転職する際に避けられないのが面接

面接が苦手で困っている方もいるのではないでしょうか。

ここでは転職面接の苦手意識を克服するコツを解説していきます。

面接が苦手な場合の克服方法や、苦手な女性の特徴などをまとめています。

転職面接の受け答えのポイントや今すぐできる対処法をチェックしましょう。

転職面接の苦手意識を克服して、転職を成功させてください。

これまであらゆる克服方法を試してみたけどうまくいかないという方は必見です。

面接が苦手な人は多い

会社

面接が苦手で困っている人は意外にも多いでしょう。面接が苦手な理由は人それぞれ。

話すのが苦手な場合や心配しすぎて苦手だと感じてしまう方もいるかもしれません。

また、あがり症や面接官の対応が気になる方、失敗の経験から苦手意識がある方などもいるでしょう。

このように面接が苦手といっても人それぞれに理由があり、その克服方法も異なっているのがポイント。

自分自身の面接が苦手だと思う理由を探して、その理由にあった克服方法を実践してみてください。

話すのが苦手な場合の克服方法

面接で一番困るのは、話すのが苦手な場合ではないでしょうか。

まず、話すのが苦手な場合の克服方法を紹介していきます。

ゆっくり話すことを意識しよう

会社

話すのが苦手な方は、早口になってしまう傾向にあります。

面接においては早口で話してしまうと伝えたいことがうまく伝わりません。

うまく言いたいことが伝わらないため、面接が苦手だと思ってしまっています。

そのため、面接ではなるべくゆっくり話すことを意識しましょう。

ゆっくり話そうとすることで、相手にも言いたいことがきちんと伝わるようになります。

早口になってしまう方は面接だけではなく、普段の生活でもゆっくり話すことを意識すると良いかもしれません。

焦らないことが大切

パソコン

話すのが苦手な方においては、面接において焦らないことも大切なポイントです。

つい緊張をしてしまうと焦ってしまい、早口になることにつながってしまいます。

話すのが苦手だと思っている方は、焦ってしまい何を言っているかわからなくなる傾向があります。

面接においては焦らないことが大切なので、落ち着いて話すように意識してみましょう。

面接だけではなく、日頃の会話から焦らないで話す習慣をつけてください。

面接前に、深呼吸をしてリラックスしてから望むのもおすすめです。

心配しすぎて苦手意識を感じる場合の克服方法

転職を成功したいあまり、面接を心配しすぎてしまう方もいるでしょう。

次に、心配しすぎて苦手意識を感じる場合の克服方法をまとめました。

要点が伝わればOK

会社

面接を成功させたいと思っている方の中には、何をいっているかわからなくなってしまう方も多いのではないでしょうか。

変なことをいったらどうしよう、うまく言えなかったらどうしようなど不安が先行してしまう傾向にあります。

その結果、話がうまくまとまらないことにつながってしまうのです。

実は、面接では自分の言いたいことの要点が伝わっていれば基本的には問題ありません。

心配で面接が苦手と思っている方は、簡潔に要点だけ伝えることを意識すると良いでしょう。

熱意を伝えられれば大丈夫

会社

面接が心配で苦手と思っている方は、うまく相手に伝わるか不安と思っている方も多いでしょう。

面接においては話す内容がわかりやすいかということもポイントになりますが、それ以上に熱意が大切になります。

転職したい、仕事を頑張りたいといった気持ちが伝われば十分なのです。

言葉でうまく説明するというよりも、自分の熱意をしっかり伝えられるかを意識すると良いかもしれません。

あがり症で苦手意識を感じる場合の克服方法

あがり症で悩んでいる方も多いでしょう。

次にあがり症で面接に苦手意識を感じてしまう方への克服方法を紹介します。

緊張感を持つことは大切

会社

大人数はもちろん、少人数でも人の前に立つと緊張してしまう方もいるでしょう。

あがり症を治したい!と思っている方もいるかもしれません。

しかし、実は面接において多少の緊張感を持つことは大切です。

緊張感をもって面接に望んでいることで、相手にもその緊張感は伝わるもの。

本気で転職を考えているという気持ちが伝わり、真面目な性格だということも伝わりやすくなるかもしれません。

