体調不良を理由に退職する場合はどのように退職手続きをすればいいでしょうか。

本項では、体調不良により退職する際の伝え方を紹介していきます。

ストレス社会と言われる現代では、知らぬ間に体調を崩してしまうリスクがあります。

環境を変えることで心身の状態が上向くことも考えられます。

転職も視野に入れて、退職する方法もあることを知っておきましょう。

こんな時は要注意!体調不良のサイン

腹痛

体調不良にはどのようなことに気を付ければいいでしょうか。

ストレス社会の中では、自分で問題ないと思っていても、体が症状を教えてくれる場合があります。

体調不良が目に見える症状となって表れることもあります。

体調不良のサインとして事例をいくつか見ていきましょう。

休んでも疲れが取れない

休んでも疲れが取れないときは要注意です。

睡眠などしっかりした休みを取っても疲れが取れないときは、疲れが抜け切れていないということです。

私たちはしっかりした休みを取ることで仕事をするための体力を蓄えます。

休んでも疲れが取れないと、仕事でもパフォーマンスを発揮できなくなってしまうのです。

疲れが取れていないと、もう少し眠っていたいなどの感情が出てきます。

日中にも眠気がとれずに、集中力が途切れてしまうかもしれません。

疲れが取れないというのは中々自分では判断しづらいことですが、少しでも違和感があったら病院へ行きましょう。

休日に何もする気が起こらない

休日に何もする気が起こらないというのも体調不良のサインです。

休日というものは自分の好きなことを実行できる時間です。

自分の好きなことをして心身をリフレッシュして、仕事に臨むという人が多いでしょう。

意欲が沸かないというのは、心身に異常がある場合もあります。

日頃の疲れやストレスなどで心身に異常があった場合、抑うつ気分になって意欲が沸かないのです。

感じ方は人それぞれで、自分で症状を自覚するのは難しいかもしれません。

休日に気力が沸かないという場合は、病院に行くことも検討しましょう。

何かしらの症状があらわれている

何となく気怠い、というだけでなく何かしらの症状があらわれている場合はすぐに病院へ行きましょう。

具体的には眩暈がする、吐き気がするといった症状の場合は放置しておくと重大な病気に発展しかねません。

症状が悪化すると、うつ病などに発展してしまう恐れもあります。

うつ病に限らずに病気は早期発見をすることで治りやすいものです。

体調不良を放置しておくと、取り返しのつかない状態になる恐れがあります。

体調不良を押したまま仕事を進めていくと、重大なミスをしてしまうリスクもあります。

体調に異変を感じたら深刻化する前に病院へ行くことを心がけてください。

体調不良で退職するなら

病院

体調不良が深刻な時は退職を検討することもあるでしょう。

体調が悪いときは弱気になって、物事をネガティブに考えがちになってしまいます。

自分ひとりで結論を出すことがないように、周囲の人と相談することが重要です。

また、人事に関わる重要なことでもあるため、直属の上司に相談してみることをおすすめします。

抱え込まず周囲に相談しよう

体調不良で退職するかどうか悩んでいる場合は、周囲に相談しましょう。

自分の体のことは自分が一番分かっているものかと思いますが、第三者からの評価も有用になるのです。

また、誰かに話すことで気持ちが楽になるという場合もあります。

退職するという選択肢を持つことで、動きやすいという面もあるのです。

ただし、周囲の人に相談してしまうとうわさ話として他の人に知られてしまう恐れがあります。

退職するかもしれない、と周囲の人に知られてしまっては業務に支障が出る場合もあるでしょう。

周囲の人に退職するかどうか相談する際は、十分に注意してください。

最初に伝えるのは直属の上司がおすすめ

体調不良を理由に退職するかどうか相談するのは直属の上司がおすすめです。

上司はある程度の人事権を持っており、業務の調整をすることができます。

業務を減らすことで体調不良が緩和されるのであれば、業務を減らしてもらうことも有用です。

つらい時に無理をしても、かえって逆効果になってしまいます。

上司としても優秀な人材を手放したくないと考えるので、相談に応じてくれるでしょう。

体調不良により業務に支障が出ると感じた場合は、直属の上司に相談してみましょう。

退職理由を伝える時のポイント

病院

退職理由を伝える時はどのようなポイントに注意すればいいでしょうか。

退職をしてしまうということは、自分の業務負荷が他人の業務負荷になることです。

仕事への影響を伝えることや、謝罪や感謝の一言も添えるといいでしょう。

具体的な症状を伝えよう

退職理由を伝えるときは具体的な症状を伝えることが重要です。

単に「体調不良」としてしまうと、何か事情があるのかと思われてしまいます。

例えば、病名などを告げることで理解を得られることがあるでしょう。

具体的な病名を告げることで理解を得られるのです。

仕事への影響を伝えよう

退職をするときは、自分が担当していた業務を他の人に割り振る必要があります。

自分が退職すると、人員が足りなくなることも想定されるでしょう。

引継ぎをすることも考慮に入れないといけません。

自分がどのような業務をしているか、自分が退職することによる仕事への影響を伝えましょう。

謝罪や感謝を伝えることも大切

退職理由を伝えるときには謝罪や感謝を伝えることも大切です。

自分の業務を他人に割り振るときは、他人の業務へ負荷がかかってしまいます。

体調不良による事情があるとはいえ、自分の都合で他人への負担が増すのです。

一言謝罪や感謝を伝えたほうが、業務を引き継ぐ人の心証も良くなるでしょう。

退職時に診断書は必要?

辞表

退職時に病院の診断書は必要でしょうか。

診断書は病気により働けないことを証明するための書類です。

傷病手当金を受給するときなどに必要になります。

退職する会社に診断書を出さないといけないという法的義務はありません。

ただし、就業規則により病気により退職する場合は診断書が必要する会社もあります。

退職する際は就業規則を確認しながら診断書は必要であるかどうか確認しましょう。

転職活動の前にまずは休もう

退職したらすぐに転職活動といきたいところですが、まずは休息をとることが重要です。

十分に回復していないところで転職活動をしてしまうと、また体調を崩してしまうかもしれません。

体調不良を理由に退職する場合は、傷病手当金を貰える場合があります。

経済的な理由で困ってしまう場合は、これらの傷病手当金を頼りにしましょう。

体調不良を理由に休んでいる間は、忘れずに病院へ通院してください。

体調を万全にして転職活動に励みましょう。

活用できる制度

悩む

体調不良で仕事を休む場合に活用できる制度があります。

働けなくなってしまった場合は、給料が払われなくなってしまうので経済的に困ってしまいます。

傷病手当などの制度では働けなくなった場合の所得の何割かを補償してくれます。

体調不良により働けなくなってしまった場合は経済的にサポートしてくれる仕組みを頼りましょう。

退職前は傷病手当がもらえることも

サプリメント

退職前に傷病手当が貰えることもあります。

傷病手当とは、従業員が体調不良のために働けなかった場合の所得を補償するものです。

健康保険組合のサポートで給与の何割かを補償してくれます。

病院から診断書を貰えれば、所定の手続きを経て健康保険組合から支払いがあります。

所定の手続きを経て請求をすることになるので、請求する場合はお勤めの会社の健康保険組合に相談しましょう。

退職後の失業手当受給時は注意

傷病手当を貰っている期間は、失業手当を同時に受給できない点に注意する必要があります。

傷病手当は、就業ができない期間の所得を補償する制度です。

一方で、失業手当は次の就職先を見つけるための所得を補償する制度です。

傷病手当を受給している間は、転職活動を始めるための力を蓄える期間ともいえます。

傷病手当の期間が満了した後は、失業手当を受給することも可能です。

退職後に傷病手当を受給する場合は治療に専念するようにしましょう。

ただし、失業手当の給付は退職から1年以内と定められています。

退職から傷病給付の期間満了が1年以上空く場合は、失業手当の給付期間を延長することもできます。

退職後も傷病給付を受ける場合は、失業手当の期間についても考慮しましょう。

体調不良で退職した後の転職は不利?

