転職をするなら安定した仕事を選びたいと考える女性は多いです。

安定した企業に転職できれば安心できるという考えをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし安定志向ばかりに目が行くと視野が狭まり転職活動がうまくいかない場合があります。

保守的な考え方一辺倒では企業の求める人物像から離れてしまうかもしれません。

このページでは転職活動において安定志向だと失敗する理由を解説しています。

女性が後悔しない転職とはどういったものか成功のポイントも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

安定した仕事とは何なのか

ビル

安定した仕事とは何となく大きな企業で働くことだというイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

大きな企業は倒産しないというイメージで大企業だけを希望しているとなかなか転職を成功させるのは難しいです。

大企業が求める人材は決して保守的なだけの人物ではありません。

安定した仕事を希望するだけでは安定した企業に転職するのは難しいです。

この章では転職側希望企業思惑を比較し安定した仕事に就くためにはどのように面接に挑めば良いのか考えます。

転職者側の希望

オフィス

毎月決まった額の給与を受け取ることができると生活が安定すると考える方も多いです。

そのため転職先企業の第一条件を「安定した会社」にする方がいます。

転職者として安定を希望することは悪くないでしょう。

しかし安定したいという希望は漠然としすぎていてあまり良い志望動機とはいえません。

安定したいという希望と持ちつつ、しっかりとした志望動機を考えましょう。

企業側の思惑

会社

企業の採用担当者は転職希望者が会社でどのように活躍できるのかを見ています。

スキル経験・会社で働く意気込みなどを選考基準にするでしょう。

志望動機が「安定したい」という転職希望者を積極的に採用したいとは思いません。

会社にどのような形で貢献できるのかのビジョンが見えませんし、向上心がないという印象もあるでしょう。

企業側が求めるのは就職後に会社に貢献できる人材です。

保守的な考えの人よりも会社が発展していくよう尽力してくれる人材を求めています。

「安定したい」という転職理由は、面接では通じない

会社

企業側の思惑を考えると「安定したい」という転職理由は面接では通じません。

安定したいという希望は大切ですが、どうしてもその企業でなければならないという必然性がないからです。

また「安定したい」という理由を隠すためにしどろもどろになってしまうのは更に良くありません。

面接ではその企業でなければならない志望動機を提示します。

採用担当者は何人もの面接を行いますので、曖昧な言葉を並べて誤魔化そうとしてもすぐに見抜かれてしまうでしょう。

会社の将来が不安だからと転職すると失敗する?

ノートパソコン

安定した生活に魅力を感じる女性は多いです。

生活を安定させるためには安定した仕事をしなければなりません。

現職の職種が何となく先細りだと感じてしまい、転職したほうが良いのかもしれないと考えてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

企業がなくなれば仕事もなくなり生活の安定が失われるという不安はあるでしょう。

ですが会社の将来が不安だからという理由で転職をしてもうまくいかない場合もあるようです。

業界の安定と雇用の安定は関係がない

オフィス

安定した業種や企業はたしかにあります。

ですが安定しているのは企業そのものであり、働いている社員の地位は決して安定しているとは限りません。

事務職として大手企業に転職したものの期待していたほどは活躍できないといったこともあります。

そのような場合、慣れない業務に追いやられ自主退社を促されるといったこともあり得るでしょう。

安定した企業への転職を希望する人は多く、すぐに次の人材が見つかるからです。

たとえ安定した業界だといわれていても、それがこの先ずっと続くという保証はありません。

新しい技術が生まれれば企業のあり方も変わっていくでしょう。

安定は年収アップを狙った先にある

安定を求めるならどのような転職をするとよいのかと疑問に思う方がいらっしゃるかもしれません。

現職の会社の先行きを不安に感じて焦り転職するのは良くないです。

安定だけを求めて転職先を見つけるより、少し慎重になって行動してみてください。

むしろ年収をアップできるような転職先を探す気持ちを持ちます。

年収アップを狙うとなかなか希望の企業が見つからないかもしれません。

ですがいろいろな企業を検討する機会が生まれます。

本当に希望する条件の会社をじっくりと探したほうが結果的に安定した職につけるかもしれません。

無料転職相談をして自分にぴったりの転職先を探そう

安定だけを求めると仕事に興味を持てなくなる?

