転職を検討中の方の中には、様々な事情から時短勤務を希望している方もいらっしゃると思います。

転職してすぐに時短勤務OKとしている求人は多くありません。

まず求人を見つけることが難しいと感じている方も少なくないのではないでしょうか。

制度を知り転職活動のポイントをおさえて行動すれば希望を叶えられる可能性が高まります。

この記事では時短勤務で転職したい女性のために、制度概要転職活動成功ポイントなどを解説しています。

ぜひ、最後まで読み進めてあなたの希望する転職を成功させるための第一歩を踏み出してください。

Contents

時短勤務とは?

 

キーボード、コンピュータ

時短勤務とは、1日の勤務時間を所定(フルタイム)よりも短くした働き方のことを指します。

ここでは、時短勤務の制度の概要や利用対象となる要件などについてお伝えします。

誰にでも利用できる制度

勤務時間を短くする制度は会社によって違いがあります。

企業で定めている要件を満たせば、基本的にはどなたでも利用可能です。

一例として以下のような働き方が挙げられます。

  • 契約時点で所定労働時間を短くする
  • 出社や退社する時間を早めたり遅らせたりする
  • フレックスタイム制度を利用する(制度がある企業の場合)

どんな人が対象?

ノート、鉛筆

「育児・介護休業法」では、育児や介護による時短勤務に関する制度が設けられています。

この制度の正式名称は「短時間勤務制度」といい、対象となる方の要件が定められているのです。

この制度の利用にあたっては以下の要件をすべて満たす必要があります。

  1. 3歳未満の子を育てていること
  2. 1日の所定労働時間が6時間超であること
  3. 日雇い労働者ではないこと
  4. 短時間勤務制度の適用期間に育児休業中でないこと
  5. 労使協定で適用除外になっていないこと

これらの要件を満たした場合には、勤務時間を原則6時間とすることが可能です。

要件を満たす方が短時間勤務を希望した際、企業はそれに応じるか代替措置をとるよう法律で求められています。

法律で定められた「短時間勤務制度」はどの企業にも設置されている最低限のライン

企業によっては利用要件を緩めているケースもあります。

利用手続きなども含めて確認しておくと安心できるでしょう。

適用外になるケースもある

本来は利用対象であるものの、労使協定を結ぶことで適用外となるケースもあります。

具体的には以下のようなケースです。

  1. 入社後1年未満である場合
  2. 1週間の所定労働日数が2日未満の場合
  3. 業務の性質上、時短勤務制度の適用が難しい場合

転職してすぐに利用できるの?

コンピュータ、オフィス、机
一般的には時短勤務を転職してすぐ利用することは難しいといわれています。

先ほどお伝えしたように「入社後1年未満の場合」には、労使協定を結ぶことで対象外とすることが可能です。

そのため、「入社後1年未満の従業員は時短勤務不可」といったルールを定めている企業が多くあります。

このようなルールを定めている企業では、入社後すぐに時短勤務制度を利用するのは難しいでしょう。

時短勤務が断られてしまうケースとは?

入社年月が影響しやすい

カレンダー、日付
入社年月によっては時短勤務ができないことを認識しておきましょう。

法律に則って時短勤務の制度のルールを決めている企業が多いのが事実です。

企業によっては転職後すぐでも制度を利用をできることもあります。

企業に時短勤務が利用できる時期や条件について確認してください。

仕事内容によっては時短勤務が難しいことも

タブレット、技術

また「業務の性質上、時短勤務の適用が難しい場合」も法律では対象外とすることができるとしています。
そのため、仕事内容によっては時短勤務ができなかったり制限があったりすることもあるのです。

一般的に以下のような仕事では時短勤務が難しいといわれています。

  • 時間によらず成果物が重視される仕事
  • 情報の鮮度が重視される仕事
  • お客様の都合に合わせる必要性が高い仕事

例えばゲームやアプリ制作・イベントの企画などを行う企業等が挙げられます。

こうした業種では、時間での区切りよりも制作物アイデアが重視されがちです。

またマスコミやWebメディアを扱う企業では情報(ニュース)の鮮度が重視されます。

そのため時間で区切りを付ける働き方では対応が難しい場合も多いでしょう。

お客様対応が中心となる仕事であれば、相手の都合に合わせて対応するシーンが多くなります。

時間で区切りをつける時短勤務では対応が難しいことも生じるかもしれません。

なお、こうした仕事内容では絶対に時短勤務ができないというわけではありません。

企業によっては柔軟な働き方ができるよう体制を整えていることもあります。

希望する企業があれば、あきらめずに個別に確認しておくとよいでしょう。

女性が時短勤務で転職を成功させるには?

転職の理由をはっきりさせよう

なぜ、クエスチョン
なぜ時短勤務が必要な状況で転職したいのか、理由をはっきりさせましょう。

転職成功のためには、転職理由を企業に対して論理的説明できることが重要になります。

これからの長期的なキャリアを描くうえで、あなたが求めることや理想とする働き方を分析することが有効です。

「時短勤務」をしたい理由も整理しよう

時短勤務を前提に転職することだけに意識が向いていませんか。

少し立ち止まって、なぜ時短勤務をしたいのかについて整理しましょう。

企業から見て時短勤務でも採用するメリットがあれば、採用される可能性は充分あります。

面接や書類でメリットを企業にきちんと伝えるためにも、時短勤務を希望する理由を整理することが大切になるのです。

きちんと成果を出せることをアピールしよう

限られた労働時間の中でもきちんと成果を出せることのアピールが大切です。
時短勤務の場合、残業して仕事をこなすことは難しい状況にあります。

そのため効率を高めて成果を出せる能力のアピールが有効といえます。

PCスキルやこれまでの時間短縮の取り組みなどを企業に伝えることで転職の成功率アップするでしょう。

また、入社後も効率を意識して働くことで周囲にも良い影響を与えることも可能かもしれません。

時短勤務の希望を伝えるときの注意点

オフィス、手
求人に時短勤務OKと記載がある場合でも、希望の伝え方には注意が必要です。

まずは時短勤務について確認しておくのがおすすめ。

事前に電話やメールで確認しておきましょう。

また実際に選考に進んだ段階で「時短勤務」の希望を伝える時は、柔らかい表現で伝えるよう意識してください。

「時短勤務したい!」と自分の都合ばかり強く伝えるのは、仕事への意欲が低いと思われるため避けておくのがベターです。

転職前に検討しておくべきこと

リスクがあることを理解しよう

リスク
今の職場では実現できないことを実現するために転職を検討すると思います。

そのため転職後にできることに意識が向きがちですが、リスクがあることも理解したうえでベストな選択をしましょう。

例えば、以下のようなリスクが考えられます。

  • 制度や休暇などをすぐに利用できないことがある
  • 新しい環境や人間関係に慣れなければいけない

時短勤務制度は入社1年未満の方は適用対象外とする企業が多いです。

有給休暇等についても勤続6カ月以上で付与されることがほとんどになります。

また、転職したら新しい環境で仕事を覚えて人間関係を構築しなければなりません。

そういった変化ストレスを感じやすい方は注意が必要です。

転職先の制度環境はしっかりと納得いくまで確認しておくようことが大切なポイントといえます。

企業から歓迎されない可能性も

企業の風土等にもよりますが、時短勤務での転職はあまり歓迎されないことがあるかもしれません。

もし転職できた場合でも、歓迎されない雰囲気になる可能性についてはある程度覚悟しておいたほうが良いでしょう。

しかし、採用を勝ち取れたのであれば企業も理解したうえで採用を決めたということです。

モヤモヤと悩むよりは転職先で「◯◯という事情で時短勤務です」ということをはっきり伝えることもひとつの方法です。

必要以上に時短勤務の事情を明らかにする必要はありません。

新しい環境で頑張りたいという意欲が伝わればきっと受け入れてもらえます。

