もちろん家から近いことは便利なのですが、それだけではなくお店が持っている魅力や自分が貢献できることを明確に書くことをおすすめします。

まとめ

女性、モデル
ドラッグストアは地元密着で展開していることが多いため、常連のお客様が繰り返し来店するケースがほとんどです。

そのため、ビューティーサロンではお客様と継続してお付き合いをしてサービスを提供できることが大きな特徴であり魅力になります。

ひとりひとりのお客様に丁寧に向き合って、キレイになるサポートをする接客を望む方であれば、ドラッグストアのビューティーサロンはやりがいを感じられるお仕事です。

また、身近な存在であるドラッグストアにいらっしゃるお客様は年齢層や持っているお悩みも様々です。

サービスを提供するなかで、幅広いお客様に対応できるコミュニケーション力豊富な商品知識が身に付くでしょう。

レジ打ちや検品も含め、店舗内でマルチにお仕事をこなすことで大きく成長できることも期待できます。

ドラッグストアのビューティーサロンでのお仕事にご興味がある方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。