経営コンサルタントは高度な仕事であり解決に導くまでいろいろな工程を挟みながら解決に導きます。

自己PRというと苦手と思う人も多くいるかもしれません。

ここをしっかり押さえておかないとコンサルティングや自分のなりたいと思っている会社に就くことは難しくなるでしょう。

自己PRの作成方法はどうすればいいのか書き方や事前にやっておいた方がいいことをこれから紹介していきます。

またコンサルタントの仕事内容も合わせてご紹介します。

経営コンサルタントの自己PRの書き方を解説

人差し指を立てる女性
応募書類の中でよく採用担当者が目にしているのが自己PRです。

どれだけ自分をアピールできているかを見ています。

書類でこの人はこんな人かとある程度わかるような自己PRだとこんな人と仕事がしてみたいと思ってくれるはずです。

ただし内容の薄い自己PRや空白が目立ったまま終わっているようではすぐに不採用になってしまいます。

担当者をあっと驚かせる自己PRはどんなものがいいでしょうか。

自己PRはこれまで自分が携わってきた業務や経験を書けばいいのです。

また自分の知識やスキルを自己PRとするのもいいでしょう。

書き方や例文を参考にしながら書くのもいいですがその例文をそのまま写すことはよくありません。

必ず自分らしく納得のいく自己PRにしましょう。

経営コンサルタントの仕事内容

受付にいる女性
経営コンサルタントという言葉は聞いたことがあるけれど実際どんな仕事をしているのかわからない人も多くいるでしょう。

経営コンサルタントは企業から依頼を受けて問題を解決するところにあります。

経営についてどうかを調べて問題がどこにあるのかを調査します。

もちろんこれは大掛かりなことですので一人で仕事をするわけではありません。

チームを組んでみんなで解決策を生み出すことが多くなります。

自己PRを書く前に

自己分析と企業研究を徹底しよう

ストップをする女性
自己PRを書こうと思っていても何から始めようかと悩む人もいるかもしれません。

自己PRを書き始める前に自己分析と企業研究から始めてみましょう。

この二つを先に終わらせておかないと自己PRを上手く書くことができません。

自己PRを書くにあたっては焦る必要は全くありませんので焦らずゆっくりと自分のペースで書くようにしましょう。

自己分析をするにも苦労するという人が中にはいますが自分自身を見つめ直すという言葉に置き換えて考えてみましょう。

自分のことは自分が一番よくわかっています。

人からみた自分、ではなく自分自身に問いかけてみましょう。

そうすれば自己分析の作業は自然と進んでいくはずです。

企業研究は実際に目でみておいた方がわかりやすいです。

会社訪問をしてみて実際にコンサルタントはどんな仕事をしているのかを調べてみましょう。

目でみて感じるものはたくさんあると思いますので自己PRを書く上で活用してみましょう。

これまでの実績や経験を整理しよう

自分がこれまでに経験してきたことは大きな武器になっています。

企業に対して講習を行ったことがあるといったことや実際に問題を解決したことがあるなど何でも構いません。  

自分が今まで経験してきたことはこれから新しい場所で仕事をしていく上でどれも必要となることばかりです。

成果を上げてきたこともまとめておきましょう。

この人はこの業務ができそう、この仕事を任せたいななどと思ってもらえます。

自分の強みになる部分を一度書き出してみるのもいいかもしれません。

経営コンサルタントに求められるスキル

論理的思考力

調べ物をする女性
問題を解決していく上で欠かせないものが論理的思考です。

一つの事柄に対して本当にこれで大丈夫かと追求することで早く解決に導くことができます。

いつまでも迷っている場合ではありません。

わからない、でも、などの考え方は捨てましょう。

一つの問題に対してどこまでも追求していき確信を得られるようになればそれは解決できる近道ともいえます。

時間がかかる場合があるかもしれませんが一つのことに論理的に物事をみていくと答えに辿り着ける日も近いはずです。

プレゼンテーション能力

説明している女性
コンサルティングはお客様から話を聞いて解決に向かうために動いていかなければなりません。

人から聞いた情報をまとめてプレゼンテーションの場で発表する必要があります。

自分の考えをまとめて相手に伝えることができなければ意味がありません。

またどれだけ自分の考えた内容がすばらしいものに仕上がっていたとしても伝えることができなければもったいないです。

人から用件を聞いてまとめることだけで満足してはなりません。

その案件を解決するより先にプレゼンテーションでいかに伝わりやすく説明できるかを目標にしましょう。

自分の出した内容が百パーセント正しいものだとは限りません。

時には失敗してしまうこともあります。

失敗することで人は成長していくものですので失敗を恐れてはなりません。

失敗することに恐れを抱いていてはコンサルティングなどにはなれないでしょう。

失敗を恐れずプレゼンテーションの場で自分の考えてきた内容を発表するようにしましょう。

業界知識・専門知識

その業界で自分が働きたいと思うのならもちろんその業界の知識は身につけるべきです。

より多くの知識を身につけていれば高度なコンサルティングができるようになります。

人よりも多くの知識をつけておけば専門的なコンサルティングを任される可能性もあるため知識を身につけることに損はありません。

逆に知識をつけていないとなればこの人に仕事は任せられないと思われてしまうでしょう。

 

ワンポイント
さまざまな能力やスキルを身につけておくことで新しい職場へ再就職したとしても十分戦略として認めてもらえるでしょう。

自己PRで押さえるべきポイント

結論を先に書こう

ポイントを指す女性
自己PRに限らずどんな場面でも結論から先に書く方がいいでしょう。

内容を長々と説明しておいて最終的にこれです、と結論を持ってこられてもだからどうなんだと思われる可能性があります。

最終的にこの人は何が言いたかったのかわからないと思う人もいるでしょう。

長々と前段階を説明しているとくどいと思われてしまいます。

記事を読むにしても自己PRを読むにしても読み手はいち早く結論を知りたいはずです。

結論が先に書かれていないようでは読み手は記事に飽きてしまいます。  

誰も読んでくれないという悲しい結果に終わってしまわないように結論は先に書くようにしましょう。

応募企業にあった強みを考えよう

首を傾げる女性
自分の応募した企業と全く関係のないことを書いていても企業は納得しないし書類を投げ捨てるかもしれません。

必ず自分が応募した企業の強みはどこなのかを調査しその事柄を取り入れるようにしましょう。

強みを考えることは簡単なことではないかもしれません。

ですが自分がその会社でどうしても働きたいと思っているのならやるしかありません、

会社のここが強い、どこの企業にも負けていないというその会社の強みが必ずあるはずです。

その強みを見つけ出すことが自己PRを書く上でも大事なことに繋がります。

探そうと思えば探せますので自分の調査能力を存分に使いましょう。

強みを裏付けるエピソードを書こう

会話をする際、文章を書く際には順序というものがあります。

ただその場だけの対応に任せるだけでは自分が本当に伝えたかったものが伝わらなかったりします。

内容のないエピソードでは何が言いたいのかという具体性に欠けてしまう恐れもあるでしょう。

言葉だけを並べてしまうと妥当性がなく怪しまれてしまいます。

話をする上で具体性のあるエピソードを披露しましょう。

そうすることで相手に信頼される確率も高くなります。

 

