社会は景気の良い時と悪い時が順番に訪れます。

うまく時流に乗れれば良いのですが、不況の時に転職をすることになった場合にはどのような対処をすればよいのでしょうか?

女性の転職者が不況時にやっておくべきこと、成功のためのポイントを解説していきます。

Contents

不況でも転職すべき?

ビジネスのグッズ画像

勤め先の業績が低下し始め人員整理などのリストラが目立つようになると、社会情勢の不安定さも気になってしまいます。

なんとなくそろそろ転職して新しい生き方を目指す時期かもしれないと、そう思い始める女性も多いのではないでしょうか?

手遅れになる前に、よりも安定した職場を求めて転職活動をしようという女性にお伝えします。

今回は不況の中で転職をするべきかについての解説です。

不況は繰り返しやってくる

不況になると景気が悪くなるので、転職は無謀だという考え方や風潮があります。

しかし不景気と景気のよい時期というのは、世界の歴史を紐解いても常に繰り返されているのです。

不況の時期に転職すること自体は決して珍しいことではありません。

また、好景気の時と不景気の時とで転職者数に変化があるわけではなく、ほぼ一定の数値で動いています。

不況だからといって転職に尻込みする必要などないのです。

女性も中長期的な転職活動が必要

会議室の画像

不況時の女性の転職活動は長い目で見ながら進めてみましょう。

不況の最中、しかも女性というしがらみに囚われてしまうと、ますます転職活動が消極的になりがちです。

不況だからこそ転職したい会社を見極めるには良いタイミングでもあります。

実は不況時に優良な企業を選ぶ価値があるのです。

周りの雰囲気に流されて焦らないよう、じっくりと自分のペースで転職の一歩を踏み出してみることをおすすめします。

不況時の転職の特徴とは

デスクの画像

不況時の転職にはある特徴が見えてきます。それは求人者数の急激な増加が目立ち、その一方で求人数の減少も目立つという点です。

転職マーケットの需要と供給のバランスが崩れてしまいます。それに伴って見えてくる内容をさらに詳しく解説していきましょう。

転職先の選択肢が少ない

不況のため求人の減少が見えるということは、当然ながら転職案件の選択肢が狭くなっていきます。

そのため1つの企業に対して、かなり多くの求人者が殺到します。

自然と求人倍率が上昇する現象を生み出す結果になるでしょう。平常時よりもライバルとの求人争奪戦を強いられてしまいます。

チャンスが減る

ドキュメントの画像

1つの求人案件へ多数が応募するということは、それだけ転職成功のチャンスや確率が低くなるとも言い換えられます。

本来であれば不況時の競争激しい場所へ安易に挑むことなど最善策ではありません。

それでも転職活動をするのであれば、通常時よりも積極的な応募をして、よりスピーディーな転職活動を行う配慮が必要です。

第二新卒の採用が減る

不況時での転職にて影響を受けるのが第二新卒の人々です。

景気のよい時期は第二新卒も転職の受け入れ先自体はかなり豊富に見込めました。

まだ若さもあって柔軟性も備わっているため、未経験者でも多くの企業が採用します。

しかし不況とともに採用を見送る対象へと変わってしまうのです。

とくに大企業などの保守的な体制の職場では、転職案件が減少していきます。

不況時の女性の転職を成功させるポイント3つ

パソコンを見る画像

不況の時に女性が転職をすることはあまりおすすめできる行動ではありません。

しかしそうはいっても、さまざまな事情を抱えて転職をせざるを得ない状況下の方もいるはずです。

不況の時期に女性が転職を成功させることは可能なのでしょうか?

実は必ずしも不可能ではないともいえるのです。

もし不況時に女性が転職で成果を上げるとしたら、どのようなことに気を留めて行動するとよいのでしょうか?

社会に不可欠な業種の求人を探す

不況が起きた時にその煽りを受けて弱体化する業種や企業がある中、全く不況とは関係がなく企業活動ができる業種も存在します。

例えば、人々が生活する上で必要不可欠となっている商品・サービスを展開する業種です。

主なものとして通信・保険・医療や医薬品・電気やガスなどエネルギー分野・日用品の消費財・介護サービスなどがあげられます。

社会全体にかかわるライフラインやインフラ関連の業種は求人も安定しています。

目を通してみると自分にマッチした案件が見つかる可能性があるでしょう。

業態ごとの不況からの回復期を把握する

仕事をする女性の画像

不況の最中にありながらも実際には業界ごとに微妙な時期の誤差も生じているはずです。

どの業種が今一番困難な時期なのか、あるいはどの業界がこれからいち早く抜け出しそうな兆しなのかを把握しておきましょう。

自分が転職を狙っている業種・業界の不況からの回復期を予測して、よいタイミングで転職活動をスタートするのがベストです。

焦りは禁物だと思ってじっくりと時期を待つのも方策といえるでしょう。

視野を広げて転職活動する

不況の時の転職活動は求人案件の数も少なくなり、自分が本当に就きたい職を見つけることが困難になりがちです。

できれば時期を見計らって中長期的な展開で活動をするよう心掛けてみましょう。

しかしすぐにでも転職を決定させたい事情があるのなら、多少は視野を広げて新しいフィールドに挑戦するのも良い方法です。

今自分がいちばんすべきことは何でしょうか?何を最優先にするべきかを考えながら落ち着いて行動してみることです。

不況時の女性の転職に備えてやるべきこと

ビルディングの画像

不況の時に転職を目指す女性には、成功するにあたってどのような下調べや準備が必要になってくるのでしょうか?

実は不況だからこうでなくてはという特別な手法などありません。

転職そのものは景気の状況に関係のない普遍的な行動でもあります。

転職マーケットの情報収集を怠らず、常に綿密な準備をするということに限ります。

まずは、自己分析をして自分のスキルやキャリアビジョンを明確にしておくことから始めます。

次に、転職をしたい企業の分析をして、どのような経営理念やビジョンを掲げているのかを調べておきましょう。

その後、各転職候補の企業に合わせた採用試験と面接の対策を練るという方向です。

また、不況にともなった企業側からの条件も浮上してきますので、それをよく照合し判断することを忘れないようにしましょう。

譲れる部分があるのかないのかは個人差もあります。納得できるのであればチャレンジする価値はあるでしょう。

不況時の転職でしてはいけないこと

メモ帳とパソコンの画像

不況の中で転職をすることはやはり勇気が要ります。そのために念入りな準備をして臨むケースが見込まれます。

一方で不況時の転職ではNGとなるような行動もあります。では、不況時での転職でやってはいけないこととは一体何でしょうか?

転職先が決まらぬ間に辞職する

不況時で転職をする際は今の仕事を退職しないよう気をつけましょう。

よほどの貯金や蓄えがあってしばらく生活できるのならよいのですが、必ずしも永遠ではないはずです。

今の仕事を続けながら根気強く転職活動も併行することが望ましい方法です。

万が一離職をしてから探すとなると、精神的に不安定になりがちです。

すぐに採用が決まらないことで焦る可能性があります。明確で冷静な判断力を失って理不尽な転職をする恐れがあるからです。

現状維持を決める

不況時では焦って転職活動をしがちになるものです。

しかしそれとは逆に、転職する意思を抑えすぎてしまい、結局そのまま現状維持の状態に入ってしまう恐れも考えられます。

そうなると現状を無難に受け入れ過ぎてしまい、本当に目指したいキャリアビジョンがますます遠ざかってしまいます。

世の中がどうあれ自分の意思で最終的に決めるのが人生です。

その機会をみすみす逃して、やりたいことを封印してしまうときっと後悔します

焦って転職活動をする必要はないのです。

今の仕事を続けながら転職につながることも少しずつ展開することが望ましいでしょう。

転職先が決まらないときに退職してはいけない理由

デスクトップを見る画像

不況時には転職先をまず確保した上で退職することが妥当なやり方です。

まずは今の仕事をやりながらでもじっくりと転職活動を開始しておきましょう。

内定したところで改めて退職願を届ける順序を想定しておく方法です。

その理由は、自身の経済的な問題や精神的な苦痛を回避することができるからです。

次の仕事が決まらない期間はどうしても不安にさいなまれてしまいます。

健康面にも兆候が出てしまい、思い通りに転職活動ができなくなる恐れがあります。

安心材料を揃えた上で最終的な決断をすることが、最も効率的な転職といえるでしょう。

不況時に強い業種や企業の特徴とは

データの画像

景気が悪いと世の中もすべての職業が回らなくなるというイメージを持ってしまいがちです。

しかし景気の影響を一切受けることのない職業や、景気が悪い時に注目される業種も存在します。

まずは人々の生活そのものを支えるライフライン・インフラに関連した職業なら簡単になくなることがありません。

少なくとも衣食住が基本となる以上、それらに付随している業種は転職案件もそこそこ安定してあり続けています。

また次世代を期待されている技術的な業種も不況には強いようです。

今ではネットが多くのことを決定できる世の中になりました。IT関連の業種はあまり不況の流れに呑まれることがありません。

もし不況の時に転職を志すのであれば、生活にかかわる主要な業種や最先端の技術を誇れる分野にも注目してみましょう。

不況時の女性の転職控えはNG?

