転職に向けて求人をチェックしている方の中には、企業が用いる人物重視という言葉に対して疑問を抱いている方もいるでしょう。

企業はこの言葉を使用することによってどのようなことを伝えたいのでしょうか。

そこには企業の意図が隠されています。

今回は転職で人物重視の選考を通過するために、書類選考で落ちてしまう理由や選考に向けた対策をご紹介しましょう。

人物重視の選考とは?

ビジネスウーマン

就活・転職市場において求人で見かけることの多い人物重視という言葉。

これは「実力重視」「経験重視」という言葉と真逆の意味を持つ言葉といえるでしょう。

人物重視の求人では、スキルや能力よりもその人材の人となりを重視するということを謳っているといえます。

特に経験の少ない若手中途採用においては人物重視の求人が多いため、このような求人の意味を知っておくことは大切です。

このような言葉を用いることで企業はどのようなことを意図しているのでしょうか。

今回は人物重視を謳う企業の選考について解説していきます。

企業が考える「人物重視」の意味

オフィス

人物重視を謳っている企業への転職において、全く経験やスキルが重視されないかというとそうではありません。

言葉をそのまま受け取った場合、人となりだけが重視されていると思ってしまいがちです。

しかしながら、そういった求人の中にも業界に関する基本的な知識や経験は必要とされるものが多いため注意しましょう。

そのため企業が求人で人物重視という言葉を使用していた場合、それらを前提して人となりも重視していると捉えるべきだと思われます。

しかしながら未経験者向けの求人ではこの限りではありません。

もし自分が業界未経験で、未経験者向けの求人をチェックしていた場合には経験やスキルに関してはそこまで重視されないでしょう。

企業が人物重視を謳う理由

スタートアップ

それでは何故、企業は人物重視を謳うのでしょうか。

どのような意図があってこのようなことを求人においてアピールするのかを知っておけばそれに合った対策も行えることでしょう。

ここでは企業が人物重視を謳う理由をご紹介します。

気軽に応募してほしいから

実力主義的な企業であった場合には自社のそうした部分を前面に出してしまうと取っつきづらい印象を与えてしまいます。

スキルや経験を重視しながらも人物重視という言葉を用いることで、応募のハードルを下げたいという意図もあるのではないでしょうか。

もし求人内で求めるスキルや経験などのレベルが高かった場合には企業にこのような意図があると考えられます。

自分が募集されている職種に関する能力に長けていない場合には注意するべきでしょう。

人物重視という言葉を信用しすぎずに企業側の意図を見抜く必要があります。

違うタイプの応募者を見てみたいから

面接

人物重視という言葉を全面に押し出すことで経験やスキルに長けた人材以外の違ったタイプの人材が応募してくる可能性が高まります。

そうしたタイプの応募者を求人で集めることによって企業に新たな価値をもたらしてくれる人材を採用したいという意図もあるのでしょう。

こうしたケースではそこまで経験やスキルを重視している訳ではないので、異業種からの転職でも採用される確率が高まります。

自身がその企業にとって新たな価値を提供できると思われる場合には、人物重視の求人に応募しても良いでしょう。

社風のアピール

企業が自社において採用が人物重視であるということをアピールすることによって、応募者は社内の円滑な人間関係を想像します。

そうした社風の企業に勤めたいと考える中途採用希望者にとってこのアピールは効果的です。

企業の社内の雰囲気が良いことを強調している求人においては社風をアピールしていると考えることもできるでしょう。

アットホームな会社を求めている場合にはこうした求人への応募を検討してみてはいかがでしょうか。

「人物重視」の選考で落ちる理由

エージェント、女性

人物重視の企業に対して応募したとしても、選考に落ちてしまう可能性は実力重視の会社と同じくらいあります。

では、何故選考に落ちてしまうのか、その理由を解説していきましょう。

それにはいくつかの理由があると考えられます。

これらの理由が分かることによって、こうした求人向けの対策も行えることでしょう。

最低限必要なスキルが伴っていない

もし人物重視の求人に落ちてしまった場合、企業が求める最低限の能力を満たしていない可能性があります。

先述したように人物重視であっても能力や経験を全く求めない訳ではありません。

そのため、人となりを企業に認められたとしてもスキル面で実力が伴っていないと見做される場合があります。

こうした場合には選考で落ちてしまう可能性も高くなるでしょう。

人物重視であっても人材に必要なスキルが備わっているかどうかは重要なポイントであるといえます。

職歴や経験が求める水準に満たないから

ライティング

転職において職歴や経験というのは重要なポイントです。

企業にとっては新卒採用よりも経験を重視するのが中途採用といえます。

そのため自身が企業の求める人物像に合致していても、求められる水準に達していない場合には不採用となってしまうでしょう。

転職においては人材の人となりと同じくらい経験も重要視されると考えられます。

もし職歴や経験の面で条件を満たしていない場合には採用まで漕ぎ着けるのは難しくなってしまうことでしょう。

自身の人となりを評価してもらうためには、企業の求める条件を満たしていることが大切です。

求める人物像と合わないから

人となりと一言にいっても、そこには企業ごとに求める人物像というのが必ず存在しています。

企業が人物重視の求人を出している場合にはそうした人物像に合った人材を探していると考えて良いでしょう。

もし選考に落ちてしまった場合にはこの企業が求める人物像と自身の人となりが合致していなかったと考えられます。

このようなミスマッチを避けるためには、企業が求めている人物像を求人や企業情報から汲み取る必要があるでしょう。

そうした情報を汲み取った上で、それに合致するような形で自身の良さをプレゼンする必要があります。

求められているものに完璧に合致するということは難しいでしょう。

そのため合致している部分を見つけて、選考においてはそれを重点的にアピールすることで好印象を与えることが可能です。

自身の魅力を知ってもらうためにはこうした作戦を立てることが重要となるでしょう。

