中途採用の面接で悩むのが、どういう服装を着ていけばいいかです。

服装はその人の第一印象を決めるものであり、面接でも重視されます。

冬に面接を受ける場合は、コートなどの選び方で迷う人もいることでしょう。

この記事では冬の中途採用面接における服装の選び方や、服装の指定がない場合の服装の選び方を解説します。

冬の中途採用面接「服装」の選び方

面接において服装は採用担当者に良い印象を持ってもらうために大切なものです。

まずは、なぜ面接での服装選びが重要なのかを解説します。

第一印象が重要

スーツを着た女性

服装は応募者の第一印象を決定づけるものです。

服装がしっかりしていると仕事もしっかりとできるイメージを持ってもらえるでしょう。

逆に、だらしない服装では仕事の能力にも疑いを持たれてしまいます。

面接は採用担当者と応募者が初めて会う場所です。

服装がだらしなかったり、清潔感に欠けたりしていれば印象も下がってしまいます。

第一印象で損をしてしまうと、どれほど優秀な人材であってもマイナスの評価をされてしまうでしょう。

自分の能力を正しく評価してもらうためにも、面接の服装選びをしっかりと行うことが大切です。

また、ビジネスでは、TPOを理解し、シーンに合わせた適切な服装ができることもマナーの1つです。

面接での服装で、最低限の常識があるのかを判別しています。

入社後にビジネスマナーを守った服装をできるかも試されていると考え、適切な服選びが必要です。

業種別のポイント

スーツを着た女性

面接での適切な服装は業種によって異なるものです。

例えば、銀行などの金融機関はしっかりとした服装が求められます。

アパレルなどの業種では、ビジネスカジュアルなど落ち着いた服装をして面接に臨みましょう。

ただし、面接はあくまでもビジネスの場です。

清潔感やきちんと感を意識しつつ、業種ごとの傾向を見て選ぶ服装を決めましょう。

冬の中途採用面接の「服装」は何が好ましい?

冬であれば当然防寒のために他の季節よりも着込むことが多くなります。

アイテムが増えたとしても、他の季節と同様に、フォーマルな落ち着いたイメージの服装を選ぶことが大切です。

冬の中途採用面接にはどのような服装が好まれるのか解説します。

面接の基本はスーツ

スーツを着た女性

面接では季節を問わずスーツが基本です。

先述した通り、業界によってはビジネスカジュアルで臨むこともあるでしょう。

ただし、基本的にはビジネスの場であり、清潔感のあるPTOを意識した服装が求められます。

ビジネスカジュアルだとしてもジーパンやTシャツなど、ラフすぎる格好ではマイナスな印象を抱かれてしまいます。

業種によって適したスーツは異なるため、事前のリサーチをしっかりとしておきましょう。

面接前に本社などを訪問し、他の社員を見る機会がある場合は参考にしてください。

リクルートスーツは?

スーツを着た女性

中途採用での面接の際、新卒面接で使用していたリクルートスーツを使っても良いのか迷う人も多いことでしょう。

一般的に、リクルートスーツは新社会人が着るスーツというイメージがあります。

そのため、場合によっては新人のようで頼りないという印象を持たれてしまうでしょう。

特に社会人経験がある程度長い場合は、リクルートスーツではなく落ち着いた色合いのビジネススーツの方がおすすめです。

ただし、まだ社会人経験が2、3年ほどと短い場合は、リクルートスーツであっても問題はありません。

リクルートスーツで面接に臨む場合は、インナーを工夫することで印象を変えることができます。

落ち着いた色味の清潔感のあるインナーと合わせましょう。

 

ワンポイント
TPOをわきまえたスーツを選びましょう。

冬の中途採用面接時のスーツの選び方

冬の中途採用面接ではどのようなスーツを選べばいいでしょうか。

スーツのジャケットとボトムを選ぶ際のポイントを具体的に解説します。

ジャケット

スーツを着た女性

ジャケットは落ち着いた色のものを選びましょう。

具体的には、黒・グレー・濃紺がおすすめです。

カラージャケットはカジュアル過ぎると捉えられる可能性があるため避けましょう。

また、基本的には無地のものがおすすめです。

ただし、業種によってはピンストライプなどのシンプルな柄であれば問題無い場合もあるため事前にチェックしておきましょう。

ボトム

ボトムはパンツとスカートのどちらであっても問題ありません。

ただし、ミニスカートなど極端に露出の高いものや体の線が強調されるものは避けましょう。

スカートの場合は立った状態で膝が半分ほど隠れる丈が適切です。

パンツの場合は足首が隠れるほどの丈にし、ベルトを着用しましょう。

ビジネスの場であるため、トレンドを意識したおしゃれをする必要はありません。

シーンに合わせたふさわしい服装のできる、落ち着いた人物であるイメージを持ってもらうことを重視しましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

冬の中途採用面接時のインナーの選び方

スーツを着た女性

冬の中途採用面接時のインナーはどのように選べばいいでしょうか。

面接の際のインナーやシャツは、スーツと同様に落ち着いたものを選ぶのが無難です。

白や淡色系の落ち着いた色のシャツやカットソーを選びましょう。

ただし黒のジャケットに白のブラウスでは就活生や新人のような印象を持たれてしまう可能性があります。

スーツとの組み合わせを意識して、社会人らしい垢抜けた印象のコーディネートを心がけましょう。

また、首元が大きく開いているような露出が多いものは避けるのが無難です。

冬の場合、ジャケットの中にニットなどを着込む人もいるかもしれません。

しかし着込むことで着ぶくれしてしまっては、せっかくのスーツが不格好になってしまいます。

また、ニットでは面接官がカジュアル過ぎると感じる可能性もあるためおすすめできません。

保温性の高いインナーを着ることで着ぶくれを防ぎ、寒さ対策もできます。

 

ワンポイント
落ち着いた色合いのインナーを選びましょう。

靴・時計などの小物の選び方

靴や時計などの小物も身だしなみの一種であり、面接では派手すぎないことが重要です。

面接での小物の選び方を解説します。

スーツを着た女性

転職面接に臨む際はシンプルなパンプスなどフォーマルな靴を選びましょう。

特に黒色でヒールの高さが5cmほどのパンプスがおすすめです。

スーツの色味によっては、ベージュなどの落ち着いた色のものでも問題ありません。

スーツやバッグと合わせて、全体の統一感があるものを選びましょう。

ただし、ピンヒール・歩いた際に音が大きくなる靴・ブーツなどカジュアルなものはNGです。

派手な装飾がない、シンプルできちんと感のあるものを選びましょう。

時計

ビジネスシーンでは時計はつけた方が良いものです。

ただしブランド品などの派手なものは避け、目立たないものを選びましょう。

デジタルの文字盤の時計など、カジュアルに思われてしまうものは避け、アナログな文字盤のものがおすすめです。

またベルトは金属製か革製のものを選びましょう。

カバン

カバンも黒や紺などのシンプルで革製のものにしましょう。

もし書類などが配布された場合にも折らずに収納できる、A4サイズの書類が折らずに入る大きさのものがおすすめです。

面接の際には足下にカバンを置くことが多いため、足下に置いた時に自立するものにしましょう。

また、口の閉まらない鞄では中身が見えてしまい、セキュリティ面での不安を抱かれてしまう可能性があります。

鞄を選ぶときは、きちんと閉まるものを選びましょう。

アクセサリー

アクセサリーは企業によって捉え方が異なり、全てNGな場合もあれば、多少であれば問題無いということもあります。

採用担当者にマイナスな印象を持たれる可能性があるため、基本的には付けない方が無難です。

また、付けていても良い場合であっても派手なアクセサリーはNGです。

アクセサリー着用する場合は、こぶりでシンプルなデザインのものにしましょう。

冬の中途採用面接に相応しいコートとマナー

冬の場合は防寒のためコートを着る方が多いでしょう。

コートも身だしなみの1つとして印象を大きく左右するものです。

続いて、コートの選び方や、面接の際にどのように扱えばいいかを解説します。

コートの選び方

スーツを着た女性

中途採用面接に選ぶコートは、スーツと同じく落ち着いたデザインのものを選びましょう。

黒やベージュのトレンチコートやステンカラーコートがおすすめです。

ダウンジャケットやダッフルコートはカジュアルだと思われてしまう可能性があるので避けましょう。

ビジネスシーンにふさわしい、スーツと合ったコートを選ぶことが大切です。

コートを脱ぐタイミング

コートを脱ぐタイミングは、建物の中か面接会場に入る前がマナーです。

複数の企業が入っているビルにあればエントランスで脱いでも問題ありません。

受付に行く前には必ず脱ぎ、コートを脱いだ後はしっかり持ち運べるようにしておきましょう。

コートのたたみ方

脱いだコートは表面を内側にした、裏返しでの二つ折りにしましょう。

裏返しにする理由は主に以下の2つがあげられます。

  • コートの表面についた汚れを持ち込まない
  • 表面が汚れることを防止する

裏返して二つ折りにしたコートは、移動の際にはちょうど半分になるようにして腕にかけて持ち運びます。

裏返しできれいにたためるよう、事前にたたむ練習をしておきましょう。

面接中に置く場所は?

面接中にコートを置く場所は、鞄の上や椅子の背もたれにかけるのが一般的です。

鞄の上に置く場合はきれいにたたむことで好印象になるでしょう。

その際には、裏返しで半分に折った状態からさらに半分にすることできれいにたためます。

もしハンガーをすすめられたらハンガーを使いましょう。

ただし、すすめられる前に勝手に使用するのはNGです。

 

ワンポイント
コートはきれいにたためるように練習しておきましょう。

冬の中途採用面接の「服装」の注意点

冬の中途採用面接で服装を選ぶときはどのようなことに気を付ければいいでしょうか。

冬の転職面接で服装を選ぶ際の注意点を紹介します。

清潔感を意識しよう

スーツを着た女性

転職面接の服装で一番重要なのは清潔感です。

面接ではビジネスパーソンとしての能力をみられており、その中には身だしなみも含まれます。

スーツにシワが残っていたり汚れていたりすると、マイナスの印象を与えかねません。

また、喫煙者の場合はタバコの匂いがスーツについていないかもチェックしましょう。

匂いは人によって好き嫌いが分かれ、タバコに限らず香水なども場合によってはマイナスな印象を持たれてしまいます。

そのため、面接に着て行くスーツに匂いがつかないように注意する必要があるのです。

面接の前にはクリーニングに出しておくなどして清潔感を保ちましょう。

サイズ感も意識しよう

服装を選ぶときはサイズ感も重要です。

スーツはサイズが合っていないと不格好に見えてしまいます。

サイズを確認する際には、肩幅に合っているかを基準に確認しましょう。

特に冬は通年タイプのものや夏用の薄いジャケットの中に着込むと着ぶくれしてしまいます。

冬用の厚手のジャケットと保温性の高いインナーを合わせることで、すっきりとした印象を与えることができるでしょう。

また、数年前に着ていたスーツの場合、体型が変わっているとサイズ感が合わなくなってしまいます。

事前に着用して違和感がないか確認しておきましょう。

フォーマルな服装を最近着ていない、という人は新しくスーツを新調することも必要です。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

服装に指定がない場合の対処法

スーツを着た女性

会社によっては、面接時に服装の指定がない場合もあります。

服装に指定がない場合であっても、スーツかビジネスカジュアルで行くのが無難でしょう。

ビジネスの場に行くのにカジュアルすぎる服を着ていっては場違いだと思われてしまいます。

仕事の場であることを意識したうえで、業界や企業のイメージに合う服装を選びましょう。

アパレル企業などであれば、ブランドイメージに合わせた服装を求めていることもあります。

スーツであることを求められるわけではありませんが、TPOをわきまえた服装を心がけましょう。

 

ワンポイント
指定がない場合もビジネスシーンにふさわしい服装を心がけましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

スーツを着た女性

面接での服装選びだけでなく、転職活動そのものに不安を抱えている人もいることでしょう。

転職活動に関する悩みを抱えている場合は転職エージェントへの相談がおすすめです。

転職エージェントは数多くの転職を実現させたノウハウがあります。

面接時の服装をはじめ、転職に関する基本的なマナーなど様々な情報を集めることができます。

ビジネスマナーにも熟知しているため、分からないことがあったら何でも相談してみてください。

転職エージェントは転職のプロであり、転職に関わることならなんでも相談に乗ってくれる存在です。

少しでも転職に興味や不安のある方は是非転職エージェントに相談してみましょう。

まとめ

スーツを着た女性

冬の中途採用面接における服装の選び方について解説しました。

服装の選び方はその人の第一印象を決めるものであり、重要なものです。

服装でその人の印象が決まってしまうので、しっかりとした服装選び方をする必要があります。

服装を選ぶうえで特に重要なのが清潔感です。

清潔感のある服装であれば、好印象を持ってもらいやすいでしょう。

また、服装の指定がない場合はスーツかビジネスカジュアルでいることが無難です。

清潔感を意識しつつ、TPOに応じた服装選びを心がけましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら