現在、様々な理由によって休職制度を利用している方がいることでしょう。

その中には休職期間を有効活用し、転職活動をしたい方もいると考えられます。

そんな方々は休職中に転職活動をする上での注意点や有利に進める方法が気になっているのではないでしょうか。

今回は休職中の転職活動を成功させていく上で気をつけるべきことをご紹介していきます。

そもそも休職中とはどんな状態?

ライティング

休職というのはその言葉の通り現在就いている職を休むことを指します。

しかし具体的にどのような状態を指して休職中であるというのが正しいのでしょうか。

なんとなくで理解はしていても正確に理解している訳ではないという方も多いでしょう。

まずは休職とはどのような状態なのかを解説していきます。

復帰が前提

休職というのは自身の都合で会社での仕事を長期的に休むことを指します。

休職するというのは一時的に仕事を休むことであり、その間も会社には在籍している状態です。

このことからも分かる通り、基本的に復帰を前提とした扱いとなっています。

休職理由は人それぞれですが、その理由が無くなった段階で職場に復帰することが求められるでしょう。

あくまでも「休む」ための期間

タイピング

休職というのはその言葉の通り、あくまでも休むための期間といえます。

休職制度は何の理由も無く休める制度ではありません。

何かしら止むを得ない理由によって休養を取る必要がある人を対象として企業から職を休むことが認められる制度なのです。

もし心身の不調が原因の場合には通院を行ったり産業医にかかったりすることで回復を目指します。

復職を前提とした制度であるということを念頭に置いておくと良いでしょう。

休職中に転職活動をしてもいいの?

転職する女性

上記のことから休職中に転職活動を行ってはいけないのではないかと考える方もいるでしょう。

しかし実際には休職中の転職活動は全く問題ないといえます。

法律的に禁止されている訳ではないため転職活動を行いたい方は自身の心身の状態や周囲の環境と相談しながら行っても良いでしょう。

しかし休職というのは復職することを前提とした制度です。

そのことを心に留めながら転職活動を行うようにしましょう。

もし転職活動で逆に自身が疲弊してしまう場合には休職中の転職活動は避けた方が無難だと言えます。

休職中に転職活動するメリット

雑談する二人

休職中の転職活動は問題ないということを分かっていただけたことでしょう。

次は具体的にどのようなメリットがあるのかを解説していきます。

自己分析などに時間をたくさん使える

休職中というのは会社への勤務を休んでいる状態であるため、自己分析など転職に向けた準備に多くの時間を使えます。

自身の身体を休めながら自己分析などを行えるため、自分を見つめ直す良い機会となるでしょう。

もし普段の仕事で多忙の方は、休職中の期間に転職活動をすることで多くの時間を費やすことができます。

面接などのスケジュール調整がしやすい

OKサインを出す女性

会社へ勤務している場合には平日に面接の予定を入れることが難しくなります。

しかしながら休職中であれば平日であっても面接に行くことが出来るため、スケジュールの調整がしやすくなるでしょう。

企業とのスケジュールのすり合わせが容易になるという点でも休職中に転職活動をするのにはメリットがあるといえます。

転職活動は復帰後の方がいいケースも

相談する女性

先述したように休職中の転職活動にはメリットが存在します。

しかしながらそのメリットよりもデメリットが大きくなってしまうケースもあるでしょう。

そうした場合には転職活動を休職中に焦って行うよりも復職後に行った方が良いこともあります。

以下のことを心に留めておき、自分にとってベストなタイミングで転職活動を行えるようにしましょう。

休職理由によっては回復を優先した方がいいことも

休職理由がもしも心身の不調によるものであった場合には休職中は回復に専念した方が良いこともあるでしょう。

転職活動によって休むべき期間にも関わらず疲弊してしまい復職が遠のいては本末転倒です。

自身が休職した理由をよく考え、その上で転職活動を行えそうかどうかを吟味する必要があるでしょう。

休職中であることを隠す必要がない

復職後であれば休職中であることを隠して転職活動を行う必要もありません。

そのため休職中では無く復職後に転職活動を行うことも手段の1つといえるでしょう。

休職期間中に急いで次の仕事を決めると、自分の本当にやりたいことやキャリアパスからずれた選択をしてしまう可能性もあります。

自身にとって最適な選択肢を選ぶためにも転職活動のタイミングについてよく考えることが重要です。

転職先に休職中だと言うべき?