安定だけを求めるということはその他については一切考慮しないということです。

自分の好きなことやりがいを重視して選んだ仕事でなければ、仕事が楽しいと思うことはないでしょう。

それはモチベーションの低下に繋がります。モチベーションを保つことができなくなれば仕事に興味もなくなるでしょう。

ただし本当に安定を求めるのなら仕事をしっかりとこなすことが必要です。

仕事さえこなせば安定が約束されています。

「モチベーションの低下」と「安定した生活のための仕事という意識」に折り合いを付ける必要があるでしょう。

会社を辞めることが目的の転職は失敗する

オフィス

現職が嫌になったので別の企業へ転職したいという方もいらっしゃるかもしれません。

どんな理由でも転職をすることに変わりはないのです。

しかし会社をやめることが目的になってしまうと納得のいく転職ができなくなる可能性があります。

転職のための情報収集がおざなりになってしまったり採用条件を重要視せず面接に挑んでしまったりというようなことになりかねません。

焦って転職活動をすることは決して良いこととはいえないです。

転職をするのであればきちんと下調べをしてじっくりと情報を集めましょう。

こんな転職も失敗しやすいので注意

分析

自分で決断することとはいえ転職は大きな人生のポイントになります。

転職で失敗したくないなと考える方も少なくないでしょう。この章では失敗でよくあるパターンの紹介をします。

転職の失敗を少しでも回避できるように失敗のパターンを覚えておきましょう。

思っていた仕事と違った

自分のやりたい職種に転職できることはとても素晴らしいことです。

仕事が始まるまでは期待に胸を膨らませることでしょう。

ですが実際に仕事を始めてみると思っていた仕事と違っていたというパターンは多いです。

事前に調べた内容と業務内容が違っているということはよくあります。

特に実務経験がないと実際の仕事内容をきちんと把握することは難しいでしょう。

また仕事そのものは思っていた通りだけれど、職場の人間関係が思っていた雰囲気と全く違ったと言うようなパターンもあります。

反対にとても働きやすい職場だけれど肝心の仕事が自分に合わないというパターンも多いようです。

急いで転職したら待遇が悪かった

ビジネス

とにかく転職したいという希望を通した結果、待遇についての確認が甘かったという失敗パターンもあります。

実際働き始めたら面接時の条件とは違う労働条件だったということも実はよくあるパターンです。

焦って転職先を決定せずに労働条件を事前にきちんと確認しましょう。

特に「最低保証金額」や「賃金」に注目してみてください。

働き始めてしまえばなかなかすぐに辞めたいと言えない方も多いのではないでしょうか。

そうならないためにも待遇や条件は落ち着いて確認します。

社風が合わない

仕事内容賃金も申し分ないけれど、どうしても社風が肌に合わないという失敗パターンもあります。

こればかりは実際に働き始めないとわからない部分もあるのですが、面接では余裕を持って面接官の人柄を見てみるのも手です。

女性ばかりの職場なら複雑な人間関係に悩まされる人もいます。

業務で直接関わる上司だけがどうしても合わなかったというパターンもよくあるようです。

職場にストレスがあると思うように仕事ができません。

そうなると転職を失敗したのかもしれないと考えるようになってしまいます。

スキル不足

グラフ

転職の際に高い理想を掲げてしまい自分のスキルでは足りない企業を選んでしまうのも失敗のパターンになります。

向上心があるのは良いことなのですが、業務内容についていけないと周りに迷惑をかけてばかりになるでしょう。

そうならないためには転職前に自分をきちんと分析することです。

決して誇張したりすることなく自分の持っているスキルを見極めます。

自分の持っているスキルが活かせる企業を選ぶことは転職ではとても重要なポイントです。

元の会社の方がよかった

ものさし

転職後に元の会社の良さを実感するという失敗のパターンです。

元の会社を辞めたくて転職したはずなのに、転職先の会社にも不満を抱くようになると後悔がはじまります。

