転職活動を行っていると様々な面接がありますが、その中には雑談形式の面接があります。

いわゆる「雑談面接」ですが、通常よりもリラックスした雰囲気での面接が可能です。

今回はそんな雑談面接の受け答えのポイントについて解説していきましょう。

女性向け転職の合格につながる方法なども合わせてご紹介しますので参考にしてください。

雑談面接って?

雑談形式

雑談面接とは言葉通りざっくばらんな日常会話の形式で進めていく形式の面接です。

従来のマニュアルに沿った個人面接とは違い面接官がくだけた雰囲気で着席を勧めます。

そのため転職者も戸惑ってしまうことが少なからずあるのではないでしょうか。

なぜ雑談面接を行うのかというと、従来の個人面接より応募者の人間性を深く知ることができるからです。

その為自己PRや志望動機・強み弱みといったありがちな質問はあまり聞かれないでしょう。

しかし雑談形式といえど面接は面接であり、リラックスできるからと甘く見てはいけません。

あくまでも面接官と応募者であるという意識をしっかり持って事前準備を行い本番に臨んでください。

雑談面接ではこんな質問をされる

それでは雑談面接でどのような質問や話題がなされるのか具体的に解説します。

転職者の方は是非以下の質問内容とその意図を参考にしてみてください。

会場までの移動手段

移動手段

まず聞かれる質問の1つ目が会場までの移動手段でしょう。

ここでのポイントは単に移動手段を答えるだけではなくその具体的な時間と経路を説明することです。

例えば電車やバスを用いても何分くらいかけてどのルートから来たのかで内容は異なります。

また、交通費や所要時間などから転職者の問題処理能力や通勤手段も伺い知ることができるのです。

仕事においては常に想定外が発生しうることから臨機応変な対応力を求められます。

ここで移動手段を答えるだけでは面接官にそういう対応力のない人だと評価されるのです。

移動手段に関してはきちんと説明できるように事前の準備をしておきましょう。

ストレス解消法

ストレス解消

「ストレスが溜まった場合はどう対処していますか?」という形で聞かれることがあります。

この質問の意図はストレスへの対処法は勿論私生活も含んだ自己管理能力を確かめることです。

通常の面接での「休みの日は何をしていますか?」という質問を形を変えて聞いています。

ここでストレスへの対処法・解消法を示すことできちんと自己管理能力がある人だと示されるのです。

逆によろしくない回答のパターンは「我慢する」とかただ漫然と休日を過ごしているという回答でしょう。

仕事とプライベートでメリハリをつけられず生産性のある仕事ができない人と判断されてしまいます。

そうならないように普段からストレス解消法を作って習慣づけておきましょう。

志望度の高さ

志望度

「就活大変ではないですか?」「ここ第1志望ではないでしょ?」という形で志望度を聞かれます。

志望動機を聞く質問ですが、正直に「大変です」「第1志望ではありません」と答えてはいけません。

ここで大事なのは入社後にきちんと意欲熱意をもって働くことができるかどうかです。

会社の志望度に優劣をつけずその会社のどこに魅力を感じたのかを論理的に説明してください。

その企業独自の強みに踏み込んだ回答を行うと、面接官に好印象を持っていただくことができます。

回答次第で面接官に入社後一緒に働きたいと思わせることが何よりも大切です。

面接官が気にしているポイントとは

雑談面接で企業の面接官は一体どこを気にしながら面接を行うのでしょうか?