「人物重視」の選考に限らず落ちる書類の特徴

モバイル

ここでは人物重視という企業に限らず、選考に落ちてしまう書類について解説していきます。

どのような企業においても大切とされる部分があることを知り、その特徴を捉えることで選考を有利に進めていきましょう。

自分を適切にアピールできていない

転職活動において重要となるのは「職務経歴書」や「履歴書」といった書類です。

こうした書類は企業から自分という存在に興味を持ってもらうためのきっかけとなるものといえるでしょう。

そのため自分の長所や人材としての強みを端的にアピールする必要があります。

このアピールがうまく出来ていない場合には自身の魅力がうまく伝わらず強みのない人材だと思われてしまいかねません。

こうした可能性を減らすためにも自身のこれまでの経験や習得してきたスキルを振り返ることが重要です。

企業選びのやり方を間違えている

ドキュメント

企業を選ぶ際に大切なのは自分の能力や人となりがその企業と合致しているかどうかです。

特に人物重視の企業においては人となりが社風に合っているかという点が重要となります。

その企業に自身が通用するかどうかを考えることで企業選びを最適化することができるでしょう。

 

無料転職相談をして自分の能力を活かせる職場を見つけよう

 

企業はここを見る!書類作成のポイント

面接、電話

次は企業に提出する書類を作成する際のポイントをご紹介しましょう。

企業は選考書類においてどのようなことを重視しているのでしょうか。

企業が特に見ている部分に気をつけることで採用担当者から高い評価を貰うことが可能です。

以下のことに気をつけることで1ランク上の選考書類を作成できるでしょう。

見やすさ・わかりやすさ

選考書類においては見やすさやわかりやすさというものも重要です。

真っ先に思い付く利点として採用担当者が情報をチェックしやすいという面もありますが、それだけではありません。

見やすくわかりやすい書類を作ることでその作成者が、見る人のことを考えているということが伝わるのです。

これは人物重視の企業においては特に重要な観点だといえるでしょう。

お互いのコミュニケーションや理解を円滑にする上でこうした気遣いは大変重要です。

書類選考においてもこうした部分に気をつけることで自身の人物的な魅力を伝えることができます。

丁寧さ

書類を丁寧に作成するということは企業に対して几帳面さをアピールすることが可能です。

書類を丁寧に作っていると、採用後の仕事も1つ1つきっちりとこなしてくれるのではないかと期待されることでしょう。

こうした部分も見られているということを忘れず、細かいミスに気を付けてなるべく完璧な書類を目指すと高評価に繋がります。

内容の的確さ

ファイル

選考書類というのは自身の魅力をアピールするためのものです。

内容が的確であるということは求められている情報をきちんと伝えられるということを意味します。

誤解が生じるような書き方をしたり企業が知りたいことが書かれていなかったりする場合には選考に落ちてしまう可能性もあるでしょう。

そうしたリスクを減らすためにも、内容を的確に書くということを忘れないようにして客観的に書類を作成することが重要です。

企業が求める人物像に合わせてアピールしよう

ラップトップ

企業が求める人物像を汲み取ることは転職活動において大変重要です。

ここでは自身についてアピールするために必要となることを解説していきます。

具体的にどのように企業が求めているものをしれば良いのでしょうか。

企業の社風・ビジョンを知ろう

まず基本となるのは企業の社風やビジョンなどを知ることです。

これらの情報を得るためには企業のホームページを閲覧することが必要となるでしょう。

こうした事前の企業研究が自身の魅力を伝える上でとても役に立ちます。

自分のどういった部分をアピールすれば企業から興味を持ってもらえるのかを考えることで選考を有利に進めていきましょう。

志望動機や自己PRを適切に組み立てよう

志望動機自己PRというのは企業が重要視する部分です。

そのためこれらには特に注力する必要があるでしょう。

具体的には求人で求められているスキルや経験に結びつくようなことを記載するようにすることで企業から関心を持ってもらえます。

自分が求人に記載されている企業の理想とする人物像と似ていることをアピールすることができる部分です。

力を入れて作成するようにしましょう。

スキルや経験不足でも大丈夫!カバーする方法

ファイナンス

スキルや経験が不足していることはマイナスポイントではありますが、人物重視の求人においてはカバーすることも可能です。

具体的には企業に仕事への意欲をアピールすることによって不足している部分を効果的にカバーすることもできます。

もし自分の能力が不足している場合にはどういったビジョンを持って仕事に取り組み、どんな人材になりたいかをアピールしましょう。

そうすることで企業は採用後の仕事を具体的に想像することができ、人となりに興味を持ってもらうことも可能です。

魅力的な書類作成を転職エージェントがお手伝いします

タイピング

書類を作成する上で重要となるのは、書類を通して自分が人材として魅力的であると企業側に思ってもらうことです。

そのためには客観的な視点が必要になってくるでしょう。

自分だけではどうしても主観的になってしまい、知らず知らずのうちに他者に伝わりにくい形になってしまう可能性があります。

そうしたリスクを避けて魅力的な人材だと思ってもらうために転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントでは、転職に関する様々なサポートを行ってもらうことが可能です。

書類作成に限らず、面接対策や求人の紹介なども行ってもらうことができます。

是非この機会に転職エージェントを利用して有利に転職活動を進めていきましょう。

まとめ

キーボード

今回は人物重視の求人において選考に落ちる理由を始め、どうすれば選考を通過できるのかを解説してきました。

企業の意図や人物重視という言葉に隠された意味を知ることによって転職活動を有利に進めていきましょう。

また採用までをしっかりとサポートしてくれる転職エージェントを利用することで、疑問点を解消することも可能です。

この機会に転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!