転職活動にはある程度の費用がかかります。

交通費や服装代だけでなく、日々の生活費や服装代のことも考える必要があるでしょう。

転職活動において多くの方は目指す企業にどのように内定をもらうかを一番に考えていることでしょう。

それも大切なことですが、十分な資金がなければ満足に転職活動ができなくなってしまいます。

今回は転職活動にかかる費用とその内訳や計画的に進める方法を解説します。

転職活動にはお金がかかる!

積み重ねたコインとコインの入ったビン

転職活動をする上で多くの場面でお金が必要になります。

面接に行くための交通費も必要ですし、転職のためスーツなどを新調すれば服装代もかかります。

さらに転職活動自体には直接関係なくても、生活費や社会保険料などの日々の生活を維持するための費用も必要です。

転職活動にどれくらいの費用がかかるのかを事前に把握しておかなければ、生活がままならなくなる可能性もあります。

そのため転職活動を始める前にはお金がかかることに注意して準備しておかなければなりません。

転職活動に貯金は必要?

ノートPCと電卓を使っている人

転職活動をするための資金を事前に貯金するかどうかは、在職中に転職活動をするかどうかによります。

在職中に転職活動をする場合は毎月の収入があるため、その中から転職活動に費用を当てることができるでしょう。

しかし、退職してから転職活動をする場合は収入が途絶えた状態になります。

そのため転職活動と日々の生活の両方を安定して行うためには十分な貯金が必要です。

もし貯金が十分でないままで退職し、その後に転職活動を行えば資金が足りずに思うように行動できない可能性があります。

生活が苦しくなれば気持ちにも焦りが生まれ、転職先を妥協してしまうこともあるでしょう。

金銭的な余裕のなさによって条件の良くない企業に転職してしまうのは避けたいものです。

転職活動を始める前には、生活に困らないことも念頭に置いた貯金をした方が良いでしょう。

転職活動にかかる費用の内訳(1)

それでは転職活動にかかる費用には具体的にどのようなものがあるのか解説します。

生活費

ノートPCで作業する人

生活費は日々の生活を維持していくために転職活動中にも必要です。

この中には家賃食費などが含まれており、これらは生活を支えるために絶対に必要になります。

面接のために身だしなみを整えるにしても、女性は服装だけでなくメイクにも気を配らなければなりません。

そのためメイク用品やスキンケア用品などへの出費も必要です。

転職はキャリアアップなど様々な目標をもって行うかと思いますが、仕事は生活を支える収入を得るためのものです。

日々の生活があってこそのもののため、それが転職活動によって揺らいでしまっては本末転倒です。

さらに日々の生活に余裕がなければ思うように転職活動ができなくなってしまいます。

転職活動をしながらでも安定した生活が送れるだけの費用が必要なのです。

交通費

電車の止まっているホーム

面接などで実際に企業のオフィスへ訪ねる場合は交通費がかかります。

もし新幹線で遠方の企業へ面接に行く場合、新幹線代など大きな出費が必要になるのです。

面接に行く度に必要になるため、多くの企業を受けたり、転職活動の期間が延びるほど交通費がかさんでしまうでしょう。

近場であっても少額の交通費が積み重なればそれなりの金額になります。

服装代

面接の際には服装など身なりもチェックされているため、しっかりと清潔感もある服装を心がける必要があります。

そのため転職活動をするにあたってスーツを新調したり、ビジネスバッグを買い換えたりすることもあるでしょう。

これらは一度購入してしまえばその先も長く使えるものですが、購入する際にはある程度まとまった費用が必要です。

もし前職でスーツを着ておらず一式を揃える場合は10万円ほどの出費となる可能性もあります。

空き時間の費用

コーヒーと開いたノート

面接などでオフィスを訪れる際、遅刻しないように早めに到着するようにしている人も多いでしょう。

10分程度であればオフィス内で待たせてもらったり近くで時間を潰すこともできます。

しかし30分や1時間以上早く着いてしまった場合は喫茶店などで時間を潰すという人も多いでしょう。

また面接前の時間は気持ちをしっかりと落ち着けることも必要なため、あえて早めに行って近くで休憩するという人もいるでしょう。

その場合カフェ代が必要になりますし、これが何度もあればそれなりの出費になります。

年金

毎月かかる削れない固定費として年金の費用も必要です。

在職中であれば年金の支払いは会社が代わりにしてくれているため、あまり意識していないかもしれません。

しかし退職後は自分で支払うことになります。毎月約4万円の出費となってしまうため年金の支払いに費用がかさむのです。

ただし年金は申請をすれば支払いを延長したり免除されることもあります。

支払いが難しくなる場合は、早めに年金事務所などに相談しましょう。

転職活動にかかる費用の内訳(2)

