あなたは転職に伴う引越しの予定がありますか?

転職活動をしながら引っ越し先の物件探しや各種手続きを行うのは大変です。

はたして「転職活動」と「引っ越し」ではどちらを優先するべきなのでしょうか。

そこで転職に伴う引越しの「タイミング」や関連手続きについてご紹介します。

転職に伴う引越しの不安を解消して新しい会社で最高のスタートを切りましょう!

転職に伴う引越しのタイミング

引越し、梱包グッズ

転職先が自宅から遠くて通勤が難しい…。

そんな時、転職に伴い「引越し」をする必要性がでてきます。

通常の引越し作業でも物件探しに始まり引越し業者の手配などやることが多く一苦労です。

ましてや働きながら転職活動中の人ならば、引継ぎなど退職時にやることも多くなります。

どちらも人生の‟転機”であり無計画のまま進めればリスクが高く危険です。

そのため各種手続きや費用も含め、できるだけ計画的に引越したいと誰もが思うことでしょう。

そこで転職に伴う引越しの「タイミング」についてまずはご紹介したいと思います。

引越しと転職はどちらが先がいい?

転職後に引っ越すのと先に新居を確保してから転職するのではどちらが良いのでしょうか?

以下にて近距離と遠距離での引越しの「タイミング」を見てみましょう。

引越しは転職が終わってからの方がいい

内定通知書

転職に伴う引越はおもに近距離と遠距離の2つに分けられます。

近距離で転職する人の多くが「内定」が決まった後に引っ越しの準備を開始します。

しかし内定から入社日までの期間が短いと引越しの手配などスケジュール調整が困難になるでしょう。

今の家からでも通える距離なら転職後、仕事に慣れてから引越すのも1つの手段です。

また様々な理由から内定後に希望と異なる勤務地に配属されることもあります。

このため転職に伴う引っ越しでは転職が終わってからの方が最も確実といえるでしょう。

上京や移住は引越しが先になる場合も

家の置物

上京や移住など遠距離の引越しではゆとりをもって計画的に進める必要があります。

通常なら「内定」が決まった後、入社までに引越しを終えるのが理想的です。

ただし働きながら就活している人の場合は退職してすぐに転職先の入社になることもありえます。

また現職の引継ぎなどで忙しくて、なかなか引越し準備の時間が作れないという人もいるでしょう。

このため現職を退職したのちに引越してそこで新たな転職先を探す人もいます。

このように上京や移住を伴う転職では‟拠点”となる新居をあらかじめ確保しておくのも1つの手段です。

先に引越しを済ませておけばその後の転職活動がしやすいというメリットがあるからです。

また「引っ越しシーズン」と呼ばれる月は不動産屋や引越し業者のスケジュールも埋まりがちです。

そのため上京や移住の人はシーズンを避けて引越しを先に進める場合もあります。

転職に伴う引越しの注意点

転職に伴う引越しで起こりやすいトラブルには一体何があるのでしょうか?

そんな起こりやすいトラブルをもとにした「注意点」を2つご紹介します。

転職先が決まっても入居審査に落ちる場合も

書類を確認する男性

転職に伴う引越しで意外と多いトラブルが「入居審査」です。

物件の契約前に行われる審査で入居申込者の支払い能力について審査します。

つまり入居後もきちんと家賃を支払うことができるか判断されるのです。

現在、就業中の人なら現勤め先の情報で入居審査が行われるでしょう。

トラブルとなり得る人は転職に伴う上京や移住される方、そして転職まで無職の状態になる人です。

入居審査は勤め先など収入面で不確定な部分があれば審査も通り難くなります。

たとえ転職先が決まっていても審査に落ちてしまうこともあるのです。

入居審査は貸主(大家さん)の判断によるものなので、その審査基準は物件によって異なります。

引越し直前で慌てないようにあらかじめ不動産会社に確認しておくとよいでしょう。

転職と引越しの同時進行は避けよう

悩む女性

転職活動と引っ越しを「同時進行」する過密スケジュールは避けた方がよいでしょう。

内定時期を予想して引越しの予約をしても肝心の内定がもらえなければ大変です。

いくら計画的に準備をしていても‟余裕”が無ければハプニングが起きた時にも対応できません。

また常にギリギリの精神状態では転職活動そのものにも悪影響となってしまいます。

まずは転職活動に専念して「内定」が決まった後に引越し作業を進めてください。

 

無料転職相談をして理想の会社で働こう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


内定後の引越しの流れをチェック

内定後の引越しについて全体の流れを把握しておけば慌てることもありません。

部屋探しをしよう

ノートPCと女性

まずは引っ越し先である「部屋」探しをしましょう。

転職先への通勤時間や駅までの距離、家賃の相場などは早めに調べておきます。

また時間に余裕があれば希望エリアの不動産会社に足を運ぶのも良いでしょう。

転職活動で沈んだ気分を一新したい時にお部屋を「見学」してモチベーションアップを図る人もいます。

不動産屋に希望条件を伝えておけば広告前の新着物件も優先的に紹介してもらえるでしょう。

このとき内定前なら部屋の下見までに留め、契約手続きは内定後に行うようにします。

引越し日の確定

カレンダー

内定が決まったら転職先の会社には「入社日」を、また現職場には「退職日」を伝えなくてはいけません。

まずは入社日と退職日を決めてからスケジュールに沿って「引越し日」を決めましょう。

もし決められない人は「この週で引越す」など大まかにでも決めておきます。

その後、引っ越し業者のスケジュール状況によって引っ越しの候補日を絞っていくと良いでしょう。

くれぐれもゆとりをもって出勤初日を迎えられる引越し日を選んでください。

また退去の連絡は引越し日の1カ月前までには管理会社に伝えましょう。

現職への報告をしよう

退職届

引越しの具体的な日取りを決めたら現職への報告をしてください。

全ての有給を消化したいなら早めに「退職意思」を伝えておきましょう。

一般的には退職の1カ月前、遅くとも2週間以上前には退職の意思を示す必要があります。

また明確な「退職日」の報告は内定が決まってから数日のうちには行いましょう。

退職に伴う必要書類の作成など退職先の企業でも手続きの時間が必要です。

これらの報告が遅れてしまうと重要書類の発行が間に合わないこともありえます。

トラブルを避けるためにも現職への報告はできるだけ早めに伝えることが肝心です。

各種手続きを進めよう

郵便ポスト

引っ越し日がはっきりと決まっていれば電気や水道、ガスなど公共料金の契約変更ができます。

現住所の契約書に記されたそれぞれの連絡先へ問い合わせましょう。

また引っ越し業者の手配をはじめ、引越しに伴う各種手続きも進めてください。

金融関係では住所によって本人確認をすることがあるため優先的に手続きをしましょう。

また引っ越し後のネットショッピングでうっかり古い住所に配達依頼したというケースもあります。

よく利用するオンラインサービスや通販サイトの登録情報は早めに変更しておきましょう。

さらに郵便物のトラブルを防ぐため郵便局で「転送届」を出しておけば安心です。

引越しの期間はどれくらい?

ルームウェアの女性

今住んでいる部屋から退去することを管理会社に1カ月前までには報告します。

通常の引越しなら退去日ギリギリまで引っ越し期間に当てることも可能です。

しかし、転職を伴う場合は入社日までにゆとりをもって引越した方がよいでしょう。

引越しの距離や荷物量を考慮して、あなたに無理のない引っ越し期間がベストです。

最低でも入社日の1週間前までに引越しを済ませておくと安心でしょう。

引越し前に転職先に確認すること

引越し前に確認しておけば…と後悔する人も。

前もって転職先に「確認するべき」ことについて説明しましょう。

家賃補助があるかどうか

お金と家の置物

前もって転職先に確認するべきことの1つが「家賃補助(住宅手当)」です。

通常引越しには家賃をはじめ敷金や礼金、また不動産屋によっては仲介手数料も発生します。

すなわち物件の契約には家賃の4~5か月分のお金を用意しなくてはいけません。

また、それとは別に引っ越し業者への代金も含めるとかなりの大金になります。

そのため企業によって家賃補助のサポートを行っていることも少なくありません。

引越し費用が抑えられて大助かりの「家賃補助」は事前に確認することをお勧めします。

不動産会社の紹介があるかどうか

鍵を持つ手と家の模型

また企業によって異なりますがサポートとして社宅や寮を完備していることがあります。

それら社宅や寮のほとんどが入居するときの敷金や礼金を必要としません。

このため引越しの「初期費用」を抑えられるというメリットがあります。

たとえ寮の部屋に空きが無くても不動産会社を紹介できる場合もあるでしょう。

この場合、個人契約の時よりも家賃が安くなることがほとんどです。

また遠方からの引っ越しともなれば転居先の土地勘が無く不動産巡りも大変でしょう。

引っ越しを進める前に転職先に不動産会社を紹介してもらえるかを確認してみてください。

退職時にやることと必要な書類をチェック

円滑に退職するため「やること」や「必要書類」をチェックしておきましょう。

退職先から受け取るものリスト

木のブロックに書かれたチェックという文字

退職先から受け取るものには「離職票」や「退職証明書」などがあります。

離職票はハローワークにて失業給付の申請をするときに必要です。

また退職証明書は公文書ではなく基本は希望者にのみ発行される文書になります。

国民年金や国民健康保険の加入手続きのほか、転職先から退職証明書を求められることもあります。

事前に退職日を伝えていても当日までにこれらの書類が必ず受け取れるとは限りません。

この場合、引っ越し先の新しい住所を伝えて送ってもらうとよいでしょう。

健康保険証を返納しよう

国民健康保険被保険者証

退職時に忘れやすいものとして「健康保険証」の返納があります。

仕事の引継ぎや引越しの段取りで忙しくなるとついつい後回しにしがちです。

健康保険証はできるだけ退職日までに現職の担当者に手渡しましょう。

もし遠方へ引っ越して手渡しが不可能な時は、相手企業に「郵送」しても良いか確認してください。

この時、どの部署の誰当てなのか「宛先」の確認をしっかりと行いましょう。

また重要な健康保険証の紛失を防ぐためにも手渡しの「書留」で郵送してください。

住民票の変更

転出届

不動産屋との契約が完了したら新居の鍵を受け取りいつでも入居することが可能になります。

この段階で「住民票」を移動させると良いでしょう。

前住所と同じ市区町村内で引越すなら役所で「転居届」を出します。

また移住や上京など市外への引越しなら「転出届」を提出しましょう。

転出届を提出すると引き換えに「転出証明書」が交付されます。

それを持って今度は引っ越し先のエリアを管轄する役所へ行ってください。

「転入届」と一緒に転出証明書を提出すれば住民票の変更は完了です。

また免許証の住所変更で使う「住民票」の写しもこの時に貰っておくとよいでしょう。

なお証明書の交付から転入届までの期間は14日以内と定められているため注意してください。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


転職に伴う引越しの不安とその原因は

ノートを手に考え事をする女性

転職を伴う引越しではほとんどの女性が少なからず不安やストレスを感じています。

そのため「自身の適応能力が低いのかもしれない」と悩むことはありません。

「転職」と「引越し」という2つの大きな変化を体感する訳ですから当然なのです。

新しい職場や土地で上手くやっていけるのか?

対人関係や金銭面まで転職に伴う引越しの不安はさまざまです。

これら「不安の原因」のほとんどは“わからない”ことが原因といえます。

またこれまでと異なる環境や緊張が続くため精神的な負担が大きく感じられます。

それらの負担を軽減するには不安の原因である”わからない”を解消することです。

転職の不安は転職エージェントに相談しよう

エージェント相談

「転職」の不安も「住まい」に関わる不安でもプロに相談するのが一番です。

賃貸の場合は不動産会社や管理会社へ、また寮や転職に関わることなら転職先に相談しましょう。

しかし、新しい勤務先へ「不安」を口にするのはちょっと…という人もいると思います。

もし転職先に話しづらいなら「転職エージェント」に相談するのもおすすめです。

あなたのプライバシーも守られるため転職先の対人関係への影響も気にせずに話せるでしょう。

まとめ

窓辺の女性

各種手続きや費用など‟わからない”ことだらけの「引越し作業」と「転職活動」。

どちらも生活環境が一変するため人生における重要な「転機」といえます。

そんな重要性の高さから緊張感が続き、さまざまな不安やストレスを感じることでしょう。

この度ご紹介したことであなたの‟わからない”不安を少しでも解消できれば幸いです。

また、あなたが晴れやかな気持ちで新生活をスタートできることを祈っています。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!