コーヒーの画像

転職には誰しも不安を抱えて活動する傾向があります。

世情や景気がどのような状態であろうと、当人は常に不安とともに過ごす時期といえるでしょう。

ただでさえ不安を抱える転職活動の時期に不況も重なってしまっては、やはり不利な選択なのでしょうか?

不況時でも積極採用する企業がある

一般的には不況の時に求人案件が減少し、その少ないコマに向けて多く応募が殺到する図式が見えてきます。

しかしこれはあくまでも一般論です。実は不況時にでも求人案件を出している企業は存在します。

景気悪い世の中であってもその煽りを受けず、したたかにペースを崩さない安定した企業であるからこそ募集案件が出せるのです。

言い換えれば、不況時に積極的に転職者を採用しようとする企業は、優良で調子の上がっている会社であることを意味します。

不況に強い業種や企業もある

多くの企業が不況下にて経営を維持するのに必死な中で、一部の企業では全く不況とは無縁とも思えるような様子を見せています。

不況の影響を受けにくい分野としては医薬関連・IT関連などがその事例です。

求人案件の掲載など採用活動を継続している企業が目立ちます。

また、スタートアップ企業・ベンチャー企業なども同じく採用を積極的に展開している傾向です。

もし不況時の中で転職を志すのであれば、これらのような不況に強い企業の求人情報収集も行ってみましょう。

不況時の女性の転職を成功させよう

雑誌とコーヒーの画像

では不況の中での女性の転職活動を成功させるためには、どのような点をチェックしておくとよいのでしょうか?

ここでは、不況時でも成功に導く転職のためのポイントを確認していきましょう。

求人情報と傾向を確認

不況時でも転職を考えるのであれば、自分が目指している業種や分野・該当する企業の現況を把握することが大切です。

現在どの程度の影響を受けていて、今後は打開できる可能性を秘めているのかを知ることです。

株価の状況を観察してみることや、できればその業種に関わっている人物からリサーチしてみるといいでしょう。

他にもネットで必要な限りの情報を収集するなどの方法を使ってみることです。

自分の身の守り方を考える

不況の中では求人数が少なくなることから、採用人数もかなり絞られてしまうことをあらかじめ理解しておく必要があります。

女性の転職はかなり厳しいものと覚悟しなければなりません。

しかしどうしても就きたい仕事があり転職希望だというのなら、ある程度は長期戦になると予測して転職活動を始めてみましょう。

今の仕事は事情がない限り退職しないほうが無難です。

普段の仕事と併行しながら面接などを受けに行くようなスケジュール管理から始めてみましょう。

転職エージェントに相談

不況時にて女性が転職活動をする際は、通常のような活動をしても結果が得られず採用内定が出ない可能性も考えられます。

運に任せてみるような心境にもなりがちです。そこでおすすめするのが転職エージェントの活用です。

転職エージェントの場合、非公開求人というのも存在します。転職エージェントを通じた紹介だけの限定案件です。

一般的な求人よりも競争率が低いので内定率が高い特徴があります。

アドバイザーも相談にのってくれて、案件探しがスムーズに進められるでしょう。

まとめ

パソコンを見る女性の画像

景気の状況を考慮すると転職活動に影響するのではと心配になるのが当然です。

不況時には転職しない方がよいのではと遠慮がちに考えてしまいます。

しかしやりたいことがあってそのための絶好なタイミングであれば、ぜひ転職活動を展開してみるとよいでしょう。

今の職を辞することは後回しにしても、転職活動の先行自体はできるはずです。

不況に嘆くよりも、やりたいことをやらなかった後悔のほうが強く響いてしまいます。

常に前向きな姿勢としたたかな準備を怠らずにしていきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら