転職面接を受けていると多くの企業で聞かれるのが「10年後の自分はどうなっていますか?」という質問です。

応募者が行き詰まる質問の1つですが、それでは具体的にどのような答え方をすればいいのでしょうか?

面接官がこの質問をする理由から女性のキャリアプランなどを回答例とともに分析・解説して行きます。

自分の将来を真剣に考えているからこその質問なので逃げずにしっかり考えていきましょう。

採用担当者が「10年後」を聞く理由

採用担当者が5年後や10年後といったキャリアプランを聞く理由は果たして何なのでしょうか?

まず質問の意図を明確にしなければ回答は出せないので具体的に掘り下げます。

企業との相性を知りたいから

相性

企業が1番重視しているのが応募者と企業の社風との相性マッチングなのです。

きちんと自社のカラーに馴染んで共通の目標を目指すことができるかを見ています。

実は多くの応募者がこの「企業が求めるもの」の視点を欠いた10年後を答えがちです。

企業理念と転職者の目標が大筋の部分で合致しなければそこで大きなズレを生んでしまいます。

どんなに高い目標を掲げても企業理念への理解を欠くと独り善がりな目標となるのです。

まず企業理念や事業への理解があった上での目標をしっかり立てなければなりません。

企業研究ができているか見たいから

研究

企業理念への共感と同じくらい大切なのが徹底した企業研究です。

その企業が主にどんな事業に取り組んでいるのかや業界内の位置付けをしっかり理解する必要があります。

そしてその企業が将来どのような方向に進むのかまできちんと見ることが大事なのです。

徹底した企業研究・分析ができて初めて10年後のイメージに具体性と深みが生まれます。

企業の目指す10年後応募者の思い描く10年後がしっかり重なっていることは大事です。

面接前にしっかりとした企業研究を行い言語化して説明できるようにしておきましょう。

本人の意欲や向上心を見たいから

意欲

そして何よりも企業は応募者の成長意欲や向上心を見たいからこの質問をぶつけるのです。

上記の2つ以上に大切なのが応募者のモチベーション・マインドといった部分でしょう。

どんなに高い目標を持っていてもそれを本気で叶えたいと思えなければ到達はできません。

またその目標を諦めずに達成する精神力や体力・熱量があるかもしっかり判断しています。

そこに到達できないと企業側が判断したら、その時点で応募者は不合格となってしまうのです。

会社に依存するのではなく自主性を持って前向きに取り組む姿勢こそがこの質問の肝です。

キャリアプランを考えてみよう

キャリアプラン

5年後・10年後を考えていく上で1番大事なことは「キャリアプラン」を考えることです。

明確なゴールを設定し、そこから逆算して大まかな戦略を立てましょう。

登山に例えるなら、富士山を登るのかエベレストを登るのかで登山のプランはまるで異なります。

ビジネスも同様にどの目標を達成するのかによって働き方や必要なスキルが違ってくるのです。

多くの応募者が自分の将来を聞かれた時に失敗するのはこの辺りの見通しが甘いからに他なりません。

どんなに優れたスキルや実績があっても、それは大局的な戦略が充実していればこそです。

戦略(=キャリアプラン)があっての戦術(=スキル・実績)であることを忘れないでください。

「10年後の自分」の考え方

それでは具体的な「10年後の自分」の考え方・回答の作り方について解説します。

キャリアプランを考えている人は是非参考にしてください。

転職理由を軸に考えてみる

転職

まずは志望動機=転職理由を軸として足元から考えてみることが大切です。

いきなり大きな目標を掲げても足元が疎かになっていたら意味がありません。

前職を辞めてまで他の会社・企業へ応募するからには何か強烈な動機が背後にあるはずです。

10年後の自分がゴールだとするのなら転職理由はスタートになります。

スタートとゴールをしっかり設計することによってキャリアパスも考えやすくなるでしょう。

まずは1年後・3年後の姿を想像する

近い目標

スタートとゴールが定まったら次は1年後・3年後という風に近い将来の目標を決めます。

スタートからゴールまでたどり着く上でどのような道筋を辿るのかを明確にしましょう。

近い目標を1つずつクリアしていくことによってしか目標を達成する方法はありません。

登山だっていきなり頂上を目指すのではなく1合目・3合目を目指すところから始まります。

卑近なところに落とし込んで徐々にゴールへ近づけていくようにしてください。

イメージできない時はこう考えよう

転職者の中には上記の方法でイメージできないという方もいるのではないでしょうか。

そんな方のために10年後の自分を考えるための別ルートを紹介します。

自分の長所をどう活かせるか?

