転職活動を行う際に興味がある求人があったとしても、学歴や持っている資格、自分の経歴に自信がなくて諦める女性がいます。

しかしスキルや経験を持つことが必須になっている専門職以外、学歴や資格を問わない求人も多いものです。

そこで今回は女性が転職活動を始める際に、誤解しがちなことについて解説します。

女性の転職全般によくある誤解

若い、女性、女の子

女性が転職活動を始める際に誤解をしていることで、自分の選択肢の幅を狭めているケースが少なくありません。

その誤解がとけることで、自分に合った転職が実現できる可能性があります。

ここでは女性の転職でよく誤解されている事例を3つ、紹介します。

転職回数が多いと不利?

転職回数が多いと不利といわれていますが、採用に影響を与える業界ばかりではありません。

転職回数よりも一社での勤続期間がどれくらいかの方が、人事担当者にとっては重要です。

特に同じ業界内で短期間に職場を次々と変わっている場合は、書類選考を通過しにくくなる可能性が高まります。

しかし異業種転職をしたり、その後にキャリアアップを目指して会社を変わるなどの理由があれば、マイナスには作用しません。

また転職回数が多くても徐々に企業規模が大きくなる、あるいは年収が上がっている女性は、積極採用したいと考えるはずです。

応募書類や面接の中で、自分が転職をくり返した理由を述べられるなら、数多くの経験を仕事に生かせるとアピールできます。

転職では即戦力が求められている?

スタートアップ、ビジネス、人々

専門職の中途採用であれば、即戦力となる人材を求めることはあるでしょう。その場合は、求人票にその旨が明記されています。

しかし未経験者まで採用の幅を広げている企業では、中途採用であっても即戦力を求めない求人も多いです。

具体的には美容やブライダル・ホテル・交通・販売・飲食などの業界に、即戦力を求めない求人がよく見られます。

中でも若い女性の場合は、未経験であっても入社後に育成すればよいと考える企業は少なくありません。

そのため異業種転職であっても、未経験者可と記載された求人には、積極的に応募することをおすすめします。

女性は転職に失敗しやすい?

女性は男性より転職に失敗しやすいとの噂がまことしやかに流れているようですが、一概にそうとはいえません。

性差ではなく、個人のスキル経験アピールの仕方に問題があったと考える方が、転職活動はうまくいきます。

女性が転職に失敗する際には、しっかりとした原因があります。

具体的には応募理由が「家庭と両立できること」「正社員になれればいい」など、自己都合であるケースなどです。

応募書類や面接の中で転職の理由を問われたときに、その原因が露呈すると不採用につながるので注意が必要です。

転職の理由が人事担当者に納得してもらえるものになるまで、しっかり想定回答を練りましょう。

転職と学歴にまつわる誤解

本、学生、勉強

最終学歴が中卒や高卒・短大卒・専門学校卒などであることが、転職の妨げになると思い込んでいる女性も少なくないようです。

しかし国家資格が必要な職種でない限り、転職においては学歴より職歴が重視されると考えられます。

学歴によって知能レベルが想像できるのは事実ですが、それが業務遂行能力とイコールとは限りません。

人事担当者にとって入社後に役立つ人材だと思えるかどうかが、採否を判断する基準なのです。

専門スキルを生かして同業他社に転職する、あるいは同じ業界の他職種を目指す場合は、職歴と経験がものをいいます。

自信をもって応募してみましょう。

転職と資格にまつわる誤解

トークン、証明書、証明書

転職活動を始めるにあたり、自分の市場価値を上げる目的で資格取得を目指す女性も珍しくありません。

職種に紐づく国家資格を取得することには意味がありますが、有資格者であることが有利に働くと断言できるのでしょうか。

ここでは、女性の転職と資格にまつわる誤解について説明します。

資格を持っていると転職に有利?