ここでは採用担当者側の意図・思惑について解説します。

すぐに辞めないか

辞める

面接官が1番重視して見ているのは転職者がすぐに会社を辞めないかどうかということです。

一般的な形式の個人面接ではお互いにしっかり準備を行った上で面接を行います。

その為転職者の内面や潜在意識を深くまで知ることは難しいのです。

その点雑談面接では回答や会話の発言などから転職者の潜在意識を知ることができます。

リラックスした空気での発言にこそ転職者の内面の人間性が現れるものです。

社内の人との相性

相性

2つ目に雑談面接で重視されているのはコミュニケーション能力です。

つまり面接官のみならず社内の他の人ともきちんと会話できるかどうかを見られています。

「どんな仕事をするのか?」以上に「誰と仕事をするのか?」がとても大事だということです。

どんなにやり甲斐がある仕事で転職者にやる気があっても社内の人との相性は別問題としてあります。

だからこそ雑談という形を取りながらも慎重に社内の人との相性を見極めるのです。

気を抜いていないか

気をぬく

3つ目に雑談面接だからといって気を抜いていないかどうかを見られています。

対面の個人面接と違いリラックスした雰囲気で受けられる為緊張がなくなりがちです。

しかしそれこそが雑談面接の罠であり、雑談だからと気を抜いてはいけません。

あくまでも相手は面接官であって転職者の身内でも友達でもないのです。

少なくとも内定を頂いて入社して打ち解けるまでは一定の緊張感は持ちましょう。

あくまでも「面接して頂いている」という謙虚さと誠実さをもって臨んでください。

雑談を利用して自己PRしよう

上記を踏まえ、雑談を利用して自己PRする方法をご紹介します。

雑談の会話そのものにアピール力を求められる

訴える

まず雑談の会話の中にどれだけのアピール力があるかが求められています。

さり気ない会話や発言も隅々に至るまで細かくチェックされているのです。

そういう意味では従来の個人面接よりもハードルが高いといえるでしょう。

ここで大事なのは面接官が思わず反応したくなるような話題を自然に振ることです。

そうすることで応募者が人を惹きつける話し方やアピールができる人だと評価されます。

雑談から自己PRにつなげる

雑談面接はリラックスした会話のやり取りなので話が散漫になることも少なくありません。

従来の面接に比べて話が違う方向に飛躍しがちですが、自己PRはしっかり行いましょう。

話題が変わるからといって面接官に合わせるだけでは自分の魅力を伝えることはできません。

わざとらしくない形で自然に自己PRへとつなげていく意識を忘れないでください。

これは入社後の営業や商談などにも通じるコミュニケーション能力として評価されます。

時間は限られているので、多少しつこくてもアピールすべき部分はしっかり強調しましょう。
 
無料転職相談をして憧れの企業に転職しよう
 

信頼してもらえるような話し方をしよう

雑談面接において大事なことが信頼してもらえる話し方にあることがご理解頂けたことでしょう。

ここでは雑談面接で採用担当者に信頼してもらえる話し方について解説します。

雑談の空気を読んでストレートに話さない

やり取り

1つ目に雑談の空気を読みながら適切な回答を行うことです。

雑談面接は転職者の素を見ることが目的ですが、本当の素を見せていいわけではありません。

ストレートに本音を話さずオブラートに包みながら丁寧な会話を行ってください。

上記したように、雑談といえど「面接」であって面接官は友達ではないのです。

面接官や会社をしっかり立てつつその場の空気や雰囲気に応じた回答をしましょう。

そうすることで面接官にも好感を持っていただけるのではないでしょうか。

状況判断が的確にできる人であることをアピール

状況判断

上記した3つの質問以外にも転職者の予想しない質問を聞かれることがあります。

そんな時に慌てず冷静沈着な返答ができるかどうかも見られているのです。

たとえ分からない話題であっても興味を持ち素直に聞くことができるかも評価されています。

そうした状況判断報連相がしっかりできる人だという認識を持ってもらえる返答を行いましょう。

また論理的かつ具体的な説明を行うことでも状況判断力に優れた人と評価してもらえます。

とにかく大事なのはその場に応じた最適な言動ができるかどうかです。

何気ないやり取りで何を見られている?

雑談面接ではさり気ない会話のやり取りが中心ですが、一体面接官は何を見ているのでしょうか?

上記で説明してきたことを踏まえ、改めてそのポイントを解説します。

面接官は応募者の人間性を見ている

人間性

雑談面接において面接官は応募者の人間性をより深く知って見極めようとしているのです。

それがベテランの面接官であればある程さりげない会話から人間性を見逃さず評価しています。

発言内容も大事ですが、それ以上に大事なのは話し方や間・テンポといったところです。

要するに採用担当者ときちんとした会話のキャッチボールができるかどうかを見られています。

ごく普通の会話でも受け流さずに的確な返しができれば面接官からは高く評価されるのです。

時には身振り手振りを交えながら話すとより効果的に応募者の人間性が伝わるでしょう。

会社に貢献できるポイントを自然にアピールしよう

アピール

そして2つ目に会社に貢献できるポイントのアピールが嫌味にならない形でできるかどうかです。

ここで大事なことはあくまでもごく自然にわざとらしくなく行うことにあります。

話の流れに関係なくいきなり自分の強みや長所を話しても話の流れを阻害し空気を悪くするだけです。

さりげないやり取りでもごく自然にその流れに持っていけるように段取りを組みましょう。

会社の求める人材を事前に調べておいて、強みをアピールできる流れに持っていければ完璧です。

面接官がする質問の意図をしっかり把握してアピールのチャンスが来たら逃さず掴んでください。

そうすることで採用率は大きく変化することでしょう。

メンタルの強さもアピールしよう

雑談面接ではメンタルの強さをアピールできるかどうかもまた注意深く見られています。

ここではメンタルの強さをアピールする意味を解説します。

メンタルの強さを重視する企業は多い

メンタル

従来の個人面接ではなかなか図ることができないのがメンタルの強さです。

メンタル面の強さは最終的に転職者の潜在意識という見えないところにあります。

上記したストレス解消法を面接で聞くのも自己管理能力と同時にメンタルの強さを図る為です。

近年は特に長続きせずすぐに辞めてしまう新入社員のメンタルの弱さが問題になっています。

転職であれば尚更「この応募者は長く働けるのだろうか?」をしっかりと見ているのです。

そのため自己管理能力も含め仕事を長く続けられるメンタル面の強さを示しましょう。

仕事のストレスをしっかり解消し気持ちを上手に切り替えることができるのもまた強さです。

ミスしても自分でカバーできると好印象!

ミス

雑談面接でもコミュニケーションが苦手な転職者も少なからずいらっしゃることでしょう。

コミュニケーション能力はもちろん大事ですが、それ以上に人柄の良さが大切です。

雑談形式であっても緊張のあまり上手く話せず空回りしてミスをすることもあるかもしれません。

コミュニケーションが苦手というのは一見マイナスイメージで捉えられる要素です。

しかし、それは同時に裏表がない誠実な人であるというプラスイメージにもなりえます。

そちらの方がいいところを見せようと変に器用な返答をする人より好印象ではないでしょうか。

多少なり言葉遣いが不器用でもそこに熱意や人柄の良さが伺えれば十分にカバーできます。

能力のアピールをする時は要注意!

スキル

雑談面接を行う中で自身のスキルや実績・能力をアピールする場面があるでしょう。

その際に注意すべきことは会社の事業にどう活かせるのかを重視してアピールすることです。

面接官が応募者の能力やスキルを聞く意図も全てはそこにあります。

そこを無視してアピールしても能力・実績をひけらかしている傲慢な人という印象になりかねません。

仕事は決して自分1人で行うものではなく周囲の人たちと信頼・協力しながら行うものです。

会社の人間やお客様に貢献するという謙虚さを忘れず誠実で丁寧なアピールを心がけてください。

そうすれば面接官も一緒に仕事がしたいと高評価につながるのではないでしょうか。

面接官の気持ちに立って面接を受けよう

面接官

ここまで説明して来たことをまとめると、雑談面接といえど本質は従来の面接と何も変わりません。

面接官の気持ち立場に立った思いやりのある受け答えが何より大切なのです。

それは決して特別なことではなく日常生活の中でもしっかりと磨くことが出来ます。

常に相手への思いやりと感謝を忘れず相手が何を求めているのかを想像してみてください。

そうして普段から相手が求めるものを察する習慣をつけておくといいでしょう。

面接官が求めるものを察することが出来れば自然と好印象を持ってもらえる面接が出来ます。

本当に大切なことはどんな面接であっても決して変わることはないのです。

そのことをどれだけ強く意識して実践できるかが鍵ではないでしょうか。

まとめ

雑談

いかがでしたでしょうか?

今回は雑談面接の大事なポイントについて細かく解説してきました。

日常会話に近い形式で行う面接なので従来の面接よりも転職者の素は出しやすいでしょう。

しかし雑談といえどあくまで「面接」であるという意識を強く持つことが大切です。

それでも不安だという女性の方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方は転職エージェントに相談してみることをお勧めします。

プロから的確な助言や具体的な面接の対策をしてもらえるでしょう。

本記事が少しでも雑談面接を受ける方へのお役に立てば幸いです。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!