時短勤務を希望するときの企業選びのコツ

フレックスタイム制度も視野に入れよう

時間、時計
転職後すぐの時短勤務が難しい場合、フレックスタイム制度を利用することを視野に入れましょう。

フレックスタイム制度では1か月等の一定期間の総労働時間をあらかじめ決めておきます。

その範囲内で労働者が日々の始業・終業時間を決めることができます。

始業・終業の時間やりくりして対応できれば、時短勤務にこだわらず転職先の候補を探すことが可能です。

転職先の選択肢を広げることにも繋がるため、一度検討してみるとよいかもしれません。

女性が働きやすい企業かどうか見極めよう

オフィス、ビジネス
女性が仕事を続けていくうえで、働きやすい環境がある企業であることは重要なポイントになります。

たとえば、出産・育児などの女性特有のライフイベントへの理解がある企業ならば安心して仕事を続けることが可能です。

また病気や介護などによって働き方の状況が変化したときにも理解を示してくれる企業であることも大切です。

働き方に対して融通をきかせることができない企業では、長く働くことは難しいといわざるを得ません。

見極めの目安となるのは女性の勤続年数管理職の数のほか、同じ業務担当者が複数いること等があります。

時短勤務以外の福利厚生もチェック

時短勤務ばかりをチェックして他の条件を忘れてしまっていませんか。

時短勤務以外にも勤務時間を調整できる制度がないかも必ずチェックしましょう。

また職場環境を快適にするような独自の福利厚生制度を用意している企業も増えてきています。

転職先選びにあたっては様々な角度から働きやすさをチェックすることをぜひ意識してください。

余裕を持った転職スケジュールを立てよう

手帳、カレンダー
一般的な転職活動の期間は2~3か月といわれています。

しかしその期間にこだわって焦って転職先を決めると「こんなはずではなかった」と後悔を生んでしまいかねません。

「転職して良かった」と思える企業に出会うためには、職場の雰囲気リスクなどチェックする点がたくさん。

時短勤務での転職を実現したいのであれば、なおさら慎重な姿勢で企業選びをすることがおすすめです。

あなたが描くキャリアを現実のものにするためにも、余裕を持った転職スケジュールを立てて行動するようにしましょう。

転職エージェントに相談して転職を成功させよう

ミーティング、ビジネスパートナー

自力での転職活動では、転職サイトや企業ホームページを検索し募集要項を確認するなど時間がかかることも多いもの。

細かな条件があるケースでは自力でベストな転職先を探すのは難しいことも考えられます。

もし譲れない条件があって効率的に転職先を探したい場合は転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントでは非公開求人を取り扱っているため、自力では見つけられない求人に出会える可能性もアップします。

また転職活動全体を通じたサポートが受けられるため、安心感を持って活動を進めることが可能です。

エージェントによって得意分野や取り扱っている求人に違いがあります。

複数のエージェントに相談してみると思わぬ出会いに恵まれるかもしれません。

まとめ

白紙、ペン
一般的には転職してすぐに時短勤務を利用することは困難です。

しかし時短勤務制度を用意している企業は数多くあり、時短勤務ができないわけではありません。

また、フレックスタイム制度をはじめとする勤務時間を柔軟に調整できる仕組みを整備している企業も増えています。

時短勤務でも転職を成功させることは充分可能です。

まずは転職を考えた理由時短勤務をする理由を整理してください。

企業の求める成果が出せることをアピールすることができれば必要としてくれる企業はあります。

また制度があることと、それらが実際に利用できる環境かは別物です。

女性が働きやすい企業かという観点で、時短勤務以外の福利厚生や職場環境も必ずチェックしましょう。

特に譲れない条件がある場合、自力で企業選びをすることはとても時間がかかるもの。

余裕を持ったスケジュールとともに転職エージェントを利用することが転職を成功させるポイントにもなります。

自分のビジョンと企業のビジョンが一緒に叶えられるような転職を目指して行動を起こしてみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら