分析思考とは、物事を冷静にかつ論理的に思考できることです。

分析思考を持っている女性は転職でどのような強みを活かせるでしょうか。

また、分析思考のできる人におすすめの仕事はどのようなものでしょうか。

本項では、分析思考の特徴や分析的思考力を鍛えるためのポイントを解説していきます。

Contents

分析思考の女性の適職とは

分析思考

分析思考とは物事を冷静に分析できる思考です。

また、論理的嗜好能力に基づいた考え方にも長けています。

物事の判断基準を客観的なデータに基づいて論理的に判断できることが特徴です。

感情に左右されず物事を判断できるため、的確に判断ができる人材と評価されるでしょう。

分析思考をする人の特徴は感情ではなく、データに基づいた判断をする習慣があります。

一方で、人の感情より論理性を優先する傾向があるため、時として反感を買うこともあるかもしれません。

分析思考を持つ人は客観的に物事を考えられる反面、主観的な考えの面で不利になることもあるのです。

分析思考の特徴

分析思考

分析思考の特徴とはどのようなものがあるでしょうか。

一般的に、冷静な判断をすることができたり、客観的に物事を見るなどの特徴があります。

仕事をするにおいては冷静な判断を求められることが多いです。

仕事を進めていくうえで、分析思考をしていることは優位に働くでしょう。

冷静な判断をすることができる

分析思考の人の特徴として、冷静な判断をすることが可能です。

冷静な判断ができる人は、感情的に物事を決断することが少ないです。

何をすれば組織にとって優位にはたらくかを判別することができます。

仕事をするうえで、物事を判断するのは人間です。

人間が判断する以上、どうしても主観的な感情が関わってきます。

そういった場合にも、冷静な判断をすることで物事を進めることができるのです。

客観的に物事を見ることができる

分析思考

分析思考をする人は客観的に物事を見ることができます。

自分の主観で物事を判断するのではなく、客観的事実に基づいて物事を判断します。

そのため、普遍的な決断をすることができるのです。

主観的な感情を排除する傾向があり、ときには冷淡だと評価されてしまうかもしれません。

しかし、ビジネスにおいては冷淡な判断が必要であることも多いです。

物事を決断するときには非情な決断をすることが求められることもあるでしょう。

そういう状況の中でも、客観的情報に基づいて判断を下すことができます。

例えば、業務効率化のツールを導入するときを想定してみましょう。

導入するツールによってどのような効果があるか、どれだけの費用を数値的に比較できます。

費用を上回るだけの効果を得られる場合、そのツールは導入するべきと判断できるのです。

このように、客観的な事実に基づいた判断をすることで組織にとって利益をもたらすことができます。

整理整頓が得意

分析思考をする人は、データに基づいた分析をする習慣があります。

そのため、データの整理を適切に行わなければなりません。

書類や電子ファイルなどの整理整頓が得意でなければなりません。

必要な時に必要な情報をすぐに出すことが求められるのです。

分析思考をするには頭の中だけでなく、物理的にも整理整頓をする習慣が必要です。

分析思考の女性におすすめの仕事

分析思考

分析思考ができる女性におすすめの仕事はどういうものがあるでしょうか。

分析思考が必要な仕事としては、分析する知識を活かせる仕事が挙げられます。

その他、原因を探り改善策を考える仕事なども向いているでしょう。

こういった分析思考を活かせる仕事は会社の中でも非常に価値のある仕事です。

分析思考をすることで価値の高い仕事を生み出すともいえるでしょう。

知識を活かせる仕事

分析思考の女性には知識を活かせる仕事がおすすめです。

知識を活かせる仕事としては、営業職などが代表的です。

営業職は顧客からの要望をヒアリングし、適切に提案することが求められます。

何故その商品を売り込むのか、顧客にとって何故その商品が必要なのかを説明します。

営業職としての経験が次の提案に向けて有効な経験として蓄積されていくのです。

分析思考のある女性にとっては適職といえるでしょう。

原因を探り改善策を考える仕事

分析思考の女性には原因を探り改善策を考える仕事が向いています。

例えば、経理の仕事は数字に基づいた処理を行う仕事です。

数字を扱うデータには客観的な根拠があります。

データ分析に基づいて物事の処理を進めていくのは分析思考が必要です。

また、会計データを扱うため論理的思考能力も必要になります。

分析思考のある人は経理職が向いているといえるでしょう。

分析思考の強みの活かし方

分析思考

分析思考の強みは物事を論理的に考えられることです。

論理的な思考には説得力があります。

根拠のある説明は他人を納得させることができるのです。

こういった論理的思考能力は、物事を判断させることや他人を納得させることに効果的です。

分析思考のある人はこういった物事を決断する力に長けているでしょう。

分析思考の強みはビジネスにおいて多様な面で活かせます。

分析思考の女性の注意すべきこと

分析思考

分析思考は主観を排除して物事を考えることが特徴です。

一方で、感情を押し殺した考えをしがちなので、冷淡な人だという印象を与えることにもなります。

ドライに物事を考えると、周りの人の反感を買ってしまうことがあるかもしれません。

時には自分の感情を出すなど、周りの人と同調しておくことも重要でしょう。

不合理なことでも、組織を円滑に進めていくことにはある程度必要なこともあります。

円滑に仕事を進めるためにも、周囲の人と協調していくことが重要です。

客観的事実に基づいて判断すべきことであっても、主観的な要素を取り入れたほうがいいこともあるでしょう。

物事の多くは多数決で決まるものです。

客観的に見て不合理だと感じる場合も、慣習によって受け入れられることも多いのが社会です。

長い物には巻かれろ、というようにある程度の不合理には目を瞑ることも求められます。

分析思考力を鍛えるためのポイント

分析思考

分析思考力を鍛えるためにはどのようなことを注意すればいいでしょうか。

分析思考力は一朝一夕に身に着くものではありません。

普段から分析思考力を鍛えるために注意することが必要です。

どのようなことに気を付けるべきか、具体的にポイントを見ていきましょう。

常に考えるくせをつけよう

分析思考

分析思考力を鍛えるためには、常に考えるくせをつけましょう。

普段から考える習慣をつけておくことで、必要なときにも考える力を発揮することができます。

物事を決断するときに、何故このような決断をするのかという疑問を常に持ち掛けましょう。

例えば、買い物をするときに何故この商品を買う必要があるのかを考えてみましょう。

この商品は日常で使うシーンがあるため購入する、というように論理だって考えることができます。

このように、日常の些細なシーンにも考える習慣を取り入れましょう。

少しずつの積み重ねが、分析思考力を鍛える基礎になるのです。

物事の見方を変えてみよう

分析思考力を鍛えるためには、物事の見方を変えてみることも必要です。

普段当たり前のように使ってるものについても見方を変えることでアイデアが生まれます。

例えば、普段使っているペンも代えてみれば業務効率化に繋がるという具合です。

ペンの筆圧により作業効率が上がっていくのです。

当たり前のように使ってるツールも、見方を変えることで無駄を省けるかもしれません。

考えるべきポイントを洗い出すくせをつけよう

分析思考

分析思考をするには、考えるポイントを洗い出すことが必要です。

物事を考えるにはどのような要素が含まれているかを細分化していきます。

世の中の問題は単純ではなく、様々な利害関係のもとに成り立っています。

どのような利害関係者がいるか、誰が決定権を持っているか等様々な問題があるでしょう。

分析思考は論理的に思考する力です。

1つ1つの事象を細分化していき、物事を解決に導いていく力が必要になるでしょう。

分析思考の女性が仕事をする時のポイント

分析思考

分析思考を持つ人が仕事をするにはどのような点に気を付ければいいでしょうか。

分析思考を持つ仕事は合理性の高さから一定の評価をされるでしょう。

一方で、合理性を優先しすぎて他人の感情がおろそかになってしまうことがあります。

分析思考の女性が仕事をするには他人の理解を得ることを重視しなければなりません。

根拠を説明したり、正確さを緩めて上げるなどの配慮が必要でしょう。

分析思考の女性が仕事をする時のポイントについて、具体的に見ていきましょう。

根拠を説明しよう

分析思考の人が仕事を進めるには、根拠を説明することが重要です。

自分の頭の中で正しいと思っていても、相手には伝わらないこともあります。

自分がどういう根拠を持って説明することで、相手の理解も得られるでしょう。

人というのは結論に至るまでのプロセスを説明されると納得がいくものです。

分析思考を持った人は自分の中で理由の説明付けが出来ていることが多いでしょう。

他人に納得して仕事を進めてもらうためにも、合理的な根拠を持って説明することを心がけましょう。

正確さを緩めてあげよう

常に正しいことを進めようとすると、他人と対立してしまうことがあります。

他人と対立してしまうと正しいと思ったことも進められなくなってしまいます。

時には自分が折れて周囲と同調することで、総合的に良いパフォーマンスを生み出すでしょう。

時には正確さを緩めることも必要になるのです。

分析思考の女性がリーダーシップを発揮するには

分析思考

分析思考の女性がリーダーシップを発揮するにはどのようにすればいいでしょうか。

分析思考のある人は合理的な考え方ができるため、合理的な決断を進めていくことができます。

そのため、組織を束ねるリーダーシップを発揮しやすいのです。

一方で、人の感情を尊重する必要があるでしょう。

具体的に解説していきます。

思いやりを持って仕事しよう

分析思考の人がリーダーシップを発揮するには、思いやりを持つことが必要です。

冷静に物事を判断していくことは、時として思いやりに欠けてしまうことがあるかもしれません。

特に、自分の意見を否定されてしまうと人は良い気はしないでしょう。

意見をぶつけるときは、優しく接するなど相手の気持ちを尊重した言動を心がけましょう。

周囲の人に考えを理解してもらい安心させよう

周囲の人に考えを理解してもらうことが重要です。

結論を押し付けるだけでなく、ロジカルに説明することが重要です。

他人に協力をお願いするときは、何故それが必要なのかを考えましょう。

話に一貫性を持たせて信頼を得よう

人と話していくときに一貫性は重要です。

一貫性が無い話し方をすると、話の内容にも信用を失ってしまいます。

常に一貫性の持った話を通すと、聞き手にとっても信頼できるものになるでしょう。

物事を多角的から見るときに必要なのが、一貫性の持った考え方です。

一貫性の持った話し方は、相手にも信用を与えるのです。

信頼を得るために、一貫性を持った話し方を心がけましょう。

困った時は転職エージェントに相談しよう

分析思考

転職活動で困ったことがあったら転職エージェントに相談しましょう。

転職活動では、自分の適性に合った会社を見つけることになります。

転職エージェントは様々な企業の求人が用意されており、その中から理想の求人を探すことができるでしょう。

まとめ

分析思考

分析思考を持つ女性の特徴について見ていきました。

分析思考を持つ女性は冷静な判断をすることができます。

客観的なデータから物事を決断できるため、スムーズに仕事を進めることが可能です。

論理的な物事の考え方ができるため、決断のスピードが速いのが強みです。

一方で、合理性を重視する性格であるため、人としての感情が軽視されがちです。

分析思考を持つ女性が仕事をするときは、相手の感情を思いやった行動をすることが求められるでしょう。

分析思考を身に着けるには、日ごろからの習慣から意識することが必要です。

常に物事を論理的に考える思考を養うことで、分析思考のある考え方が身に着くでしょう。

分析思考のある女性は転職市場でも有利になります。

転職するかどうか悩んだら転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは様々な求人があり、ご希望の条件に合致した求人が見つかるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら