編集者の求人の多くは経験者を求めるものですが、経験不問のものもあります。

未経験者でも編集者への転職は不可能ではありません。

ここでは転職の際に重要になってくる、志望動機や自己PRのポイントなど、例文を踏まえて解説していきます。

未経験者でも志望動機の書き方次第で転職チャンスが巡ってくるはず。

また、面接時のポイントも上げていますので面接の対策にもなると思います。

それでは編集者への転職に備えて、書類作成から面接までのポイントを一度確認してみましょう。

編集者の志望動機の考え方を解説

採用企業側が応募書類に目を通す際には志望動機に重きをおくことがあります。

書類審査の重要ポイントであるため、自分の志望動機を整理してみることが大切です。

志望動機の整理をしたうえで採用企業にアピールするポイントを見つけましょう。

今までの経験の中で編集者になりたいと思ったきっかけを思い出してみてください。

また編集者になったらやってみたいことはなんでしょうか。

入社後にどのように会社に貢献したいですか。

思っていることを一度書き出してみてください。

そして志望動機となるものを具体的に言語化し人に伝えられるよう文字にしてみます。

その為には一度キャリアの棚卸をしてください。

そのうえで漠然とした志望動機ではなく具体的にアピールできるよう志望動機を作成しましょう。

編集者を目指すきっかけで多いものは?

