転職で空白期間があり不安という人もいるのではないでしょうか。

空白期間が採用担当者にどう思われるのか転職に不利になるのか気になるところですね。

今回はそんな転職の空白期間をマイナス評価にしない方法をご紹介します。

転職で空白期間をマイナス評価にしない方法は

履歴書と職務経歴書

空白期間とは「ブランク」のことで前職を退職してから次の仕事までに期間が空くことです。

つまり仕事をしていない期間があるということです。

転職活動はまず希望する会社に履歴書や職務経歴書を提出します。

そして採用担当者が審査して書類選考を通過した人が面接など次のステップに進むことができます。

そのためこの書類に記載する内容が重要ということになります。

しかし仕事をしていない空白期間があると「この空白期間は何だろう?」とマイナスイメージを与えかねません。

転職活動をする際にはこの空白期間をマイナス評価にさせないことが重要です。

マイナス評価にしないためには空白期間の理由をしっかりと伝えましょう。

そして「この期間は無駄ではない」「有意義な期間だった」とアピールするのです。

自分自身が空白期間をマイナスに捉えないことこそ、マイナス評価にしない方法といえるでしょう。

採用担当者の空白期間に対するイメージ

資料をチェックする人

採用担当者は空白期間についてどのようなイメージをもつのでしょうか。

そのイメージを知っておくことでマイナス評価を回避するヒントになるでしょう。

計画性が足りない人ではないか

空白期間があると計画性が足りない人ではないかという印象をもつ可能性があります。

一般的に転職活動を始めて転職先が決まるまでに3か月程度かかるとされています。

そして内定が決まってから退職の話を進めていく人が多いでしょう。

しかし転職が決まらないまま退職してしまうと無職になりかねません。

そういった理由から空白期間がある人は計画性がないのではないかという印象をもたれやすいのです。

仕事に対するモチベーションがないのではないか

採用担当者は空白期間とともに前職の仕事についていた期間もチェックしています。

長年働いていた職場を退職したのと数年毎に転職しているのでは印象は異なるでしょう。

そのように数年毎に転職している人に空白期間があるとマイナス評価になる可能性は高いです。

仕事に対するモチベーションがないのではないかと思われることがあるからです。

そのため転職してもまた数年で辞めてしまうのではないかと採用担当者に評価されてしまいます。

転職までの空白期間は不利になる?

パソコンを前に悩む女性

前の会社を退職してから転職まで空白期間があると不利になるのでしょうか。

転職活動をしようとしてもブランクを考えると不安になる人もいるでしょう。

実際のところ空白期間が不利になる場合もあります。

例えばしっかりとした理由がない場合や空白期間が長すぎる場合です。

しかしそんな不利になるパターンでも転職を成功させることはできます。

重要なのは転職までの過ごし方やこれからどうしていきたいかです。

不利になるかもしれないと諦めずに前向きに転職活動を行ってください。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