長所

まず自分の長所や得意分野を入社後にどう活かせるのか?ということです。

前職でのスキル・実績がある方や長所が明確な方にはこの考え方が向いています。

そこから考えていくことでキャリアプランがイメージできることもあるのです。

自分の長所や強みと全くかけ離れているプランだと実現可能なものと思えないでしょう。

専門職スペシャリストの場合はこの考え方によって具体的なプランを作成できます。

自分の個性を活かす方が楽しく仕事ができるので達成率も俄然上がるのです。

仕事とどのように向き合うつもりか?

向き合う

そして2つ目に仕事に対してどんな姿勢で向き合うのかというマインドの部分です。

明確な長所やスキルがない場合は取り組み方や意欲から考えてみるのもありでしょう。

たとえば前のめりに動くのか冷静沈着に俯瞰した立場で動くのかで働き方が異なります。

また平社員の中でエースになるのか管理職を目指すのかでもだいぶ違うでしょう。

仕事に対する取り組み方1つで働き方やつくポジションの方向性が異なります。

そして最終的には到達するゴールすらも大きく変わってくるのです。

女性のキャリアプランの考え方

以上を踏まえて、今度は女性のキャリアプランの考え方を解説しましょう。

女性転職者の場合どのようにして回答を作ればいいのでしょうか?

まずは最終目標を決めておこう

最終目標

何度か述べてきたように、まずは最終目標を決めておいてください。

どのゴールを目指すかによってキャリアパスは異なります。

その最終目標の決め方としては以下の要素が挙げられるでしょう。

  • 最終目標が企業理念や事業内容とマッチしている
  • 最終目標が転職者の努力によって実現可能である
  • 最終目標並びにその達成までの道筋が具体的である

特にここで注目すべきは2つ目の最終目標が実現可能なものかどうかです。

例えば「社長になる」「昇進して管理職に就く」などは実現可能なものとはいえません。

役職に関することは女性転職者の努力ではなく会社の総合的な判断で決まることです。

また、具体性を持たせるために数字を掲げると目標が可視化され伝わりやすくなります。

結婚・出産などのライフイベントも視野に入れておこう

結婚

女性転職者の場合、選択肢の1つとして結婚・出産などのライフイベントもあるでしょう。

男性の場合は結婚があっても仕事は継続可能ですが、女性は寿退社もあり得ます。

面接官によっては「結婚は考えていますか?」と聞く方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そうした人生を左右するライフイベントも視野に入れたキャリアプランを考えてください。

今の時代は結婚・出産後も女性が働ける配慮をなさっている企業も増えています。

その辺りも踏まえたプランを提示できるとより採用率は上がるでしょう。

 

無料転職相談をして憧れの企業に転職しよう

 

「10年後の自分」への答え方のコツ

以上を踏まえ、改めて「10年後の答え方」へのコツを解説します。

お浚いも兼ねて何が大切なのかをここでしっかりつかんでください。

必ず具体的に伝える

詳細

何度も繰り返し述べましたが、とにかく「具体的に」伝えるということです。

最終目標とそこに至るまでの道筋といった大まかなガイドラインを設定しましょう。

この際に会社の事業内容や募集職種に絡んだ目標であれば更に高評価へつながります。

応募者だけではなく面接官にもまた道筋が明確に見えるよう示してください。

入社後その企業で働くイメージを双方が持つことが可能になるのではないでしょうか。

達成のために取り組んでいることも伝える

努力

そして2つ目に目標実現に向けて取り組んでいることもまた伝えましょう。

それは資格取得でも良いですし業界研究などでも十分に効果的なアピールとなります。

ここで躓いてしまうと、面接官からは口だけで行動しない人間だと評価されてしまうのです。

もしくは自分の成長を会社に依存している人だという印象を与えてしまいます。

10年後に成し遂げたい目標を形にするのはあくまでも転職者の意思と行動です。

目標に向かってしっかり努力ができる人を会社は信頼し仕事を任せます。

すなわち人間性もまたこの質問によって見られていることを意識してください。

「10年後の自分」を聞かれた時の回答例

上記してきたポイントを踏まえて実際に「10年後の自分」の回答例を紹介します。

3種類の答え方を用意しますので皆さんも参考にしてみてください。

結婚・出産を踏まえた例文

多様な働き方

「10年後には業務の効率化を社内全体で実現し、より働きやすい環境を提供するのが目標です。

現職では事務職として業務の効率化に注力し3時間かかる仕事を10分でこなせるプログラムを作成しました。

また結婚・出産で出勤できない方のためにテレワーク・在宅勤務といった形態も導入しています。

これらのシステムによって様々な方々に快適に働く環境を作り上げ業績アップも実現できました。

御社のホームページにも業務の効率化や多様な勤務形態の実現を目指しているとあります。

現職で得た経験を御社でも活かしてより良い環境を実現するべく精進いたします。」

業務の効率化と多様な働き方に焦点を当てた実現可能な目標という形の例文です。

ライフイベントがある方への配慮と同時に社内全体へ利益をもたらす提案をしています。

営業職の例文

営業

「10年後の目標は「あなたのような方とお仕事がしたい」と信頼されるビジネスパーソンになることです。

現職の営業では常にお客様に寄り添った提案を行い、どんな些細な疑問も逃さず真摯に向き合ってきました。

その結果会社全体の売上も3割上がり、更に多くの方からの受注依頼を頂くまでになっています。

この成功体験を御社でも活かして常にお客様に寄り添った真摯な営業をしていく所存です。

そして御社を盛り上げリードしていく人材へと成長することを心がけております。」

営業職での成功体験を基に入社後も盛り上げる人材になる決意を明示しています。

また業績や売上を数値化することで面接官にもイメージしやすいよくできた例文です。

異職種への例文

違う仕事

「私は10年後御社の人材育成に貢献し、より素敵な人材に溢れた魅力的な会社にしていきたいです。

現職で事務職を行う中で私は多くの人に助けて頂きここまで勤めることができました。

その中で私は「本当に大切なのは「」なのではないか?」と思い始めたのです。

その思いが今回御社の理念や事業内容にある「人を大切にする」と一致しました。

現在人材育成を勉強しており、御社の仕事でそれを実現する形で貢献します。

まだ知らないことばかりですのでご指導・ご鞭撻をよろしくお願いします。」

事務職から人事担当への転職のきっかけを明確に述べた例文です。

目標達成の為に現段階で頑張っていることも絡めており伝わりやすい表現になっています。

こんな回答は避けよう

失敗

ここまでは「どのような回答をすればいいのか?」という成功例を紹介してきましたが、当然失敗例もあります。

具体的には以下のような目標が面接で忌避されるでしょう。

  • 企業と全く関連性のない独善的な目標
  • 志望する企業でなくても達成可能な目標
  • 会社の事業を通過点・踏み台としか見ていない目標

大体この3パターンに大別されますが、共通するのは企業への配慮を欠いた独善的な目標であることです。

繰り返し強調しますが、仕事はあくまでお客様や社内の人間関係を重視しながら行います。

決して慈善事業でもないしお金儲けでもないことを心がけておかなければなりません。

主観的な表現は面接官に好ましくない印象を与えてしまいますので注意しましょう。

「伝える」と「伝わる」は違うものであり、「伝わる」表現を心がけてください。

面接の不安は転職エージェントに相談しよう

コンサルタント

もし、ここまで解説してきて尚不安な場合は転職エージェントに相談してみてください。

様々な応募者を見ている百戦錬磨のプロなので様々なアドバイスが得られるでしょう。

10年後の目標が決まらない方も相談する中でもしかしたら思いが出てくるかもしれません。

自分1人では分からないこともエージェントとの話し合いで具体化することがあります。

その為にもまず思っていることは洗いざらい書き出して言語化してみるといいでしょう。

最初の1歩を踏み出すことができれば、少しずつでも理想に向かって近づいていきます。

まとめ

達成

いかがでしたでしょうか?

10年後の目標という質問はそれだけでも女性転職者にとって大きな壁に感じられるかもしれません。

しかし、質問の意図や答え方のアプローチが分かればそんなに難しくないものだといえます。

面接官もあくまで人間なので決して完璧な回答が出来るなどとは思っていないでしょう。

大事なのはその目標が大筋の部分で企業理念事業内容との一致を見ているかどうかです。

そして自分でしっかり目標設定を行い、そこに向けた意欲や向上心が見えるかどうかにかかっています。

本稿が少しでも10年後の目標を立てる際の参考になれば幸いです。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!