もし休職期間中に転職活動を行う場合、転職希望先に休職中と伝えるべきなのでしょうか。

ここでは転職先に対しての対応について解説していきます。

どのように対応するのが的確なのかを考えていきましょう。

伝える義務はない

転職先に対して休職中であることを伝えなければいけない訳ではありません。

そのためもし自身の転職活動にとって不利になると思われる場合には休職中であることを伝えなくても問題ありません。

伝える義務はありませんがもし面接などで尋ねられた場合には隠さずに休職中であることを伝えた方が良いでしょう。

嘘をついて休職中であることを隠していると後々トラブルになる可能性があります。

尋ねられた場合には正直に答えるようにしましょう。

理由によっては伝えても大丈夫

休職に関しては全て伝えなくても良いという訳ではなく不利にならないと思われる場合には休職理由を伝えても良いでしょう。

具体的にはスキルアップを目的としていたり、在職中の企業でのセクハラ・パワハラを理由としていたりする場合です。

このような場合には伝えたとしてもそれがマイナスに働くことは無いと思われます。

自身の休職理由が転職先の企業にどのように思われるかを客観的に考えて伝えるべきかどうかの決断を行いましょう。

休職中の転職活動がばれるケース

休職中の転職活動について自身から話さなければ基本的にばれることはありません

しかしながら休職期間中の過ごし方などによって、転職活動を行っていることがばれるケースもあるようです。

ここでは転職活動を行っていることがばれてしまうケースについてご紹介します。

転職先の企業にばれるのはどんな時?

もし休職期間が長期に渡っている場合、転職後の入社時に提出することのある離職票や源泉徴収票によってばれる可能性があります。

これらには1年間の給与についても記載されているため長期間の休職していた場合、転職先に不審に思われるでしょう。

また、企業が社員の代わりに納める住民税も給与に応じて税額が決まるため休職がばれる場合があります。

休職期間が長期に渡っている場合には注意が必要でしょう。

在職中の企業にばれるのはどんな時?

在職中の企業に関しては具体的に何か特定の書類などからばれるというケースはありません。

しかしながらSNSに投稿したり同僚や友人に転職活動を行っていることを話したりした場合にはばれる可能性があります。

そのため休職中に転職活動を行っていることは周囲の人に話すことはしない方が無難でしょう。

転職活動を行っていることが人づてにばれてしまった場合、社内で問題となってしまう可能性があります。

休職中に転職活動をしている場合は慎重に行うようにしましょう。

 

無料転職相談をして自分にとって理想の職場を見つけよう

 

ばれたら転職できないの?

