転職活動中、ライフプラン・スキル・経歴・転職活動の経過・転職成功へのプレッシャーなどで自信がなくなってしまう人は多いです。

しかし、自信がない人でも転職準備のやり方や応募先企業の探し方次第で転職成功できます。

ポイントは自信をなくしてしまう考え方や行動をやめること、さらに自分に自信を持てるようになる根拠を見つけることです。

自分に自信を持てない人は多い

女性,悩み,自信がない

心のどこかで転職したいと思っていても「自分には無理」とあきらめてしまっている女性は多いです。

なぜなら、そうした女性はこれまでに携わった業務を「“普通の”事務職」「“普通の”営業職」と思っているからです。

つまり、今までの経験をありふれた“普通”の業務として過小評価しているため自分のスキルや職歴に自信がないのです。

そのため、転職したい気持ちとは裏腹に転職に踏み切れず才能を埋もれさせてしまっています。

自信がなくて転職に踏み切れない原因

自信がなくて転職に踏み切れないのであれば、まずは自信がない理由を掘り下げて分析してみましょう。

新生活への不安

家,室内,装飾

女性が転職できる自信がない理由としてまず挙げられるのが「転職にともなう生活の変化への不安」です。

多くの女性は転職を考える時、20~30代にかけて起こるかもしれない結婚や出産のこともあわせて検討します。

例えば、出産で休業が必要なタイミングと転職が重なった場合、ゼロからキャリアを積み上げている途中で現場を離れなければなりません。

それよりも、ある程度キャリアの蓄積がある現職に留まるメリットが転職に対して二の足を踏む原因となるのです。

つまり、ライフステージが大きく変わるタイミングで仕事・収入が不安定な状態を回避したいためと考えられます。

スキル不足

転職成功への自信が持てない理由の1つに「スキルが不足しているのではないか?」という不安を感じる方も多いです。

例えば、営業事務に携わる方であれば同じ事務職である経理事務や労務事務はゼロからの積み上げになると考える方が少なくありません。

同じ事務職であっても細かいカテゴリの違いでスキル不足・自信がない不安につながってしまっているのです。

特に、応募資格・条件が理由で検討リストから外してしまうことが多い人はスキル不足への不安が転職を阻んでいることも多くあります。

過去の経歴への不安

人,手,会社

自分に自信がない理由として自分の経歴のアピールポイントを見いだせないケースもよくあるものです。

例えば、実際に形として残らない業務に携わっていた人にその傾向が見られます。

特に20代女性の希望者が多い事務職は実績を明確な数字で示しにくいこともよくあります。

そのため、自分の経歴を“普通の”業務と勘違いしやすく自信のなさから上手にアピールできないことも多いです。

いざ転職に踏み切っても自信を持てない原因

自信がない状態から転職に踏み出したとしても、自信を持てないまま転職活動を続けてしまう人も少なくありません。

経験不足を意識しすぎている場合や面接が苦手な場合、不合格が続いた場合は特に要注意です。

面接への苦手意識

起業,スタートアップ,ノートブックス

転職活動をスタートしても面接に苦手意識を持ったまま臨んでしまい、なかなか転職成功に結び付かない人もいます。

特に下記のような自己認識を持っていると「面接=苦手」になりやすいので注意しみてください。

  • 「話をする」ことそのものが苦手
  • 用意ができていない質問に慌ててしまう
  • 会話の中にどうやってユーモアを交えればいいのかわからない
  • 緊張感がある状態にストレスを感じやすい
  • 初対面の人とコミュニケーションをとる経験があまりない
  • 人見知りぐせがある
  • 自分が試されていることをどうしても意識してしまう
  • 過去に緊張している状態で失敗してしまった経験がある
  • 面接のイメージトレーニングで失敗のイメージばかり浮かんでしまう など

