「転職面接のお礼を伝えたい」そんなあなたの気持ちを表現するには「お礼メール」が最適です。

しかし、どのように書くべきかそのマナーがわからずに悩む人が多いようです。

そんなあなたに「お礼メール」の書き方を例文付きで解説!

送信するタイミングなどうっかりミスを防ぐマナーのポイントなどもご紹介します。

あなたも社会人マナーをアピールできる素敵な「お礼メール」を完成させましょう。

転職面接後にお礼メールを送ろう

胸に手を当てる女性

忙しい中わざわざ時間を割いて面接をしてくれた採用担当者に「ありがとう」を伝えたい。

これは同じ社会人として多忙な日々を送る転職者だからこそ、より強く感じる気持ちでしょう。

電話と違って仕事の妨げにならない「メール」ならお礼を伝える手段としても最適といえます。

しかし担当者のアドレスが不明だったり、複数の面接官がいて宛先の書き方がわからない…。

また「相手の迷惑になるかも…」と悩みメールの送信をためらう人が多いようです。

送らない方がいいこともあるの?

もしかしたら迷惑になるかも…と送信を迷う人も多い「お礼メール」。

そこでお礼メールの必要性やその影響について説明しましょう。

ビジネスマナーとしての必要性や選考への影響は?

選考結果通知書

まず初めに面接後の「お礼メール」とは、あくまであなたの「ありがとう」を伝えるものです。

つまりビジネスマナーとして必ず”送るべき”という類の必要性はありません。

確かにスキルや経験が少ない新卒者ならビジネスマナーのアピールに有効な手段となるでしょう。

しかし、転職面接で採用担当者が注目するのは経験やスキルなど転職者の戦力値です。

そのため「お礼メール」によって転職面接の選考が大きく左右されることは無いといえます。

気持ちが伝われば好感度も自然とアップする

花で作ったハートマーク

転職面接後のお礼メールは義務感に駆られて送っても良い結果にはならないでしょう。

「送らなくてはいけない」と思い込んでいるなら、お礼メールは書かない方が良いといえます。

また選考の合否に影響しないなら送る「必要性」を感じない人もいるかもしれません。

しかし、影響力が小さいとしてもお礼を言われて気分を害する人はいないでしょう。

「お礼メール」はあなたの感謝の気持ちを相手に伝えることが大切なのです。

その上で基本的なマナーを押さえた「お礼メール」ならあなたの好感度もアップします。

お礼メールの書き方

まずはお礼メールの書き方について説明しましょう。

件名の書き方

@マークを指さすビジネスマン

メールのやり取りが多い企業や採用担当者ほど「件名」で優先順位を判断してから開封します。

担当者が件名を見てもピンとこない場合、開封することを迷い後回しになるかもしれません。

そうなればメールチェックや返信が遅れたり、他メールに埋もれて忘れられることもあります。

つまり採用担当者が一目で内容を判断できる件名にすることが重要なポイントです。

採用担当者が一目で判断できる件名には面接日時と氏名、メールの主旨を明確にします。

たとえば「件名:6/10面接のお礼(氏名)」、「件名:本日面接のお礼(氏名)」などです。

また、応募者が多数の場合は氏名や面接日に加え時間や希望部署などを加えても良いでしょう。

挨拶文の書き方

Thank youと書くマーカー

お礼メールの本文ではビジネスメールのマナーと同様に「宛先」から書き始めます。

宛先には相手企業の会社名と部署名採用担当者の名前が必要です。

「株式会社」を「(株)」にするなど企業名を省略するのはビジネスマナーとしてNGです。

メールの場合は誤変換にも気を付けて常に正式名称で書くようにしましょう。

次に挨拶文へと進みますが拝啓や時候の挨拶などを書く必要はありません。

多忙なか面接の時間を作ってくれたことに対してお礼を述べましょう。

本文の書き方

ガッツポーズする女性

本文で面接で上手く伝えられなかったことがあれば補足しておきましょう。

また今回の面接を通してどのように感じたのかを全体的にポジティブな内容でまとめます。

「本日の面接を通して貴社で働きたいという想いは以前にも増して強くなりました」

または「入社意欲が高まった」、「スキルを活かして貢献したい」も良いでしょう。

結びの言葉の書き方

最後は「貴社の益々のご発展とご多幸お祈り申し上げます」の結びで締めくくります。

お礼メール作成のポイントは長文を避けたシンプルで解りやすい文章にまとめることです。

 

無料転職相談をして自分にぴったりの仕事を探そう

 

「お礼メール」を送るタイミングは?