面接

もし休職中に転職活動を行っていることが先述したような理由によってばれてしまった場合、その行動は問題となってしまうのでしょうか。

転職先に休職中であることがばれた場合にどうなるかをパターン別に解説していきます。

以下のようなケースがあるということを考えて慎重に選択を行っていきましょう。

特に問題にならないケースもある

休職期間があったということを知られてしまった場合にも、特に問題とならない場合もあります。

このような場合には休職していたことがばれても特に問題ないでしょう。

しかし、もし休職していることを隠すつもりであればばれないように対策を十分に練ることが必要です。

信用度にかかわる可能性があるので注意

もし休職していることを黙って転職先に入社し、その後に休職していたことがばれた場合には自身の信用度が下がる可能性があります。

信用度が低くなることでその後の仕事にも響いてくる可能性があるでしょう。

そのため、もし面接などで企業から休職について尋ねられた場合には正直に答える必要があります。

休職していることを隠したい場合であっても面接などでは企業に対して誠実な対応を心がけましょう。

入社後に給食がばれて信用を失うことを恐れる場合には、事前に言っておくか休職期間終了後に転職活動を行うのが無難です。

最悪の場合は内定取り消しになることも

書類

可能性は低いですが休職を隠していたことが悪質であると見做された場合には内定が取り消しになる可能性もあります。

最悪のケースについても考えて転職活動を行う必要があるでしょう。

こうしたリスクを避けたい場合には絶対にばれないように対策を行うか、転職活動の段階で企業に対して説明することが大切です。

内定取り消しとなってしまった場合にはまた1から転職活動を行わなくてはなりません。

そうした事態に陥らないように万全の準備が必要となるでしょう。

休職中の転職活動を成功させるポイント

職場

休職中の転職活動に関しての注意点をご紹介してきましたが、次は具体的に転職活動を成功させるためのポイントをご紹介します。

以下のことに気をつけることで成功する確率を上げることができるでしょう。

体調はすでに回復していることを伝える

休職理由が体調不良であった場合、その旨を伝える際には既に体調が回復していることを伝えましょう。

既に治っているということを伝えることで企業側が今後も体調を崩すのではないかという懸念を抱くことを未然に防げます。

転職後の業務に支障がないということを明確に伝えましょう。

そうすることで休職自体がマイナスに捉えられるということを避けることができます。

現職への不満をこぼさない

休職を前職での職場環境や人間関係のせいにしてしまうと転職後も環境を理由に辞めてしまうのではないかと思われる可能性があります。

そうした可能性を回避するためにも、面接の場で現在勤めている職場への不満や愚痴をこぼすことは避けた方が良いでしょう。

もし休職理由がパワハラやセクハラが原因だった場合、客観的に事実だけを述べればマイナスの印象を与えることを避けられます。

前向きな印象を与える

休職理由を伝える際にも休職が前向きなものであるということを伝えることが大切です。

休職というのは会社に勤務していない期間であるため、面接ではマイナスなイメージになりかねません。

そうしたリスクを抑えるためにもどうすれば前向きな印象を与えられるかを考える必要があります。

自身の理由を伝える際にも企業側の目線に立ち、どうすれば休職していたことをポジティブに伝えられるかを考えると良いでしょう。

「休職中にスキルアップできた」「自身の能力を見直せた」などといったことを伝えることでプラスに受け止めてもらえる可能性もあります。

なるべく休職していたことがマイナスにならないような伝え方を心がけましょう。

休職中の転職活動には転職エージェントを活用しよう

クエスチョン

休職中の転職活動を行う上で転職エージェントを活用することは自身の今後について考える上でもとても良い選択肢といえるでしょう。

自分だけでは辿り着けない、客観的かつプロフェッショナルな視点で転職活動をサポートしてくれます。

もし休職中の転職活動に関して迷いがある場合には転職エージェントを活用すると良いでしょう。

今後どうしていけば良いかが明確になり、スムーズな転職が可能になるかもしれません。

模擬面接や職務経歴歴書の作成などに関するサポートをしてもらうことも出来ます。

転職エージェントに相談することでこれからのキャリアについても考えていきましょう。

まとめ

パソコン

今回は休職中の転職活動について、メリットリスクなどをご紹介しました。

休職中というのは本来、復職に向けた休息期間ではありますが転職活動をすること自体には問題ありません。

休職期間中の転職活動では問題が生じる可能性もあることを念頭に置き、自分にとって何が正しい選択かを考えて行動していきましょう。

また、転職活動をする上では転職エージェントに相談することで的確な答えを出してくれるはずです。

転職を有利に進めるためにもプロフェッショナルの手を借りることも検討してみてはいかがでしょうか。

今回の記事を参考にして理想の転職を実現してもらえれば嬉しいです。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!