ここ数年で取得者が急増している資格が「ウェブ解析士」です。

IoT技術の進歩で、私たちの生活とインターネット環境は切っても切り離せない存在となりました。

そんな昨今では、Webマーケティングのスキルは企業にとって非常に重要な要素となってきています。

そのため、ウェブ解析士の知識や仕事は多岐に渡り、企業に必要不可欠な存在なのです。

ここでは、ウェブ解析士の資格を活かせる求人や、資格取得のメリットなどを詳しく紹介していきます。

ウェブ解析士の資格を活かせる求人情報をチェック

パソコン作業をする女性

では、昨今の転職市場においてウェブ解析士の資格を活かせる求人はどんなものがあるのでしょうか。

さっそくウェブ解析士の資格を活かせる職業をチェックしてみましょう。

ウェブデザイナー

ウェブデザイナーというのは、ホームページのデザインや構成、最後のコーディングまで請け負う仕事です。

企業のイメージに合わせながらユーザーの動向や市場を把握してホームページを構成する必要があります。

そのためウェブ解析士の知識が活かせる仕事といえるでしょう。

平均年収は300万円~400万円程と言われており、中には年収が下がってしまう人もいるかもしれません。

ですが、1からホームページを作り、知識を活用しながら最後まで仕上げるという達成感のある仕事です。

ウェブディレクター

ウェブディレクターは、チームとして働いているウェブデザイナーやシステムエンジニアなどを取りまとめる仕事です。

チームを率いるリーダーシップや中間管理職としてのマネジメントスキルが求められることになります。

人をまとめる仕事になるため、ウェブデザイナーと比べると責任が重く大変そうに感じるかもしれません。

ですが、その分平均年収も450万円程と高くなっています。

また、ウェブデザイナーの経験を経て昇格・昇給してウェブディレクターになる人も少なくありません。

ウェブマーケター

ウェブマーケターとは、ウェブ上でのマーケティングを解析・提案していく仕事です。

商品の売り上げアップなどを目的に、どのようにウェブ上でアピールしていくかをデザインしていくことになります。

顧客が求める成果や商品の特性など相手のニーズをつかみつつ提案していくコンサルティングスキルが必要です。

的確なコンサルティング能力と、それを実現させるための説得力など幅広い知識やスキルが求められます。

その分、平均年収は500万円前半程と高くなっています。

 

ワンポイント
 ウェブ解析士の資格を活かせる仕事は求められるスキルの高さによって年収もそれぞれ大きく変わってきます。

 

 