特に面接は内定が取れるかどうかの最終選考ということもあり、どうしても緊張感があります。

ここを乗り越えないと転職成功に至るのは難しいので、面接への苦手意識は克服しておくのがベストです。

ポジティブに考えると面接に対する苦手意識を克服してしまえば一気に転職成功に近づくとも考えられます。

不合格のトラウマ

不合格,通知,転職

いざ転職活動をスタートしても中々結果が出ないと自信を喪失してしまうのは当然のことです。

特にスキルや経歴には自信があったにもかかわらず不合格が続いてしまうと、そのトラウマで自信がない状態に陥りやすくなります。

また、20代女性が挑戦しやすい求人は事務職や営業職といったオフィスワークが多いことも理由の1つです。

希望者数も多い職種のため業界や転職プランによっては複数の企業にアタックすることが前提となるケースも少なくありません。

スキル・職歴が十分であっても不合格が続いてしまうことは珍くありませんが、運悪く不合格が続いてしまい自信がなくなることもあります。

経験不足

ビジネスパーソン,コンサルティング,ビジネス

いざ転職に踏み切っても自信がない原因が経験不足からくることもあります。

例えば、その業務に携わっていた期間が短かった、あくまでもサブ的なポジショニングで業務に関わっていた、など。

自分がメインとなって携わっていたわけではない場合、アピールできるキャリアとしてピックアップしていいものか迷う方もいます。

特に希望の転職先が即戦力を求めている場合、どうしても経験不足を意識し自信がない状態に陥りやすくなります。

自信がなくても不安にならないで

女性,ひらめき,電球

スキル・経歴・ライフプランなど、様々な理由から転職できる自信がない・成功イメージが湧かない人は多くいます。

しかし、そこで不安を感じる必要はまったくありません。

実は、自分の考え方が少し変わるだけで自信がない状態から抜け出すことができます。

自信がない理由を確認できたら、自信喪失しやすい思考パターンの回避方法、克服につながる行動といった対策を実践してみましょう。

無料転職相談をして自信を持って働ける企業に転職しよう

自信を持って転職活動するためのポイント

転職,女性,自信

自信を持って転職活動をするポイントは2つあります。

失敗をイメージしやすい思考パターン・行動を遠ざけることと、成功イメージにつながる思考パターン・行動をとることです。

「自分はだめだ」と思いこまない

自信を持って転職活動をするためには、自信をなくしやすい思考パターンをやめるように意識してみましょう。

おすすめは、自分のスキルや経歴を減点方式で考えないようにすること。

実は、日本の学校や会社は多くが減点方式の評価方法をとっています。そのため、無意識で減点方式で考えてしまう方が多いです。

減点方式の思考パターンが浸透していると、自己評価も減点方式で考え「自分はだめだ」と思い込んでしまうことがあります。

例えば、自分の中で転職成功する理想的な人が100点だったとします。

減点方式の場合「理想的な人に比べて○○ができない=マイナス何点」と考えてしまい、自分の良いところに目を向けにくくなります。

まずは数をこなしてみる

女性,面接

転職活動はあれこれ計画を練っても1歩踏み出してみないと始まりません。応募しなければ採用もされないのです。

転職に自信がなくても経験を積むことで自信が出てくることもあり、自信が持てなくても少なくとも慣れはできます。

また、数をこなしてみることで転職に必要な改善点が見えてくることがあります。

特に事務職の正社員はそもそもの求人数が他職種に比べて少ないのでチャンスがあれば積極的なチャレンジをおすすめします。

成功者体験から自身の転職をイメージしよう

自信を持つために自分が理想とする働き方で成功している事例を探すのもおすすめです。

転職できる自信がない理由として自分のような働き方で成功している人が周囲にいないケースもあります。

理想的なロールモデルの有無は成功イメージのしやすさを考えている以上に大きく左右します。

ビジネス文書に時候のあいさつを挿入する時、テンプレートでどのようなパターンがあるかを見ると自然な文章になりやすいのと同じです。

部分的に似ているという事例の寄せ集めであってもその組み合わせで自分が成功しているイメージが湧き自信につなげやすくなります。

事例が多いほどイメージしやすくなりますので、できるだけたくさんの事例を集めてみましょう。

自信がない時は自己分析がおすすめ

マーク,マーカー,手

転職活動中、自信がない時は自信の根拠になる材料の鉱脈を自分の中から掘り起こしてみましょう。

自分を客観的に見つめ直そう

転職成功できる自信がない時は自分がどのような人材なのか客観的に見つめ直してみましょう。

客観的に自分を見ることができれば、スキル・経歴・市場からの評価に対する思い込みやフィルターを取り外すことができます。

実は、転職エージェントが自分に自信がない、という人と面談してみた時に自信のなさの根拠が漠然としていることも多くあります。

つまり、マイナス思考の思い込みで自信をなくしてしまっているケースは予想以上に良くあるパターンなのです。

自分に対するフィルターを取り外すために全くの他人になったつもりで自分のスキルや経歴をひたすら書き出してみてください。

キャリアの棚卸をしよう

女性,少女,人々

20代のうちに専門性が高い業務をやっていれば転職につながる市場価値を持った人材として十分アピールできます。

専門性がない職歴のために転職できる自信がない場合はキャリアの棚卸をしてみてください。

専門性というと資格が必要な仕事などのイメージですが、どのような仕事でも専門性は十分獲得できます。

例えば、一般的な事務職であればプロダクト部門とクライアントとの間に入って双方を取り持つ業務も良くあります。

つまり、プロのインターフェース役という職務経歴書で十分アピールできる専門性の高い業務に携わっていたという見方もできるのです。

また、採用活動で選考に携わっていた、関連資料作成をしていたなどもアピール材料として見逃せないスキル・経験と言えるでしょう。

専門性がない仕事はありません。

業務に対して改善意識を持って取り組んでいる=専門性を高めていると言えるのでアピールできる材料の鉱脈は必ずあります。

自己分析の結果をもとにしっかり準備しよう

自己分析で自信を持てる強みを見つけられたら、その強みが希望している企業のニーズに応えられるのかをチェックしてみてください。

あわせて、その企業が自分の転職理由を解決できるところなのであれば転職後に「転職してよかった」と思える確率が高まります。

企業のニーズと強みを照らし合わせる

ビル,ガラス,反射

まずは、自分の強みやアピールポイントと企業のニーズがマッチしているかを確認してみましょう。

採用担当者は応募者の年齢や経歴以上に「この人を採用して自社はどんな良いことがあるのか?」を気にしています。

つまり、応募者を採用するメリットを面接で見つけようとしているのです。

もし、自社のニーズにマッチしている人材なのであれば年齢や経歴のハードルはそこまで高くないこともあります。

自分が実現したいことができるか整理する

転職によって自分が何を実現したいのか・どうなったらうれしいのかを整理して、それが実現できる企業に応募してみましょう。

例えば「今よりも“働きやすい”職場に転職したい」と考えた時、「働きやすさ」とは何なのかについてもう少しだけ掘り下げてみてください。

働きやすさは人それぞれです。

好きな仕事を好きなだけできる働きやすさもありますし、残業が少なく公私のメリハリをつけやすい働きやすさもあります。

もし、好きな仕事を好きなだけできる職場がいいなら業務裁量の幅が広い求人への応募がおすすめです。

公私のメリハリをつけやすい職場を希望しているのなら残業時間やフレックスタイム制の採用、福利厚生をチェックしてみてください。

自分を過小評価しすぎないで!

女性,転職,挑戦

転職で大切なことは自分のスキルや経歴を過小評価しすぎないことです。

過小評価しすぎると転職に不利な理由は応募できる求人・理想的な求人を見逃す可能性があるからです。

企業は募集要項に記載しているスキル・経歴を持った人材を探していますが、どの程度のレベルを求めているかは企業ごとに違います。

例えば、ホームページ制作経験のある人材を募集しているA社とB社があったとします。

募集要項は同じような内容ですが、A社はワードプレスをある程度使えればOK、B社はサイト制作から運用まで、といった違いが出てくるのです。

他にも年齢や勤務条件など、似たような内容の募集であったとしても詳細に見ていくと企業ごとに理想の人材は違います。

募集要項の第1印象だけでスキルが及ばないかどうかを決めるのは判断が早すぎる印象です。

自信を持てない時は転職エージェントを利用するのもおすすめ

女性,エージェント,相談

自分に自信が持てない時は自信が持てない理由の把握や対策に取り組んでみましょう。

さらに、転職エージェントの利用もあわせて検討してみてください。

転職をすべて自分だけでやろうとすると1人でゼロから始めないといけません。初めての道を1人で歩くのはだれしも心細いものです。

そこで転職エージェントがサポートに入ることで転職計画にチームで取り組むことができます。

自信がない状態を克服するための客観的な視点も得られるので早い段階での苦手意識克服や自信回復にもつながります。

まとめ

握手,シェイクハンド,雲

企業は「自分が持っているスキルが御社にとってプラスになる」と自信を持ってアピールできる人材を求めています。

実力があっても自信がないためにアピールが不足してしまうと企業も採用を躊躇してしまいます。

自信のなさを克服しさえすれば転職成功できる可能性が高い人、転職先で活躍できる可能性がある人はたくさんいます。

自信がない理由を把握し克服する行動を意識しつつ転職エージェントを積極的に利用しながら転職活動に取り組んでみてください。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!