ビューティーアドバイザーの求人傾向を徹底調査!大卒と高卒の給料相場とは?仕事内容と志望動機の答え方のコツも詳しく解説

ビューティーアドバイザー(BA)は、ビューティーカウンセラー(BC)・美容部員・ビューティーコンサルタント(BC)などと呼ばれることもあります。

スキンケアやメイクのやり方を教えてくれたり肌悩みに沿った商品を教えてくれたりと、美のスペシャリストのような存在です。

今回はビューティーアドバイザーの仕事内容や求人傾向、年収などをわかりやすく解説していきます。

ビューティーアドバイザーへの就職や転職を考えている方、憧れはあるけど自分でもなれるのか疑問に思っている方はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

ビューティーアドバイザーの仕事内容

まずは、ビューティーアドバイザーの仕事内容から見ていきましょう。

ビューティーアドバイザーの仕事内容は店頭に出てカウンセリングや販売を行う接客業務と、裏で事務作業や掃除を行うバックヤード業務の二つに分けられます。

接客業務

石鹸

ビューティーアドバイザーは販売職に分類されるので、店舗に立ち寄ったお客さんに接客し商品を販売していくことがメインの業務になります。

似たようなお仕事に化粧品販売員があります。

お客さんがレジに持ってきた商品のお会計をするだけでなく、お客さんの話を聞いたり直接肌に触ったりしてカウンセリングを行うのが化粧品販売員とビューティーアドバイザーの違いです。

お客さんをカウンターに案内し、ヒアリングや肌診断、なりたいイメージなどをヒアリングしカウンセリングをします。

次に実際の商品をお客さんの肌に乗せて試すタッチアップを行います。

お客さんごとに肌の悩みや求めているものが異なるため、的確なアドバイスをするには豊富な知識が必要とされます。

接客がうまくできた時やお客さんが笑顔で帰ってくれた時に、ビューティーアドバイザーとしてのやりがいを感じられる方が多いようです。

しかし、基本的に立ち仕事がほとんどである程度体力が必要なことも覚えておいてくださいね。

バックヤード業務

パソコン

商品の発注や在庫管理、清掃、検品などがバックヤード業務です。

発注や在庫管理はある程度経験を積んでから任されることが多いです。

経験が浅いうちは店舗に届いた商品に傷や異常がないか確認したり、メイクブラシやスポンジなどの清掃を行います。

地味な作業ですが、お客さんに不快感を与えないためには清掃や検品業務も大切なお仕事です。

ビューティーアドバイザーとして働くメリット・注意すべきこと

ビューティーアドバイザーと聞いてどのような印象を持つのかは人それぞれだと思います。

様々な印象を持っている方がいらっしゃると思うので、ビューティーアドバイザーとして働くメリットやデメリットをまとめてご紹介します。

ビューティーアドバイザーとして働くメリット、仕事のやりがい

メイクアップ

ビューティーアドバイザーとして働くメリットといえば、なんといっても化粧品に囲まれて働けることでしょう。

コスメやスキンケアが好きな方にはたまらないですね。

コスメやスキンケア用品も洋服と同じようにシーズンごとに新しい商品が出ますが、新商品を誰よりも早く試すことができるというのもコスメ好きにとってはメリットに感じる部分でしょう。

また、自分の知識を深めるために社割を使って自社製品を購入できたりサンプルをもらえたりするブランドもあるようです。

このような福利厚生があるとモチベーションもアップしますね。

やりがいについては、自分のカウンセリングや提案でお客さんの役に立てた時にやりがいを感じたという声が多く見られました。

ネット上では「自分の提案した商品を気に入ってもらえた時にやりがいを感じた」「『○○さんにまた相談したくて来た』とリ言われた時に嬉しかった」という声がありました。

ビューティーアドバイザーとして働く時に注意すべきこと

トラブル

ビューティーアドバイザーは華やかなお仕事ですが、そのイメージしか持たずに働くことを決めてしまうと後からギャップに苦しむことも考えられます。

入社前後のギャップが大きくやめてしまう人もいるため、ビューティーアドバイザーは離職率が高めの職業になっています。

マイナスになり得る部分もしっかり理解しましょう。

先ほどもご紹介しましたが、ビューティーアドバイザーは立ち仕事がメインなので体力が必要になります。

タイトな制服にヒールで働かなくてはいけないブランドもあるので、身体や足への負担が大きくなることも考えられます。

また、空調が効いて乾燥する場所で働くので、自分の肌が荒れてしまう可能性もあります。

タッチアップの前後など、こまめに手を洗うので手荒れに悩むビューティーアドバイザーも数多くいるようです。

ビューティーアドバイザーの求人傾向

実際の求人はどのような条件や福利厚生のものが多いのでしょうか。早速求人の傾向をご紹介していきます。

ビューティーアドバイザーになるのに資格は必要ない

青い目の女性

前提として、ビューティーアドバイザーになるために資格は必要ありません。

そのため、理美容系の専門学校を卒業してビューティーアドバイザーになったり、大卒で化粧品メーカーに就職したりすることが多いようです。

中には、高卒でアルバイトでビューティーアドバイザーになり正社員登用を目指すという方もいます。

持っていたら採用されやすくなったりキャリアアップしやすくなったりする資格はいくつかあるので、気になる方はチェックしてみてください。

未経験からOKの求人がほとんど

スキンケア用品

ビューティーアドバイザーは未経験からスタートできる求人がたくさんあります。

少子高齢化で労働人口が減少していることもあり、ブランド側もなるべく採用の間口を広げたいと思っているのでしょう。

誰でも応募できますが、何かしらの販売経験がある人や資格を持っている人は優遇されたり手当がついたりするケースも多く見られます。

残業時間少なめの求人が多数

メイクアップ

店舗が閉まってしまえばあとは片付けや清掃をするだけなので、残業は発生しにくい職業です。

働き方改革に力を入れている企業も多く、棚卸しや店舗のレイアウト変えの日以外はほとんど残業がない求人も数多くあります。

毎週土日に休みを取ることは難しいですが、定時退社できると考えるとプライベートも充実させつつ働くことができそうです。

求人の選び方

新店オープンや欠員補充で人手不足のため、ビューティーアドバイザーの求人は増加傾向にあります。

自分にあった求人を選ぶためのポイントを2つを解説します。

好みではないブランドは候補から外す

マスカラを塗る女性

メイクなら自分の好みの系統ではないブランドを、スキンケアなら自分の肌に合わないブランドは応募候補から外しましょう。

いくら条件が良くても自分が扱っている製品を好きになれないと、お客さんに自信を持って提案することが難しくなってしまうからです。

仕事へのモチベーションを保つためにも自分の系統に合うブランドや自分の好きなブランドに応募してみましょう。

収入がいくらあれば良いのかを計算する

紙幣と硬貨

例えば、美容系の職業から年収アップを目指して転職する方と未経験からビューティーアドバイザーを目指す方では、必要な年収が異なります。

同様に20代前半と30代では理想とする年収が違います。

自分がどうして(何が目的で)ビューティーアドバイザーになりたいのか、どのくらいあれば納得できるのかを計算してみましょう。

正社員での就職や転職を考えているなら、昇給や賞与の有無も求人票で確認しておきましょう。

気になる給与面は?

ビューティーアドバイザーの雇用形態は正社員やアルバイトなどがあります。ここでは雇用形態ごとの給与を比較していきます。

正社員

アイシャドウ

正社員としてビューティーアドバイザーになる方の多くは、大卒や専門卒の場合です。

もしくは正社員からの転職の場合が考えられます。

経験年数によって幅が出ますが、月収19万円〜25万円に皆勤手当や資格手当などの諸手当が付くことが多いです。

250万円〜350万円くらいがビューティーアドバイザーの平均年収です。

アルバイト

女性が紙幣を持っている写真

子育てと両立させながらアルバイトとして復職した方や、正社員登用を目指している方が主にアルバイトとして働いています。

先ほど簡単にお伝えしましたが、高校卒業後すぐにビューティーアドバイザーを目指す方はアルバイトや派遣から始めるのが一番ハードルが低いです。

まれに学歴不問で高卒からOKの正社員の求人がありますが、数はそこまで多くはありません。

ただし、高校卒業後に正社員として何かしらの仕事に就いていれば正社員求人への応募も難しくないでしょう。

気になる時給は、首都圏で1,000円〜1,200円くらいです。

1日8時間、週5日働いた場合の月収は16万円〜19万円くらいですが、正社員と違って賞与や昇給がないことも多々あるので注意してください。

採用への近道!志望動機の答え方のコツは?

働く女性

正社員でもアルバイトでも、面接を突破しなければ採用してもらうことはできません。

志望動機は面接の質問でも王道ですが、答えに迷う方もたくさんいます。

志望動機を考えるコツは「どうしてこのブランドでなくてはいけないのか」を考えることです。

どうして他のブランドではダメなのかを伝えられると、自分の想いが面接担当者に届きやすくなるでしょう。

他のブランドを悪く言うのはあまり良くないので、「他のブランドよりも○○という点が魅力に感じました」のようなポジティブな伝え方を意識しましょう。

丁寧な接客が心地良かった、製品を使用して悩みが解決したので同じ悩みを以っているお客さんがきれいになるのをサポートしたいなど、自分の経験を盛り込むと良いでしょう。

製品を使ったことがない場合や接客を受けたことがない場合は、自分の価値観とブランドの価値観で似ている部分はないかを探すところから始めてみましょう。

まとめ:ビューティーアドバイザーは美容業界の中でも挑戦しやすいお仕事

アイシャドウを塗る女性

ビューティーアドバイザーの仕事内容や求人傾向についてご紹介しましたが、美容業界に中ではハードルの低いお仕事だと理解いただけましたか?

ビューティーアドバイザーはブランドを選べば年齢に関係なくチャレンジでき、美容の知識も深まるお仕事です。

特別な資格も必要ないので、気になった方はぜひ求人をチェックしてみてくださいね。