資格を持っていると転職に有利かというと、一概にそうとはいいきれません。

それは即戦力となることが証明できるのは、実務経験を伴った資格に限られるからです。

未経験者が異業種転職するにあたり、資格取得が努力の証として評価されても、転職が保障されるものではありません。

あくまでも応募者の人となりややる気が、採否の前提になることを忘れないようにしましょう。

アピールすべきでない資格もある

会議室、テーブル、スクリーン

転職を考えている女性の中には、資格取得を趣味としている人もいることでしょう。

応募書類の資格欄は有限ですし、取得する資格に一貫性が無い場合、それをアピールすることがマイナスに作用する可能性があります。

応募職種に関わる資格についてはアピールすべきですが、趣味にまつわるものには触れない方が無難です。

ただし業務に関係がなくても難関資格を取得している場合は、学習意欲の高さを入社後に生かせるとアピールすることはできます。

募集要項の報酬にまつわる誤解

円、電話、電話を取る

応募企業を選定する際、誰もが募集要項に目を通すことでしょう。しかし、その内容を読み間違う人も少なくありません。

ここでは転職したい女性が、募集要項の報酬で誤解しやすい内容を紹介します。

残業代の誤解ポイント

残業代を100%支給すると明記されている募集要項を読むと、ホワイト企業に見えるかもしれません。

しかし残業代の支払いは労働基準法で定められており、企業には守る義務があります。

また企業によっては残業代が固定制になっており、その時間を超えた分は支給されないところも珍しくありません。

中には固定残業代の時間数を下回った際に、給与を減額するケースもあるようです。

残業代支給の有無だけでなく、どのような制度で運用されているかを、しっかり確認しましょう。

給与や賞与の誤解ポイント

タイプライター、給与小切手、お金

転職を検討している企業の募集要項を見るときには、給与体系と賞与について正しく理解することが大切です。

給与形態も、月給制日給月給制年棒制など様々なものがあります。

月給制の場合は勤続年数が基本給アップにつながりますが、年棒制は成果によって年収が変動します。

また年棒制の場合は残業代や賞与が含まれるか否かも、大事なポイントです。

さらに賞与支給に関しても、正社員登用から1年経過以降から支給など、細かく就業規則を決めている会社が少なくありません。

募集要項で疑問に感じたことは、面接などで確認することをおすすめします。

募集要項の「未経験」にまつわる誤解

履歴書、カバーレター、アプリケーション

中途採用の募集要項に「未経験者可」と書かれている求人は、案外多いものです。

しかし「未経験」の言葉の意味は様々で、読み間違ったことで書類選考を通過できない女性がいる現実があります。

ここでは募集要項に書かれた「未経験」にまつわる誤解を、具体的に説明します。

「未経験可」のよくある誤解

中途採用の「未経験可」は、実は3つの意味に分かれます。「業界・職種未経験可」と「業界未経験可」「職種未経験可」の3つです。

業界・職種未経験可」とは、業界並びに職種の経験を問わないもので、誰でも応募できる求人です。

業界未経験可」は営業や事務など、別な業界で同じ職種を経験していればよいとする求人をさします。

職種未経験可」は同じ業界で働いた経験があれば、募集職種が未経験でもよいというものです。

この違いを理解したうえで、異業種転職を目指すのが内定に近づくポイントといえます。

未経験は転職に不利?

ノートパソコン、女性、教育

異業種転職を目指す際に、未経験であることが不利に働くかどうかは、応募する求人によるのが現実です。

業界・職種未経験可の求人であれば、不利になることはほとんどないと考えてよいでしょう。

しかし「業界未経験可」または「職種未経験可」の求人であれば、その条件に見合わなければ不利になる可能性があります。

一方でベンチャー企業が大量採用したいときには、その条件が緩和されることもあるので、試してみる価値はあります。

転職面接にまつわる誤解

女性、ビジネス、仕事

中途採用の面接では、過去の職歴や持っているスキルについて質問されるのが一般的です。

しかし転職面接における常識を間違って覚えていると、それが原因で内定を取り逃がす可能性を否定できません。

ここでは、転職面接で誤解されていることを2つ紹介します。

強みは全力でアピールするべき?

転職面接で自己PRのために、強みを全力でアピールする人がいますが、これは得策とはいえません。

スキルや経験を伝えることは大切ですが、人事担当者が中途採用者に求めるのは即戦力であるのか、またはその人の伸びしろです。

また転職面接を突破するためには、自分がアピールしたいことよりも、面接官が知りたいことを話すことが重要です。

採用にあたって自社に入社させるメリットがあるのか、必要なスキルがあるかどうかの方が優先されます。

その点を踏まえて、想定回答を準備することをおすすめします。

リクルートスーツで行くのがマナー?

