転職を考えているものの自己PRをどうすれば良いか具体的なビジョンがぼんやりとしか把握できない方は多いです。

履歴書面接で必要な志望動機も具体的な考えがないとぼんやりとしたことしか提案できません。

大切なのは自分がどうしたいのか・どう感じているのかをきちんと把握して整理することです。

転職を成功させるために自分について自問自答してみましょう。女性が自己PRを作るために必要な項目を紹介します。

転職において自問自答はとても重要

女性

転職活動をする上で自分の能力スキルをアピールすることはとても重要になります。

企業が求めるのは就職後に会社に貢献してくれる人材です。やる気や学ぶ姿勢だけでは企業の求める人材かどうかは伝わりません。

転職を成功させるポイントは企業が求めるスキルや経験をしっかりアピールすることです。

自分が会社にとってどんなスキルを提供できるか伝えるために、しっかりと自分のアピールポイントを理解します。

アピールできるスキルを知るためにも自問自答は重要です。

自問自答は質問形式でやるのがおすすめ

書類

自問自答する際に好きなように文章を書いていてはだらだらとしたものとなってしまいます。

冷静に自分自身を見つめなおすためにも自問自答は質問形式でやるのがおすすめです。

質問形式で行うと客観的に自分を見ることができます。

客観的に自問自答を行った結果のデータは信憑性が増し、正確なアピールポイントを知ることができるでしょう。

自問自答をする理由とは

女性

転職の準備に自問自答をするのにはいくつか理由があります。

目的を理解して自問自答をしましょう。

転職理由を明確にするため

転職の際に転職理由は必ず確認されます。あやふやな理由やネガティブな理由を提示すれば良い印象を与えることはできません。

自分らしいしっかりとした理由を伝えるためにも自問自答は必要です。

企業にとってプラスになるような理由を今の自分から探しましょう。

転職理由を明確にしておけば面接で話すときもきちんと伝えることができます。

企業にプラスなるような明確な転職理由があれば面接でも好印象になるでしょう。

自分が得意なことを把握するため

スーツ女性

転職において重要なのは自分がどのようなスキルを持っているかアピールすることです。これはただ自分の得意なことを羅列するだけでは意味がありません。

転職を希望する企業にとってどのように有益かをアピールする必要があります。

そのためにも自分が得意なことを見極めてください。企業に貢献できるスキルを把握して面接時に提示できるようにしましょう。

優先順位を明確にするため

転職する時には自分がどうしても譲れないといった条件もあるはずです。

多くの希望がありすぎると選択の幅が狭まり結果的に転職を成功させることが難しい場合もあります。

またあまりにも希望する条件がないと自分の望む転職をすることが難しいです。

転職活動をする際には希望する条件を整理して順位づけしましょう。

重要な条件や絶対に譲れない条件を上位に順位付けして自分の希望する転職先を見つけます。

自分の希望する条件を明確に順位付けするためにも自問自答は必要です。

無料転職相談をして自分がどのように活躍できるか確認しよう

自問自答の基本ポイントとは

メモ

自問自答の答えがそのまま転職理由希望条件に繋がります。

ポイントを絞らずぼんやりとした質問に答えるだけでは、結果も漠然としたものになるでしょう。

あくまでも行うのは転職活動のための自問自答です。きちんと転職するための基本ポイントを抑えておきましょう。

収入や勤務地へのこだわりは?

ビル

転職する際に雇用条件はしっかりと確認すべきポイントです。

ただ漠然と「高収入になりたい」というよりも、具体的にどの程度の年収をめざすのか自分自身の希望をしっかりと把握しましょう。

毎日の通勤を考慮すると勤務地のこだわりを考えることも重要です。

特にこだわりがなければこだわりがないことを認識することも大切になります。

収入や勤務地は転職する際に重視する条件ですので、こだわりがあるのならきちんと自分自身で把握しておきましょう。

環境や人間関係に求めるものは?