ウェブ解析士を活かせる仕事につくには

ワンポイント

ウェブ解析士の資格を活かして仕事をしていくなら、ウェブデザイナーやマーケティング部門がおすすめです。

これらの仕事は、ウェブ解析士の資格を取得するにあたって培ってきた知識をフル活用することができます。

「ウェブ解析士 転職」と検索すれば求人情報が多数出てくるので、そこから自分に合った条件を絞り込んでいきましょう。

また、資格元である「ウェブ解析士協会」のホームページから求人を探すことも可能です。

ウェブ解析士協会のホームページからの求人情報ということは、その資格をもっている人を求めているということです。

そのため、働き手と雇い手のニーズが一致する可能性が高いといえます。

ウェブ解析士協会のホームページには、ウェブ解析士の資格を持つ人間を雇用することのメリットも多く語られています。

そのため、協会のホームページに掲載されている求人は「ウェブ解析士ならではのスキルを求めている」仕事なのです。

ウェブ解析士の特徴

PC作業をする女性

一言で「ウェブ解析士」といっても、実はその中に階級があることをご存知でしょうか。

階級は全部で3段階で【ウェブ解析士 → 上級ウェブ解析士 → ウェブ解析士マスター】の順に上がっていきます。

階級が上がると同時に求められる知識も広く深く、専門的になり試験の難易度も少し上がります。

ここからは、それぞれの階級の特徴についても見ていきましょう。

ウェブ解析士

Webマーケティング、ウェブ解析についての基礎知識に関する資格です。

Webマーケティングにおける専門用語やアクセスの解析・分析方法等、実務に直結する基礎的なことを学ぶことができます。

Webマーケティング業界に興味がある人や、今現在Webマーケティングについて全く知識がないという人におすすめです。

上級ウェブ解析士

ウェブ解析士の資格で得たWebマーケティングやウェブ解析について、さらに応用の知識が求められる資格です。

当然ですが、ウェブ解析士よりもより幅広く深くなるため、難易度は上がります。

例えばですが、KPIの設定やWebマーケティングの本格的な設計や立案・提案なども試験内容に入ってきます。

Webマーケティングのコンサルティングや、新しいWebマーケティングの企画を提案してみたいという人におすすめです。

ウェブ解析士マスター

女性、パソコン

Webマーケティングやウェブ解析についての研修や教育を行うことを目指した資格です。

この資格は、講義や指導を行うことができるレベルにまで達することを目標としています。

企業の中で人材育成を行ったり、セミナーを開いて自分の知識を幅広い人達に伝えたりしたいという人におすすめです。

ウェブ解析士認定試験の取得方法

女性考える

ここからは、ウェブ解析士認定試験を受けるまでの流れについても紹介していきます。

どちらの方法でも構いませんが、自分にあった勉強方法で資格取得を目指してください。

直接試験を受験ける

ウェブ解析士の試験内容を独自に勉強し、直接協会の試験を受ける方法です。

ウェブ解析士の資格に関する本はたくさん出版されていますので、それらのテキストで勉強をし、教会で試験を受けます。

初期階級のウェブ解析士までであれば、独学や業務で得た知識を応用して試験に受かったという人も少なくありません。

講座から受験する

独学で試験を受けるほか、講座を受けて試験に臨む方法もあります。

ウェブ解析士協会が主催するウェブ解析士講座に申込み、講座を受けることで知識を身につけ資格取得を目指す方法です

講座を受講する場合も、独学の場合と同じようにウェブ解析士協会の資格試験を受けることになります。

ただし、合格した後にレポートの提出が必要です。

独学の場合と違い、講座を受けるための費用が発生かかる、人によっては独学で勉強するよりも時間がかかる場合もあります。

今の自分自身の知識レベルや生活に合わせて受験方法を選択するようにしましょう。

ウェブ解析士を取得するメリット

パソコンに向かう女性の画像

ウェブ解析士マスターの資格まで取得しようと思うと、なかなか時間も知識も必要なように感じますよね。

実際にこの資格を取得するにあたって、どのようなメリットがあるのでしょうか。

この資格を取得するメリットについても紹介していきます。

実務能力が身につく

ウェブ解析士の資格の説明でもあったように、この資格試験の内容は実務の基礎に直結しています。

そのため、この資格を保有していることで、転職の際にも実践力があるというアピールになることが大きなメリットです。

実際にウェブデザイナーの初期の仕事などは、ウェブ解析士の資格を取得する際に勉強した内容がかなり活かされます。

新卒と違い、即戦力の高さが求められる転職市場において、実践力があるというアピールは非常に大きなメリットとなります。

Webマーケティングの学習につながる

女性、パソコン

現代社会において、Webマーケティングの知識はどんな業界にも必要です。

昨今では欲しいものがあればすぐにネットで検索したり、そのまま購入したりする人が非常に多くなっています。

そのため、商品をネット上でどのようにアピールすれば顧客習得につながるか、どんな業界でも考えておかなければなりません。

この資格の勉強は、現代社会で活躍していくのに必要不可欠なWebマーケティングの知識を身につけることができるのです。

仕事の幅が広がる

打ち合わせ中の女性

先ほども紹介したように、Webマーケティングの知識というのは、どの業界にも必要なものです。

例えば現在携わっている業務にも、深く考えてみることでWebマーケティングの知識が必ず役に立つことがあります。

この資格を取得することで、今まで慣れ親しんだ仕事の中にも応用力や提案力が生まれ、仕事の幅が広がるといえるでしょう。

ウェブ解析士認定試験の難易度は?

ノートにボールペンでメモ

ウェブ解析士の試験の合格率は60~70%と言われています。そのため、とても難しい試験というわけではないことがわかります。

ただし、前述のとおり最初の階級である「ウェブ解析士」はWebマーケティングにおいての基礎知識を問われることが多いです。

そのため業務などですでに知識を身につけている人に関しては、合格率以上に取りやすい印象を受けています。

 

ワンポイント
ウェブ解析士の試験については、全体で60%~70%の合格率なので1から勉強を始める人にもおすすめの資格です。

ウェブ解析士は転職に有利?

