転職面接を受ける時に志望動機・自己PRと並んで聞かれるのが「趣味特技」に関する質問です。

果たして面接官はどのような意図で趣味・特技を女性の転職者に聞くのでしょうか?

今回は転職面接における趣味の答え方をその回答例とともに解説いたします。

女性らしさをアピールするポイントなども合わせて紹介しますので是非ご覧ください。

転職面接で趣味を聞く理由

採用担当者は女性転職者へ趣味の質問をなぜわざわざ行うのでしょうか?

意外と分かっていそうで分からないこの部分を改めて解説いたします。

人柄を知りたいから

知りたい

まずは応募者がどのような人柄なのかを知りたいからです。

志望動機や自己PRだけでは転職者の素の部分、つまり「」の部分までは分かりません。

面接の段階では面接官も応募者も「」として作り込んだ状態で面接に臨みます。

だから実際にどのような人柄なのかは一緒に仕事をしてみて初めて分かることです。

応募者の人柄を垣間見る1つの判断材料として趣味を聞いています。

履歴書で書かれているだけでは分からない内面を掘り下げて知りたいのです。

適性を知りたいから

相性

2つ目に応募者の趣味を知ることで会社の社風や事業内容に合うかどうかという適性を見ています。

その趣味がアウトドアなものかインドアなものかは企業によってまるで評価が異なるのです。

例えば運動・旅行が趣味でも会社の求める人材や仕事内容と合わないとマッチング率は低くなります。

逆に読書や音楽・美術鑑賞などでも自分の世界をしっかり持った個性的な人と高く評価する企業もあるのです。

どの趣味が良いか悪いかではなくその趣味が面接官を始め会社の求める人材に適しているかを慎重に見ています。

コミュニケーション能力を知りたいから

説明

3つ目にその趣味に関して転職者が論理的かつ具体的な説明が出来るかというコミュニケーション能力を見ています。

仕事は決して1人で行うものではなく他者と強調し円滑なコミュニケーションで進めていくものです。

面接官は転職者の趣味の内容や発言自体にはさほど興味がありません。

数多くの応募者を見ていればある程度統計によってパターン化・データ化されるからです。

それよりも転職者が自身の趣味を自分の言葉で分かりやすく言語化できるかというアウトプット能力を見られています。

なおかつ面接官の興味を引くような話し方ができるかどうかもチェックされているのです。

モチベーションを知りたい

志望動機とも関連しますが、面接官はその趣味にどれだけのモチベーションがあるかを知りたいのです。

趣味と一言でいっても惰性で趣味に興じているのか前のめりに全力で取り組んでいるのかで印象は変わります。

つまり自分が好きなものに対してどこまで本気で取り組むことができるかを見ているのです。

趣味でも仕事でも何かに向かって本気で打ち込むことができる人は採用担当者としても欲しくなるでしょう。

逆に自分が好きなことを中途半端に終わらせる人は仕事もいい加減な人であるという印象を与えます。

趣味に対するモチベーションから逆算的に仕事に対する取り組み・姿勢が伺えるのです。

本題前のアイスブレイク

雑談

そして5つ目に本題に入る前のアイスブレイクというか閑話休題として挟む意図があるのです。

お互いにしっかり準備しての面接とはいえ、ずっと緊張状態で話すとお互いの素が見えにくくなります。

そこで仕事を離れたプライベートな話題を持ち込むことでリラックスさせるという目的があるのです。

何事もペース配分と緩急のつけ方が大事であり、面接においてもそれは同じではないでしょうか。

趣味や特技に関するやり取りがあるからこそ本題に入る時に真剣味が増すのです。

応募者も面接官も自分の好きなことを話し合うのはそれだけで楽しいものでしょう。

そうした本筋からやや外れたところがあることで本筋がより生きるという構造です。

好印象を与える趣味とは?

さて、それでは転職面接においてどのような趣味をアピールすると良いのでしょうか?