転職活動には先述したもの以外にも以外と費用がかかるものがたくさんあります。

続いて雑費や転職活動にかかる費用の合計を解説します。

こまごまとした雑費もかかる

開いたノートと本

転職活動では、先に解説したもの以外にもこまごまとした雑費がかかります。

応募の際に履歴書を郵送する場合は履歴書の購入代郵送費の他に履歴書に添付する写真代も必要です。

さらに転職に向けて企業や業界について勉強したり資格取得を目指す場合はそれらの書籍代もかかります。

こうしたこまごまとした出費が重なれば確実に準備していた資金を削ってしまうのです。

転職活動にかかる費用の合計って?

転職活動には安定した生活を送るための費用と転職活動をするための費用の両方を考えた資金が必要です。

そのため、生活費や交通費などを含む転職活動中にかかる費用は3ヶ月で約100万円といわれています。

もし地方から東京の企業ばかりを受けていればその分交通費がかさんでしまうでしょう。

さらに家賃や光熱費などの生活にかかる費用も大きく影響します。

在職中と退職後の転職活動の費用について

転職活動をするにも在職中と退職後ではかかる費用が異なります。

どのくらい違うのか、内定をもらうまでの転職活動期間の平均である3ヶ月と仮定して解説します。

在職中の転職活動にかかる費用

キーボードに置かれた手

在職中に転職活動をする場合は、安定した収入を得ながら活動することができます。

そのため生活費や年金など、転職活動以外の費用は確保することができるでしょう。

生活を送るために必要な費用を確保した上で転職活動の費用を捻出できるのです。

転職活動のみに必要な交通費や服装代・雑費などで、もし3ヶ月転職活動をしたとして約20万円になります。

これらは収入の額にもよりますが、毎月の収入から生活費などを引いた中から貯金を崩して工面できるでしょう。

さらに余裕を持たせるにしても50万円程度の貯金があれば資金的な余裕を持って活動できます。

退職後の転職活動にかかる費用

退職後に転職活動をする場合は、退職後であれば貯金を切り崩しながらの活動になってしまいます。

転職活動自体に必要な費用以外にも生活費などを貯金から工面することになるのです。

この場合は退職する前にしっかりと貯金をしておく必要があります。

転職活動を3ヶ月続ける場合、生活も安定させつつ活動するためには70万〜80万円は最低でも必要でしょう。

ただし、さらに転職活動が長引く場合や転職が決まった後の新生活の準備のための費用も念頭に置いておくべきです。

順調に転職活動が進めば良いですが、先が見通せない状況になってしまうと費用はかさむ一方です。

出費ばかりになってしまうと生活が苦しくなり、転職活動どころではなくなってしまうでしょう。

そのため100万円以上の貯金がなければ安心とは言い切れないでしょう。

在職中と退職後でかかる費用はこんなに違う!

電卓と資料

これまで述べてきた通り、在職中と退職後に転職活動を行うのでもかかる費用が変わってきます。

在職中であれば毎月の収入に貯金をプラスして転職活動にかかる費用を捻出します。

そのため転職活動のための費用としては20万円程度ですむでしょう。

一方で退職後から転職活動する場合、安心できるのは100万円程度の貯金が必要です。

さらに転職活動が長引けば長引くほど費用はかさみます。

そうなれば在職中と退職後にかかる費用はさらに大きく異なり、退職後の転職活動は資金面が苦しくなってしまうでしょう。
 
無料転職相談をして理想のキャリアを掴もう
 

退職後に転職活動はリスクあり

退職後は在職中に得ていた安定した収入がなくなり、それにより転職活動にかかる費用は大きく変わってきます。

どのようなリスクが考えられるのか解説します。

内定をもらうのが遅れるとその分お金がかかる

開いたノートと電卓とノートPC

退職後に転職活動を続けたとして、内定をいつもらえるかは未知数です。

順調に進めば1ヶ月もかからず転職できる場合もありますが、だれもがそう簡単に内定をもらえるとは限りません。

転職活動が長引くほど費用はかさみ、収入が入ってこずお金が出ていく一方になってしまいます。

通帳で貯金額が目に見えて減っていくと、金銭的な余裕だけでなく気持ちの余裕もどんどん削られるでしょう。

なお退職後に転職をする場合の収入の1つとして失業手当を受けることができます。

これは退職理由に関係なく、申請すれば誰もが受けられる失業保険給付という制度です。

前職の6〜8割の収入が保証されるため、退職してから転職活動をする場合は忘れずに申請しましょう。

ただしこの手当が給付されるのは申請後およそ3ヶ月後からが一般的です。

退職後すぐに申請しても3ヶ月は貯金によって資金繰りをしなければならないため、やはり事前に十分な貯金をする必要があります。

なるべく在職中に転職活動をしよう

デスクトップPCで作業する人

退職後の転職活動には多くのリスクが付きまといます。

このリスクは転職活動の失敗にもつながりかねないため、可能な限りは避けたいものです。

そのため転職活動は在職中に進めることをおすすめします。

在職中の転職活動は現職に時間をとられてしまうため、思うように活動できないというデメリットもあります。

しかし退職後に資金繰りを失敗してしまうというリスクは転職だけでなく日々の生活にも関わるものです。

こうした大きなリスクを在職中の転職活動で避けることが、転職の成功にもつながるでしょう。

資金計画が重要

転職活動にはなにかと費用がかかることを解説してきました。

意外と多くの費用が必要なため、資金計画を誤ってしまうと資金面で行き詰まってしまう可能性があります。

そのため事前の資金計画が重要です。

資金不足が転職の失敗につながる

電卓とコインとペン

もし資金繰りに失敗してしまうと転職活動どころか日々の生活さえ破綻してしまう可能性があるのです。

そうならないように退職後にアルバイトで費用を工面することもできます。

しかしアルバイトでは在職中の収入よりずっと低くなり、さらにアルバイトで時間をとられてしまいます。

アルバイトに時間をとられて思うように転職活動ができなくなってしまう可能性もあるでしょう。

さらに金銭的な余裕は生活の質だけでなく気持ちにも大きく影響します。

早く生活を安定させたいという焦りから、条件の悪い企業に妥協して転職してしまうリスクも高くなってしまうのです。

転職活動中は誘惑に負けないこと

転職活動を行う際、面接対策などで家族や友人に協力してもらったり相談をすることがあるかもしれません。

しかし基本的には自分で転職した企業を探して転職活動を進めるため、自分でスケジュール管理を行う必要があります。

自分だけで進めている場合、自分のペースで進めることができるという利点もありますがデメリットもあります。

それは自分の自由な時間を優先してしまう可能性があるという点です。

自分の気がのらないという理由で履歴書の記入や転職のための勉強を先延ばしにしてしまう可能性も考えられます。

さらに時間があるからと友人と遊んだりしてしまえばその分出費もかさんでしまうでしょう。

こうした誘惑に惑わされてしまえば、転職のための費用どころか生活に必要なお金も浪費してしまうことになります。

そうした状態に陥ることを避けるために、転職活動中は誘惑に負けず自分を律する必要があるのです。

転職活動に悩んだときは転職エージェントへ相談しよう

資料を見ながら話し合うビジネスマン

転職活動には多くの費用がかかり、それは長引けば長引くほどかさんでいきます。

想定していたよりも転職活動がうまく進まなけば、資金的な余裕のなさがそのまま気持ちの余裕のなさにつながるでしょう。

気持ちの余裕のなさからネガティブにばかり考えてしまい、それによりさらに思うように転職活動ができないという悪循環に陥ってしまいます。

これを避けるために、転職活動中の悩みを転職エージェントに相談することを検討してみてはいかがでしょうか。

自分1人で悩むよりも他の人の意見を聞くことで状況を打開する方法を見つけることもできます。

さらに転職エージェントであれば転職に関する専門的な知識や経験による提案をしてくれるでしょう。

まとめ

電卓とノートPC

今回は転職活動にかかる費用について解説しました。

転職活動に必要な費用は意外と多く、準備しておきたい貯金もそれなりの金額です。

特に退職後の転職活動は何かと費用がかさんでしまい、十分な貯金がなければ生活自体が苦しくなってしまいます。

資金的な余裕がないが故に満足に転職活動ができなくなってしまうのは避けたいものでしょう。

転職のための面接対策や企業研究などだけでなく、事前にしっかりと資金面の準備をした上で転職活動を行いましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!