相談

ウェブ解析士の資格は、転職に有利か?と言われると「その資格を持っているだけで即採用になるほど有利」とまでは言えません。

繰り返しになりますが、初期のウェブ解析士の資格は基礎知識にすぎないからです。

ただし、ウェブ解析士の知識を活かした仕事に就きたい場合、資格を持っていると以下のメリットがあります。

  • 就職先へ「自分の仕事への意欲」をアピールすることができる
  • 「いかに自分が即戦力になるか」をアピールすることができる
  • 自分がウェブマーケティングの基礎知識は持っているという証拠になる

資格があることで、これらのアピールができるということを考えると、この資格を持っていることは転職に有利になると言えます。

 

ワンポイント
この資格があることで「御社で働くために、事前に勉強してきた」という採用担当者へのアピールになります。

転職に活用できる他のWebマーケティングに関する資格

ポイント

ウェブ解析士の資格のほかにも、Webマーケティングやその周辺の知識に関する民間資格はいろいろあります。

それらの資格を合わせて持っていると、Webマーケティングに対する知識の豊富さをアピールすることができます。

余裕がある人はこれから紹介する検定試験にもぜひチャレンジしてみてください。

ネットマーケティング検定

ネットマーケティング検定とは、株式会社サーティファイが主催する民間の検定試験です。

試験の内容としては、Webマーケティング全般の基礎知識から、ネット上でのビジネスの方法論について学ぶことができます。

合格率は70%ほどで、必要な勉強時間は平均で15時間ほどです。

そのため、社会人として働きながらでも比較的取りやすい検定として人気を集めています。

この検定を受けているだけで採用に直結するわけではありませんが、この資格は転職前に取っておいて損はありません。

この資格を持つことで「会社の商品をどのように発信していくことが有効か」など経営戦略にもつながる知識を得ることができます。

Webアナリスト検定

Webアナリスト検定とは、日本Web協会が主催している検定試験です。

Google Analyticsなどを使用しアクセス解析や市場動向などの分析や改善・提案方法を学ぶことができます。

合格率は80%ほどなので比較的優しい検定試験でありながら、実務に活かしやすい知識を得ることができるため人気の検定試験です。

初心者の人も安心の講習なども用意されており、安心してチャレンジすることができます。

 

ワンポイント
 どれも比較的合格率の高い試験ですが、ウェブ解析士の試験と持ち合わせることでより実務に活かしやすくなります。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

女性、商談

転職を考えたら、まずは転職エージェントを活用するようにしましょう。

やみくもに企業のリクルート情報を見てあたっても、なかなか自分と相性のいい会社と出会うのは難しいです。

また、転職エージェントに相談することはいろいろなメリットがあります。

例えば、一般には公開されていない求人を知ることができたり、実際のリアルな職場の雰囲気を知ることができたりします。

初めての転職の際は特に、不安になることが多いでしょう。

何から始めるべきか、今の仕事をつづけながら転職活動をすることができるのかなど相談することができます。

転職エージェントは、転職したい人を総合的にサポートする役割です。

転職先探しだけでなく、履歴書や職務経歴書の書き方から、面接の練習や相手方との調整まで幅広くサポートしてくれます。

転職のプロである転職エージェントを活用し、効率よく転職活動を行うようにしましょう。

まとめ

PCで仕事をする女性

ウェブ解析士の資格は、ここ数年で取得者が非常に増え履歴書にも堂々と書ける資格です。

ただし「その資格を持っているだけで採用される」というほどのアピール力があるわけではありません。

とはいっても、紹介してきたように現代社会ではどんな業界でもWebマーケティングのスキルが求められます。

そのため、ウェブ解析士の資格で得る知識はどんな業界にも必要と言えます。

一件畑違いの業界のように思えても、現代社会においては必要不可欠な知識を持っているということを覚えておいてください。

ウェブ解析士の資格の知識を使って、どんな風に企業に貢献できるかをしっかりとアピールしていきましょう。