ここでは面接官に好印象を与える趣味について具体的に解説します。

スキル獲得につながる趣味

スキル

仕事のスキルと直結している趣味は面接官としても採用したくなるでしょう。

例えば映像関係の仕事であれば写真や動画撮影・編集の趣味は仕事にも直結します。

またプログラミングなどPC関係のスキルを私生活で持っておくとIT業界で有利に働くでしょう。

このように応募者の好きや趣味も極めることで立派なプロの仕事になることもあるのです。

今の時代は特に「好きを仕事にする」ことに対して理解を示す企業も増えています。

このように入社後のスキルとして即戦力で活かせる趣味は面接官にとって好印象です。

深く語ることができる趣味

語る

2つ目に転職者自身の造詣が深く具体的に語れる趣味もまた良い印象を与えます。

これは読書や映画・音楽鑑賞など作品という形で残る具体的な趣味に顕著です。

読書であればどういうジャンルの本を読んでいるのか、月何冊読んでいるのかなどは語れるでしょう。

映画や音楽に関しても同じで特に好きなジャンルの好きな作品を説明できるようにしてください。

自分の実体験を元に趣味を分かりやすく説明できると、それだけで採用担当者の印象に残ります。

実体験を通して語られる言葉ほど説得力のある言葉はありません。

面接で伝える趣味の選び方

趣味

転職者がどのような趣味を語るのかは自由ですが、当然ながら許容範囲はあります。

どのような趣味が好まれるのかを具体的に挙げてみましょう。

  • 読書(知的で教養のある人だという印象を与える)
  • 映画・音楽鑑賞(独自の感性をしっかり持っている人という印象を与える)
  • 運動・スポーツ(体力があって活発な人という印象を与える)
  • 旅行・ボランティア(社交的な人という印象を与える)

これらの趣味は面接で伝えても全く問題のない趣味ではないでしょうか。

もしくは上記したような仕事のスキルに直結する趣味でも通用します。

大事なことはその趣味が企業の求めるものと一致するかどうかです。

マイナスイメージを持たれがちな趣味とは

ギャンブル

趣味の中にはマイナスイメージを受けられがちなものもありますので注意しましょう。

具体的には以下のものが挙げられます。

  • 投機全般(競馬・競輪・パチンコ・麻雀など)
  • 不健康なもの(喫煙・飲酒など)
  • 業界外で偏見を持たれがちなもの(アニメ・SNS・ゲーム)

上記で挙げたものは程度の差はあれど、面接官からの印象は好ましくありません。

3つ目のアニメ・SNS・ゲームなども関連業界や企業を除けば差別・偏見の目で見られます。

これらの趣味は入社後親しくなってから打ち明ける形でも問題はないでしょう。

しかし、まだ深くまでお互いの人間性を知らない面接の段階で話すべきではありません。

常に「企業の面接官がどういう印象を抱くのか?」を意識して話すことが大切です。
 
無料転職相談をして憧れの企業に転職しよう
 

趣味がなくても焦らないで

応募者の中には趣味らしい趣味がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここではそんな女性転職者のためにおすすめの対処法をお伝えします。