ワンポイント
自分が受けたい会社の強みとなる部分がわかっているかどうかで今後の結果も変わってきます。

経営コンサルタントの自己PRの例文

経営コンサルタントの自己PRの例文〜知識やスキルを伝える〜

スケッチブックを持つ女性
今まで他の仕事をしていたあるいはコンサルタントの仕事で自分が培ってきたものを記載しましょう。

相手にどれだけの経験があってどれだけのスキルを持っているかが証明されます。

コンサルタントはさまざまな知識を必要とします。

コミュニケーション、提案、プレゼンテーションなどコンサルティング業務ではなくてはならないスキルです。

そのスキルを文章で証明することでこの人はかなりスキルが高い人だと認識されます。

会社にとってもこのようなスキルを持っていればコンサルタントとして会社の力とになってくれると思ってもらえるでしょう。

経営コンサルタントの自己PRの例文〜どのくらい経験してきたか記載する〜

自分が新しい職場で仕事をしていく上で前の会社ではどのくらい仕事をしてきたかということを記載するようにしましょう。

コンサルティングはどのくらいという期間を記載することで経験が豊富にあるかどうかがわかります。

経験が長ければ長いほどコンサルティングをしていた期間も長いため新しい会社でも十分戦略になるでしょう。

ただし自己PRの書き方によってその印象は大きく変わってきます。

自分がこれまでに活かしてきたことを存分に伝えましょう。

自己PRを書く際の注意点

過剰な修辞表現を多用しない

口に手を当てる女性
文章を作成する上で何度も同じ表現を使ったり言葉の言い回しをされてしまうと相手に不快感を与えてしまいます。

つい文章が足りないからといっていろんな表現を使ってしまいがちになりますが結局一緒のことだよねと呆れられてしまいます。

少しだけならたとえとして使う場面もあるかもしれませんが文章の半分以上を修辞表現で書いてしまわないように注意が必要です。

まとまりのある文章でわかりやすく伝えることができているかが鍵となります。

具体性のない言葉になっていないか注意する

話をする時も同じことですが内容のないものになっていないか注意が必要です。

具体性のない書き方をしていると言いたいことがわからないと相手を困らせてしまいます。

相手にいかに伝わりやすいかを心がけることは大事なことですがそれにより具体性が欠けていては意味がありません。

具体的に述べることは深く考えすぎると自分でも分からなくなってしまうことがあります。

文章が完成したらこれは具体性が欠けていないかを改めて見直してみることをおすすめします。

NG例文〜妥当性の低いあいまいな表現〜

バツを作る女性
コンサルをしていてこのような提案がありますと講習の場でいう場面があるかもしれません。

そこで理由をいっているにも関わらず曖昧な表現方法を使ってしまうと首を傾げられることがあります。

企業とコンサルティングをするうえであいまいな表現などは言語道断です。

自分ではそんなつもりはないにしても企業側などから思わず指摘され問題が解決に至らない場合が出てくるかもしれません。

そうならないように理由だけを述べるのではなくあいまいな表現になっていないか改めて自分の出した答えを見直してみましょう。

 

ワンポイント
自己PRは書き方によっては相手に伝わらないこともあります。しっかりと自分の言葉でわかりやすくまとめましょう。

自己PRがうまく書けない時の対処法

オッケーサインをする女性
とりあえず自己PRを書いてみたけど何を書いているのか自分でもわからなくなり途方に暮れることもあるかもしれません。

書きたいことはわかっているのにいざ書こうとすると言葉に詰まってしまいがちです。

自己PRだけで何時間も時間を費やしてしまったという方もいるでしょう。

自己PRは面接でも必ずといっていいほど問われるものになります。

面接の場で言葉に詰まってしまい何も答えられないとなると即失格を言い渡されてしまいます。

自己PRはその人のイメージが湧くようなものです。

書けないのであればまずは仕事への取り組みがどのようなものかを伝わるように書きましょう。

自分がこれまでにしてきたことは何なのか、自分の強みとなるものをすべてまとめることです。

そして会社側がどんな人を求めているのかということも知っておく必要があります。

会社側が求めていない内容となってしまっては自己PRを書いていたとしても必要ないと判定されるでしょう。

まとめたものを文字起こしすることでより具体性のあるものに近づけることができ自分らしい自己PRが作れるはずです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

話し合いをしている女性
会社に勤めていたけれど合わなかったからやめたい、この仕事はもう嫌だというときに転職したいと頭によぎります。

仕事をしていて成果が得られなければ自分が会社に在籍していたとしても意味がないとやる気を失いかねます。

そんな転職したいという悩みに答えてくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントに自分がこれまでに会社で経験してきたことを伝えましょう。

コンサルの仕事をしていた、コンサルタントとして問題を解決してきたなど何でも構いません。

転職エージェントは転職者のこれまでの業務や仕事内容を知ることで次につながるいい解決策を探してくれます。

自分がこれまでに取り組んできたことは自分の強みであるため恥ずかしがる必要はありません。

転職エージェントと一緒に転職先を探していくうえで自分はまた一から再スタートをすることになります。

必要であれば自己PRや面接の指導もしっかり行なってくれます。

行動するかどうかは自分次第です。

 

ワンポイント
・成果が出なければ誰もが転職を試みる
・必要であれば自己PRや面接指導もサポートしてくれる
・行動するかは自分次第

まとめ

会議をしている女性
自己PRを作成するうえでこれが正解という書き方はありません。

みんなそれぞれ書き方は違って当たり前なのです。

コンサルタントになりたいのであればその企業の強みを活かした自己PRを作成すればいいのです。

面接を受ける前に応募書類が必要不可欠になります。

まとまりのある自己PRを作成することでその人がどのような人なのかが相手に伝わります。

この人にコンサルティング業務は向いているのかどうかも採用担当者には伝わるでしょう。