第二新卒のような若い女性が転職面接で聞かれることの多い質問が、学生時代についてのエピソードといわれています。

学生時代について聞くのは他の質問同様面接官の意図があるので、コツを抑えてしっかり回答することが大切です。

そこでこの記事では、面接官がどう感じているかを元にベストな対応方法をご紹介します。

合わせて転職成功に繋がるアピールポイントについても詳しくまとめました。

面接前の心構えとして、ぜひ参考にしてみてください。

転職面接で求められること

面接の様子

転職面接で求められているのは、質問の意図を理解したうえで自分らしさをアピールすることです。

目立つ成果や上手に話せるかどうかだけでは判断されません。

特に若い方の場合、ポテンシャルの高さや人柄を重視する傾向が強いです。

また最初のアイスブレイクに使われる雑談風の質問でも、言葉遣いやコミュニケーション能力をさりげなく見ています。

そのため、面接に臨む真摯な姿勢や強い意欲が伝わるよう意識することが大切です。

応募者は「一緒に働きたい」と思わせる

オフィスで対談する女性

応募者が意識するべきなのは、面接官が「この人と一緒に働きたい」と思えるような人間性をアピールすることです。

特に社会人経験がまだ浅い方は、面接において大きな判断材料となります。

そのため物事に対する取り組み方や価値観がわかり、入社後をイメージできるような経験談を求めていることが多いです。

これまで何に対して頑張ってきたか、その結果何を得て今後どう活かせるかを話すと説得力があるでしょう。

将来性があるかどうか、が重要なポイントです。

企業は「どう貢献してくれるか」見極める

面接の光景

面接で企業側が見極めようとしているのは、応募者が今後自社でどのように貢献してくれるかということです。

そのため自己紹介や自己PRなど個性を出せる項目で、応募者の強みを知りたいと思っています。

強みを裏付けるエピソードや入社後の活かし方が順序よく話せると、高評価に繋がるでしょう。

同時に、話す内容だけでなく話し方も重要です。

相手の目を見てはっきりと話せているかどうか、コミュニケーション力の有無を判断されています。

転職面接で学生時代のエピソードを話すのはアリ?

笑顔のキャリアウーマン

転職面接で学生時代のエピソードを話すのは、第二新卒まではアリといわれています。

ちなみに第二新卒の定義は、一般的に25歳未満で入社後1~3年目の方です。

基本的には社会人経験の話が求められているので、学生時代のエピソードは経験不足を補強する部分と捉えましょう。

とはいえ学生時代のエピソードも、コツを掴んでいればしっかりとしたアピールになります。

企業側が求めている強みや将来性が伝わるようなエピソードを選びましょう。

20代の転職で学生時代のエピソードを話すと

不思議そうな女性

転職面接で20代の方が学生時代のエピソードを語るのは珍しいことではなく、面接官も意外とは感じません。

ただし応募者によっては、マイナス評価となるリスクが潜んでいます。

特に20代後半の方は第二新卒とはいえなくなってくるので、できれば避けた方が無難です。

また社会人経験が1年以上ある場合、メインは仕事の経験や実績を話しましょう。

まだ正社員の経験がない方も、非正規で働いたときのことは話せるようにしておくのがおすすめです。

採用担当者の印象

採用担当者

学生時代のエピソードを聞いた採用担当者は、単純にマイナス評価にはしないことが多いです。

20代前半であれば人柄や将来性で採用を決める傾向が強いため、説得力のある内容であれば担当者の心を動かします。

ただし社会人経験が1年以上ある方は、学生時代のエピソードだけではよくない印象を残してしまうでしょう。

例えば「仕事をしていて何も感じてこなかったのか」「またすぐに転職してしまうのでは」と思われる可能性が高いです。

担当者は具体的な実績やスキルはなくても、仕事に対する考え方や取り組み方のプロセス知りたいと考えています。

学生時代から成長していないと見られることも

丸かバツか

学生時代のエピソードのみで終わってしまうと、採用担当者は「学生時代から成長していないのでは」と感じてしまいます。

担当者が20代に求めているのは、将来性ポテンシャルの高さです。

つまり学校を卒業してからの取り組み方を重要視されていると意識しましょう。

新卒でない限りは、就職活動・社会人経験・転職活動など行ってきた活動をしっかり話せるようにしておいてください。

そのことを踏まえたうえで、学生時代に頑張ってきた活動をアピールすると担当者の受け取り方も変わってきます。

第二新卒の転職では効果的な場合もある

スーツ服の女性

第二新卒に求められているポテンシャルの高さを裏付ける内容であれば、学生時代のエピソードが効果的な場合もあります。

職務経験が浅いことは面接官も十分承知しているため、学生時代に頑張ってきたことを質問する場合も少なくありません。

質問の意図は、チャレンジ精神が高く自社で活躍できる見込みがあるかどうかです。

説得力をもたせるためにも、学生時代のエピソードは具体的な内容を順序だてて話しましょう。

頑張ってきた取り組みのきっかけから経過と成果をまとめると伝わりやすく、頑張ってきたことだけを列挙するのはNGです。

学生時代のエピソードを語るときの注意点

スーツでポーズする女性

学生時代のエピソードを語るときは、その話題のみに終始しないよう気をつけるべきです。

学生時代のエピソードのみで通用するのは新卒までで、転職面接はあくまでも社会人経験の話が求められます。

面接官はあらかじめ履歴書に目を通して職務経験の浅さを知ったうえで、今後の成長力に期待して面接しているのです。

どんなエピソードでもいいので、学校卒業後も前向きに活動してきたことをアピールしましょう。

その補助材料として話すのであれば、学生時代のエピソードも採用を検討するための判断に影響します。

メインは社会人経験で得たことを語ろう

新入社員

社会人経験が少しでもある方は、仕事で得た経験をメインに語りましょう。

面接官は20代前半の応募者に対して、目に見える仕事の成果やスキルを期待しているわけではありません。

仕事に対しての取り組み方やポテンシャルの高さを重視しているのです。

そのため仕事はアルバイトでも正社員でも条件は変わりません。

職場でのコミュニケーションや業務を行う上での工夫など、何を得て今後どう活かすのか話せるのが理想的です。

自分をアピールする補助材料程度に捉えよう

スーツ姿で指差す女性

自分を効果的にアピールするには、社会人経験をメインとしたうえで学生時代のエピソードはその補助材料と捉えましょう。

特に、職歴からではわからない人柄が伝わる方法として使うのがおすすめです。

例えば仕事では上司がいる立場で働いていたけれども、学生時代はサークルのリーダーとして活動していた経験を話します。

すると仕事だけではわからなかったリーダーシップがあるという強みをアピールすることができるのです。

まずは何が自分の強みであるかを考え、その事実を証明する手段として学生時代のエピソードを取り上げましょう。

学生時代のエピソードを話すなら

OKとNG

面接で学生時代のエピソードを話すなら、自分のアピールに繋がる内容を選びましょう。

そのためにはただ学生時代に取り組んだことを話すのではなく、具体的に話をまとめることが重要となります。

自分の強みが伝わり、かつ入社した際にはどう活かすのかイメージできるような内容がベストです。

将来性があるか見極めたい面接官の期待に応えられるよう、経験から得たことの根拠やプロセスを順序だてて話しましょう。

ここからはエピソードに取り上げるおすすめのテーマをご紹介します。

人となりがわかるエピソードを選ぶ

佐倉と女性

学生時代の人となりがわかるエピソードは、緊張感漂う面接の場では伝わりにくい部分なので効果的なアピールになります。

例えばサークル活動・アルバイト・趣味など、興味があって自分から積極的に取り組んできたことです。

好きなことは熱意を持って取り組むでしょうから、自分らしさが強く発揮される場面でもあります。

その時に何を感じてどういう風に取り組み、そして結果的に何を得られたかが注目されるポイントです。

話のまとめとして、得た経験をこれからどう活かしたいかに繋げていくと面接官も納得できるでしょう。

義務への取り組み方は魅力的にうつる

ポイントの文字

一方学生時代に義務で取り組んだ経験は、面接官にとって魅力的に映る可能性が高まります。

なぜなら、仕事ではやりたくないことであっても取り組む必要性が少なからず出てくるからです。

好きなことであれば自分からやるのは当然ともいえるので、内心気が進まない物事にどう対処するかが注目されています。

人によって様々ですが、主な例としては入学時や卒業単位取得のための勉強です。

取り組む姿勢や考え方、そして工夫したことなど仕事にも共通する一面が判断材料となります。

 

無料転職相談をして自分に合った転職先を見つけよう

 

学生時代のエピソードをまとめるコツ

スーツの女性

学生時代のエピソードをまとめるコツは、物事を始めたきっかけ・取り組み方・成果順番に話すことです。

特に物事に取り組んだ際の成長過程がわかるように説明すると、企業側が期待する将来性に応えられるでしょう。

大まかにいうと目標に向ってチャレンジし、困難を乗り越えたエピソードが好まれます。

また行動の説明に終始せず、各過程で何を考えどう感じたのかという感情面を語るのが大切です。

20代前半に重要視される人間性や、ポテンシャルの高さを同時にアピールできます。

「すごい成果」にこだわらない

スーツで微笑む女性

自分をアピールするとはいっても、誰もが感心するような「すごい成果」にこだわる必要はありません。

逆に成果だけを話していると、自分の能力をひけらかしているかのような印象であまりいい効果にはならないでしょう。

自分の自信に繋がった内容であれば、成果は日常の些細なことでもいいのです。

例えば何かがきっかけでダイエットを決意し、様々な方法を調べ実践して目標の体重になった話も立派な成果といえます。

さらに成果に至るプロセスを、具体的に取り組んだ時間や成果の数値を出すとより強いアピールになるでしょう。

当たり前にしていたことから見つける

スーツで指差す女性

「学生時代に特別頑張った経験がない」と思う方は、当たり前にしていたことから見つけてみましょう。

例えば学生時代に勉強するのは当たり前のことですが、入学時や卒業単位の取得に向けてそれぞれの取り組み方があります。

またアルバイトで仕事を覚えるために行った工夫やバイト仲間とのコミュニケーションなど、話題は様々です。

自分では当たり前と思っていても、他の人からすればそうではないことも意外と多いのです。

できれば家族や友人などに話を聞いてもらい、自分らしさを出せる部分がないか指摘してもらうといいでしょう。

「自分がどんな人か」のアピールに繋げる

ピースサインの女性

自分がどんな人かという人間性は履歴書や面接ではわかりにくい部分なので、しっかり話すことでアピールに繋がります。

学生時代は自分らしさを発揮しやすい環境なので、ポテンシャルの高さや物事への取り組み方が伝わるエピソードです。

特に職務経験が浅いうちは仕事を覚えるのに手一杯となりがちで、なかなか自分らしさを発揮するまでに至りません。

そのため「自分は何事にも関心を持って積極的にチャレンジします」とアピールしても、説得力に欠ける場合があります。

学生時代にチャレンジしたエピソードは、アピールした人間性の根拠となるので効果的です。

採用担当者から聞かれた時は

面接の場面

採用担当者から学生時代について質問された場合は、ポイントを抑えて適度な長さで話すことが大切です。

実際第二新卒に対しては質問されるケースが少なくないので、あらかじめ準備しておきましょう。

担当者が学生時代を訊く意図は、主に物事に対する姿勢や人柄を知りたいからです。

エピソードで重要なのは、成果よりも物事を始めた理由やそのプロセスとなります。

そして入社後にどう活かせるかまで、順を追って説明するのがベストです。

簡潔にまとめよう

人差し指を立てる女性

学生時代のエピソードは順序だてて話すとつい長くなってしまいがちなので、意識して簡潔にまとめましょう。

テーマは一つに絞って、きっかけ・取り組み方・成果と順を追って話すのが原則です。

採用担当者がストーリーとしてイメージできるように、行動と当時の感情を交えながら語りましょう。

話の長さを程よくまとめるには、細かい説明にこだわりすぎないことです。

大学1年生の時は何をして2年では何を、というのではなく様々な取り組みをした中でアピールしたい部分を強調しましょう。

語るべきは「経験したこと」ではない

本を開くスーツの女性

学生時代について語るべきなのは経験したことそのものではなく、そこに行き着くまでの過程です。

採用担当者は、経験を得る前段階のきっかけを重要視しています。

なぜ行動に至ったかの思いをしっかり話すことで、仕事に対する考え方や姿勢のアピールに繋がるでしょう。

そして熱意をもって打ち込んだ物事に対してどう取り組んだかの過程が、個性を出せるポイントです。

担当者はその過程から、応募者の人間性も同時に見極めようとしています。

入社後にどう活かせるかを伝えよう

スーツでポーズする女性

学生時代のエピソードを有効に使うコツは、入社後にどう活かせるかを結論として伝えることです。

学生時代に頑張ったことを話して終わりでは、ただの思い出話となってしまいます。

得た経験から何を感じ、どうやって会社に貢献できるか採用担当者がイメージできるように伝えましょう。

例えばサークル活動で頑張ってきたことを自分の強みとするなら、チャレンジ精神があげられます。

仕事でも「営業職で具体的な目標達成のために挑戦し続けたい」とアピールしたら説得力が増すでしょう。

転職面接は転職エージェントが対策をサポート!

ビジネスパソコン

転職面接に不安があるときは、転職エージェントのサポートを受けるのがおすすめです。

転職エージェントは面接に対しての知識が豊富なので、的確なアドバイスが期待できます。

また客観的な視点で話を聞いてくれるため、自分の意外な強みや新たな一面を知るきっかけにもなるでしょう。

自信をもって面接に臨むためにも、ぜひ転職エージェントを活用してみてください。

まとめ

ガッツポーズの女性

転職面接で学生時代のエピソードを話すのは、第二新卒までなら人間性が見える材料として効果的です。

職務経験で足りない部分を上手く補い、仕事で活かせる強みをアピールしましょう。

面接官が知りたいと思っている経験の過程を順序に沿って話せば、印象アップに繋がります。

ポテンシャルの高さが伝わるよう前向きな姿勢で面接に挑み、成功を手にしてください。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!