様々な場で耳にする「コピーライター」という職業。

商品などを短いフレーズで紹介する広告の文章がかかわる仕事ですが、実際はどのような仕事なのでしょう。

今回の記事では、コピーライターにフォーカスを当ててみました。

一体どんな仕事なのか、仕事内容や年収をチェックしていきます。

また、コピーライターに向いている人に関しても紹介していきます。

コピーライターのイメージ

オフィス、女性、Macbook

コピーライターと聞くと、著名人でいえば糸井重里さんが思い出されるのではないでしょうか。

広告の分野における「コピー」とは、広告で用いられている文章のことです。

元々はコピーとして誕生し、「一人歩き」するようになった表現も少なくありません。

たとえば、糸井さんが手がけた有名なコピーに「くうねるあそぶ」というものがあります。

休日の過ごし方など、楽をすることの形容として使われることの多い表現です。

ただ、最初は自動車のCMに使われたコピーでした。

そのインパクトが強かったからこそ、流行したのです。

キャッチーなコピーは、広告宣伝の対象となる商品やサービス自体を強く印象づけるものになります。

ですから、コピーライターは商品やサービスの売れ行きを左右する職業だといっても過言ではありません。

売れっ子のコピーライターとなると、大きな貢献によって多額の報酬を得ているというイメージも持たれています。

ですが実際にはそのような人ばかりではありませんし、仕事も大変です。

コピーライターの仕事内容

悩む女性

実際に仕事内容をチェックしていきましょう。

コピーライターの仕事については、「文章を考える人」であると認識されているかもしれません。

しかし、他にも様々なことをしています。

クライアントとの打ち合わせ

ミーティングの様子

コピーライターの仕事は、クライアントあってのものです。

クライアントはおもに企業や各種の団体。

事業や商品、サービスなどについて広く知られるようになることを望んでいます。

コピーライターはクライアントと認識を共有することが非常に重要です。

コピーが必要とされる目的やクライアントがPRを望むポイント予算などについて詳細に打ち合わせます。

コピーの考案

小説家や作曲家などのクリエイターからは時に、閃きから作品が生まれたといった発言が聞かれます。

しかし、コピーに関しては下地なく突然に閃くものではありません。

コピーライターは、クライアントから広告対象に関する詳細な説明を受けます。

また、資料などの情報提供もあり、コピーはそれらを踏まえたものであることが重要です。

下調べの目的で市場調査なども行われ、コピーで訴求すべきものを浮かび上がらせていきます。

短い中でオリジナリティ覚えやすさ斬新さ説得力といったものも盛り込まれなければなりません。

ひとつのコピーができあがるまでには、長い時間をかけていくということです。

クライアントへ出されるコピーもひとつではないでしょう。

複数の案からクライアント側で納得するものを選ぶかたちになります。

ですから良い物が仕上がったという感触はあっても、共感が得られない限り仕事として終着点には至りません。

広告宣伝に関する仕事

ネオン、広告

クライアントとの契約内容にもよりますが、コピーライターは広告宣伝に深く携わるケースもあります。

また、同一の商品やサービスに関するあらゆるコピーは同じコピーライターへ依頼されることが一般的です。

これは、ブランドのイメージが統一されたものとなるようになどの理由があります。

ですからポスターや看板などにデザインされるコピーはもちろん、商品パッケージやコマーシャルのナレーションなど。

コピーライターが担当する文章は多々あります。

その全てに責任を負わなければなりません。

考案したコピーが反映された広告のイメージについて、クライアントへのプレゼンテーションを行うケースもあります。

また、メディアで放送されるコマーシャルに起用されるイメージキャラクターのオーディションに携わるような例もあるのです。

コピーライターになるための勉強法

雑誌を読む女性

コピーライターとして仕事をするために、取得しなければならない資格はあるのでしょうか。

コピーライターの資格試験

コピーライターたる資格を得るために、特別な資格試験があるというわけではありません。

コピーライターであると名乗って仕事をすること自体は、なんら制限されないのです。

しかしながら、名乗るだけで仕事を得ることはできません。

あくまでも、コピーライターとしての実績があってこそ依頼は舞い込むのです。

コピーライターの講座

大学、講義、講座

何もない状態から、コピーライターとして仕事をすることは困難です。

そこで必要なテクニックを身につけるために、コピーライターの養成講座というものがあります。

開講期間は、半年程度に及ぶものが標準的です。

受講料は10万円以上になりますが、実績のあるコピーライターが自ら講師を担当している講座も少なくありません。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

コピーライターになるには

広告

将来的にフリーランスのコピーライターとして働くことを現実的に考えると、広告にかかわる企業へ就職するといった道を模索する必要があります。

コピーライターになるための就職先

実際にコピーを手がけたというキャリアがなければ、コピーライターとして仕事を受注することは困難です。

実績を積み上げるためには広告制作会社、広告代理店といったように広告業界の企業へ就職することが第一歩となります。

求人の大部分は、総合職として働き始めるものです。

その中で適性が認められれば、コピーライターの仕事へ近づいていくことができます。

コピーライターの求人

中途採用者を募る求人では、最初からコピーライターが募集されているものもあります。

また、アシスタントの求人も経験を積む上ではチャンスです。

総合職からコピーライターの仕事を志すよりも近道でしょう。

しかし、やはりコピーライターの求人ではハイクオリティなコピーを作り出す人材が求められています。

経験なしに採用されることは難しく、コピーライティングの実力について裏付けられるものがなければなりません。

講座の受講歴やアシスタントとしての勤務歴、また広告賞へ応募し入賞したといった受賞歴も評価の対象になります。

多少なりとも手がけたものがあれば、ポートフォリオとしていつでも提出することができるよう常にまとめておきましょう。

実績を少しずつでもいいので、積み上げていくことが重要だということです。

フリーランスとしての活動

フリーランスのコピーライターには、キャリアをスタートさせる前提として企業における就業経験が必要になってきます。

ほぼ例外はありません。

実績が外部の人間に認められることは当然、フリーで仕事をするチャンスです。

また働く中で人脈が拡大していき、声がかかるという事例もあります。

ただ継続的に十分な量の仕事を得るためには、後々のことも考えて冷静な判断をしなければなりません。

コピーライターの年収

ドル

フリーランスのコピーライターに関しては案件ごとで個別の報酬が設定されることも珍しくありません。

得られる年収の具体的な金額を把握することは難しいところです。

コピーライターの収入

フリーとして広く活躍しているクラスのコピーライターになると、まさにワンフレーズで高額な報酬という契約もあり得ます。

ただしそれが当然ということはなく、コピーライターの中ではごく一部です。

企業でコピーにかかわる仕事をする場合の年収は、求人情報に掲載されている給与額から推測することができます。

金額は300万円台から500万円台と幅があり、これは募集元の企業規模や担当する業務の幅も関係してのものです。

労働時間に合わせた収入の計算は難しい?

コピーライターの仕事は、クリエイティブな要素が含まれているものです。

締め切りが迫る中で、良いコピーができあがらないということもあります。

また必要に応じて、クライアントへ向けたプレゼンテーションの準備もしなければなりません。

そうなると、定時に合わせて仕事をしているわけにはいかないのです。

労働時間に合わせて収入を計算することは、難しいと考えた方が良いでしょう。

フリーランスだと特に、この傾向は顕著です。

そのため、基本的に案件が終わるまでは働き詰めることが珍しくないのです。

しかし休みがないわけではありません。

次の仕事をスタートさせるまでの間でまとめて休暇を取得するといった働き方が見られます。

コピーライターに向いている人

女性、ミスティック

コピーライターとしての適性は、次のような点から考えることができます。

発信することが好き

コピーライターは、文字を扱う仕事です。最小限の情報量で、目にした人を広告へ引き込まなければなりません。

そのためには、文章作りに熟練していることも必要です。

普段から思うことについて文章として表現し、積極的に発信していることはコピーライターとしての適性につながるでしょう。

かつて文章を書くケースは日記、手紙などといったアナログの手段に限られていました。

それが昨今ではSNSが身近なものとなり、誰でも自由に発信することができるようになっています。

興味関心が幅広い

商品やサービスなどを宣伝する際には、その対象となるターゲット層があります。

コピーもターゲット層へ訴えるものでなければならず、ふさわしい表現を求めなければなりません。

その上では多様なアプローチが必要です。

幅広い興味関心を持っているほどその引き出しは多くなります。

コピーライターとしての資質となるでしょう。

コピーライターは魅力的な仕事である

女性

今回の記事では、コピーライターに関する情報を紹介してきました。

コピーライターは、商品やサービスなどの魅力を伝える仕事です。

一見すると地味に思えるかもしれません。

しかし、考えたコピー次第では、爆発的なブームバズりを巻き起こすこともあり得る職業です。

そういった意味で、非常に魅力的かつ可能性に満ち溢れた仕事といえるでしょう。

誰でもなれる仕事ではありません。

文章を考えることや何かを発信することが好きな方は、コピーライターを目指してみてはいかがでしょうか。