ビジネス、人、スーツ

面接といえばリクルートスーツだと、思い込んでいる女性も多いことでしょう。

第二新卒などの場合はリクルートスーツでかまいませんが、スキルや経験を生かした転職を目指す人に適しているとはいえません。

むしろ就活生のようなリクルートスーツを着ていることで、頼りない印象を与えるリスクもあるのです。

そのためスーツを着用したい場合は、グレーやネイビーのベーシックなものを選ぶようにしましょう。

IT企業やベンチャー企業の中には服装自由のところも多いですが、この場合はオフィスカジュアルの服装がおすすめです。

ポイントは、清潔感が見られる服装であることです。スーツだけでなく、ブラウスや靴、バッグにも配慮しましょう。

無料転職相談をして転職への不安をなくそう

退職にまつわる誤解

超高層ビル、シンガポール、空

仕事内容や収入には不満があっても、人間関係がよい職場にいると、退職を言い出すことが後ろめたいと感じる女性もいるものです。

そうした気持ちを持つのは尊いことですが、その思いが現在の職場で報われるとは限りません。

そこで女性が転職する際に感じやすい、退職にまつわる誤解について説明します。

職場に迷惑がかかる?

仕事が忙しい職場で働いていると、自分の退職によって職場に迷惑がかかると考え、二の足を踏む女性もいることでしょう。

確かに退職者が出ることで、一時的に職場に迷惑がかかる可能性はあります。

しかし企業は利益を追求するための集合体であり、誰かができない仕事を他者がカバーすることで、組織は成り立っています。

職場のために我慢することで、自分の人生を後回しにする決断が正しいとは思えません。

それを理由に退職を思いとどまるより、しっかり引き継ぎをして業務遂行に支障が出ない方法を考えることをおすすめします。

在職中は転職活動ができない?

人々、ウォーキング、空港

転職活動は在職中に始めるべきではないと、思い込んでいる女性も少なくないようです。

しかし経済的あるいは精神的な安定を考えると、生活に困らない在職中に転職活動をするのがベストです。

また退職後のブランク期間が長くなればなるほど、転職しにくくなるといわれています。

転職エージェントを活用するなどして、在職中に転職先を決める努力をすることをおすすめします。

もったいない誤解をなくせば道は広がる

選択、決定、機会

これまで紹介してきた通り、女性が転職にあたって様々な誤解をしている可能性が高いです。

そしてそうした思い込みによって悲観的になり、転職活動に踏み出せない人もいることでしょう。

しかしもったいない誤解をなくしさえすれば、自分の選択肢はずっと広がります。

また言葉の意味を正しく知ることで、応募する求人を精査できる、あるいは内定の確率の低い会社を避けることも可能です。

まずは自分の先入観にとらわれることなく、自分にとってベストな転職を実現するために、悪い思い込みは捨てましょう。

転職エージェントに誤解を解いてもらおう

オフィス、会議、ビジネスパートナー

若い女性の場合は特に、転職活動の経験がないことで自信をなくし、消極的になるケースが珍しくありません。

社会人経験が浅いのですから、それもいたしかたないことです。

第二新卒をはじめとする若者にとって転職は売り手市場ですが、自分にマッチする求人を見つけるスキルはない人が多いでしょう。

だからこそ転職エージェントに登録し、自分が思い込んでいる誤解を解いてもらうのがおすすめなのです。

またキャリアカウンセリングを通して自己分析をサポートしてもらったり、キャリアの再構築ができるメリットもあります。

さらに自分の志向性にあった企業の求人を紹介してもらえるほか、応募書類の添削や面接練習にも対応してくれます。

視野を広げる意味でも、転職エージェントに相談してみましょう。

まとめ

スタートアップ、スタートアップ、人々

今回は女性が転職活動を始める際に、誤解しがちなことについて解説しました。

自分が持っていた転職にまつわる常識の中に、誤解していることが多くて驚いた女性も多いかもしれません。

そうした思い込みをなくし、プロのサポートを受けることで、自分が納得できる転職に近づけるはずです。

転職エージェントの登録は無料で行えるので、まずは今の悩みを相談することから始めてみてはいかがでしょうか。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!