次にお礼メールを送るタイミングについてご紹介しましょう。

遅くても翌日までに送る

時計

転職面接のお礼メールはできるだけ面接をしたその日のうちに送信します。

目安としては面接当日、宛先の営業時間内に送るようにしてください。

特に面接時のフォローを兼ねたメールは面接官の記憶が新しいうちに送るのがベストです。

しかし、就労中で多忙な方はお礼メールを送るタイミングを逃すこともあるでしょう。

だからといって帰宅してから夜遅くにお礼メールを送るのはNGです。

担当者がスマートフォンへ転送するようにメール設定していれば迷惑になります。

その時は翌日の朝に改めてお礼のメールを送るようにしましょう。

面接が複数回ある場合は

人差し指を立てた女性

一次から最終まで何度も面接を重ねる新卒者の就活では、その都度お礼メールを送ることがあります。

しかし、転職面接のお礼メールではそのような必要はありません。

大切なのは面接時間を割いていただいた「お礼」と「志望意欲」を担当者に伝えることです。

たとえ1回のお礼メールでもマナーとポイントを押さえていれば大丈夫です。

お礼メールを書くときのポイント

転職面接のお礼メールを書くときは、うっかりミスを防ぐポイントがあります。

そのポイントを押さえれば立派なお礼メールが送れるでしょう。

自分の連絡先を忘れずに!

アドレス帳とペン

うっかりミスで意外と多いのが自分の連絡先の書き忘れです。

お礼メールの本文に気を取られたり、慌てて送信したときにおきやすいでしょう。

書き忘れを防ぐには送信前にしっかりとチェックすること。

また宛先や自分の連絡先を先に書いてから、じっくり本文に取り掛かるのも有効です。

送信するアドレスにも気をつけて

PCモニターを見る女性

転職や副業も盛んな昨今、働きながら転職活動中という方が増えています。

そんな方々に多いのが就業中の企業アドレスからお礼メールを送ってしまうというNGです。

たとえ面接時に就職中であることを伝えていても現在の職場から送るのは避けましょう。

せっかくのお礼メールも採用担当者から「企業アドレスを私用で使う人」と低評価されかねません。

また情報流出問題から企業は個々の「ITリテラシー(ITの活用能力)」にも注目しています。

このため「お礼メール」には、あなた個人のメールアドレスを使うようにしましょう。

お礼メールを書くときに避けるべきこと

お礼メールを書くときに気を付けてほしい3つのポイントを説明します。

テンプレートの丸写し

コピーする女性

お礼メールを書く時には「テンプレートの丸写し」にならないように注意してください。

安易にコピー&ペーストしたお礼メールはビジネスマナーでもNGになります。

どこかで見たことがあるような…という文面では他者との差別化は困難です。

またテンプレートを丸写しでは受け取った採用担当者も「お礼」に疑問を覚えることでしょう。

せっかくのお礼メールで「志望度が低い」と判断されマイナスのイメージを与えかねません。

特に複数の面接を受ける方や多忙な人ほど、これらのNGメールには注意が必要です。

お礼メールの”効果”に囚われすぎて「感謝」の気持ちを忘れてはいけません。

あなたの「ありがとう」はテンプレートでは表現できないことを覚えておきましょう。

誤字脱字

お礼メールのみならずビジネスマナーにおいても「誤字脱字」はNGです。

予測変換などで思いもよらない変換になることもあります。

お礼メールを作成した後は、送信前にしっかりと誤字や脱字が無いか確認しましょう。

文字装飾

オフィス、カードを持つ手

転職面接後のお礼メールでやりがちなNGに「文字装飾」があります。

面接は企業や面接官によって対応や雰囲気が異なりますが誰もが緊張するシーンでしょう。

そんなの応募者の緊張を解くため、あえてフランクなやり取りを行う面接官もいます。

年齢が近いことから趣味や共通の話題で盛り上がり、始終和やかなムードの面接も珍しくありません。

そのため「!」や「(笑)」など友達に送るように文字装飾をついつい使用しがちです。

これでは軽い印象のお礼メールになってしまい、あなたの「感謝」は伝わらないでしょう。

絵文字やカラー文字などの文字装飾はビジネスメールではNGです。

たとえ顔見知りの面接官でも礼儀を忘れずに、お礼メールは丁寧に書いてください。

緊張が緩みやすい面接直後のメール作成は特に気を付けましょう。

迷いやすいポイント

お礼メールを書く際に迷いやすいポイントの対処法をご紹介します。

連絡先がわからないときは?

考え事をする女性

お礼メールにかかわらずマナーとして相手の名前は正確に書きたいとこです。

しかし、一般的な面接のシーンでは面接官と名刺交換する機会が無いといえます。

面接官のメールアドレスが不明なときは、相手企業の人事部宛に送りましょう。

また、面接官の名前を忘れたときは「面接ご担当者様」と記します。

複数の面接官がいたときは?