オフィス

会社の環境や人間関係は日々快適に勤務できるかどうかを決める要素です。

人間関係ならばドライな関係が良いのか濃厚な関係を望むのかは人それぞれですので、自分の希望はしっかりと認識してください。

また毎日勤務する環境も重要です。普段は意識していなくても自問自答することにより自分の好む環境を知ることができるかもしれません。

その他のポイント

メモ

その他の重要なポイントは、転職の志望動機や自分のスキル・転職後の業務に関わることです。

転職後のキャリアプランの希望を考えても良いでしょう。

勤務する際にやりたいこと・やりたくないことを明確にするのもおすすめです。自分がどうして転職したいのかも明確にしておきましょう。

自分の大切なものについて考えよう

検索する女性

実際の自問自答はどのような項目が良いか紹介します。まずは自分の大切なものについて考えましょう。

自分がどのようなことを大切にしているのか知る事で転職に望むことを確認できます。

将来の自分について

女性

将来の自分について考えることがまずは大切です。5年先・10年先の自分が何をしているか想像してみましょう。

もしすぐに仕事について思い浮かばない時には少し想像を膨らませてみてください。

例えばもっと趣味にお金を使いたい・休日を趣味の時間に合わせたいといったことでもかまいません。

営業事務で経験を積んで営業を目指したいなど具体的な内容でもいいでしょう。

自分が将来どうなりたいか・どんな生活がしたいかを明確にすることで、転職する業種や企業を選ぶことができるようになります。

やりたいこと

やりたいことを自覚することも重要です。

例えばパソコン作業がやりたいのであれば書類制作などの事務職に繋がります。

話すのが得意なのでそれを仕事に活かしたいのであれば営業や接客業などがあるでしょう。まずは自分が何をしたいのか考えてみましょう。

そうすることによって転職に前向きに向き合えるようになります。

いきなり思いつかない場合は、仕事に絡めた内容ではなく自分がやってみたいことでも構いません。

興味のあること・時間やお金があればやってみたかったことなどをまとめてみてください。

やりたくないこと

悩み

転職の自問自答において、やりたいことと同じぐらいやりたくないことも重要です。

特に仕事において、どうしても苦手なことを無理に続けているとモチベーションが下がってしまいます。

「せっかく転職したもののやりたくない仕事に当たってしまった」というようなことがないように、自分がやりたくないことを再認識しましょう。

何故やりたくないのか理由もしっかり考えます。

昔から継続していること

花瓶

昔から継続していることは自分にとって大きなアピールポイントになる場合があります。

習い事や趣味・習慣などを列挙してみましょう。内容によっては仕事にそのまま活かすことができます。

仕事に直接関係のない趣味でも意外なところが転職に役立つかもしれません。

継続する力があるということは採用担当者にも良い印象を与えることができるでしょう。

社員として長く会社に貢献してくれると感じます。

好きなこと、好きなもの

ハート

好きなことや好きなものも考えてみましょう。

好きということは原動力になりますし長く関わることができます。

実際に自分が好きなことをたくさん書き出してみてください。100個以上あると良いです。

たくさんの好きなことを書き出したら自分で眺めてみましょう。

もし何かしら共通点を見つけることができたら、それがあなたにとって重要なポイントになります。

その共通点を参考にして職種を検討してみてください。

キャリアについて掘り下げてみよう

地図

自分の性格や将来へのビジョン・趣味嗜好がある程度分かったら次はキャリアについても掘り下げてみましょう。

これを行うことにより、仕事への関心や転職の理由などを具体的に詰めることができます。

今まで自分がどのように仕事に向き合ってきたかどうかを把握してみてください。

面接時に自分のキャリアを説明するポイントになります。

転職を希望した理由

ノート

転職活動を始めると「なぜ転職したかったのか」ということを忘れてしまいそうになります。

本来の目的を忘れて転職してしまうと思い描いていた結果にならないこともあるでしょう。

転職とは多かれ少なかれリスクもあります。本当に転職をするのかどうか、最初に転職しようと思った理由を思い出して考えてみてください。

問題が転職によって解決するか

転職を考える女性は現状に何かしらの問題を抱えている場合がほとんどです。

収入休日のあり方の他、人間関係環境かもしれません。本当に解決したかった問題をもう一度考えてみましょう。

転職によってその問題が解決できるのかどうかじっくり吟味してください。

今までで最も印象的だった仕事

ノート

転職の面接という限られた時間にインパクトのある話をするためにも、自分のキャリアを説明する時には一番盛り上がる話題を選びましょう。

それは「最も印象的だった仕事」です。自分が褒められた経験でも良いですし大きな賞を貰った経験でも構いません。

自分の中で一番インパクトのある出来事を思い出してみてください。それが伝えるべきキャリアに繋がります。

苦手な仕事やできない仕事

苦手な仕事やできない作業もきちんとリストアップしてみましょう。

無理して「何でもできます」「がんばります」という必要はありません。

むしろ無理をして転職先が決まったとしても、その後期待された働きができないのであれば転職は成功したとは言い難いのです。

まず苦手な仕事を自分でしっかりと認識し、どうしても無理ならその仕事は選択肢から外しましょう。

もちろんできない仕事があるからといって必要以上に落ち込むことはありません。

できないと思っていてもどのように克服すれば良いのか考えてみるのも良いでしょう。

仕事するうえで大切にしたいこと

外回りの女性

自分が何を大切にするのかも重要なポイントです。それは人との繋がりかもしれませんしミスをしないことかもしれません。

自分なりの仕事へのこだわりは転職の自己アピールに繋がります。

大切にしたいことを把握して面接でのアピールポイントにしましょう。

今まで感謝されたこと

喜び

仕事をしていて感謝されたことも思い出してみましょう。仕事をする上で採用担当者は他人との関わり方にも注目します。

他の社員と正常な関係を築くことができるのかを判断するために、他人からどのような評価を受けてきたのかを知りたいと考えるでしょう。

感謝されるということは他人からの良い評価を得たともいえます。

今まで感謝されたことを思い出して積極的にアピールしましょう。

志望理由も自問自答から導き出せる

ノート

志望理由はできるだけ具体的に書く必要がります。

自分の経験や企業に提供できるスキルがはっきりと分かっていれば、それを元に志望理由を導き出せるでしょう。

自問自答でしっかりと自分のスキルや経験を整理して志望理由に繋げていきます。

考えて終わりはNG!しっかり深堀りしよう

ガッツポーズ

自問自答で最も大切なことは答えて終わりにしないことです。

「何故そうなのか」「何故そう思うのか」という理由もきちんと考えましょう。

しっかりと深堀りして整理しておくと転職理由や志望動機に落とし込めます。

自分の中できちんと整理ができていることは面接などでも淀みなく話せるはずです。

自問自答するときの注意点

ポイント

自問自答をするのは面接対策のためだけではありません。

自分を掘り下げて理解することを第一に考えましょう。

面接の対策のためだけに答えを並べてしまうと、本当に自分が何を望んでいるのかがあやふやになりかねません。

結局面接でも上辺だけの話しかできなくなり、アピールするには弱い話題しか出てこなくなります。

自問自答をするときには自分の本当の望み願いを認識できるように注意しましょう。

まとめ

パソコン

自問自答を行うと自分の好きなことや将来のビジョン・仕事に対する姿勢などが明確になります。

さまざまな項目の答えが出揃ったら理由まで考えてみてください。自分を深く知ることで転職の理由や志望動機も浮かび上がってきます。

自問自答を行った後どのように活かせるか迷ったら転職エージェントに相談してみてください。

自分をよく知って転職を成功させましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!