転職までの過ごし方

パソコンを操作する女性

転職の空白期間をマイナス評価にしないためにはどのように過ごすかが大切です。

ここでは空白期間がある人の転職までの過ごし方をご紹介します。

自分に足りない知識やスキルを身に着ける

STUDYと書かれたノートとパソコン

空白期間はやりたいことに挑戦するチャンスの時間だと思いましょう。

この時間を使って自分に足りない知識やスキルを身に着けてみてはいかがでしょうか。

どのような知識やスキルが足りないのかを考えるためには自己分析が必要です。

自己分析する中で自分がやりたいことが見えてくることもあります。

知識やスキルを身に着ければ空白期間を有意義に過ごせたと思えるでしょう。

フリーランスとして仕事をしてみる

パソコンを操作する女性

空白期間を有意義に過ごすにはフリーランスとして仕事をするという方法もあります。

転職までに期間が空いたとしても働いていたということになるからです。

インターネットが普及した現代ではパソコンとネット環境があれば仕事ができます。

そのフリーランスの仕事からスキルアップにつながることも多いです。

空白期間のフリーランスとしての経験を生かせることをアピールしましょう。

プラスの印象に変える回答例をチェック

女性,面接

書類選考を通過すると採用担当者との面接になります。

面接では志望動機や自己PRだけでなく空白期間について聞かれるつもりで準備しましょう。

ここではプラスの印象に変える回答についてご紹介します。

資格取得のための勉強

空白期間をプラスの印象に変えるためには何かをしていたというアピールが必要です。

そのため資格取得のための勉強はプラスの印象になりやすいでしょう。

難易度の高い資格は仕事をしながらだとなかなか難しいものです。

勉強に打ち込むために退職をしたのであれば採用担当者からはマイナスの評価になりにくいです。

「〇〇の資格を取得するために〇か月と決めて勉強に打ち込みました」

このように目標と期間を決めていたことを伝えれば計画性があることのアピールになります。

資格取得できていればもちろんいいのですが、難易度が高く取得までいかなかったという場合もあるでしょう。

その場合でも勉強した事実や学んだ内容は今後に生かすことができるはずです。

怪我や病気の療養のため

注射器と薬

働き盛りの世代でも病気や怪我で休養せざるを得ないこともあります。

長期療養の場合は会社に迷惑をかけるからとか、治療に専念したいと思って退職する人もいます。

この場合は仕方がない事情なので空白期間があってもマイナス評価にはならないでしょう。

「病気のため入院が必要になり治療に専念するために前職を退職しました」

「医師からは仕事を再開していいと言われております」

「現在は3か月に1回通院していますが、その他は日常生活に支障はありません」

このような回答で今後は働くことが可能であると面接官に伝えましょう。

家族の介護や看病のため

車いすに乗った高齢者

家族の介護や看病のために退職するという人もいます。

仕事をしながら介護や看病をすることはなかなか困難です。

そのため一旦仕事を辞めて介護・看護に専念するという人も。

また遠方に住む実家の親の介護ならなおのこと退職せざるを得ないでしょう。

「地方に住む母の介護のため前職を退職しました」

「先月他界したため仕事を再開したいと思っています」

そのような場合の空白期間はマイナスに見られる可能性は低いといえます。

むしろ家族の介護・看病はその人にとっていい経験となるからです。

現在は介護・看病が必要な状況なのかや仕事への影響の有無についても伝えておきましょう。

留学などのキャリアチェンジの準備のため

キャリア

空白期間をプラスの印象にするには留学などのキャリアチェンジの準備という回答もあります。

キャリアチェンジのために留学を考えるのならそれなりの準備が必要です。

そのため退職してから準備を進めるという人もいるでしょう。

「海外の〇〇を学ぶために留学の準備をしていました」

という感じで留学の目的もあるといいですね。

しかし準備をしていたものの海外情勢の影響などが原因で留学できないこともあります。

それでも留学する気持ちがあって準備してきたことに変わりはありません。

そういった事情や経験をどう生かすかということも採用担当者にしっかりと伝えていきましょう。

空白期間のNG回答例もチェック

丸かバツか

転職の空白期間は回答次第でプラスにもマイナスにもなります。

ここではマイナス評価になってしまうNG回答をご紹介します。

気づいたら期間が空いてしまった

空白期間のNG回答の1つは「気づいたら期間が空いてしまった」というものです。

すぐに再就職するつもりでいたら半年経ってしまったという話を聞くと「その間何していたの?」と思われるでしょう。

またどうして転職先が決まる前に退職したのかという計画性のなさを疑われることもあります。

そのため「気づいたら」というように計画性がないと思われる回答は避けた方がいいです。

空白期間に何もしていかなったと思われてはマイナス評価になるでしょう。

条件に合う仕事が見つからかなった

人にはそれぞれやりたい仕事や希望する条件があります。

それらすべてを叶えられる仕事につける人もいれば、どこかで妥協する人もいます。

しかし「条件に合う仕事が見つからなかった」という理由で空白期間があると回答するのは避けた方がいいでしょう。

入社しても条件に合わない・社風に合わないとなればすぐに退職するのではないかと思われてしまうからです。

採用担当者からすぐに退職するかもしれないと思われる回答はNGです。

なかなか転職先が決まらなかった

空白期間のNG回答例には「なかなか転職先が決まらなかった」というものもあります。

転職活動をしていても書類通過できない・いつも1次面接で不合格などなかなか内定が決まらない人もいるでしょう。

そうしているうちに空白期間が長くなってしまうパターンもあります。

その間に資格取得やスキルアップの勉強をしていたとしても「転職先が決まらなかった」という回答はマイナスの印象になります。

なかなか転職先が決まらなかったということは本人に何らかの問題点があるのでは?と思われる可能性があるからです。

もっと早く転職先が決まるつもりで退職したという人もいるでしょう。

その場合でも空白期間の過ごし方や理由は前向きな回答を準備しておくことをおすすめします。

選考の通過率を上げるためには

考え事をする女性

転職活動ではまず書類選考に通過しなければなりません。

そのため空白期間がある中でいかにして通過率を上げるかが重要です。

ここでは書類通過率を上げるにはどうすればいいかをご紹介します。

応募先や条件を見直そう

空白期間がありなかなか転職先が決まらないと焦ってしまう人もいるのではないでしょうか。

だからといって、やみくもに応募するのは避けた方がいいです。

転職できたとしても条件が合わなかったり希望しない業務内容ではモチベーションが保てないからです。

そうなると短期間で退職という可能性も出てきてしまうでしょう。

それを避けるためには応募先や条件の見直しが必要です。

なぜ前職を退職したのかや空白期間にどういったことをしてきたのかを振り返ってください。

それらを生かすことができ、希望に合った条件に絞って転職活動をすることをおすすめします。

計画性への懸念点を払拭する回答を用意しよう

採用担当者は応募者の書類を確認するときに空白期間に目がいきます。

職務経歴書に空白期間の理由が書かれていないと「計画性がない人」と思われるリスクが高いです。

そのためいくらそれまでのキャリアがあっても書類選考で落ちてしまうことがあるのです。

書類選考を通過するためにはそういった懸念を払拭する必要があります。

職務経歴書には空白期間の理由やどのように過ごしたかを記載しておくといいでしょう。

採用担当者を安心させるように意識しよう

面接中の女性

転職の空白期間がある人にとって面接でどう聞かれるか・どう思われるかは気になるところでしょう。

空白期間があると採用担当者が「どうして?」「この期間は何をしていたの?」と思うのは事実です。

しかし大切なのはどういう理由で空白期間があり何をしていたかということです。

「計画性がないのでは?」「モチベーションが保てないのでは?」という採用担当者の不安を払拭させる回答を準備しておきましょう。

理由や今後の展望が伝わる回答なら採用担当者に安心感を与えることができる可能性があります。

空白期間があってもこの人なら大丈夫と安心させるように意識して転職に臨みましょう。

転職対策は転職エージェントに相談しよう

タブレット端末を使いながらOKサインをする女性

転職で空白期間があると不利になるのではないか不安になる人も多いでしょう。

空白期間をどのように説明すればいいのか悩む人もいるはずです。

そんな時は転職相談に登録して転職エージェントに相談することをおすすめします。

空白期間をマイナス評価にしない方法を転職エージェントが一緒に考えます。

転職エージェントに相談して転職を成功させましょう。

まとめ

オフィスにいるキャリアウーマン

今回は転職の空白期間をマイナス評価にしない方法をご紹介しました。

空白期間があるとどうしても採用担当者から「どうして?」と思われることが多いです。

そのため書類選考を通過するためには職務経歴書に空白期間の理由や過ごし方を記載することをおすすめします。

また面接でも空白期間について質問されると思って回答を準備しましょう。

ブランクがあったとしても働く意欲ややりたいことがあれば大丈夫です。

採用担当者を安心させることができる回答を心がけてください。

空白期間がある転職活動は転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントに条件や面接対策を相談しながら転職を成功させましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!