緊張感をあえて払拭せず、そのままの自分を見せるのもポイントといえるでしょう。

緊張していることを伝えよう

会社

あえて「緊張しています」と言葉に出すのもおすすめです。

緊張していることを伝えることで自分の気持ちを整理することもできるでしょう。

さらに、面接官にも自分の隠さない人柄を伝えることにもつながります。

感じていることを素直にいえる人だとプラスに捉えてもらえるでしょう。

このように、面接において緊張していることを無理やり隠す必要はありません。

あがり症で緊張してしまう人は、緊張していることを伝えてみるのもおすすめです。

緊張をほぐす方法を探っておこう

リラックス

あがり症でどこに行っても緊張してしまうという方は、自分の緊張をほぐす方法を知っておくことがおすすめです。

例えばストレッチをしたり、深呼吸をしたりなどといった自分なりのリラックス方法を見つけておくと良いでしょう。

好きな音楽を聞いたり、甘いものを食べたりするのも良いかもしれません。

面接前に自分が緊張をほぐせる方法を実践してみましょう。

また、面接以外の緊張する場面で役立つだけではなく、一つでもリラックス方法を知っていればどんな時でも使えるでしょう。

失敗経験から苦手を感じる場合の克服方法

以前何かで失敗した経験から、苦手意識を持っている方もいるかもしれません。

ここでは何らかの失敗経験から面接に苦手意識を持っている方の克服方法を紹介します。

失敗しても言い直せばいい

会社

完璧主義で真面目な方に多いのが、失敗経験からの苦手意識です。

学生時代や社会人になってからの何らかの失敗経験が、苦手意識につながっている方もいるかもしれません。

面接では失敗して間違えたとしても、もう一度言い直せば問題ありません。

「失礼しました」「もう一度良いでしょうか」と一言の断りをいれて言い直しましょう。

その場で失敗しても、言い直せば良いと考えることで気も楽になるのではないでしょうか。

「完璧にやろう」と思わなくていい

パソコン

失敗を気にする方はとにかく真面目な性格

間違ってはいけない、失敗してはいけないと自分で自分を追いつめているのが特徴です。

それが面接の苦手意識につながっているかもしれません。

そこで、面接において「完璧にやろう」と思うことを忘れてみましょう。

失敗しても良い、間違っても良いと開き直って望むことがポイントです。

失敗しても良いと思えることで、面接でも堂々とした態度で望むこともできるでしょう。

完璧にやろうと思う気持ちを一度忘れてみてください。

面接官の対応が気になって苦手意識を感じる場合の克服方法

相手の気持ちを常に考えて行動する人に多いのが、面接官の対応が気になるケース。

面接官の対応が気になって苦手意識が強い方の克服方法を紹介します。

面接官の動きにはあまり意味がない

会社

人の気持ちを常に考えられる方は、相手がどう感じているかをすぐ考えてしまいます。

嫌な気持ちにさせていないか、自分の発言をどう感じたかなどを考え、面接官の対応が気になる方もいるでしょう。

しかし、実は面接官の動きにはほとんど意味がないのが事実。

面接官がため息をついたり、反応が悪かったりしても気にする必要はありません。

面接官の動きはあまり気にせず、自分の言いたいことをしっかり伝えることを意識してみましょう。

自分が話したいことに集中しよう

パソコン

相手のことを考えてしまうあまり、面接官の対応や発言一つ一つが気になってしまう方もいます。

相手の出方を気にしてしまうため、面接自体に集中できず苦手意識がある方もいるでしょう。

面接ではすべての希望者の面接が終わってから合否が決まるもの。

その場で合否が決まることはほとんどありません。

面接官の対応に一喜一憂するのではなく、自分の話したいことが言えるように集中しましょう。

面接官の対応を気にせず、面接に集中することで後悔のない面接にもつながるかもしれません。

面接を乗り切るための準備

それぞれの苦手意識からおすすめの克服方法を紹介しました。

しかし、それでも面接の苦手意識がなくならないといった方もいるでしょう。

面接に望む前にしっかり準備しておくことも必要です。