日常生活を振り返ってみよう

料理

まず日常生活で習慣としてやっていることで、趣味になるものがないか考えてみてください。

例えば家事の中でも料理掃除に関しては日常の習慣とすることで趣味として語ることができます。

また筋力トレーニングやインテリア・写真なども日頃行うことで十分趣味・特技といえるのです。

直接仕事の役に立たなくとも会社の行事やイベントなどで役立つこともあるかもしれません。

女性らしい趣味としては美容・健康関連もまた立派な趣味として語ることができます。

自分の体調管理に気を遣うことができる立派な女性であると評価されるでしょう。

身近な人にも相談してみよう

相談

自分で思い当たる趣味がない人は身近な人に聞いてみるのも1つの手段です。

もしかしたら自分よりも友達や親兄弟など身内の方が趣味を理解しているかもしれません。

中には転職者が当たり前と思っていることが他者にとってみれば趣味として映ることもあります。

転職者が思う自分他者から見た自分には大きなギャップや隔たりがあるものです。

自分を冷静に俯瞰して見るためにも他者からの意見を参考にしてみましょう。

もしかすると新しい自分を発見し転職面接突破の糸口になるかもしれません。

面接で趣味を聞かれた時の答え方

上記を踏まえ、面接で趣味を聞かれた時の答え方を具体的に解説します。

主に以下の2つのポイントを意識しながら回答するようにしてください。

自己PR・強みのアピールにつなげる

仕事

好きな趣味が仕事でどのようにつながるかをアピールしましょう。

例えば読書が好きな場合は好きな著書名を挙げ、更に内容をしっかり言及してください。

その上でそこから得た内容を仕事にどう活かして成果を挙げたのかも語りましょう。

そこまでしっかりつなげることが出来て初めてきちんとしたアピールポイントになるのです。

映画鑑賞でもその作品からビジネス仕事に大きく活かすことができるものはあります。

常にその趣味が企業の求める事業内容や自分の強みとどうつながるかを意識することが大切です。

その視点が欠落してしまうと単に趣味を自慢しているだけに映りかねません。

きっかけなど背景は掘り下げておく

バックグラウンド

2つ目に、何がきっかけでその趣味を持つに至ったのかという背景は掘り下げておきましょう。

その趣味について語ると「なぜその趣味を好きになったの?」と聞かれることもあります。

そこで臆せず自信を持って答えられるよう事前に言語化しておいてください。

ここで返答に詰まったりしてしまうと自分の趣味をきちんと説明できない人という印象を与えます。

また想定外の質問や事態が来た時に臨機応変な対応ができない人とも取られかねません。

もちろん聞かれたら答える程度でも構いませんが、予想される質問への答えは準備しておいてください。

面接で趣味を聞かれた時の回答例文

それでは転職面接で趣味を聞かれた時の具体的な回答例文を紹介いたします。

映画鑑賞の例文

映画

「1人で映画を見ることが好きであり、中でも「○○」という作品が特に好きです。

この作品ではストーリーを通じて現代に生きる我々に力強く生きる大切さを訴えています。

その力強さは私の人生に大きな影響を与えどんなことにも真剣に取り組む姿勢を教えてくれました。

この作品があったからこそ仕事とは人生であるという考えを持つに至ったのです。

その姿勢を御社の事業にも活かし貢献いたします。」

映画鑑賞からでも仕事や人生に通じるエッセンスを得たという例文です。

具体的な作品を挙げ、更に仕事に繋げて会社の事業に貢献する姿勢も示しています。

スポーツの例文

空手

「小学生のころから空手を習い続けて、高校生では大会で優勝した経験もございます。

その中で特に得たのは誰に対しても礼儀正しく接するということでした。

武道を通して礼儀正しさは仕事でも常に相手を思いやる心として発揮されています。

入社後もその思いをしっかり持ってどの方にも優しく礼儀正しく接していく所存です。」

空手を例に挙げましたが、スポーツの場合は大会での実績を挙げるとより分かりやすいでしょう。

ここでは礼儀正しさというマインドに焦点を当てて仕事にどう活かされるかを述べています。

更に入社後のことにまで想定して回答しているので、志望度の高さも伺えるのではないでしょうか。

プログラミングの例文

プログラミング

「学生時代に受けた情報処理の授業でプログラミングに興味を持ちました。

そこからプログラミングに関する知識を学び専用のツールを作っています。

そこで得たスキルは前職でも大いに役立ち大きな実績を残すことが出来ました。

御社の仕事でもそのスキルは十二分に活かされると考えております。」

仕事に活かせる趣味の例としてプログラミングスキルを挙げてみました。

前職と同じ職種や業界を目指す場合は趣味も一貫性をもって答えられます。

実績にも言及しているので面接官にもストレートに伝わる表現でしょう。

趣味を答える時の注意点

上記の例文も踏まえて趣味を答える時の注意点について解説します。

夢中になりすぎないようにしよう

趣味となると自身の好きなことなので長々と語りがちですが、夢中になりすぎないようにしましょう。

友達同士の会話であればともかくあくまでも転職の面接なので冷静に説明してください。

面接官にとって趣味・特技はあくまでも本題に入る前の箸休めに過ぎません。

その辺りのさじ加減をしっかり調整し短い時間でシンプルにまとめましょう。

ありのままを伝えよう

真実

面接官に好印象を持たれたいからといって虚偽の趣味を語ってはいけません。

あくまでも転職者自身が普段の趣味を仕事に絡めつつありのままに話してください。

趣味を通して知りたいのは人柄や適性・説明力であって趣味の内容そのものではないのです。

また面接官が同じ趣味を持っていた場合深い質疑応答で簡単に崩れることもあります。

誇張や嘘の趣味を語ってしまうのは決してしてはならないことです。

面接対策で困った時は転職エージェントに相談を!

転職エージェント

ここまでで趣味を聞く意図からその対処法まで細かく説明してきました。

しかし、ここまで読んでもいざ実践する段階になると不安な方もいらっしゃるでしょう。

理屈を知ったからといっていざ実践できるかどうかはまた別問題です。

もし面接対策で困ったときは是非転職エージェントに相談してみてください。

プロの見地から具体的かつ実践的なアドバイスをたくさん頂けますよ。

まとめ

趣味

いかがでしたか?

趣味・特技は一見簡単そうでありながら実は意外と答えるのが難しい項目です。

しかし、面接官が聞く意図を理解し仕事と関連させれば回答を作ることが出来ます。

あとはその趣味が会社の求めるものと合うかどうかという相性の問題です。

是非とも個性あふれる回答を作って理想の転職活動としてください。

本記事が少しでも転職面接の参考になれば幸いです。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!