図書館と女性

書籍の編集者を目指すきっかけには、「本が好き」という理由が多くみられます。

本を読んでいくうちに自分も本の制作の仕事がしたくなるようです。

現在では本などの書籍のみならずWeb関連の編集者を希望する人も増えてきています。

サイトを見ていくうちにWebサイトの編集に興味を抱くようなり、編集者を目指すようです。

また、何もないところから物を生み出すということが好きであるため、編集者になりたいという人も少なからずいます。

いずれも「好きだから」が理由になっていることには間違いありません。

編集者に求められる人物像

パソコンを扱う女性

企画力や文章力、高いコミュニケーションスキルを持つ人は編集者としては理想的といえます。

編集者として求められる人物像には他にマルチタスクで仕事を進められる能力を持つ人などもあてはまります。

仕事をしていると様々場面で色々なことをいくつも同時進行しなければならないことがあるはずです。

編集者としてはマルチタスクで仕事ができることはとても重要になります。

それ以外にも突然発生する問題に対応できる問題解決能力や対応力がある人も理想的人物像です。

また、仕事に対する責任感や熱意を持った人は編集者として求められる人物像にあてはまるといえます。

文章を書くことが好き

書き物をする

編集者は文章の管理もするため、文章を書くことが好きでなければ仕事のモチベーションが保てなくなってしまいます。

書き手の文章の品質をより高く保つためにも文章を書くことが好きであることが編集者としては望ましいでしょう。

責任感がある

本もWebも様々な工程を経て作成されるため納期を守ることが必須。

期日まで仕事を完了させなければ事故になってしまいます。

また期日だけ守ったとしても制作物のクオリティが低ければ評価が下がってしまいかねません。

そのため編集者はタイムマネジメント品質管理等、様々なことに対しての責任が求められます。

編集者にはきちんと細部まで気を配り、最後まで仕事を全うする責任感が必要なのです。

コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション

色々な人の様々な作業を経て本やWebサイトは作成され世の中に出ていきます。

そのため編集者としては制作にかかわる人々との調整力が必要になってくるでしょう。

編集者はライターやデザイナーなど色々な仕事をする専門家たちとの連携を取りながら仕事を進めていきます。

そのために編集者には高いコミュニケーションスキルが求められるのです。

編集者の志望動機の書き方

女性

「本が好き」、「Webに興味がある」はよくある志望理由です。

しかしこれだけでは採用企業側に編集者になりたいという熱意をアピールすることができません。

どれだけ情熱をアピールすることができるかが最重要ポイントになってきます。

自分がどれほど編集者の仕事に情熱を持っているかを表現してください。

重要なのは自分の思いを書くということだけではありません。

この会社でなければいけない理由やこの会社でどのように活躍できるかをアピールすることも大切です。

入社後会社に対してどれだけ貢献できるかを文字で表現してみてください。

会社で活躍している姿がイメージしやすいように作成することが重要なのです。

入社後に活かせるスキルをアピール

強み

経験者であるならば、今までどんな内容の仕事をどのようにしてきたかということをアピールします。

過去の自分の経験からどのようなスキルを持っているかがわかるため採用企業にアピールしやすくなります。

未経験者なのであれば自分のスキルなどを記入すべきです。

文章作成のスキルコミュニケーションスキルなど過去の経験から自分が何をどれぐらいできるのかをアピールします。

編集のスクールに通った経験や記事を書いた経験などは積極的にアピールしましょう。

また、営業でコミュニケーションスキルが高くなったなど未経験でもアピールすべきところはいくつかあると思います。

その他に仕事で必須となるExcelやWordなどのスキルをはじめWeb関係のスキルなどもアピールしましょう。

業界を選んだ理由

この業界を選んだ理由が「好き」、「興味がある」だけでは採用企業側には響きません。

「なぜこの業界でなければならないのか」という視点で理由付けをすることが採用企業側へのアピールになります。

本であれば紙媒体としての編集者のやりがいや本でなければならない理由をアピールしましょう。

Webであればスピード感やトレンドなどへの対応などがあげられます。

Webにしかできないことなどやその業界でなければできないことを熱意を込めてアピールしてください。

企業を選んだ理由

業界の中でもなぜこの会社を選んだのかを具体的な理由をあげてアピールします。

この会社でなければならない理由やこの会社で何をしたいかなどがアピールしやすいでしょう。

入社後のことをイメージしやすいように書いてください。

その際、自身の思いや情熱の方向と会社の企業風土、理念などがかけ離れないようにします。

かけ離れてしまっていると採用企業側には受け入れてもらえない可能性があるため注意が必要です。

また、募集要項や求人広告には採用企業側が欲しいと思っている人材の条件などが記載されている場合もあります。

まずは求人内容や応募先の会社のリサーチしてみましょう。

志望先の企業風土、理念などを確認してください。

その上で自分が企業を選んだ理由と合致している部分を中心に企業を選んだ理由をアピールしてみましょう。

 

ワンポイント
 応募先を研究し、相手の望む人物像に近づくように志望動機を書きましょう。その際アピールポイントは具体的に。

編集者の志望動機の例文

OK

企業に向けて自分をアピールするための志望動機の書き方例を記載いたしました。

下記の例文はアピールのポイントが明確になっています。

例文を参考に、自分にあわせて内容をアレンジし、志望動機を作成してみても良いでしょう。

ポイントを押さえながら、採用企業側に自分の熱意をアピールする志望動機を書いてください。

例1 未経験者

私は前職では、社内報の広報担当をしておりました。

広報の仕事をしていく中で編集者という仕事に興味を持ち、編集者の仕事に就きたいと思うようになりました。

私は、貴社から出版されている○○○という情報誌を以前から愛読しています。

その中の○○というコーナーに以前から強く魅力を感じていました。

未経験ですが、雑誌のスタッフとして読者に愛される誌面を作りたいと思っています。

少しでも貢献できるよう皆さんのバックアップに尽力するつもりです。

例2 経験者

私は〇〇〇出版社で編集者としてファッション誌を3年間担当していました。

私は貴社から出版されている★★(雑誌名)というファッション誌を愛読しています。

私の担当雑誌よりターゲット年齢層が少し上の★★の△△企画に以前から興味がありました。

自分もこの雑誌で仕事をしてみたいと考えていたところ、この求人を拝見し応募した次第です。

★★では前職の雑誌読者のターゲット年齢ではできない企画にチャレンジしたいと思っています。

入社後には自分の企画で貴社に貢献できるように頑張りたいです。

例3 同業界未経験者

私は営業として広告出稿の企業を探す仕事をしています。

社内で編集の方たちの仕事を見ているうちに自分も制作サイドの仕事をしてみたいと強く思うようになりました。

制作の仕事の中でも編集という仕事に強く惹かれ、貴社求人の編集者部門を志望しました。

営業で培ったコミュニケーションスキルを仕事にいかしたいと思っています。

そして本づくりに携わる人と人とを繋ぐ手助けをしたいです。

よりよい本づくりができるようにサポート能力を存分に発揮し、貴社に貢献します。

編集者の志望動機のNG例文

NG

志望動機としては不十分なNG例文も上げてみました。

例1は志望動機が自分のことが中心で、入社後のイメージが湧きづらい内容です。

例2は入社後にどうしたいかという具体的な内容が一切ありません。

どちらも入社後のイメージが湧きづらい内容になっています。

例1 未経験者

私は読書が好きで、幼いころから本をよく読んでいます。

私は本から色々なことを教わりました。

その経験から、本を通して色々な人に感動と喜びを与えられるようになりたいと思っています。

編集者は感動を届けることができる仕事だと思いました。

私も人に感動を届けられる編集者を目指したいです。

例2 未経験者

私の前職は営業でしたが、以前から編集の仕事にあこがれていました。

この度、貴社の求人を目にし、やはり編集の仕事に就きたいと再認識したため今回応募した次第です。

スポーツで鍛えた体力と精神力で入社後には貴社の役に立てるように一生懸命がんばりたいと思います。

 

ワンポイント
 志望動機は自分の思いだけでなく「自分が入社した際、これだけ会社の利益になります」というアピールが大切です。

自己PRのポイント

ポイント

自己PRでは仕事へ対しての思いや強み過去の仕事で成し得た成果などをアピールします。

自分が過去にしてきたことをなるべく具体的に書きましょう。

自己PRでは「過去にしてきたこと」、志望動機は「入社してやりたいこと」と区別して書く必要があります。

自己PRを作成する際には、志望動機と話のつじつまが合わないような表現はさけてください。

一貫性が出るようにしましょう。

実績を意識する

過去に編集者の経験がある人は何をどのようにしてきたかを実績として伝えます。

企画内容発行部数などは実績として伝えても良いでしょう。

どのような仕事をし結果を残してきたかを具体的な数値も交えて伝えられるようにしておきます。

また未経験者の場合、どのような業務にも共通する「メリットになる能力」の実績を伝えましょう。

過去の仕事でどう発揮し、結果がどうだったか」をわかりやすく具体的に伝えられるようにします。

以前の仕事ぶりを伝えることで入社後に活躍してくれる人材だと採用企業側に想像してもらえるようにするのです。

スキルの高さが伝わるエピソード

過去のエピソードでどのような能力をどう活かしたかということを具体的に伝えます。

経験者であれば編集の仕事で過去にあったエピソードの中から探してみましょう。

自分のスキルがどのように発揮され、どのような結果になったかを伝えられるように準備しておいてください。

また、未経験者であれば過去にアクシデントに対してどう対応して解決したかなどなるべく具体的に書きましょう。

 

ワンポイント
 自己アピールは、今までどんなことをしてきたかを過去の事例をあげて具体的に書きましょう。

面接での注意点

面接

面接では志望動機を聞かれることが多々あります。

書類審査時に書いた志望動機と面接で話す志望動機が食い違わないように前もって準備して面接に臨みましょう。

また、最近読んだ本についても聞かれることが多くあります。

「面白かった」などの簡単な回答では採用企業側の印象には残りません。

どんなシーンがどのように面白かったと具体的に答えられるように準備しておいてください。

面接では仕事に対しての熱意や突発的な問題への対応をみる質問をしてくるかもしれません。

他にも会社に合う人物かなどを見極める質問をしてくることも考えられます。

面接が苦手な人であれば臨機応変に対応できるように面接の練習をしておくことも大切になるでしょう。

 

ワンポイント
 面接は準備をすることが大切です。模擬面接などで練習をして自信をつけましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

サポート

転職で悩みが生じたら転職エージェントに相談するのも一つの手段です。

転職のプロフェッショナルの力を借りることで転職がスムーズに進むかもしれません。

履歴書の書き方職務経歴書の書き方などの例文から面接についてのアドバイスなど様々な支援があります。

また、キャリアコンサルタントのフォローなども必要に応じて受けることが可能です。

転職エージェントはネットから会員登録することができ、会員登録料は無料というところが多数存在しています。

自分の希望業種に強い転職エージェントをWebサイトから探してみてください。

転職エージェントは非公開の求人情報を持っているところもあります。

普通に探してもなかなか見つからない大手企業の求人も見つかるかもしれません。

また、転職エージェントにはお仕事の紹介というシステムもあります。

自分の就きたい職種を登録しておくと、お仕事紹介のメールが届きます。

希望の職に就くためにもぜひ登録し、チャンスをつかみ取りましょう。

 
【無料】パソナキャリアに転職相談する  

まとめ

出勤

編集者への転職には経験者未経験者を問わずその仕事に就きたいという熱意が大切です。

その熱意をいかに採用企業側に伝えるかによって転職の成功が見えてきます。

採用企業側に自分をアピールできるように一度キャリアの棚卸をしてみてください。

自分の強みを把握して書類作成や面接に向けて準備を進めていきましょう。

長く仕事を続けていくためにもモチベーションの高さは必要です。

採用企業側は長く勤務してもらいたいと思っているため、熱意がありモチベーションを高く保てる人材を探しています。

自分の熱意が伝わるような志望動機や自己PRを作成するために、このサイトを参考にしてください。