そこで、ここでは面接を乗り切るための事前準備をまとめました。

論理的に考える習慣をつけよう

仕事

面接においては、理論的に話せるかどうかというのが重要なポイントとなります。

理論的に話せると相手に言いたいことが伝わりやすくなるだけではなく、話に説得力がでてくるのです。

面接で理論的に話せるようになるには、日頃の生活の中で理論的に考える習慣を持つことが大切です。

「なぜ?」「どうして?」といった気持ちを意識してもち、物事を理論的に考えるくせをつけてみましょう。

自分の気持ちをノートなどに整理して考えてみるのも良いかもしれません。

伝えたいことをまとめて頭に入れておこう

ノート

面接をうまく乗り切るためには伝えたいことをしっかりまとめておくことが大切。

そしてノートを見ないでも頭の中ですらすらいえることも必要です。

面接前には聞かれると予想できる質問の回答をしっかり頭にいれておきましょう。

頭にいれて暗記しておくことで、当日も慌てずに対応できるでしょう。

一言一句暗記しようとすると忘れたときにパニックになるので、箇条書きやポイントだけを頭にいれるのもおすすめです。

伝えたいことをしっかり言えるようにしておくと良いかもしれません。

経験を積めば苦手意識も薄れていく

面接

苦手意識が多い方には、面接経験が少ないことも理由にあります。

何事も経験を積めば自信にもつながります。

面接前には家族や友人に協力してもらい、疑似面接をするのも良いでしょう。

面接の経験を積めば、苦手意識も薄れていくかもしれません。

面接だけではなく、大人数の前で話す経験や自分の考えを話す場所を作るのも良いでしょう。

面接と同じような状況を自ら作り、それに慣れていくよう練習を積み重ねてみてください。

経験を積めば気づいたときには面接の苦手意識もなくなっているでしょう。

面接で大切なのは「何を話すか」

パソコン

面接ではいくら緊張していても、最後は「何を話すか」が一番重要です。

緊張して失敗しても、あがってしまっても伝えたいことが面接官に伝わるかが一番大切。

基本的には緊張してあがってしまって不合格とはなりません。

「何を話すか」「何を伝えたいか」を考えて面接に望むことが大切です。

そのためにも、自分の熱意をしっかり伝えられるように準備しておくことも大切でしょう。

面接に苦手意識がある方は、自分の気持ちを伝えればよいと割り切って望むと良いかもしれません。

面接の不安は転職エージェントがサポートします

パソコン

転職面接で悩んでいる方は転職エージェントに相談すると良いでしょう。

家族や友人との模擬面接ももちろん効果はありますが、身内だと少し甘えてしまうのも事実。

転職エージェントでは、面接当日を想定した模擬面接も実施しています。

希望している会社から質問されそうなことなどをプロの視点から、模擬面接で質問してくれるのでとても良い機会になるでしょう。

プロと模擬面接すれば、良い経験になるだけでなく、自分の弱い部分もしっかり知れることになります。

また、模擬面接だけではなく面接内容のフィードバックもしています。

次の面接に活かせるポイントも教えてくれるので、自信にもつながるかもしれません。

面接が苦手で克服できないと困っている方は、転職エージェントに相談してみてください。

無料転職相談で面接の相談をしよう

まとめ

会社

転職面接の苦手意識を克服するコツを解説しました。

面接が苦手な女性の特徴は、人それぞれ。苦手意識をもっている理由もたくさんあります。

面接の苦手意識を克服する方法をネットで見つけて、実施してみたけど効果がないといった方もいるでしょう。

それは自分に合った克服方法でないことが原因かもしれません。

自分はなぜ苦手意識をもっているのかを考え、それに合った克服方法を実施してみましょう。

また、転職面接では経験をしっかり積むことも大切。

転職エージェントに相談して、模擬面接にて練習するのもおすすめです。

練習を重ねることで面接のコツがわかり、苦手意識が薄れることにもつながるでしょう。

活用できるものをしっかり使って、転職面接を成功させてください。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!