マスク

体調不良で退職してしまうと転職活動で不利になるでしょうか。

重要なのは過去の病歴よりも、現在や今後で元気に働けるかどうかです。

体調不良が改善されて転職活動をする場合は、現在は健康であることをアピールするといいでしょう。

ただし、虚偽の申告をしてしまわないように気を付けてください。

きちんと説明できれば不利にはならない

面談

体調不良で退職してしまうと、転職活動で不利になるのではないかと不安になる場合もあるでしょう。

しかし、過去の病歴が転職活動を左右するというケースは少ないです。

過去に病歴があっても、現状は回復しており問題なく働けることをアピールしましょう。

面接官が重視するのは過去の病歴ではなく、その人が現在働ける状況にあるか、将来的に健康であるかどうかです。

病院へしっかりと通院し、回復していることに自信があれば何の問題もありません。

ただし、虚偽の申告をしてはいけません。

過去の病歴を聞かれた時は、明確に病歴を答えましょう。

後から虚偽の申告をしていたことが判明してしまうと、内定取り消しになってしまう恐れもあります。

自発的に申告する必要はありませんが、過去の病歴を問われたときは偽りなく答えましょう。

原因や対策、現在の状況を整理しておこう

体調不良になった原因があれば、それの対策を考える必要があります。

例えば、薬の処方が必要をするなどして再発をある程度防ぐことがあるでしょう。

また、現状でどの程度回復しているかについて状況を整理しておく必要があります。

病院を利用する場合は、医師とも十分に業務をこなせるかどうか相談しましょう。

転職活動で退職理由を伝えるときのポイント

パズル

転職活動で退職理由を伝えるときはどのようにすればいいでしょうか。

退職理由を伝えるときはネガティブになりがちですが、ポジティブに話すことが重要です。

明るい表情・トーンで話すことで印象も良くなるでしょう。

ポジティブにまとめる

転職活動ではポジティブにまとめることが重要です。

退職理由に過去の病歴があるとネガティブになりがちですが、ポジティブに話すことで雰囲気を明るくします。

過去については変えられようがないので、将来を見据えてポジティブに振舞うことが重要です。

また、変に誤魔化そうとせずにはっきりと話しましょう。

後ろめたいと感じることがあると、言葉のトーンも弱くなってしまいます。

面接では常に堂々と振舞うことを心がけてください。

明るい表情・トーンで話す

面接では話しての表情やトーンによって大きく印象も異なります。

明るい表情で話すことにより、回復具合をアピールすることができるでしょう。

明るく話すことは面接官にも元気な人だというプラスな印象を与えることができます。

体調不良で退職した後の転職は転職エージェントがサポート!

病院

転職活動で困ったことがあれば転職エージェントに相談しましょう。

体調不良などの理由がある場合も、転職エージェントがサポートをしてくれます。

転職により環境が変われば、輝いて仕事ができるというケースも多いです。

転職エージェントでは多数の求人から条件にマッチする求人を見つけることができます。

まずは気軽な無料相談からはじめられるので、ご利用を検討してみてください。

無料転職相談をして理想の会社に転職しよう

まとめ

マスク

体調不良が理由になる場合の退職理由の伝え方について見ていきました。

退職理由を伝える際はポジティブに、明るく伝えることが重要です。

過去のことを悔やむことよりも、前向きに将来を設計していきましょう。

ストレス社会においては、体調不良は無視できない問題です。

少しでも心身に異常が出た場合は、すぐに病院へ行きましょう。

転職によって環境を変えれば状態が上向くことがあるかもしれません。

転職をお考えの方は転職エージェントで無料相談を試してみてください。

体調が優れない場合にはまずゆっくりと療養することが重要です。

必要な場合には傷病給付などの制度を活用することも検討してみてください。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!