面接

面接の場に複数の面接官がいたためメールの宛名に困るということもあるでしょう。

連名も可能ですがビジネスマナーでは役職の高い順に並べる決まりがあります。

全員の名前を書けばお礼メールも長文になり読みにくくなるでしょう。

そのような時は宛名に「面接官の皆様」と書いても問題はありません。

お礼メールの例文

お礼メールはカッチリとしたビジネスマナーではありません。

あくまであなたの感謝の気持ちを採用担当者に伝えるための手段です。

しかし、そんな転職面接の「お礼メール」にも最低限のマナーや書き方はあります。

そのため早速お礼メールを書こうとしてもなかなかうまく書けない人もいます。

まずは例文を参考に練習して徐々にお礼メールの作成に慣れていきましょう。

お礼メールの基本的な例文

キーボードに触れる手

件名:本日の採用面接のお礼(○○自分の名前)

 

株式会社■■■

人事部 ●●様

 

本日、採用面接をしていただきました○○と申します。

本日はお忙しい中、面接の機会をいただきまして誠にありがとうございました。

●●様のお話から貴社の良質なサービス提供を可能にする原動力が何かわかった気がします。

本日の面接を通して貴社で働きたいという想いは以前にも増して強くなりました。

前職の経験やスキルを活かし貴社の発展の一端を担えれば幸いです。

取り急ぎ面接のお礼を申し上げたくメールをさせていただきました。

●●様もご多忙かと存じますのでご返信には及びません。

末筆ではありますが貴社の益々のご発展とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

 

氏名:○○(自分の名前)

メールアドレス:(私用のメールアドレス)

電話番号:(携帯でも可)

住所:(都道府県から略さずに記載)

補足やアピールをしたいときの例文

面接時の光景

件名:本日の採用面接のお礼(○○自分の名前)

 

株式会社■■■

人事部 ●●様

 

本日、採用面接をしていただきました○○と申します。

本日はお忙しい中、面接の機会をいただきまして誠にありがとうございました。

●●様のお話から貴社の良質なサービス提供を可能にする原動力が何かわかった気がします。

本日の面接を通して貴社で働きたいという想いは以前にも増して強くなりました。

面接ではお伝えできませんでしたが○○プロジェクトに参加した経験があります。

その際、培った○○スキルとノウハウは貴社でも活かせると思います。

前職の経験やスキルを活かし貴社の発展の一端を担えれば幸いです。

取り急ぎ面接のお礼を申し上げたくメールをさせていただきました。

●●様もご多忙かと存じますのでご返信には及びません。

末筆ではありますが貴社の益々のご発展とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

 

氏名:○○(自分の名前)

メールアドレス:(私用のメールアドレス)

電話番号:(携帯でも可)

住所:(都道府県から略さずに記載)

アピール例文で気を付けること

鉛筆を持つ手、ノート

面接時に伝えきれなかった長所やスキルなどお礼メールで補足できます。

しかし欲張ってアピール要素を盛り込み過ぎないように気を付けてください。

あくまで「お礼」のメールであることを忘れてはいけません。

お礼メールのポイントである「短文のシンプルで解りやすい文章」を心掛けましょう。

お礼メールで社会人マナーをアピール!

笑顔の面接官

面接後の採用担当者へのお礼メールは社会人マナーのアピールになります。

転職先がコールセンターや営業などの接客業なら丁寧な対応は好印象につながるでしょう。

この様に採用の合否に影響しなくても与える印象を左右するのは確かです。

また他の応募者との差別化を図るうえでも「お礼メール」は有効といえます。

丁寧で細やかな配慮ができる人は、どの職種においても一緒に働きたいと思える人物でしょう。

円滑な人間関係を築ける人物か否かは採用担当者が最も注目するポイントです。

マナーや書き方に注意すれば「お礼メール」は‟有効”なアピールになり得ます。

まとめ

ハートマークを作る手

お礼メールは「感謝」と共にあなたの「魅力」を面接官に伝えられる手段です。

ビジネスマナーに則ったお礼メールで気配りのできる女性として好感度もアップするでしょう。

また明確に働きたい企業が決まっているのなら転職エージェントへの相談もお勧めです。

転職エージェントの手助けがあれば「お礼メール」で希望企業へピンポイントアピールも可能です。

是非、たくさんのアドバイスを参考にあなたらしい素敵な「お礼メール」を完成させてください。

あなたが理想の企業で充実した日々を送れるよう転職エージェントも尽力します。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!