こうなってしまうと、辛かったはずの元の会社の良いところばかりを思い出すようになるでしょう。

気持ちを切り替えるのは難しいことですが、転職先の会社の良いところを見つめ直してみるのも良いかもしれません。

何か希望があって転職してきたことを思い出してください。

後悔ばかりしていても元の会社に戻れる確率は低いでしょう。

転職で失敗したと思ったときは

ビル

もし転職に失敗したなと感じたらどのような対処を取れば良いのかと思う方もいらっしゃるかもしれません。

そんなときは最初に転職した目的を思い出してください。どうして転職したのかが明確になると今後の方針も立てやすいです。

すぐに辞めるのかそれとももう少し頑張るのか判断しましょう。

すぐ辞めてもいいのか

ビル

転職に失敗したなと感じてもすぐに辞めてしまうのは早計です。転職直後は環境も変わり戸惑う気持ちも大きくなります。

もしかしたら嫌だなと感じていることが些細なことかもしれません。

小さなことに敏感になってしまい嫌になっている場合は業務に慣れると落ち着く可能性があります。

人間関係もじっくりと腰を据えて新しい関係を作っていくと不安が解消されるかもしれません。

すぐに辞める決断をするのではなく一度立ち止まって考えてみましょう。

どうしても駄目ならその時は再び転職活動をすれば良いので、自分の状況をきちんと整理してみてください。

辞めたいわけではないのなら、上司や同僚に相談しよう

紙

もし辞めたいわけではないがこのまま業務を続けることが難しいと感じたら上司や同僚に相談してみましょう。

会社に在籍する先輩として有益なアドバイスを聞くことができるかもしれません。

また悩みを打ち明けると心の距離も縮まります。職場の人間関係を築くきっかけになるかもしれません。

転職で気をつけたいこと

オフィス

転職活動をする上で気をつけたい注意点をまとめました。ポイントは焦らずじっくりと情報を吟味することです。

転職がしたいという思いだけで突っ走ってしまうと失敗のパターンに陥る可能性もあります。

じっくりと情報を集めて転職を成功させましょう。

自己分析をしよう

パソコン

企業が求める人材は会社に貢献できるスキルを持った人です。

転職前には必ず自己分析をして自分の持っているスキルの確認をしましょう。

違う業種に転職を希望している場合でも自分の経験が活かせることもあります。

重要なポイントは自分のスキルを新しい企業でどう活かしていくのかということです。

活躍できるイメージを持って転職活動に挑みましょう。

待遇に惑わされない

紙

書面に記載されているだけの待遇に惑わされないようにしてください。

待遇ばかりを求めるより自分がいかに活躍できるかを見ましょう。

いくら待遇が良くても転職後に自分が仕事をこなせなければ意味がありません。

転職活動を成功させるコツ

デスク

転職活動を成功させるコツは、転職後にどのように活躍していくかをしっかりと思い描いていることです。

転職前に自分をしっかりと分析していれば自分の本当のスキルが分かります。

自分の能力に見合った転職先を選ぶことで自分の能力を活かせる業務を行うことができるでしょう。

現職を辞めることを目的にして焦った転職活動は失敗してしまう可能性もあります。

目先の条件にこだわりすぎずに、しっかりと情報を集めてください。

究極は自分が安定した人材となることである

パソコン

転職に安定した仕事を求めることは決して悪いことではありません。

ただし安定した仕事というのは企業そのものではないのです。自分自身の立場が安定してこその仕事です。

そのためには自分が企業にとって貢献できる存在・能力を活かせる存在となることが重要です。

まとめ

テーブル

転職活動をする上で安定志向だと失敗してしまうかもしれません。

企業そのものに安定を求めるのではなく、自分のスキル経験で安定した場所を確保してみましょう。

焦って転職活動をせず事前に自分をしっかりと分析してください。

もし自分がどのように活躍できるのかわからない場合は無料転職相談を利用するのも手です。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!