転職活動をしていると何度も同じ求人を見かけることもあるでしょう。

常に求人が出ている企業は気になりつつも、何か問題があるのではないかと不安を感じるケースもあるでしょう。

もしかしたら離職率が高いのか、労働条件が悪いのかなどと疑心暗鬼になるかもしれません。

ただ、ずっと求人情報が出ているからといって必ずしも条件が悪い企業とは限りません。

求人がで続けている理由を知ることで、応募先の幅を広げることができます。

この記事では求人がずっと出ている理由について解説します。

優良な求人を見極めるポイントについても解説しますので参考にしてみてください。

Contents

求人がずっと出ている理由は?

カバンを抱える女性

 

求人の掲載がずっと続いている企業に応募するには不安が伴うという人もいるでしょう。

数ヶ月も求人がで続けていると応募する人がいないのかとも感じるかもしれません。

企業が求人をずっと出し続けている理由はいくつか考えられます。

事業拡大で増員している

事業拡大による増員の場合は、人数が足りるまで募集を出し続けることは多くあります。

事業拡大にはまとまった人数を採用する必要があるでしょう。

応募が来ても全員を採用するとは限りません。

そのため長期的に求人を出し続けて応募してくれる人を待ち続ける必要があるとも考えられます。

事業拡大が目的で求人を出している場合は求人内容に明記されていることがほとんどです。

「オープニングスタッフ募集」

「事業拡大につき大量募集」

このようなキーワードが記載されていないかを確認してみましょう。

全国規模の募集をしている

大手企業の場合、全国に支店などを保有している可能性が高いです。

この場合は、全国各地の求人をひとつにまとめて出していることがあります。

つまり一部の地域での募集が終了してもほかの地域での募集が続いている限りは求人は出続けます。

全国の求人が終了するまでは掲載が続くため長期間になりやすいという点が特徴です。

求人情報で抑えるポイントとしては勤務地条件になります。

勤務地に「東京・仙台・札幌・福岡・名古屋など」と複数の地域名が記載されているかを確認しましょう。

内定辞退への備え

求人の文字

採用面接を行って内定を出したけれども辞退されてしまうこともあります。

そこで企業が取る手段としては、内定辞退に備えた求人の打ち出しです。

内定を辞退されると人材を1人失うことになります。

そのため人でが必要な企業では常に求人を出しているということもあります。

とくにサービス業など人でが必要となる企業ではよくあるケースです。

人材を厳選して採用したい

企業としてはできるだけ優秀な人材を確保したいという気持ちで求人を出します。

そのため長期戦で優秀な人材が来るまで待ち続けるという企業もあります。

急いで人がほしいというよりは、即戦力となる人材をじっくり探したいというケースです。

こうした企業の場合は、社員の定着率が高く働きやすい環境が提供されることが多くあります。

ずっと求人が出ているからといって必ずしも職場環境が悪いとは限らないという点を理解することが必要です。

人手不足や離職率が高い

不安通り、離職率が高くて人でが足らないことが原因で求人をずっと出し続けている企業もあります。

立地がよく、専門的なスキルが必要な業務であるにも関わらず人手不足が続いている企業は要注意です。

ただし、求人情報だけをみて本当にそうなのかを判断することは難しい点も多くあるでしょう。

転職エージェントを利用して希望している企業についての情報を正確に得ることもひとつの方法です。

掲載期間が長い企業は危険なの?

手帳とパソコン

求人の掲載期間が長いというだけで危険な企業と判断するのは勇み足になる可能性もあります。

企業がなぜ長期にわたって求人を出し続けているのかという点をよく確認することが大切です。

たとえば、ハローワークなどの求人であれば掲載は無料であるため長期的な掲載を行うケースもあります。

求人情報誌などへの掲載は有料となるためできるだけ短期間で採用を決めたいと考える企業が大半でしょう。

ハローワークの求人では「給与・採用日」などをよく確認することをおすすめします。

やたらと給料が高い、採用日が明記されていない求人はあまり真摯的とはいえないでしょう。

給与についてはもちろん業種にもよりますが、採用条件が曖昧なのに給与だけを全面に押し出しているような求人には要注意です。

長期的に求人を出している企業では、そもそも人を採用するつもりがないこともあります。

とりあえず欠員ができたときのための要員確保のためというケースも少なくないでしょう。

一概にはいえませんが、ずっと求人が出ている企業に応募する際にはほかの求人よりも慎重になることも必要となります。

人手不足な業種や業界もある

応援する女性

ずっと求人を出している理由が悪質なものばかりとは限りません。

業界全体で人手が足りていないケースもあります。

業種でも人手不足がいわれているところもあるでしょう。

求人内容を確認した上で、業界研究を進めてみることも必要です。

業界で人でが不足している場合には長期的な求人を出している可能性は高くなります。

優良な求人を見極めるポイントは?

ペンとノートを持つ女性

優良な求人を見極めるにはどのような点をチェックすればよいのでしょうか。

ここからは優良な求人の見極めポイントについて解説します。

ポイント①募集期間

やはり募集期間は最大のチェックポイントです。

とくに有料の広告掲載の場合は期間が決まっているため、それでも長期的に求人を出している場合は注意が必要になります。

予定期間内に募集人数が集まっていない、人材が不足しているなどの理由で求人掲載を延長している可能性もあるでしょう。

求人期間が長いから危険、短いから優良というわけではありません。

ほかの条件とも加味しながらチェックすることも大切です。

ポイント②給与金額

求人を確認する場合、必ずチェックするのが給与額でしょう。

給与は高ければ高いほどよいと考える人が大半です。

ただし、同業他社よりも極端に給与が高額な場合には注意が必要です。

もうひとつは、給与に幅がある記載がされている場合も注意しましょう。

たとえば300〜800万円などとかなり幅がある場合です。

この場合は、成果連動給であるケースも多くあります。

ノルマがあり、それを達成した場合にのみ高額な報酬が支払われるというケースです。

またはみなし残業代が含まれていることもあります。

こうなると採用されて働き出したけれどノルマが未達で給料が想定より少なかったということも起こりえます。

事前に業界の平均給与がどの程度なのかを調べておくとよいでしょう。

ポイント③複数の媒体に掲載している

 

求人を複数の媒体に掲載している企業も要注意です。

求人に気になる点がみつかった場合にはほかの媒体にも同じ内容を掲載していないか確認してみましょう。

転職サイトや求人サイトに大量に掲載してい場合もあります。

この場合は、頭数をとにかくそろえたいという企業側の意図が垣間見えます。

離職率が高いため次々と人をいれる必要があるという可能性もあるでしょう。

露出を多くすることで求人を探している人の目に触れやすくすることも狙いです。

応募したい時に確認すべき点をチェック

親指を立てる女性

みつけた求人に応募したい場合には具体的にどのような点をチェックしたらよいのでしょうか。

求人情報以外から企業の情報を知ることも大切です。

応募したい時に確認すべき点について解説します。

会社周辺の様子を確認しよう

実際に会社の周辺に足を運んでみることも大切です。

会社から出てくる社員の様子をチェックしてみましょう。

覇気があり楽しそうな様子かどうか、それとも元気がなく疲れた様子か。

1人だけを見て判断するのは危険です。

可能であれば社員全体の雰囲気がつかめるとよいでしょう。

またホームページの画像をチェックするのもひとつです。

基本的にはよい写真を選んでいることが多いですが、施設の様子や建物の様子なども重要なチェックポイントになります。

離職率をチェックしよう

パソコンを操作する女性

離職率のチェックは重要です。

環境がよければ長く勤めたいと思うのが人の心理でしょう。

離職率が高いことと職場環境が悪いことは完全にイコールとはいえません。

ただ無関係ともいえないのが実情です。

目安としては3年後離職率を参考にするとよいとされています。

3年前に入社した新卒の社員が3年間でどの程度退職しているかをチェックしましょう。

厚生労働省が提示している3年後離職率の平均は3割とされています。

3年後離職率が3割を超えている企業は要注意と考えてよいでしょう。

インターネットの口コミを参考にしよう

求人サイトなどの口コミを参考にするのもひとつの方法です。

第三者の率直な意見が記載されている口コミサイトであれば重要な情報源となります。

悪評の多い企業はブラック企業である確率が高くなります。

ただし、注意したいのはあくまでも参考にするという姿勢で閲覧することです。

口コミサイトは誰でも顔を知られずに書き込むことができます。

だからこそ率直な実体験を書くことができるという点はメリットです。

逆に誰でも書けるので悪ふざけで口コミを書き込む人も少なからずいます。

利用するサイトを選ぶ際には、口コミを書き込むために会員登録が必要なサイトを選びましょう。

 

質問の仕方を工夫して社員定着率を探ろう

履歴書とスマホ

転職活動を進めていて面接の段階まで進んでいる場合、面接官に直接質問するという方法もあります。

面接は面接官に質問されるばかりでなく、こちらから質問することも可能です。

企業についてきちんと理解し納得した上で働くことは重要なポイントになります。

聞き方としてはポジティブな印象を持ってもらうことが大切です。

「御社の求人情報をよく見かけます。事業を拡大されているのですか?」

このような聞き方をすれば事業拡大に期待しているようにも捉えられるため失礼にもなりません。

この質問に対して面接官がどのような対応をするかを判断材料としてもよいでしょう。

ずっと求人を出す企業の現況

パソコンを操作する女性

ずっと求人を出している企業に応募したい場合は、その企業の現状を把握することも重要です。

人手が不足していないか、離職率はどうかなどをチェックします。

仕事内容がハードになりやすい

ずっと求人が出ている企業の場合、人手が不足している可能性もあります。

人手が足りていないとなると入社した途端に仕事内容がハードになることも考えられるでしょう。

なぜ求人がずっと出ているのかをきちんと理解して納得することが大切です。

人気の職種

人気の高い職種の場合も求人がずっと出ているケースがあります。

応募者が多いため人員確保のために求人をずっと出していると考えられるでしょう。

自分が転職を希望している職種がどの程度人気があるのかをチェックしてみることをおすすめします。

求人がずっと出ている理由を理解して転職しよう

パソコンを操作する女性

求人がずっと出ているから必ずしもブラック企業であるとは限らないことを解説してきました。

なぜ求人がずっと出ているのか理由をしっかりと理解してから応募することが大切です。

もしも面接段階で気がついた場合には、思い切って面接官に質問しても問題はありません。

ただし聞き方には注意が必要です。

ポジティブな聞き方を心がけるようにしましょう。

転職に関する悩みは転職エージェントに相談しよう

電話をかける女性

転職活動を行うとさまざまな悩みが出てきます。

求人がずっと出ている理由についても、自分だけで調べて納得することは難しいケースもあるでしょう。

このような場合には転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントは、企業とのマッチングだけではありません。

転職に関する悩みや疑問、不安についてを相談することも可能です。

企業の離職率、定職率、給与など細かな条件や現状についても転職エージェントなら情報を保有している可能性が高くなります。

転職活動をスムーズに進めるためにも省ける労力は省いておくことも必要です。

転職エージェントに相談してスムーズに転職を進めましょう。

まとめ

パソコンとコーヒー

ずっと求人が出続けている理由について解説してきました。

求人の出し方、どこに出しているのか、どの程度出しているのかも着目ポイントです。

大量に複数の媒体で求人を出している企業は要注意です。

大量に採用面接をして人員確保しておくことを目的にしている可能性もあります。

優良な求人を見極めるには転職のプロである転職エージェントへの相談がおすすめです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら