パソコンが好きでもっと勉強したいという人やスペシャリストになるまで追求したいという人もいるかもしれません。

資格を取得する際にMOSを取得しておくと就職や転職の際に有利です。

自分自身も力がつきますし知識も増えます。

資格を取得すると証明書になりますのでアピールできます。

MOSはパソコンのスペシャリストですので資格を取得することに損はありません。

MOSを持っているとどんなメリットがあるのか、活かせる仕事やMOSについてご紹介します。

MOSを活かせる仕事をご紹介

悩んでいる女性
就職や転職の際の応募欄にMOSという言葉を見かけたという人もいるかもしれません。

MOSはパソコンの資格だから事務職と思いがちですがMOSを取得しているだけでとても幅広い仕事が選べるようになります。

自分がなりたい職業になれる可能性も一気に広がります。

情報化社会の現代ではなにも事務職だけがパソコンを取り入れている訳ではありません。

管理職やアドバイザーなどは職種を問わなくてもなれます。

経理や総務などの事務職に限らず職種や業種を問うことなく職業を選ぶことができます。

ですので自分がなりたい職業で働くことも可能です。

MOSの特徴

人差し指を立てている女性

MOSスペシャリスト

WordやExcelなど文章を作成する上で誰もが気軽に使えるソフトの操作を正しく使用することができるのかが問われます。

文章を書くだけではなく基本的な装飾やその応用までできるようになるでしょう。

また操作だけに限らず用語の問題も出題されます。

スペシャリストと言われるくらいですので取得するとたくさんの知識が身につくでしょう。

MOSは全国共通の資格になるため取得しておくとあらゆる面で有利になります。

資格を取得しておくことでパソコンのスペシャリストと認知されます。

自分自身の大きな成長とこれからの生活に活躍できるものになるでしょう。

個人の力だけでどこまで通用するのかを確かめられる資格になります。

この資格はどの業界にいっても通じる資格です。

MOSエキスパート

スペシャリストと違いエキスパートは難易度が上がるものになります。

エキスパートは会社で働く上で会議やグループワークをするときに求められます。

より高度な技術が求められるものとなり会社のグループ全体を見据えてどれだけ効率よく作業ができるかが鍵です。

データ収集やプレゼンテーションなど自分一人に活用するものではなく何人かのグループに対して作業をする必要があります。

WordやExcelに限らずAccessやPowerPointなども必要になってくるためより多くの知識が必要となります。

エキスパートを取得しているとプレゼンテーションを任されたり表の複雑な計算まで任される可能性があるかもしれません。

スペシャリストとエキスパートの両方を取得していると知識の量は増え、さらにスキルも高くなるでしょう。

MOS試験範囲の出題内容や合格率は

考えている女性

どんな内容が出題されるの?

コースや科目によって出題内容は変わってきます。

どのコースにしても問われることは実施試験です。

WordやExcelなどのソフトにしても基本的な操作ができていないと問題に応えることはできません。

出題内容について凡ミスをしないようにまずは基本操作をもう一度確認する必要があります。

文書作成、書式設定、表の作成ができるかというWordや Excelでは一般的な操作ができているかが問われます。

試験ですのでこんなことは簡単と思われますが試験が始まるとどう対応するのか忘れてしまいがちなことです。

またその応用篇も理解しておく必要があります。

合格率

MOSの試験を受講するにあたり試験内容ともう一つ気になるものが合格率です。

どのくらいの割合で合格されているのかを知っておくことで勉強の計画も立てやすくなるでしょう。

MOSの合格率は80%といわれています。

数字だけみると高いように見えますが試験には時間制限もありますのでこれが高いかどうかを決めるのは受講者次第です。

確実に合格を取るためにMOS本番と同じ形式の時間を決めて実施を繰り返すと一気に合格できる確率が上がります。

全体の合格率と同じかそれ以上の合格率を取れるようになれば一発でMOSを合格することができるでしょう。

合格率だけにとらわれずあくまでこのくらいというように思いとどめて自分のペースで勉強するようにしましょう。

そうすればおのずと合格を取ることができます。

 

ワンポイント
・MOSの試験はコースによって異なる
・自分のペースで勉強するようにする
・繰り返し勉強することで合格率はあがる

どんな職種に役立つの?

首を傾げる女性

一般事務

 
一般事務職でパソコンを使わないという会社はほとんどないでしょう。

資料を作成するにはWordを利用しますし表計算などはExcelを利用します。

そのためMOSに限らずパソコンの知識があればあるほど有利になります。

自分自身も復習するだけではなく勉強にもなるため一石二鳥です。

また知識をつけておけばいざというトラブルや誰かが困っていた時に助けになります。

一般事務は幅広いですがMOSを取得しておくとどこの事務に就職したとしても通用するでしょう。

業界によってMOSが必要でないという場所はありません。

それだけ有名な資格になりますので事務にはかかせない資格になります。

経理事務

パソコンを操作している画像
経理事務では表計算をすることがほとんどです。

そのためExcelやAccessを使用します。

MOSではExcelやAccessなども資格を取得するうえでは必要になるため必ず知っているはずです。

経理事務ではExcelやAccessの能力が大いに活用されます。

この能力を身につけておけば計算速度が上がったり、処理能力が速かったりするため作業の効率化が望めます。

経理事務ではパソコンと隣り合わせでいることがほとんどです。

仕事をするうえではMOSは必須ですといわれる場合もあります。

貿易事務

他の事務と同じく、貿易事務もパソコンと隣り合わせです。

そのため仕事をするうえでは欠かせないものとなってきます。

決められたフォーマットに記入していく作業になるため一般事務とスキルは変わりませんがすばやく対応できればいいです。

スキルはWordやExcelといった一般事務と類似するところが多くあります。

MOSの資格を取得しているとアピールするだけで一気に高く評価が得られます。

すぐに対応できる人だとより会社内でも評価が得られるでしょう。

 

ワンポイント
MOSはさまざまな職種で必要になる資格です。

転職にMOSは必須?

首を傾げる女性
どこの企業に勤めることになっても必ずパソコンを操作しなければなりません。

そうなった時に会社に対してアピールできるものがあればとても有利です。

今では趣味を活かすための資格もたくさんありますがそれはあくまで自分自身のための資格になります。

そうではなくて会社に貢献できるような資格を取得しておくと自分自身のためにもなりますし会社側のためにもなります。

中でもMOSはスペシャリストです。

会社内にパソコンのスペシャリストが一人でもいればその会社に勤めている人全員が助かるでしょう。

知識を活かすことで人よりももっと上の位に立つこともできます。

MOS取得のメリット

オッケーサインをする女性

転職活動でアピールできる

スキルを活かせる資格になりますので転職活動をする際に履歴書に書くことが可能です。

資格を持っているということはそれだけ勉強もしていますしスキルとしては十分身についています。

資格を持っていればそれは一生涯役立つものになります。

資格を取得したからといってそれっきりにならないように資格取得後も引き続き勉強しておくともっと知識が身につくでしょう。

転職活動をしていくにあたり他の転職者に差をつけることができます。

資格を取得していればそれだけ自分の力になりますのでアピールをしないと損をします。

仕事に役立つスキルが身につく

パソコンを操作する女性
MOSはパソコンを扱ううえでスペシャリストです。

基本操作はもちろんのことその応用まで幅広くスキルが身についています。

パソコンを使う機会が多い職場なら自分の持っているスキルを十分に取り扱うことができるため役立つ機会も増えるでしょう。

MOSを持っていれば周りから一歩自分がリードしていることになるためそのスキルを活かして仕事に活かすことができます。

MOSはWordやExcelのほかにPowerPoint、Accessなど幅広い分野の知識があります。

仕事で活かすことができれば周りにいる人はすごいと驚くでしょう。

スキルの証明になる

MOSを取得する前からすでに勉強は始まっています。

資格を取得してそれを活かすことができたらそれは自分にスキルが身についている証拠です。

ただ単に勉強しているだけではスキルは身につきません。

スキルをつけるには目には見えないもので自分がどうあるかということしかわかりません。

ですが勉強すれば必ずそれは自分の力となって自分の元へ返ってきます。

自分のやってきたものをどこかで活かすことができればそれはスキルが身についたということになります。

MOSが転職に有利な理由

微笑む女性

若年層はパソコンを使えない人もいる

情報化社会といわれていますが中にはパソコンを使えないといった人もいるでしょう。

今の時代はパソコンだけではありません。

スマートフォンやタブレットなどさまざまなツールで情報を閲覧したりできるためわざわざパソコンを使おうと思う人がいません。

そのため若年層はパソコンの操作の仕方を知らないという人が増えています。

中にはパソコンが好きで使っているという人もいますがその一方でタイピングすらできないという人がいることも事実です。

パソコンを使ったことがない人やそこまでやり込んでいないという人が多いとMOSという言葉すら知らない可能性があります。

そうなってくるとMOSを所持している人は大変有利です。

パソコンを使えて当たり前という企業が多くある中でアピールになるからです。

MOSを所持している人としていない人とでは所持している人の方へ声をかけてくれます。

応募者のスキルレベルがわかりやすい

MOSは全国共通の資格です。

そのため企業側もMOSの存在は当然知っていることになります。

MOSはどの科目を何級取得しているのかを書く必要があるのです。

一目見るだけでこの人はこんな資格を所持しているのかとすぐにわかるようになっています。

資格をみるとその人のレベルやどんなことができるのかということまですべてわかってしまいます。

資格を持ったからといってせっかく勉強してきたことを忘れないようにしましょう。

資格を得ることは簡単なことではありません。

時間とお金をかけてようやく自分の知識やスキルが認められます。

せっかく身につけた知識を取りこぼさないようにしましょう。

 

ワンポイント
若年層はパソコンを使用しない人が多いためパソコンを使える人や資格を取得している人は有利になる。

MOS転職への活かし方をご紹介

ガッツポーズをする女性

面接でスキルレベルをアピールしよう

書類で伝えるのは履歴書、なら言葉で伝えるのは面接です。

入社する前に会社側に自分をアピールするタイミングは面接しかありません。

ここでしっかりと自分のできることをアピールしておかないと損をしてしまいます。

せっかく資格を取得したのに伝えられないというのはもったいないです。

MOSという単語を使うだけで相手の方にはすぐに伝わります。

面接では自分をアピールすることは必須です。

自分の今まで学んできたことや知識、スキルを存分にアピールしましょう。

MOSを持っているというだけで担当者に好印象を与えることができます。

転職エージェントを活用しよう

説明する女性
転職を考えているからといってやみくもに行動するのは危険です。

自分を見失わないことが大切ですのでまずは転職エージェントを活用するようにしてみましょう。

このような制度は見つけ方次第でたくさんあります。

相手に迷惑がかかるかもという考え方は捨てましょう。

活用することに意味があるためそのような考え方は不要です。

転職エージェントはその道のプロですので活用できるのであればどんどん活用していきましょう。

 

ワンポイント
MOSはパソコンのスペシャリストのためあらゆる面で必ず活かすことができる資格です。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

談笑している画像
一人で悩んでいても何も始まりません。

人に相談することはとても大事なことです。

考え方は人それぞれですので今まで自分が思いつかなかった考えが聞けるかもしれません。

転職エージェントに相談するときに自分が今まで勉強してきたことを伝えましょう。

どんな条件が合っているのかその候補を絞って伝えてくれるため資格を所有している場合はそれもすべて伝えましょう。

このスキルがあればこんなこんな仕事がいいのではないかこんな仕事もあるというような可能性が広がります。

自分が今どうしたいのかということを相手に的確に伝えることでよりよい転職活動につながることでしょう。

まとめ

ファイルを持ちまとめている女性
全国共通の資格を取得しているだけで企業に勤めている人ならその言葉を聞くだけで印象がよくなります。

MOSは受講する科目や難易度によって出題される範囲も合格点も違います。

ですが自分がこれまでに勉強してきたことを証明したいと思うなら全国的に知られているMOSやその他の資格を取りましょう。

企業の印象も明るいものになりますし自分の実力も試せる機会にもなります。

自分の武器を試せるチャンスになりますので、使える機会があれば思う存分そのスキルを発揮しましょう。